Large thumb shutterstock 680916895

危機管理能力テスト4問|能力が高い・能力がない人の特徴は?意味も!

更新:2020.02.12

この記事では危機管理能力についてご紹介します。危機管理能力があるのかテストでチェックしてください。危機管理能力がないとトラブルが起こった時上手く対応できなくなります。危機管理能力が高い人の特徴を知り、向上させる方法を実践してください。



危機管理能力とは?

危機管理能力の意味とはトラブルに対する対応力のこと

トラブル

危機管理能力とは、トラブルに対して対応する能力の事です。発生してしまったトラブルをいかに最小限に抑えるのか、悪化させないためにどのような行動をとるのかがポイントとなります。トラブルなどの不測の事態にも冷静に状況を見極めて判断し、対応できる人は危機管理能力に長けているという訳です。

リスク管理はトラブルや危険に対する対策

リスク

危機管理と似たい言葉にリスク管理という言葉がります。リスクマネジメントという言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?リスク管理は危機管理とは違うものです。

危機管理能力が発生したトラブルに対応する能力なのに対し、リスク管理はトラブルや危険に直面した時のために備えることを意味するのです。細かく分けると意味は違うとも言えますが、危機管理能力だけではなく、リスク管理能力も鍛えることでトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

危機管理能力が高い人の特徴は?

危機管理能力が高い人の特徴|体調管理やスケジュールをしっかり管理する

スケジュール

危機管理能力が高い人は、体調管理やスケジュールをしっかり管理しています。仕事場では自分が何をするべきなのか整理することで、締め切りに間に合わなくなることもないしょう。先読みをして行動できるのも危機管理能力が高い人の特徴です。

健康や体調管理にも人一倍気を使うので、自己管理もしっかりできています。危機管理能力がない人は計画性がないので、締め切りギリギリまでかかってしまうことも少なくありません。仕事でそのようなことを繰り返していると、仕事に余裕のない人だと思われてしまいます。詳しい情報は下の関連記事からチェックしてください。


危機管理能力が高い人の特徴|能力がない人より些細な変化に気が付く

気づく

危機管理能力が高い人には、些細な変化にもすぐに気が付けるという特徴があります。トラブルが起こりそうな気配を察知し、速やかに対策できる人も危機管理能力が高いといえるでしょう。そうすることで、発生したトラブルに速やかな対応ができるので、被害を最小限にとどめることができるのです。

逆に、危機管理能力がない人はトラブルが起きたことにさえ気づかないこともあります。「なんとかなるだろう」という思いが強いので、楽観的なタイプとも言えるでしょう。

危機管理能力が高い人の特徴|周囲から頼りにされる

頼り

危機管理能力が高い人には、周囲から頼りにされることが多いという特徴があります。実際にトラブルが起こった時、冷静に迅速な対応ができる人は何かと頼りにされます。普段の行動からも的確な行動が評価され、「この人がいると安心だ」と信頼されている人もいるでしょう。

トラブルや不測の事態に対応できるということや経験や実力があるということです。さまざまなけいけんを積んでいるからこそ不測の事態にも柔軟に対応できるのでしょう。逆に、危機管理能力が低い人は単に経験が足らないだけなのかもしれません。

周囲の人から人望・信頼を得たいという方には下の関連記事もおすすめです。人望がある・信頼が厚い人の特徴を知ることで、理想の自分に近づけるのではないでしょうか?人望がない人の特徴に当てはまってしまった場合は、悪い部分をなおして行く必要があります。詳しい情報をチェックして人望・信頼を集めてください・

あなたは危機管理能力がない・欠如してる?危機管理能力テスト4つ

危機管理能力テスト①トラブルが起きた時に冷静でいられるか

冷静

1つ目の危機管理能力テストは「トラブルが起きた時に冷静でいられるか」です。トラブルや思わぬ事態に遭遇したとき、まずは状況を理解しなければなりません。慌ててしまうと正しい情報を得ることができないので、危機管理能力がない・欠如していると考えられます。

また、トラブルに対応しても、そのことで頭がいっぱいで余裕がなくなる人も危機管理能力がないといえるでしょう。このテストに「YES」と答えた人は、トラブルが起こった時に冷静にその場の状況を判断できるので危機管理能力は高いと言えます。

危機管理能力テスト②物事を考える時は自分中心であるか

自己中

2つ目の危機管理能力テストは「物事を考える時に自分中心かどうか」です。「YES」と答えた方は危機管理能力が低い可能性があります。普段から自分を中心として考えていると、トラブルが起こった時も自分には関係ないという考えが強い傾向にあるのです。仕事を数人で分担して進めることもあるでしょう。

その際、誰かの仕事にトラブルが生じれば危機管理能力に長けた人は修復に参加します。しかし。危機管理能力低い人は「自分の仕事ではないから」「自分の担当ではないから関係ない」と参加せずに自分の仕事にしか意識を向けません。これではトラブルが起こった時の対応は良いとは言えないのです。

自分中心で物事を考えていると、無意識のうちに威圧的な態度を取っている可能性があります。威圧的な行動は周囲の人との関係にひびを入れることもあるので注意が必要です。威圧的な態度を取る人の特徴や性格、心理などの詳しい情報は下の関連記事からチェックしてください。

危機管理能力テスト③過去を振り返ることが少ないか

反省

3つ目の危機管理能力テストは、「過去を振り返ることが少ないか」です。過去を振り返らないと言うとなんだか格好よく聞こえますが、起きたことを反省し、今後に生かすことができなければ危機管理能力を培うことはできません。

このテストで「YES」と答えた人は失敗や経験を振り返り、糧とすることができないので危機管理能力が低いのです。前向きなのは素敵なことですが、楽観的になりすぎてはいませんか?危機感を持ち、物事を重く受け止めることも大切です。

危機管理能力テスト④災害時の対策・意識が欠如しているか


災害

4つ目の危機管理能力テストは、「災害時の対策をしているか」です。トラブルが起こった時のことを考えうのも危機管理能力の1つです。地震や津波、大雨など、さまざまな自然災害が起こると食べ物や飲み物を確保できなくなる可能性もあります。非常食や水の確保をしている人は危機管理能力が高いのでしょう。

また、災害が起こった際の避難経路や避難所の場所を確認しておく必要もあります。スマートフォンが使えなった時のことも考え、家族や職場との連絡手段を確保しておきましょう。逆に、「地震が起こっても大したことないさ」と考える人は危機管理能力が低いのです。防災グッズは100均でも購入することが可能です。

軍手やカイロ、懐中電灯など用意するべき道具はいくつもあります。実際に災害が起こってから慌てても意味がありません。事前に備えることで危機管理能力を高めてください。詳しい情報は下の関連記事からチェックできます。ダイソーやセリアに足を運んでみてはいかがでしょうか?

危機管理能力を高める方法・心がけ4つ

危機管理能力を高める・向上させる方法①「もしも」を考えてみる

もしも

1つ目の危機管理能力を高める・向上させる方法は、「もしも」を考えてみるということです。順調に進んでいることでも「もしも失敗したら」「もしもトラブルが起こったら」と考えることも必要です。さまざまな状況を趣味レーションしておくことで、急なトラブルにも冷静に対処できるようになります。

ただし、心配しすぎると消極的になってしまう可能性があるので、ある程度の思いきりは必要です。気が弱い・消極的な人の特徴や性格は下の関連記事から確認できます。消極的な性格で悩んでいる場合は、克服方法も参考にしてください。

ただし、心配しすぎると消極的になってしまう可能性があるので、ある程度の思いきりは必要です。気が弱い・消極的な人の特徴や性格は下の関連記事から確認できます。消極的な性格で悩んでいる場合は、克服方法も参考にしてください。

危機管理能力を高める方法・心がけ②固定概念を捨てる

固定概念

2つ目の危機管理能力を高める・向上させる方法は、固定概念を捨てるということです。「このトラブルが起こった時はこう対応する」「この対応を取ったら大丈夫」そんな固定概念を持っている方は多いのではないのでしょうか?確かにある程度マニュアルのようなものが用意されている会社もあるでしょう。

しかし、トラブルは簡単にグループ分けできるほど単純ではありません。同じようなトラブルでも原因も結果も異なります。なので、固定概念は捨てて柔軟な対応ができるようになりましょう。

危機管理能力を高める方法・心がけ③目標を設定する

目標

3つ目の危機管理能力を高める・向上させる方法は、目標を設定するということです。何となくで行動するのではなく、目標を設定してみてください。目標を決めることで、何をすべきか、どのような行動をするべきか考えるようになります。

また、目標に向かう間に起こるトラブルを解決することで、トラブルに対する対応力も鍛えられるでしょう。実際に経験を積むことが危機管理能力を高める方法・心がけには大切なのです。

危機管理能力を高める方法・心がけ④過去の失敗を反省する

過去

4つ目の危機管理能力を高める・向上させる方法は、過去の失敗を反省するということです。これまでに失敗したことや、満足な結果が得られなかったことを思い出してみてください。「あの時こうすればよかった」「こうしたらもっと良い結果が出せたかもしれない」そう思うことがあるのではないでしょうか?

過去の経験を振り返り、考えることで失敗は自分の経験となります。失敗を無駄にせず自分の力にして危機管理能力を向上させてください。

危機管理能力を鍛えよう

危機管理能力がない人と、危機管理能力に長けている人では考え方に違いがありました。危機管理能力がないと仕事で失敗することもありますし、自分の安全を守る能力も低下してしまいます。仕事のためだけではなく、自分のために危機管理能力を向上させるよう努力しましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。