Large thumb shutterstock 534963766

スケルトングレーのヘアカラー16選|ブリーチなしの髪色と市販の染め方も

更新:2019.06.21

2018年大人気のスケルトンヘアカラーの中でも、特に人気のスケルトングレーにスポットを当てて、ブリーチなし・ブリーチありなどそれぞれご紹介していきます。また、自宅でスケルトングレーに染める時のおすすめの染め方や市販のカラー剤なども合わせてご紹介しています。

スケルトングレーヘアカラーとは?

2018年大流行の「スケルトンカラー」の魅力とは

2018年のトレンドカラーとして「スケルトン」とついたヘアカラーが多くあります。その名の通り、「透明感」のあるヘアカラーの事です。日本人の髪の特徴として、赤っぽさや、黄色っぽさが残ってしまったり、カラーが落ちてくると出てきてしまい、カラーを繰り返さないときれいに保てないというものがあります。

しかし、スケルトンカラーはそれらを抑えてくれ、外国人風のようなカラーにすることが出来ます。透明感とアッシュのくすみ感を足したようなイメージのカラーで、カラーが落ちてきても赤みや黄色っぽさが出にくいので長く楽しめるというのも人気の理由でしょう。

スケルトングレーのヘアカラーは明るくも暗くも出来る自由自在なカラー

「スケルトンカラー」の中でも「スケルトングレー」は特に人気があるカラーです。この画像でも分かるように、暗めのカラーですが透明感があり、重たい印象にはなりません。また、下記でもご紹介していますが、暗めから明るめまでカラーを楽しむことが出来ます。暗めの髪色でないといけない方も楽しめますよ!

他のヘアカラーで暗めにしたいという方は、関連記事からも暗めのカラーを見ることが出来ます!アッシュカラーで暗くしているため、お洒落ですし、オフィスで浮いてしまうなんてこともないでしょう!

ショートヘア|スケルトングレーのヘアカラー3選

ショートヘア|スケルトングレーのヘアカラー:地毛っぽい自然な髪色

パッと見、地毛のように見えるくらい自然なカラーですが、こちらもスケルトングレーです。もちろんブリーチなしでもこのくらいの明るさなら可能ですし、ブリーチされている方ならさらに透明感を出しながら暗めにすることも出来ます。これだけ暗くても軽いイメージが良いですね。

ショートヘア|スケルトングレーのヘアカラー:色落ちも楽しめるヘアカラー

こちらは、茶色っぽいスケルトングレーですね。グレーの割合が少ないとこのように茶色っぽくなります。一言に「スケルトングレー」と言っても、薬剤の割合によってヘアカラーは大きく変わってきますので、画像を持っていくなどし、美容師さんとイメージを共有することが需要でしょう。

ショートヘア|スケルトングレーのヘアカラー:透明感のある外国人風カラー

こちらはかなり明るめのスケルトングレーです。ショートヘアの3つを見比べただけでも、色の違いの差が大きく同じ色には見えないくらいですね。こちらはブリーチ必須ではありますが、グレーが入っていることで、ブリーチしている方の1番の悩みのすぐカラーが抜けて赤や黄色っぽくなるということがないのでおすすめです。

「ウェットヘア」「濡れ髪」など、流行から定着しましたね。ショートヘアの場合、アレンジなどは難しいですが、ロングヘアではできないようなスタイリングを作ることも出来ます。関連記事から是非スタイリング剤や、濡れ髪のセット方法など参考にしてみてください。

ボブヘア|スケルトングレーのヘアカラー3選

ボブヘア|スケルトングレーのヘアカラー:透明感のある暗めグレー

ここからはボブヘアのスケルトングレーのヘアカラーです。こちらはブリーチした髪に濃いめにカラーを入れているため、暗めヘアカラーでも手で持ち上げている部分や毛先の方などに透明感がよく分かりますね。陽の光に当たるともう少し明るく、黒というよりはグレーには見えますが、室内ですとこれくらい暗く見えます。

ボブヘア|スケルトングレーのヘアカラー:挑戦しやすいカラー

茶色っぽさが強いヘアカラーですね。暗すぎず、明るすぎずとカラーも楽しめて仕事や学校など規則のある場合も挑戦しやすいのではないかと思います。画像を見ていても分かるように、それぞれ好みや場面に合わせた明るさに調節できるため、幅広い年代の方に人気があります。

ボブヘア|スケルトングレーのヘアカラー:くすみ感+透明感がトレンド

スケルトングレーと言ったら、こんな感じ!と想像される方は、これくらいヘアカラーを想像しているのではないでしょうか?ナチュラルながら透明感とアッシュのくすんだ感がとてもお洒落ですね!関連記事からボブヘアのおすすめスタイリング剤をご紹介していますのでご覧ください!

ミディアムヘア|スケルトングレーのヘアカラー3選

ミディアムヘア|スケルトングレーのヘアカラー:暗くしたい方におすすめ

ひかりの当たり具合によって、少し緑っぽくも見えますが、グレーを入れるとこのように光の加減によってさまざまな色に見えるため、ワンカラーでもペタッとした印象にならずに、立体感や髪の動きが出ます。

ミディアムヘア|スケルトングレーのヘアカラー:柔らかな明るめカラー

画像自体が少し加工されていますが、茶色っぽいスケルトングレーですね。明るめに見えますが、茶色っぽくして明るくするにはブリーチなしでも可能なカラーでしょう。これまでとはまた少し違った雰囲気で、女性らしい柔らかさが印象的です。

ミディアムヘア|スケルトングレーのヘアカラー:黒染めなしでここまで暗く

学校の試験で、面接で一時的に。なんてことや、社会人になってこの日だけは黒くしないと!なんていう日もありますよね。黒スプレーで終わらせてしまう方法もありますが、カラーして色落ちを楽しんでいくという発想転換してみるのはいかがでしょうか?スケルトングレーでここまで暗くすることが出来ますよ!

ボブヘアやミディアムヘアまで髪の毛が長いとヘアアレンジも、幅広くなりますね。関連記事では簡単なのに手が凝っているように見えるフィッシュボーンのやり方や、その他アレンジもご紹介していますので是非ご覧ください!

ロングヘア|スケルトングレーのヘアカラー3選

ロングヘア|スケルトングレーのヘアカラー:ツヤ感あるブリーチなしカラー

ロングヘアのスケルトングレーヘアカラーです。ストレートにしていても、パサつきがなくツヤがあってとてもきれいですね。もちろんそれぞれの髪質によっても変化してきますが、ブリーチなしでスケルトングレーカラーをすると髪がつやっぽく見えて綺麗に見えますよ!

ロングヘア|スケルトングレーのヘアカラー:こなれ感がある明るめカラー

茶色っぽさもありながら、グレーアッシュっぽさもある絶妙なカラーですね。オーダーしてこのままになるかというと難しいところですが、一気にこなれ感が出てお洒落度がアップします。どちらかの割合が多くなり思った色と違う!なんてことになる可能性もありますが、美容師さんとよく相談してチャレンジしてみましょう!

ロングヘア|スケルトングレーのヘアカラー:グラデーションカラー

スケルトングレーをベースにしたグラデーションカラーです。スケルトングレーは暖色から寒色まで、グラデーションやポイントカラーとして入れても上手に馴染んでくれる優秀なカラーですが、ピンクやむらさき系のカラーと合わせている方が多いようです。ご一緒に関連記事からアレンジ方法も是非ご覧ください。

ブリーチなしのスケルトングレーのヘアカラーは?

黒染めしたような真っ黒のカラーにすることも可能!

先ほどもご紹介しましたが、ブリーチなし・ありに関わらずスケルトングレーは濃くカラーを入れてもらえば、自然な黒髪のように暗いカラーになります!黒染めをしてしまうと、その後のカラーが大変ですし、それによって髪の毛も傷んでしまうので黒染めでなければいけない場合を除いては、こんな風に暗くするのも良いです!

ブリーチなしでも透明感は出せる!

じゃあブリーチしないときれいにスケルトングレーは入らないの?というと、このようにブリーチなしでもこんなに綺麗に色が入りますよ。しっかり出ていますね。ただし、それぞれの髪質や前回のカラーの色によってはここまで綺麗に入れることは難しいということもありますので、美容師さんと要相談ですね。

黒髪風の「暗髪」カラーは、スケルトングレー以外の色でも出来ます。その後の色落ち加減が変わってきますので、お好みのカラーを選んで色落ちを楽しむのも良いでしょう!関連記事から是非ご覧ください!

ブリーチありの明るめスケルトングレーのヘアカラーは?

ブリーチありのハイトーンスケルトングレーヘアカラー

ほぼ白に近いようなカラーですが、こちらにも一応スケルトングレーが入っています。この場合にはブリーチを4回した後、カラーをするというよりスケルトングレーによって赤みと黄色味が出ないように抑える役割で使われています。このカラーを見てよく分かるように、赤みや黄色味が綺麗に抑えられていますね。

スケルトングレーはポイントカラーとも相性が良い

先ほどのグラデーションカラーと同じように、ポイントカラーが良く似合います。全頭ブリーチ後、スケルトングレーをベースとしてこちらも紫を毛先にポイントとして入れています。ポイント程度のカラーでもかなり印象が変わり、お洒落感が出ますね!グレー系と並んで人気のブルージュカラーも関連記事からご覧いただけます。

スケルトングレーのセルフの染め方とおすすめのヘアカラー剤は?

スケルトングレーのセルフの染め方:髪の毛を傷めたくない方にはコレ!

スケルトングレーにセルフで染めたい!という時に真っ先に思いつく染め方は市販のカラー剤だと思いますが、もしブリーチしてある髪の毛であったり、アッシュ系に染めていた髪色を復活させたい、保ちたいという場合には「カラートリートメント」がおすすめです。写真の他にもカラーはありますので是非検索してみてください!

筆者はアッシュグレーを保ちたいときや、抜けて明るくなりすぎてしまったとき等にグレーとブルーを混ぜたカラートリートメントを使用していました。もちろんトリートメントと言ってもカラーしていますので髪の毛は傷みますが、市販のカラー剤を使うよりはおすすめです!ネットでも薬局でも購入することが出来ます。

スケルトングレーのおすすめの市販ヘアカラー剤

市販のカラー剤としては、こちらの物が泡で染めることが出来てムラなくカラー出来ますので、おすすめかなと思います。ただし、裏面の注意点やきれいに染めるためのポイントにも記載があるかと思いますが、一度ブリーチしてからでないと綺麗なグレーにはならず茶色っぽくなってしまいますのでご注意を。

セルフカラーで、ブリーチなしで綺麗に色を入れるのは難しいですが、アッシュグレーにする際におすすめの市販のヘアカラー剤がご紹介されています。市販のカラー剤で迷われている方は是非関連記事も合わせてご覧ください。

2018年大流行スケルトングレーで色落ちを見越した楽しみ方を!

外国人風の抜け感や透明感のあるヘアカラーは、まずは日本人特有の髪の赤みと黄色味を消すために暗めに入れることが多いですが、その後の色落ちの経過が楽しいヘアカラーですのでどんな色落ちにしたいかを想像して、カラーしてもらうとより長く楽しむことが出来るでしょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。