Large thumb 3575087969 ede0af76f4 o

【2020】100均のコーヒー豆保存容器が使い勝手◎!キャニスターの選び方も!

更新:2020.06.02

コーヒー豆の保存に悩んだことはありませんか?今回は100均のコーヒー豆保存アイテムにぴったりな、ガラスやプラスチック製の保存容器、冷蔵・冷凍に最適な保存バッグまで幅広くご紹介します。キャニスターの選び方のポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

100均のコーヒー豆保存容器のおすすめポイント!

①種類が豊富

100均には、コーヒー豆の保存にぴったりの容器が豊富に揃っています。ガラス製やプラスチック製の保存容器だけでなく、冷蔵・冷凍保存に適したジップ式の保存バッグのラインナップにも注目です。

コーヒー豆の量や保存する場所などの条件に合わせて、豊富な商品の中から選ぶことができるのが大きな魅力です。いつも買っているコーヒー豆の量や置き場所などを思い浮かべてみましょう。あなたの条件に合う、最適なアイテムが見つかりますよ。

②デザインがおしゃれ

100均の保存容器は、おしゃれなデザインの商品も豊富に揃っています。見える場所に置いて毎日使うなら、おしゃれなデザインを選びたいものです。置いておくだけでかわいい保存瓶や、シンプルモダンなモノトーンの保存容器など、インテリアに合う素敵なデザインの商品が見つかりますよ。

③使い勝手が良い

コーヒー豆の保存に適した100均アイテムは、使い勝手の良さも大きなポイントです。持ちやすい取手が付いているもの、蓋の開け閉めが簡単なものなど、商品それぞれに特徴があり、使い勝手に配慮されたものが揃っています。

【ガラス編】100均のコーヒー豆保存容器おすすめ4選

①ダイソー|ガラスキャニスター

ダイソーで購入できる、コルクの蓋のガラス製保存瓶です。価格は税抜400円と100均としては少し高めですが、洗練されたデザインや品質の良さはコスパが抜群と評判の商品です。

少々のことでは割れない丈夫な厚さのガラスと、丸みをおびた形がかわいいコルクの蓋が特徴です。コーヒー豆を入れてキッチンに置いておくだけでも絵になる、デザインも優秀な保存ボトルです。

②ダイソー|ウォーターボトル

液体保存用のボトルも、コーヒー豆の保存に向いています。ダイソーのウォーターボトルは、密閉できる栓が付いていますので横にして保存することも可能です。500ml、1000mlの2種類のサイズから選ぶことができます。

コーヒー豆は空気に触れることによって劣化が進んでしまうので、空気が入り込まない形状の容器に入れるのがおすすめです。ウォーターボトルのように口が細く、さらに密閉できる栓まで付いているものが理想的です。

③セリア|取手付きガラスボトル

メイソンジャー風の密閉できるガラス容器は、セリアで購入できます。数年前から注目を集めているメイソンジャーですが、2020年は定番のおしゃれアイテムとしてさらに人気が高まっています。サラダやドリンクだけでなく、保存容器としても実用的に使えるのが嬉しいですね。

セリアのメイソンジャー風ガラス容器は、大きさやデザインが豊富なのもポイントです。コーヒー豆を挽いた粉の保存には、軽量スプーンを一緒に入れておける大容量タイプがおすすめです。

【プラスチック編】100均のコーヒー豆保存容器おすすめ4選

①ダイソー|シーズニングボトル

コーナー部分がキャップ式になっていて、必要な量だけ取り出すことができるアイディア商品です。わざわざ蓋を大きくあけなくても、小さなキャップから出せるので、手間が少ないのが最大のポイントです。コーヒー豆だけでなく、インスタントコーヒーの保存にもおすすめです。

四角い形は、スペースを無駄なく使うことができるのも嬉しいですね。プラスチック製で軽く、積み重ねることができますので、冷蔵庫での保存に向いています。

②ダイソー|ペットコンテナ

PET素材のダイソーの保存容器です。シンプルなコンテナボトルにカジュアルなロゴがアクセントになっていて、愛用者の多い人気商品です。軽くて柔らかい素材なので落としても壊れにくく、ペットや小さい子どものいる家庭でも安心して使うことができます。

800mlと1500mlの2種類があり、たくさん入りますので、300g以上のコーヒー豆をまとめ買いする方におすすめです。取手が付いているので大きくても持ち運びしやすいのも嬉しいですね。

③セリア|蓋付きプラスチックボトル

セリアのPET素材のボトルは、デザインにもこだわったアルミ蓋の密閉ボトルです。コーヒー豆だけでなく、ミルクや砂糖、他の調味料などもデザインを揃えてキッチンをおしゃれに飾りましょう。

④セリア|簡易スポーツボトル

セリアで販売されているスポーツ飲料のボトルです。飲み口を開けられる構造が、コーヒー豆の保存にもぴったりです。片手でキャップを開け、少しずつ必要な量を出せる点がとても便利です。コーヒーの粉やインスタントの保存に向いています。

プラスチック製で耐熱温度は100℃までとなっていますので、食洗器の利用も可能です。スリムな縦長の形状は、冷蔵庫のドアポケットにぴったりのサイズです。

【袋編】100均のコーヒー豆保存容器おすすめ4選

①ダイソー|窓付クラフトジップバッグ

クラフトの紙袋は、コーヒー豆をおしゃれに保存できる手軽なアイテムです。ダイソーのクラフトジップバッグは、食品を直接入れられますので安心してコーヒー豆の保存に使えますよ。豆100g~200gを入れるのに最適なサイズです。

窓付きで、中に入っているものがわかりやすいのがポイントです。残量もひと目でわかるので、「コーヒー豆を切らしてしまった」という失敗がないのが嬉しいですね。5枚入って税抜100円とコスパの良さにも注目ですよ。

②ダイソー|スライダー付フリーザーバッグ

100均のスライダー付きの袋は、コーヒー豆の冷蔵・冷凍保存に向いています。ダイソーのフリーザーバッグは、サイズ展開が豊富で小さいサイズも揃っており、コーヒー豆の小分け保存に便利です。コーヒー豆をまとめ買いした時でも、1袋に100g程度ずつ入れて冷凍すれば、風味を損なわずに保存しておけますよ。

③セリア|アルミ蒸着ジップバッグ

100均のアルミのジップ袋はコーヒー豆の保存に最適です。アルミの袋は、コーヒー豆の劣化の原因となる酸化や紫外線の影響を受けず、フレッシュな状態を長く保つことができます。セリアのアルミ蒸着ジップバッグは、デザインもおしゃれなので、そのままキッチンに置いても素敵ですよ。

④セリア|マチ付きジッパーバッグ

100均のジップ袋はかわいいデザインが沢山揃っています。セリアでは、キャニスターの形をしたジップ袋が人気です。底にマチが付いていて自立するので、立てて収納できるのも嬉しいですね。

100均のコーヒー豆保存用キャニスターの選び方

①大きさで選ぶ

キャニスターの選び方の1つ目は、使いやすい大きさを選ぶことです。いつも購入しているコーヒー豆の量を基準に考えると良いでしょう。買ってきたコーヒー豆1袋がちょうど良く入るくらいが、最も使いやすい大きさです。

1つのキャニスターに入れる量は、300g以内に納まるようにしましょう。短期間で使い切れない量のコーヒー豆は、劣化して味や香りが落ちることもあります。1週間~10日程度で使い切れる量をキャニスターに入れ、それ以外は冷蔵庫で保存しておくのがおすすめです。

②デザインで選ぶ

キャニスターの選び方の2つ目は、好みのデザインを選ぶことです。100均には、おしゃれなデザインの商品が豊富に揃っています。特にプラスチック製のキャニスターはバリエーション豊かで、サイズ展開も多いのが特徴です。お気に入りのデザインが1つあるだけで、カフェタイムの気分も楽しくなりそうですね。

コーヒー豆の保存に適したキャニスターの選び方としては、開け閉めが簡単であることが条件の1つです。使う頻度が高いものは、使いやすさも重視したデザインを選びましょう。

③密閉できるものを選ぶ

コーヒーキャニスター

キャニスターの選び方の3つ目は、密閉性を重視することです。コーヒー豆は、空気に触れると酸化して味や香りが落ちてしまうからです。開口がなるべく小さいものや、蓋にパッキンが付いていて空気の侵入を防げるものがおすすめです。

100均では、コーヒー豆を劣化から守ってくれる密閉性のあるキャニスターが豊富に揃っています。コーヒー豆と一緒にシリカゲルなどの乾燥剤を入れて、密閉性のあるキャニスターで保存しましょう。キャニスターの選び方次第で、おいしいコーヒーを長い期間楽しめますよ。

④遮光できるものを選ぶ

キャニスターの選び方の4つ目は、遮光性を重視することです。コーヒー豆は、紫外線に当たることで劣化することはあまり知られていません。蛍光灯の照明も同様に劣化の原因になります。あまり光に当てない容器にすることも、選び方の重要ポイントの1つです。

遮光性を重視するなら、ステンレスや陶器のキャニスターがおすすめです。ガラス製やプラスチック製を選ぶときは、本体がなるべく厚いものを選びましょう。色付きのガラスや透明以外のプラスチック容器なら、透明なものより遮光性があります。100均で購入できる遮光シールなどと併用するのも効果的ですよ。

キャニスターについてもっと知りたい方は、こちらもぜひご覧ください。コーヒー豆の保存に適したキャニスターの情報が満載です。100均の手軽に購入できるものから、真空状態にして保存性を高めた商品まで、数多くのアイテムをご紹介しています。

100均のおしゃれな容器でコーヒー豆をフレッシュ保存!

コーヒー保存容器

100均では、コーヒー豆の保存に適した商品を、豊富な品揃えの中から選ぶことができます。ガラスのおしゃれな保存瓶、プラスチックの使い勝手の良いコンテナなど、それぞれ魅力的な特徴を備えています。購入するときは、事前に保存方法や容量などを確認しておくと失敗がありません。

また、100均で購入できるキャニスターも、多彩なデザインがラインナップされています。ここで紹介した選び方を参考に、保存方法や置きたい場所に適した、あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

下記の記事では、100均で購入できる瓶についてご紹介しています。食材やドリンク類の保存におすすめの瓶、インテリアとして飾りたいおしゃれな瓶などを掲載しています。コーヒ豆の保存容器としても使えるものもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。