Large thumb shutterstock 308134487

餃子の付け合わせ、何にする?副菜やおつまみなどに合う人気レシピをご紹介☆

更新:2021.03.17

夕食の献立を餃子にした時、「どんな付け合わせが合うかな?」と悩んだ経験はありか?こちらの記事では、餃子の付け合わせに合う人気のレシピを紹介します。副菜やおつまみなど、ジャンル別に分けて分かりやすくお伝えします。ぜひ参考にご覧下さい!

【副菜編】餃子の付け合わせに合う人気のレシピ3選!

①ナスの煮浸し

「ナスの煮浸し」は、餃子の付け合わせとして簡単に作れるメニューです。料理が苦手な方は、味付けに麵つゆを使えば失敗がありません。冷蔵庫で2~3日保存できるため、常備菜として作っておくとおかずが足りない時に安心ですよ。

ナスの煮浸しの材料(2人分)

  • ナス        2本
  • サラダ油      適量
  • 【調味料】
  • 麺つゆ・水     各50ml
  • すりおろしショウガ 適量

ナスの煮浸しの作り方

  1. ナスを一口サイズに切り、皮に切り込みを入れます。
  2. フライパンの油を敷いて、①を両面焼きます。
  3. 調味料を加えて、ひと煮立ちさせれば完成です。

②浅漬け

こってりとした餃子の献立には、「浅漬け」を用意するのがおすすめです。口の中がさっぱりするので、餃子の美味しさを一層引き立てることができますよ。浅漬けの素は、市販の商品を購入しなくても、ご家庭にある調味料で簡単に作れます。お好きな野菜を選んで、手作りの浅漬けにチャレンジして下さいね!

浅漬けの材料(2人分)

  • キュウリ   1本
  • 塩      小さじ1
  • 砂糖・酢   各小さじ1/2

浅漬けの作り方

  1. キュウリを薄切りにします。
  2. ビニール袋に①と塩・砂糖・酢を入れて口を縛ります。
  3. 冷蔵庫で約20分寝かせれば完成です。

③なめたけおろし

「なめたけおろし」はさっぱりしているので、餃子の副菜におすすめです。大根はのの字を描くようにすりおろすと、辛みが少なくフワフワな食感になります。仕上げにアクセントとして、七味を少量かけても美味しいですよ。

なめたけおろしの材料(2人分)

  • 大根         150g
  • 市販のなめたけおろし  大さじ1

なめたけおろしの作り方

  1. 大根をおろし金ですりおろします。
  2. 器に盛って、なめたけをのせれば完成です。

【おつまみ編】餃子の付け合わせに合う人気のレシピ3選!

①ザーサイ豆腐

「ザーサイ豆腐」は餃子との相性が良く、簡単に作れるおつまみです。豆腐から水分が出るとザーサイの味がぼやけてしまうので、しっかり水切りを行って下さい。辛い物がお好きな方は、ラー油を適量かけてピリ辛にしても美味しいですよ。

ザーサイ豆腐の材料(2人分)

  • 豆腐      200g
  • ザーサイ    30g
  • 長ねぎ     20g
  • 醤油       小さじ2

ザーサイ豆腐の作り方

  1. 豆腐の水切りをします。
  2. ザーサイと長ねぎをみじん切りにします。
  3. ①の上に②をのせて、醤油をかければ完成です。

②揚げ枝豆

「揚げ枝豆」は餃子の付け合わせに良く合う、おすすめのおつまみです。枝豆はお酒のおつまみの定番メニューですが、油で揚げても美味しいですよ。解凍した冷凍枝豆を使用してもOKですが、生の方が風味良く仕上がります。熱々の状態が美味しいので、火傷に気をつけて召し上がって下さい。

揚げ枝豆の材料(2人分)

  • 枝豆(さや付き)   200g
  • 塩          適量
  • サラダ油       適量

揚げ枝豆の作り方

  1. 枝豆を洗い、水気をキッチンペーパーで拭き取ります。
  2. 鍋に油を入れて熱し、中温で約5分揚げます。
  3. 取り出して油を切ったら、塩をかけて完成です。

③バンバンジー

餃子に豪華なおつまみを用意するなら、「バンバンジー」がおすすめです。蒸した鶏肉と濃厚なピリ辛いゴマダレが、ビールやお酒と良く合いますよ。使用する鶏肉はササミならヘルシーに、胸肉ならジューシーに仕上がります。パーティーやおもてなし料理にもぴったりなおかずのため、レシピを覚えておくと役立ちますよ!

バンバンジーの材料(2人分)

  • 鶏肉(ササミか胸肉)  200g
  • 長ねぎ(青味部分)   1本分
  • ショウガ        適量
  • 顆粒中華だし      大さじ1
  • キュウリ        1/2本
  • トマト         1/2個
  • 【ゴマダレ】
  • 酢           大さじ2
  • 砂糖          大さじ1
  • 練りごま        大さじ2
  • 醤油          大さじ1.5
  • ラー油         お好みで

バンバンジーの作り方

  1. キュウリは千切り、トマトは薄くスライスします。
  2. 鍋に湯を沸かし、青ねぎとショウガを入れます。
  3. 煮立ったら鶏肉を入れて、約5分茹でます。
  4. 粗熱が取れたら、肉の繊維に沿って手でほぐします。
  5. お皿に①と④をのせて、ゴマダレをかければ完成です。

バンバンジーはおつまみとしてではなく、献立のメイン料理にしてもおすすめです。下記の記事では、バンバンジーに合うおかずを紹介しています。サイドメニューや副菜など、たくさんのレシピが登場するので、付け合わせを考える手間が省けますよ。参考になる記事なので、併せてチェックして下さい!

【サラダ編】餃子の付け合わせに合う人気のレシピ3選!

①春雨サラダ

餃子の付け合わせには、さっぱりとした味わいの「春雨サラダ」が良く合います。ゴマ油の香りと風味が食欲を刺激し、ツルっと喉越しの良い人気メニューです。ご家庭に春雨がない場合は、マロニーで代用することもできますよ。春雨の茹で時間は商品によって異なるため、しっかりとパッケージを確認してから茹でて下さい。

春雨サラダの材料(2人分)

  • 乾燥春雨     30g
  • ハム       2枚
  • キュウリ     1本
  • 白いりごま    適量
  • 【ドレッシング】
  • ゴマ油      大さじ1
  • 砂糖・醤油・酢  各小さじ2

春雨サラダの作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、春雨を表記時間通り茹でます。
  2. ハムとキュウリを細切りにします。
  3. ボウルにドレッシングの材料を入れて、混ぜ合わせます。
  4. ①と②を加えて全体を合わせます。
  5. 白いりごまをまぶして完成です。

②大根サラダ

シャキッとした食感が楽しめる「大根サラダ」は、餃子の献立に合うメニューです。大根は根本部分に辛味があるため、サラダには甘みがある上部を使うのがおすすめです。中華・和風どちらのドレッシングを選んでも美味しいので、お好みでチョイスして下さい。

大根サラダの材料(2人分)

  • 大根    150g
  • かつお節  適量
  • お好みのドレッシング  適量

大根サラダの作り方

  1. 大根は繊維に沿って千切りにします。
  2. 水にさらしてアクを抜きます。
  3. キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  4. お皿に盛り付けてドレッシングをかけて、かつお節をのせたら完成です。

③アボカドとトマトのサラダ

餃子の付け合わせに映えるメニューを用意するなら、「アボカドとトマトのサラダ」がおすすめです。アボカドとトマトは豊富なビタミンと葉酸を含んでいるので、餃子では補えない栄養素を摂ることができます。アボカドはレモン汁をかけると変色を防ぎ、鮮やかな緑色をキープするのでお試し下さい。

アボカドとトマトのサラダの材料(2人分)

  • アボカド  1個
  • トマト   1個
  • レモン汁  小さじ1
  • お好みのドレッシング 適量

アボカドとトマトのサラダの作り方

  1. アボカドは種を取り、2cm角に切ってレモン汁をかけます。
  2. トマトも2cm角に切ります。
  3. お皿に①と②を盛り付けて、ドレッシングをかければ完成です。

【スープ編】餃子の付け合わせに合う人気のレシピ3選!

①トマトと卵の中華風スープ

ジューシーな餃子には、酸味のある「トマトと卵の中華風スープ」がおすすめです。一旦火を止めてから溶き卵を入れると、フワフワの仕上がりになりますよ。お好みでとろみをつけても良いですし、最後に酢を加えてさっぱりした味にしても美味しいです。

トマトと卵の中華風スープ

  • トマト        1個
  • 溶き卵        1個分
  • 水          300ml
  • 鶏がらスープの素   大さじ1
  • 長ねぎ(みじん切り) 適量

トマトと卵の中華風スープの作り方

  1. トマトを一口サイズに切ります。
  2. 鍋に水と鶏がらスープの素を入れて沸騰させ、①を加えます。
  3. 火を止めて溶き卵を流し入れます。
  4. 器によそって長ねぎをかければ完成です。

②卵スープ

餃子には、優しい味わいの「卵スープ」がおすすめです。小さなお子さんにも、ご年配の方にも好まれる汁物なので、献立に悩んだ時にはぴったりですよ。餃子は濃い味の料理なので、スープは薄味にするとバランスが良くなります。

卵スープの材料(2人分)

  • 水          300ml
  • 溶き卵        1個分
  • 鶏がらスープの素   小さじ1
  • 塩コショウ      少々

卵スープの作り方

  1. 鍋に水と鶏がらスープの素を入れて、煮立たせます。
  2. 溶き卵を流し入れて、塩コショウで味を調えれば完成です。

③カニカマスープ

「カニカマスープ」は赤色が映えるため、餃子の献立に彩りを添えてくれる汁物です。カニカマは手で割くことができるため、包丁やまな板などの洗い物が少なく済みます。カニカマには塩分が多く含まれるいるので、スープの調味料は控えめにすると良いですよ。

カニカマスープの材料(2人分)

  • カニカマ     2本
  • 水        300ml
  • 溶き卵      1個分
  • 【調味料】
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • ゴマ油      少々

カニカマスープの作り方

  1. カニカマを手で割きます。
  2. 鍋に水と調味料を入れて、煮立たせます。
  3. ①を加えて2分程煮込みます。
  4. 溶き卵を流し入れて完成です。

餃子の付け合わせを選ぶポイントは?

ここまでは、餃子の付け合わせに合う人気のレシピをお伝えしましたが、献立を選ぶポイントも押さえておきましょう!ポイントを知っていれば、餃子に合うメニューをバランス良く用意することができますよ!

ポイント①さっぱりした付け合わせがおすすめ

料理をする女性

餃子は味付けがしっかりしているおかずなので、付け合わせにはさっぱりしたメニューがおすすめです。口の中がリフレッシュして、餃子をより美味しく味わうことができますよ。定番の酢やレモン汁はもちろん、ポン酢やおろしショウガなども積極的に取り入れて下さい。

ポイント②和風のおかずも合う

野菜を切る女性

餃子は中華料理の一種ですが、日本においても馴染み深いメニューです。そのため、付け合わせに和風のおかずや副菜を選んでも、違和感がありません。和風はヘルシーなメニューが多いので、餃子に合わせると献立のバランスが良いですよ。

ポイント③野菜を使った付け合わせを用意する

カラフルな野菜

餃子には野菜を使った付け合わせがあると、献立全体のバランスが良くなります。サラダや副菜などを用意することで、食事の栄養価がグンと上がりますよ。もう一品作る時間がない場合は、汁物に野菜を加えるのもおすすめです。栄養だけでなくボリュームもアップするため、男性や育ち盛りのお子さんも満足しますよ。

餃子に合う付け合わせを知って美味しく食べよう!

餃子には野菜を中心とした副菜やおつまみ、サラダを用意するのがおすすめです。大勢で餃子を食べる時は、おかずも大皿に盛り付けると気分も上がりますよ!また下記の記事では、マーボー豆腐に合う献立を紹介しています。餃子と同じ中華メニューなので、参考になる記事ですよ。ぜひ併せてご覧になって下さい。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。