INDEX

女性に告白する時の花束の渡し方・おすすめサプライズ演出は?

女性に告白する時の花束の渡し方①家で渡す時はタイミングが大切

女性に花束を渡す時は、渡し方次第で結果が大きく違ってしまいます。女性は、サプライズプレゼントが大好きですが、用意したプレゼントの花束をいきなり渡して告白するのではなく、雰囲気や場所を考えて渡したほうがいいです。渡し方次第で好感度も変わってくるので、渡すタイミングを考えなくてはいけません。

家で花束を渡す時の渡し方は、何気ない会話の後に渡すのがおすすめです。女性も思いがけない展開にびっくりすると思います。家でゆっくり女性と過ごして帰りは車なら花束のサイズは、大きめでも大丈夫です。ただし、帰ってから花束の手入れをするのは女性なので相手のことを考えてサイズは選んでください。

Small thumb shutterstock 315931382
関連記事 男友達から彼氏や恋人になるきっかけ作りの方法7選|告白の仕方は?

友達から彼氏になるためのきっかけや告白方法、恋人となるメリット・デメリ

女性に告白する時の花束の渡し方②デート中に渡す時は1日の予定を考えて

女性とデート中に告白して花束を渡す時の渡し方は、会ってすぐ渡すのであれば、紙袋に入るような小さめの花束にしたほうがいいです。会ってすぐ渡してしまうと荷物になってしまうので1日のスケジュールを考えて、たくさん歩くようなら一輪の花のほうが女性には、喜ばれるかもしれません。

女性とのデートが終わった後、帰り際にプレゼントの花束を渡したいと思っている人は、女性に花束を持っていることをバレないようにしなければいけません。バレないように持ち歩くには、なかなか難しいですがデートの帰り際に渡す時は、会ってすぐ渡す時の渡し方と同様に紙袋に入るような小さい花束がおすすめです。

女性が徒歩や交通機関を使って帰る場合を想定して、花束のサイズを選んだほうがいいです。男性が家まで車で送る場合には、トランクに花束を隠しておいて女性が車から降りてから渡すのがいいですね。トランクにおいておけば、持ち歩くよりバレる可能性は低くなり、女性もびっくりすると思います。花束のサイズも選べます。

女性に告白する時の花束の渡し方③レストランで渡す時は協力してもらう

レストランで食事をしながら花束を渡そうと思っている人の渡し方は、レストランに協力してもらうといいです。おしゃれなレストランなら雰囲気も良く、花束のサイズも選べますね。レストランに協力してもらったほうが渡すタイミングもよくサプライズも成功しやすくなります。

レストランに協力してもらうことが難しい場合やレストランに協力してもらうと店によっては、少し目立つので女性が目立つのが嫌な人なら手のひらに納まるくらいの花束がおすすめです。特別なデザートや花束の他に違うプレゼントを用意するともっと女性は喜ぶと思います。

女性に告白する時のおすすめサプライズ演出①夜景を見ながら

女性に告白する時のおすすめサプライズ演出は、素敵な夜景がおすすめです。その時に花束も渡すともっと告白の成功率は上がると思います。夜景でいい雰囲気を演出して花束を渡しながら告白すると女性は、嬉しさと感動で泣いてしまうかもしれませんよ。

女性に告白する時のおすすめサプライズ演出②花火が上がった瞬間に

少しベタかもしれませんが、花火を見ながら告白するのもおすすめです。女性は非日常的な雰囲気に弱いものです。お互い浴衣を着て屋台を楽しんだ後、花火が上がっていい雰囲気になったら告白のチャンスです。花火を味方に告白しましょう。少し暗がりなので恥ずかしがり屋の男性にもおすすめですよ。

女性に告白する時のおすすめサプライズ演出③誕生日にサプライズムービー

女性の誕生日のお祝いにサプライズムービーを作ってみてはどうでしょうか。二人の共通する友達などに協力してもらってメッセージ動画を作り、最後にサプライズプレゼントと花束を渡すのもいいですね。

両想いの雰囲気で告白の成功率が高そうな人は、サプライズムービーの中で告白した後、また直接女性に告白して返事をもらうというのも素敵ですね。女性にとっても自分にとっても忘れられない思い出になりますね。

花束を渡して告白するおすすめのタイミングは?

花束を渡して告白するおすすめのタイミング①別れ際がベスト!

花束を渡して告白するタイミングは、別れ際がおすすめです。別れ際は寂しくなりますが、花束を渡して告白することで女性に「また会いたい」「もっと一緒にいたい」と思わせることができます。会ってすぐ花束を渡されるよりも別れ際に花束を渡されるほうが好感が持てると答える女性は多くいます。

花束を渡して告白するおすすめのタイミング②二人きりになったら

人前でサプライズをされると恥ずかしいから嫌という女性もいます。外で花束を渡して告白する場合は、人目につかない二人きりになれる場所を探しましょう。落ち着いて告白もできるし、恥ずかしがり屋の女性のことを考えて人目につかない場所を選んだことに好感を持ってくれると思います。

花束を渡して告白するおすすめのタイミング③あえて大勢の前で

大勢の前で花束を渡して告白する場合は、女性の性格を考えてから行動したほうがいいです。恥ずかしがり屋の女性に大勢の前で告白すると告白に失敗する可能性が高くなってしまうので女性の性格を考えて告白する場所を選んでください。

大勢の前で告白されるのが好きそうな女性は、大勢の前で告白することに男気を感じ、勇気がある男性と思ってくれると思います。大勢の人の前で告白するなら、告白に成功した時のために友人にサプライズ演出をお願いしてもらうと場の雰囲気ももっと盛り上がると思います。

告白する時にプレゼントしたい!女性に喜ばれるおすすめ花束は?

告白する時にプレゼントしたい!女性に喜ばれる花束はバラ!

告白する時に渡す花といえば、バラが王道ですね。確かに筆者も花束をもらうならバラの花束がいいです。花には、それぞれ花言葉があり、花の本数や花の色にも意味があります。告白したい女性のことを考えて、花の種類や花の色、花の本数を考えたほうが女性にも喜ばれます。

告白する時にプレゼントしたい!女性に喜ばれるバラの花束の色別花言葉

バラは、色によって花言葉が違うので女性への気持ちにふさわしい色を花束にするといいです。赤いバラの花は「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」という意味があります。白いバラの花は「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」という意味があります。

ピンクのバラの花は「しとやか」「上品」「感銘」という意味があります。青いバラの花は「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」という意味があり、黄色いバラの花は「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」という意味があります。女性のことを思い浮かべながら選ぶと女性は、嬉しいと思います。

Small thumb shutterstock 548486665
関連記事 紫のバラの花言葉は?水色、オレンジ、ピンク、赤の花言葉は?

花にはひとつずつ花言葉があります。中でもバラは色によって花言葉が全く変

告白する時にプレゼントしたい!女性に喜ばれるバラの花束の本数の意味

バラの本数にも意味があるのでバラの色の花言葉とバラの本数の意味を組み合わせて花束を選ぶと素敵になります。告白にぴったりなバラの本数の意味をいくつかご紹介します。バラの花1本は「一目ぼれ」「あなたしかいない」3本は「愛しています」「告白」5本は「あなたに出会えた事の心からの喜び」です。

バラの花6本は「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」9本は「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」12本は「私と付き合ってください」99本は「永遠の愛、ずっと好きだった」という意味があります。

100本のバラの花は「100%の愛」101本は「これ以上ないほど愛しています」108本は「結婚して下さい」という意味があります。バラの本数が多くなると愛情が深くなっていくことがわかります。女性があなたが選んだバラの花束の意味を知った時、あなたの愛情の深さを知り、嬉しさが込み上げてくるはずです。

花束を渡すときに言いたい告白のセリフは?

花束を渡すときに言いたい告白のセリフ①ストレートに大好き

花束を渡すときにいう告白のセリフって悩みますよね。緊張してうまく気持ちを伝えられるか不安に思ったり、どんな告白をすれば女性が喜ぶのか考えますよね。告白のセリフに悩んだらストレートに「大好き」というあなたの気持ちをそのまま言ってみてください。女性は、はっきりと好きと伝えられるあなたに男気を感じます。

花束を渡すときに言いたい告白のセリフ②君のことを考えて花束を選んだよ

告白をするときは、難しい言葉なんていりません。ありのままのあなたでありのままの言葉を言えばいいのです。花束を選ぶ時好きな女性のことを想いながら買ったのなら花束を渡すとき、「あなたのことを想いながら選びました」と言うだけで女性は、嬉しくなります。

そのあと、「好きです」や「付き合ってください」に言葉を繋げれたらいいですね。難しい言葉やキザな言葉は、引いてしまう女性も多いので気をつけてください。

花束をプレゼントして告白しよう!

いかがでしたでしょうか?好きな人に花束を渡して告白することは、とても勇気が必要ですね。花束を渡して告白する時は、女性の性格や1日の行動を考えることが大切です。花束を渡して大好きな人に「好き」という気持ちを伝えましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。