Large thumb shutterstock 426314815

まっすぐすぎる前髪の縮毛矯正を自然にする方法10選|かける頻度や持ちも

更新:2019.06.21

憧れのストレートヘアを目指して縮毛矯正をかけたら前髪が不自然!ということは女性の皆さんは経験のある方もいらっしゃるかと思います。では、そういう場合にはそう対処すればいいのでしょうか?ストレートパーマの前髪に対する効果も同時に解説していきます。

前髪は縮毛矯正がいい?ストレートパーマがいい?効果の違いは?

ストレートパーマは縮毛矯正よりもまっすぐにならない

薬剤

ストレートパーマと縮毛矯正では、ストレートパーマのほうが比較的に弱いです。そもそも、縮毛矯正は半永久的にストレートを保つものであり、癖が強い人向けです。ストレートパーマは、今までかかっていたカールの方のパーマをおとし、スタイリングしやすくするというのが本来の目的です。

そのため、縮毛強制と比べるともちは短いです。このように、普段はあまり気にされないこの2つですが、それぞれの意味を理解することで、自分にあった施術を選ぶことができます。

効果の違いは熱を与えるか与えないか

ヘア

ストレートパーマと縮毛矯正の大きな違いは、髪に熱を与えるか与えないかです。どちらも使っている薬剤は同じなのですが、縮毛矯正はアイロンで髪に熱を与え形状記憶をさせます。そうすることで、髪がストレートの状態を記憶してしまうので、半永久的にストレートヘアが実現されるのです。

逆に、ストレートパーマは髪に熱を与えることをしないため、髪の毛をスタイリングしやすくなる一方、時間が経つとストレートがゆるくなてしまいます。

前髪は失敗なしのストレートパーマがオススメ

かみ

前髪の癖を治したいのであれば、縮毛矯正よりストレートパーマがオススメです。ちなみに前髪以外の髪は縮毛矯正でもいいのですが、前髪に縮毛矯正をあててしまうとまっすぐになりすぎてしまい、かなり不自然です。スタイリングもしにくいため、前髪だけはストレートパーマがオススメです。

もうすでに、前髪にも縮毛矯正をあててしまい、シャキーン前髪に悩んでいる人はこれからその対処法を10個ご紹介していきますので、参考にしてみてください。

まっすぐすぎる前髪の縮毛矯正を自然にする方法10選

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法①ヘアアイロンをする

まっすぐ

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、1つ目にヘアアイロンをするということが挙げられます。この方法はとても定番ではありますが一番簡単で効果があります。例えば、アイロンで毛先だけ丸くしてみるだけでもかなり自然な仕上がりになります。

しかし、縮毛矯正の方が強すぎて戻りやすくなってしまうので約半日、雨に濡れてしまえばすぐに落ちてしまうところがデメリットです。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法②パーマをあてる

パーマ

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、2つ目にパーマをあてるということが挙げられます。パーマには二種類ありますが、その中でもデジタルパーマという縮毛矯正のカール版をあてると縮毛矯正を落とす効果があります。これで、スタイリングがしやすくなったり不自然な前髪からは卒業できます。

しかし、パーマにはお金がかかるのと髪を傷めてしまう可能性があるので、そこらへんをわきまえた上であてましょう。同時にトリートメントなどもしてもらえれば傷みが軽減されます。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法③ヘアアレンジを工夫

オールバック

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、3つ目にヘアアレンジを工夫するということが挙げられます。髪にダメージは一切与えたくないし、お金も使いたくない、という人は前髪を作ることをやめてオールバックにしてみたり、ピンで留めたりなどするといいです。

今は、たくさんのヘアアレンジが紹介されていますし、この際前髪なしで大人っぽくイメチェンしてみるのもありです。これで、不自然な前髪のことも気にしなくて済みます。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法④ワックスを使う

ワックス

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、4つ目にワックスを使うということが挙げられます。ワックスを使って髪になじませながらスタイリングをすることで、前髪の浮いている感じをなくす効果があります。つけすぎるとベタベタして逆に見た目が悪くなりますのでそこはきえをつけて見てくださいね。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法⑤ドライヤーを使う

ドライヤー

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、5つ目にヘアアイロンをするということが挙げられます。お風呂に入った後や、一旦髪を濡らした後にスタイリングしていきます。

まず、髪を乾かすときにくしで髪の毛をブローしながら乾かしていきます。このときにくしでしっかりまいてから、その部分に直接温風をあてるといい感じに仕上がります。夜だと、朝には戻ってしまいかねないので、効果を期待するならオススメは朝です。一旦髪を濡らしてから乾かしてみましょう。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法⑥カーラーを使う

思いついた

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、6つ目にカーラーを使うということが挙げられます。ここでは、ホットカーラーを使うことが重要になってきます。普通のだと髪がストレートに戻ってしまうのも早いので、必ずホットカーラーで試してみましょう。

うまく巻くコツは、少量ずつ取って巻くことです。縮毛矯正は普通の髪よりもストレートの力が強いので、少しずつ取って熱を与えていきましょう。ホットカーラーは、ヘアアイロンよりも傷みにくいということもメリットです。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法⑦帽子をかぶる

帽子

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、6つ目に帽子をかぶるということが挙げられます。いちいちスタイリングしている時間がもったいない、またはめんどくさい、という方は帽子をかぶりましょう。これなら一瞬にしてできるので、めんどくさがりの方にオススメです。

また、いつもはしっかりスタイリングするけど、今日だけ時間がない、という方にもオススメです。デメリットもファッションにうまく取り入れることでメリットになります。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法⑧かけ直す

美容室

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、8つ目にかけ直してもらうということが挙げられます。ほとんどの美容室は、施術して1週間前後はやり直しを行ってくれます。ですので、縮毛矯正をしてもらった美容室に行って掛け直してもらうのもいい方法です。

あまりまっすぐにではなく、アイロンで少し毛先を丸くするようにお願いしてみましょう。そうすれば、毎日何かしなくても不自然な前髪とおさらばして、自然な前髪をキープできますよ。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法⑨市販の薬剤で直す

薬剤

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、9つ目に市販の薬剤で直すということも効果が期待できます。今は、薬局や様々なお店に髪の毛の薬剤が売られています。それを使って自分で治してみるのもいいかもしれません。費用も安くすみますし、今すぐにでも買いに行って試してみることができます。

失敗してしまう可能性はありますが、前髪だけだとそこまでリスクは大きくないので気軽にできる方法だと言えるでしょう。ぜひ、試してみてください。

不自然な前髪の縮毛矯正を自然にする方法⑩スプレーで固める

固めた髪

まっすぐすぎる前髪を自然にする方法として、10こ目にスプレーで固めるということも効果があります。水で一旦濡らした後に不自然な前髪をくしでカールしながらスプレーで固めてみましょう。このときに、全体にかけても意味がないので毛先だけ固めるのがポイントです。

スプレーは、水だけではなくヘアアイロンの後やホットカーラーの後などにもつけると効果があり、長持ちするのでとてもオススメです。1.5倍くらい持ちが違ってきます。

前髪のストレートパーマをかける頻度と持ちは?どうなったらかけ直す?

ストレートパーマをかける頻度や効果はくせの強さによる

パーマはお金かかる

ストレートパーマをかける頻度は個人によってかなり変わってきます。例えば、かなり癖が強くてクルクルの人は綺麗に保とうとすると一ヶ月に一回ほどです。もともとそこまでクセは強くなく、髪の毛や毛先がうねる程度の人は通常の三ヶ月に一回で大丈夫です。

ストレートパーマの持ちは3ヶ月ほど

はな

ストレートパーマの持ちは、通常3ヶ月程度だと言われています。3ヶ月も経つと、パーマがおちてきてうねりが出てくるようになります。もともと癖の強い人はさらに持ちも悪いので、癖が少ない人よりも持ちが悪いです。

また、意外に重要なのがパーマをかけてくれる美容師さんの腕です。美容室によっては1日でパーマが取れてしまうこともありますので、美容室はしっかり選びましょう。パーマは一回で1万円以上かかる高額なものです。お金を無駄にしないためにも気をつけたいところですよね。

髪の毛の根元や全体にくせが出てき始めたら掛け直すタイミング

のんびりー

ストレートパーマを掛け直すタイミングとしては、髪の毛の根元や全体に癖が出てき始めたらです。パーマをかけたところに、前の髪のクセがでできた場合はパーマが落ちている可能性大です。また、新しく髪が生えてきて、まだパーマがかかってない部分があると人によっては根元だけ少しうねる感じになってしまいます。

その際にも掛け直しのタイミングと言えますので、美容室に行って再度かけてもらいましょう。また、あまりパーマをかけすぎても髪に良くないので、定期的にトリートメントをやってもらうなど、髪のケアも忘れないようにしたいですね。

前髪の縮毛矯正をかけた後の注意点は?

前髪の縮毛矯正をかけた後の注意点①ピンなどでとめない

サラサラ

前髪の縮毛矯正をかけた後は、ピンで止めたりゴムで縛ったりすることは避けましょう。パーマをかけた後の一週間、薬剤が神に完全に染み込んでおらず、髪はまだ不安定な状態にあります。そんなときにとよい力を加えてしまうと、せっかくストレートにした髪に不自然なクセがついていしまいます。

もしどうしても結ばないといけない場合は、シュシュなどでゆるーく結ぶことをオススメします。前髪は邪魔なときに結んだりとめたりしがちですが、1週間は気をつけましょうね。

前髪の縮毛矯正をかけた後の注意点②髪の毛をしっかり乾かす

ドライヤー

前髪の縮毛矯正をかけた後は、髪の毛をしっかり乾かすことも忘れないようにしましょう。パーマをあてた後の髪は、熱によって形状記憶されている状態です。つまり、髪が濡れた状態からドライヤーの熱をあてることでストレートの形状に戻ることになります。

お風呂の後、髪の毛を乾かすのがめんどくさくて放置してしまうことはよくありますが、1週間だけ頑張って乾かしましょう。それ以降は、乾かさなくてもストレートになりますよ。縮毛強制はパーマと違って放っておいても髪がまっすぐになるのでとても楽チンです。

憧れのサラサラストレートヘアを目指そう!

ストレート

いかがでしたか?今回は、まっすぐすぎる前髪の縮毛矯正を自然にする方法10選とストレートパーマのかける頻度や持ち、パーマ後に気をつけることなどをご紹介していきました。シャキーン前髪をどう自然にするかはとても悩ましい問題ですが、方法はたくさんあるので自分にあったやりやすい方法をぜひ、試してみてください。

縮毛矯正やストレートパーマは、憧れのストレートヘアを手にいれる最適の方法です。スタイリングで難しい部分はありますが、髪のケアもしっかり行いみんなが振り向くような髪を手に入れてくださいね!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。