Large thumb shutterstock 620709983

マニキュアが乾く時間を早くする方法6選!初心者でもできるやり方は?

更新:2019.06.21

マニキュアをしているときに触って崩れてしまった経験はありませんか?平均だと数時間かかるマニキュアですが、乾く時間を短縮して、手軽にマニキュアを楽しみましょう!またトップコートなどを使い初心者でもマニキュアをきれいに仕上げる方法もご紹介します。

マニキュアが乾く時間を早くする方法6選!

マニキュアが乾く時間を早くする方法①ドライヤーを使う

マニキュアが乾く時間を早くする方法1つ目はドライヤーを使ってマニキュアを乾かす方法です。ネイルをしたあとドライヤーの冷風を手に当てるだけです。ネイル初心者の方でもドライヤーは持っている方が多いので一番簡単なやり方です。ただしこの時に手とドライヤーの距離に注意しましょう。

ドライヤーを近づけすぎると固まっていないマニキュアが風でよれてしまいます。また温風ではなく冷風というところもポイントです。温風にするとせっかく塗ったマニキュアが熱くなりすぎて溶けてしまいます。ドライヤーを使うときは必ず冷風で、また距離に注意してマニキュアを乾かしましょう。

マニキュアが乾く時間を早くする方法②ネイルを冷蔵保存する

マニキュアを塗る画像

マニキュアが乾く時間を早くする方法2つ目はマニキュアを冷蔵保存することです。マニキュアは普段どのようにして保存していますか?マニキュアを冷蔵保存すると塗るときの外気との温度差でマニキュアがより蒸発しやすくなります。そのためマニキュアが早く乾くのでおすすめです。

またマニキュアを冷蔵保存するメリットはそれだけではありません。マニキュアを冷蔵保存すると液の温度が均等になるため、伸びがよくなります。そのため人塗りでサッと色をつけることができマニキュアもきれいに仕上がります。

POINT

冷凍もOK!ただし長時間はNG

マニキュアの冷凍もできます。ただし数時間もそのままにすると瓶が割れたり、液が変質するので長くても20分ほどにしましょう。

マニキュアが乾く時間を早くする方法③速乾スプレーを使う

マニキュアが乾く時間を早くする方法3つ目は速乾スプレーを使うことです。このスプレーがかなり便利で乾く時間がかなり短縮できます。マニキュア用に早く乾かすことができるスプレータイプのものが販売されています。使い方は簡単で、ネイルを完成させたあとスプレーをするだけです。

手にスプレーをする女性

アイテムにもよりますが平均で3分もあればマニキュアが乾きます。ものによっては持ち運びに便利なコンパクトサイズであったり、一緒にスプレーがかかる手のことも考えた保湿効果を兼ね備えたものであったりとアイテムによって特徴があるため、自分好みのものを選びましょう。

マニキュアが乾く時間を早くする方法④手を氷水につける

マニキュアが乾く時間を早くする方法4つ目は手を氷水につけることです。冬場は少ししんどい方法ですが、マニキュアを塗った後手を氷水につけると通常よりも早く乾かすことができます。ただしマニキュアを塗ってすぐにつけるのではありません。

綺麗に仕上がったネイルの画像

塗って数分経ってから、マニキュアの表面が少し乾いたかなという状態からつけます。マニキュアがよれてしまわないように、氷水につけたらそのまま動かさずに10秒ほど待ちます。温度が下がりすぎると逆にマニキュアが乾かなくなってしまうので、入れたり出したりを2分ほど繰り返しましょう。

マニキュアが乾く時間を早くする方法⑤オリーブオイルを塗る

マニキュアが乾く時間を早くする方法5つ目はオリーブオイルを塗ることです。マニキュアを塗って数分乾かした後、さらにオリーブオイルを刷毛などを使って塗ります。さらにオイルを塗って3分ほど経ったら水で洗い流しましょう。オリーブオイルの油分が爪を保湿し、油膜が張ることでマニキュアに汚れもつきにくくなります。

オリーブオイルを上から爪に垂らすのはなかなか難しいので、できれば別のお皿にオイルを移し、そこから刷毛を使ってマニキュアの上に塗りましょう。空になったマニキュアのボトルを再利用するのもおすすめです。ただし酸化しやすいので気をつけましょう。

マニキュアが乾く時間を早くする方法⑥速乾性のマニキュアを選ぶ

マニキュアが乾く時間を早くする方法6つ目は速乾性のマニキュアを選ぶことです。マニキュアにも種類があります。ラメが入ったものや、まるでお砂糖が入ったようなシュガーネイルなど様々です。そうしたたくさんの種類があるマニキュアの中でも速乾性と書かれたものを選びましょう。

速乾性のものはさまざまなメーカーから販売されています。早いものでは通常のマニキュアに比べて、乾く時間がなんと半分になるものもあり、速乾性であるかないかでかなり時間に差が出てくるのがわかります。店頭で速乾性のものかどうかを確認してからマニキュアを買うのも一つの方法です。

最近ではダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円ショップでも速乾性で便利なマニキュアなども販売されています。その使い勝手の良さはプチプラでもあなどれません!詳しくはこちらの記事をご覧ください。

マニキュアが乾く平均の時間は?

マニキュアが乾く平均時間は30分

マニキュアはメーカーにもよりますが、平均して30分から1時間ほど乾くのに時間がかかります。30分ほど開きがあるのはマニキュアの種類によって乾く時間が異なるからです。液がよりトロッとしているものなどは乾きが遅くなります。

ベースコートとトップコートを使えば乾く時間は2・3時間

マニキュアが乾くのをまつ女性

では1時間もあればマニキュアが完成するかといえば、実はそうではありません。基本ネイルはベースコートを塗って乾かし、次にマニキュアを塗って乾かし、最後にトップコートを塗って乾かすという流れで完成です。つまりマニキュアを3本塗るようなものです。さらにマニキュアは重ね塗りするためさらに時間がかかります。

どうしても平均して2、3時間はかかってしまいます。しかしさきほどご紹介した乾く時間を短くする方法を使えば、それぞれ平均して30分もあれば乾かすことができるため、全体の平均時間は一気に1時間半に短縮できます。忙しい、夜であればなるべく早く寝たいというときにはぜひ早く乾かす方法を実践してみましょう。

初心者でも出来る簡単なマニキュアの塗り方は?

初心者におすすめのやり方①ベースコートとトップコートを使う

初心者でもきれいにマニキュアを塗るにはいくつかのコツがあります。1つ目はベースコートとトップコートをきちんと使うということです。マニキュアをきれいに仕上げるうえで土台となるベースコートと艶出しとなるトップコートはできれば必ず使うようにしましょう。

ネイルが綺麗に仕上がった女性の手

ベースコートを塗ることで、マニキュアの伸びが良くな色もきれいに乗せることができ、さらにマニキュアを落とすときには地爪がマニキュアで染まってしまうのを防ぎます。またトップコートでフタをすることでチップの防止にもなり、きれいなマニキュアを長持ちさせることができます。

初心者におすすめのやり方②爪の先にもマニキュアを塗る

初心者でもできるマニキュアをきれいに塗るコツ2つ目は爪の先にもマニキュアを塗ることです。爪の表面にはもちろんマニキュアを塗りますが、見落としがちなのが爪の先、断面です。爪とマニキュアの境目となるため、ここからマニキュアがはがれやすくなります。

綺麗なネイルをした女性

ここにベースコートとマニキュアをそれぞれひと塗りします。ごく少量でOKです。こうして爪の先をコーティングしておくことでネイルをぐっと長持ちさせることができます。トップコートはしてもしなくてもOKです。

POINT

爪の表面より先に爪の先を塗ること!

爪の表面を塗った後に爪の先を塗ろうとすると、せっかくきれいに塗れた表面に余計なマニキュアがついてしまうことがあります。先に爪の先を塗りましょう。

初心者におすすめのやり方③3度に分けて1つの爪を塗ること

マニキュアを塗る様子

初心者でもできるマニキュアをきれいに塗るコツ3つ目の方法はマニキュアを3度に分けて1つの爪を塗ることです。ついつい1度で全体を塗ってしまいたくなりますが、まずは中央からひと塗りしましょう。刷毛をしごいて適量にした後、すっと中央を塗ります。そのあと乾かないうちに左右の残った部分を同じように塗ります。

マニキュアを一度に塗ろうとすると、刷毛をぎりぎりまで広げなければならずとても難しいです。数回に分けて塗る方が手間はかかりますがきれいに仕上がりますし、簡単です。ただ小指など爪の面積が小さい指は無理して3回に分ける必要はありません。1度で全体を塗ってOKです。

マニキュアをする女性の手

マニキュアをきれいに仕上げる方法はそのほかにもたくさんあります。例えば少し手間ですが、甘皮の除去などをするとより一層ネイルが映えます。初心者の方でも道具をそろえれば簡単にできます。詳しい方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

マニキュアを早く乾かして手軽に楽しもう!

マニキュアの乾く時間を短くするおすすめの方法をご紹介しました。どれも家にあるものでできる方法も多く、簡単に試すことができます。またマニキュアの塗り方もちょっとしたことを工夫するだけでぐっと持ちがよくなるため、ぜひ試してみてください。好みの色やデザインでおしゃれな指先を手に入れましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。