INDEX

女性なら誰しも憧れる花

フィクションの世界でも映えるバラ

バラの花は映画や小説などフィクションの世界でも印象的な場面で使われることの多い花です。最近ではディズニー映画「美女と野獣」を思い出す方も多いのではないでしょうか?同じくディズニー映画の「シンデレラ」のキーアイテムがガラスの靴なら、美女と野獣のキーアイテムはバラといえそうです。

写真は美女と野獣をモチーフにしたイルミネーションから。バラも花ですからいずれ散ってしまいます。花がもつ束の間の生の美しさとガラスの繊細さが組み合わさってできる幻想的な光景はロマンチックで、ついうっとりしてしまいますね。

栽培が難しい花としても有名

自分の家の庭先にバラが咲いていたらどんなに素敵だろうと思うこともありますよね。見た目も美しいし、窓を開けたら風に乗ってバラの香りがふわりと香ってくる…なんてとても素敵なシチュエーションですよね。でも、バラは花の中でも栽培が難しいとされる部類。茎についた棘も栽培を難しくします。

一口にバラといっても支柱に巻き付かせて育てるタイプや地面を這うように育つタイプなど種類は様々。プランターで手軽に育てられるものではないため、マンション住まいで庭が無かったり、手入れをする時間が取れない方には敷居の高い花のひとつではないでしょうか。

バラ全体の花言葉は「愛」「美」

今回は色や品種による花言葉のちがいを見ていくわけですが、まずはバラ全般の花言葉を確認しましょう。バラの花言葉は「愛」「美」といった少し女性寄りの花言葉になっています。全体の花言葉としてはネガティブなイメージはありません。バラを贈られて嬉しくない女性はいないですよね。

また色や品種だけでなく、つぼみの状態、満開の状態でも花言葉が変わってしまうのがバラの特徴。さらには葉の枚数や棘によっても花言葉は変わるとされています。プレゼントするときにそこまで気にしていてはきりがないので、今回は色による花言葉のちがいをメインにご紹介します。

紫のバラの花言葉は?

大人の女性を連想させる「上品」「気品」

紫色というのは昔から気品高い人の色とされてきました。外国では貴族の色、日本では位階の高い=偉い人は紫色の着物や帽子を着用していました。そのため紫のバラにも「上品」や「気品」といった落ち着いた大人らしい印象を与える花言葉が付けられています。

紫は上品さを印象付けるだけでなく、日本特有の文化として77歳のお祝い「喜寿」のプレゼントとしてよく選ばれています。昔の女性は一歩後ろを下がってしとやかについてゆくという大和撫子のイメージと紫のバラの花言葉がマッチした結果かもしれませんね。

憧れの人に贈りたい「誇り」「尊敬」

紫のバラには他にも「誇り」「尊敬」といった意味も込められています。これも紫が位の高い人の色だということが影響しているのかもしれません。仕事でお世話になっている人に紫のバラを贈ってみるのもいいかもしれません。

しかし、注意してほしいのは紫という色は上品であると捉える人がいる一方でセクシーさを感じる、セックスアピールの象徴であると捉える人もいます。紫色の下着が勝負下着だといわれるのと同じ考え方ですね。紫のバラは貰った側がどう受け取るかも考えた方がいい色といえます。

紫のバラといえば『ガラスの仮面』

学生時代に読んだという女性も多いのではないでしょうか?紫のバラといえばやっぱり『ガラスの仮面』ですよね。表向きは主人公を仕事道具として使いながら、裏では主人公の一番のファンとして主人公が駆け出しの頃から紫のバラを贈り続ける芸能事務所の社長と主人公の関係がとてももどかしい…!

写真は『ガラスの仮面』の原画展のときに匿名ファンによって贈られた紫のバラ。読んだことがある方は分かるかもしれませんが、漫画のシーンを再現した粋なはからいだとSNSで話題になりました。イベントが行われるたびに誰かから紫のバラが届くなんてとても素敵ですね。「紫のバラの人」はどなたなのでしょうか。

水色のバラの花言葉は?

その作り方から付けられた「奇跡」「神の祝福」

水色のバラの花言葉は「奇跡」「神の祝福」。水色は花屋さんでもなかなか見かけない珍しい色ですよね。それもそのはず、水色のバラは登場してからまだ10年も経っていないのです。

当初、水色のバラを作ることは不可能だとされていました。青色というのは自然には存在しないからです。その名残りで水色のバラには「不可能」という花言葉もあります。しかしその後青色、水色のバラを作ることに成功、「不可能」という花言葉は使われなくなり、不可能を覆したため「奇跡」などの花言葉となりました。

一部では「偽物」の花言葉も

自然には存在しない色の花を人工的に作りだせたことはまさしく奇跡です。しかし、水色のバラは人工的に作り出したものであって自然の花ではないということから一部では「偽物」「偽り」という花言葉が付けられることもあります。

花言葉はポジティブなものとネガティブなものがセットになっていることがほとんどです。プレゼントとして贈るときはポジティブなものだけでなく、ネガティブな意味も考えるようにしましょう。

オレンジのバラの花言葉は?

友だちにあげたい「絆」「信頼」

オレンジのバラの花言葉は「絆」「信頼」「魅惑」「無邪気」「愛嬌」といった恋愛とは少しちがう意味が多めです。オレンジや黄色などの暖色系の花は恋愛的な意味が少なく、友達や家族へのプレゼントに最適な色とされています。

「絆」「信頼」といった花言葉をもつオレンジのバラは友達の誕生日や家族の誕生日にプレゼントするのが最適ではないでしょうか。友達に花を贈るという機会はなかなか無いかもしれませんが、勇気を出してプレゼントしてみれば、もっと仲が深まるかもしれませんよ。

恋愛とは少しちがう「愛嬌」「無邪気」

実はオレンジのバラは恋愛対象ではないけれど、仲のいい女友だちにプレゼントするという男性もいるようです。花を贈るという行為自体に少し恋愛的な意味が含まれることもないとは言い切れませんが…。

オレンジのバラの「愛嬌」「無邪気」といった花言葉は友情と恋愛の間の微妙な意味としてとらえられることが多く、告白しようか迷っている男性でも贈りやすい花だといえます。オレンジ色のバラをもらったときは相手の男性が花言葉を気にするような性格かどうかを考えてみましょう。

ピンクのバラの花言葉は?

片思いの人にもらいたい「可愛い人」「美しい少女」

ピンクは女性らしい印象を与える色として女性へのプレゼントにとても好まれる色です。なかでもピンクのバラには可愛らしい花言葉が多め。「可愛い人」「美しい少女」という片思いの人から言われたら思わず嬉しくなってしまう花言葉ばかり。

ピンクは女性をさらに女性らしく見せるだけでなく、恋愛運を高める色としても最適なのでピンクのバラをモチーフにした小物などをいつも持ち歩いてみるのもいいですね。ピンクが可愛らしすぎて苦手という方は少し色の濃いものをプラスすると幼い印象を抑えられる効果がありますよ。

Small thumb shutterstock 571220725
関連記事 ピンクの財布が持つ風水の効果とは?女性だけに働く秘密のパワー

ピンクの財布は風水において女性に絶大な効果を持っている?金運はもちろん

「おしとやか」「恋の誓い」という花言葉も

ピンクは赤よりも控えめな色ですので赤が愛の象徴であるとすれば、ピンクは恋の象徴であるといえそうです。そのためピンクのバラの花言葉は赤いバラの花言葉より落ち着いたものが多く、赤いバラよりも強気な印象を与えないためプレゼントしやすい色といえます。

「恋の誓い」という花言葉から付き合う前はピンクのバラ、付き合った後は赤いバラと使い分ける男性もいます。また、赤だけでは視覚的に重くなってしまう場合にピンクや白を入れることによって赤一色よりも軽く、可愛らしい花束に仕上げることができます。

赤のバラの花言葉は?

激しい意味を持つ赤いバラ

赤はなんといっても情熱的な印象を与え、花言葉も激しい意味が多い色です。特に赤いバラは情熱や愛の象徴。告白やプロポーズ、愛にまつわる様々な場面で使用されることの多い花です。花屋でも一般的に見かけるバラはほとんどが赤色ですし、バラの中でもっとも流通している色ではないでしょうか。

先ほど紹介した「美女と野獣」の中で使用されるバラも赤色ですし、ミュージカルとしても有名な「オペラ座の怪人」でも怪人の仮面とともに赤いバラがモチーフとしてよく用いられます。どちらも男性から女性に対する熱烈な愛を表現した作品ですので、やはり赤いバラはフィクションの世界でも重宝されます。

シンプルだからこそ響く「愛情」「あなたを愛する」

告白やプロポーズの場面で赤いバラの花束を渡されたらとても嬉しいですよね。女性は綺麗なもの、とりわけ花が好きな人が多いというのも関係しているかもしれませんが、花言葉を知らなかったとしてもバラは有名ですからなんとなくその花に込められた意味を察することができるからではないでしょうか。

赤いバラの花言葉はとてもシンプル。「愛情」や「あなたを愛する」といった意味があります。花束でプレゼントすることも多いですが、1本だけすっと差し出されても美しく見えますよね。たった1本の切り花に込められた意味が他人同士をつないでしまうこともありますから、言葉のもつ力、花のもつ力は偉大ですね。

女性から男性に贈る場合は「貞節」

赤いバラは情熱的な意味が多く、ぐいぐい押していくような肉食系のイメージを持たれがちですが実は「貞節」という花言葉も。こちらは女性から男性に贈るときによく意味される花言葉のようです。貞節を守り抜く、愛しているのはあなた一人だけといった意味を込めることができるため、やはり情熱的な印象になりますね。

女性から男性に贈る場合は花言葉と合わせて本数も考えてみるとより意味が深まります。本数による意味のちがいは後ほど詳しく紹介しますが、「貞節」に合う本数なら1本で「あなたしかいない」や4本で「死ぬまで気持ちは変わりません」といったあたりがおすすめです。

バラの品種によっても花言葉がちがう?

儚く美しい「アムネシア」

花束

花びらの透明度が高く、淡い色と相まって儚い印象を与えるこちらのバラは「アムネシア」という品種。ピンク色に見えますが、実は薄紫色とされています。本来は紫のバラの花言葉を用いますが、アムネシアは一味ちがいます。

アムネシアという名前から日本では「記憶喪失」という意味(花言葉)を持つと、その儚い印象とともに近年有名になりました。すぐに消えてしまいそうなほど繊細で壊れやすい印象を与えるためアムネシアという名前が付けられたそうです。

このアムネシアというバラをモチーフにした女性向けの恋愛ゲームが発売されるなど、その人気はこれからさらに火がつきそうです。日本ではまだまだ入手の難しい品種なので花屋さんで見かけたら相当レアかもしれません。

悲劇の少女がモデルとなった「ジャンヌダルク」

白と黄色が混ざり合ったような色が特徴的なこのバラはジャンヌダルクという品種です。イギリスとフランスの間で起こった100年戦争を終結させようとし、後に処刑されてしまった悲劇の少女「ジャンヌダルク」の名から取られて名づけられました。

ジャンヌダルクが少女であったことから「かわいいひと」という花言葉が付けられ、その強く気高い印象から「あなたを愛している」という花言葉が付けられました。赤とピンクのバラの花言葉を掛け合わせたような花言葉ですね。ちなみに元の黄色のバラには「薄れゆく愛」などという花言葉があります。

バラはプレゼントする本数によって意味がちがう?

本数によってこめられている意味は全部で22種類

色や品種によって花言葉のちがうバラでしたが、実はプレゼントする本数によっても意味が変わります。その種類は全部で22種類と意外と多いんですよね。本数によっては2つ意味のある本数もありますから、厳密には22種類+αとなります。

今回は手軽にプレゼントしやすい1本~13本の意味を表にまとめてみました。プレゼントのときの参考にしてみてください。また13本以上でプレゼントにおすすめだと思った本数と意味も下記で紹介します!

バラの本数と意味について
本数 意味
1本 「一目惚れ」「あなたしかいない」
2本 「この世界は二人だけ」
3本 「愛しています」「告白」
4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」
5本 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
7本 「ひそかな愛」
8本 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
10本 「あなたは全てが完璧」
11本 「最愛」
12本 「私と付き合ってください」
13本 「永遠の友情」

キリスト教圏では13はあまり良くない数字とされていますが、そのためか13本は好きな人に贈ると交際には発展させるつもりはないような意味に…。

他にも数にリンクした意味が多く、24本は24時間=1日を連想させるため「一日中思っています」、365本は365日=1年を連想させるため「あなたが毎日恋しい」といった意味になっています。

99本なら未完成の愛を連想させる

本数による意味の中でも少し特殊なのが99本。意味は「永遠の愛」「ずっと好きだった」。永遠の愛という意味からプロポーズに使用されることも多い99本ですが、きりのいい100本より選ばれる理由があります。ちなみに100本だと意味は「100%の愛」となります。

99本は永遠の愛ともうひとつ「ずっと好きだった」という意味があると述べましたが、この意味なんだか片思いを連想させますよね?99本をプロポーズに使用するのは「あなたと結婚することでこの愛を完成させたい」といった隠れた意味を暗示させます。99ときりが悪く欠けた数字なのもこのためかもしれませんね。

プロポーズなら108本の花束を選んで!

花束

本数によって細かく意味がちがうバラですが、プロポーズなら断然108本がおすすめ。108本のバラの意味は……「結婚してください」。ストレートかつシンプルですがプロポーズの言葉だけではなく、プレゼントにも結婚してほしいという意味がこめられていたら嬉しいですよね。

プロポーズに大きなバラの花束なんて恥ずかしいと思ってしまうかもしれません。でもせっかくのプロポーズですから少し派手でもいいのではないでしょうか。女性からプロポーズすることは珍しいと思いますから、そろそろプロポーズされたいなと思ったら少しずつ匂わせていってみてもいいかもしれませんね。

花言葉を学んでワンランク上の知的な女性に

花を見たときやプレゼントされたときにさっと花言葉についてお話できる女性は知的な女性という印象を与えることができます。さらにプレゼントを考えるときに花言葉についても考えられる女性は素敵ではないでしょうか。バラ以外にもたくさんの花、たくさんの花言葉がありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。