INDEX

コーヒー豆は保存が大切

コーヒー豆は鮮度が重要

みなさんは、コーヒー豆をどのように保存していますか?家で豆を挽いてコーヒーを作っていたり、ドリップして作っている人も多いと思います。しかし、コーヒー豆は鮮度が非常に重要です。空気に触れた瞬間から、どんどん鮮度は落ちていくと言われています。これは、空気に触れる酸化が起こるからなのです。

コーヒー豆の酸化が進んでしまうと、香りにも微妙な変化があったり、コーヒーにとって大切な風味も失われてしまうと言われています。ですので、コーヒー豆の保存は非常に重要になってきます。特殊な保存容器やキャニスターを使って、いつまでも鮮度を保てるような工夫が必要になります。

コーヒー豆の保存容器の使い方

では、みなさんはコーヒー豆の保存容器をどのようにして使っているのでしょうか?きちんとした正しい使い方をしないと、結局保存容器に入れていても、コーヒー豆の鮮度を保つことができません。コーヒー豆の保存容器やキャニスターは、デザイン性の高いものや機能性の高いものなど様々あります。

コーヒー豆の使い方としておすすめなのは、より密閉度の高いものを使用するということです。しっかりとフタを閉めて、直射日光が当たらない場所に保管しておくようにしましょう。コーヒー豆を大切に保存するには、それだけしっかりとした保存容器を選ばなければいけません。

コーヒー豆の保存容器のポイント

ポイント①保存容器の大きさを確認する

コーヒー豆の保存容器を選ぶ際のポイント1つ目は、保存容器の大きさを確認することです。保存容器はいろいろなサイズがありますが、毎日のようにコーヒーを飲むような方は、大きな保存容器がおすすめです。しかし、コーヒー豆の容量が多い分、より密閉度の高い保存容器が必要になります。

ポイント②コーヒー豆の保存容器のデザインもいろいろ

コーヒー豆の保存容器を選ぶポイント2つ目は、保存容器のデザインです。コーヒー豆の保存容器には、本当にいろいろなデザインがあります。コーヒー豆がおしゃれな容器に入っていると、なんだか気分もルンルンになりますよね。おしゃれなカフェの保存方法を参考にして選んでみても良いと思いますよ。

ポイント③保存容器は密閉度が重要

コーヒー豆の保存容器を選ぶポイント3つ目は、密閉度を重視するということです。先ほどからお伝えしている通り、コーヒー豆は封を開けた瞬間から酸化が始まっています。コーヒー豆自体は安いものもあれば高いものもありますが、どんな豆でもやはりきちんと密閉度の高いものを選んで保存するようにしましょう。

ポイント④保存容器の素材を選ぶ

コーヒー豆の保存容器を選ぶポイント4つ目は、保存容器の素材を選ぶということです。一口に保存容器と言っても、本当に様々な種類があります。スチール缶やステンレス、おしゃれな塗装がしてあるものなどたくさんありますので、自分にぴったりの保存容器を選んでみましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おすすめ7選|真空状態になる入れ物

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空①ジアレッティ

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物1つ目は、ジアレッティです。ジアレッティの保存容器キャニスターは自動真空になっています。万が一空気が入り込んだ場合は、空気を抜いてくれる機能までついている優れものです。これならいつまでもコーヒー豆の鮮度を保つことができますね。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空②エア・リデューサースリム

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物2つ目は、エア・リデューサースリムです。コーヒー豆を保存容器に入れたら、ふたを押すとプシュッと空気を抜くことができます。大人気商品でリピーターも続出しているほどです。ガラス製でにおいが移りにくのも魅力的ですよね。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空③ウェック

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物3つ目は、ウェックのキャニスターです。ドイツ生まれのキャニスターで、保存容器としてはとてもおすすめのアイテムです。見た目にも可愛いので、置いているだけで笑顔になってしまうアイテムですよね。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空④ハリオ珈琲キャニスター

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物4つ目は、ハリオの珈琲キャニスターです。ハリオのキャニスターはとても高性能で、ガラスの部分は耐熱ガラスになっており、熱湯も食洗機もOKのアイテムになっています。つまみの動作でしっかり真空されるので、コーヒー豆はいつまでも新鮮です。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空⑤イヴァーク

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物5つ目は、イヴァークのキャニスターです。ふたをするだけであっという間に空気が抜ける保存容器なので、コーヒー豆の保存にも最適です。持ち手のハンドルも、長いものや短いものがあるので、使いやすいキャニスターを選びましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空⑥Oxoコーヒーコンテナ

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物6つ目は、Oxoコーヒーコンテナです。OxoのキャニスターはUVブロック機能がついています。コーヒー豆はいくら保存容器に入れていても、直射日光が当たってしまったら意味がありません。しかし、このコンテナはUVブロックできるので安心です。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」真空⑦カリタキャニスター

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物7つ目は、カリタのキャニスターです。白い部分はホーローでできていますので、水に濡れても錆びてしまったりするようなこともありません。写真の丸い形もあれば、四角い形もあるので、好きな形を選んでみましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おすすめ7選|おしゃれな入れ物

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物①クラフトレシピ

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物1つ目は、クラフトレシピのVIVREキャニスターです。プラスチック製なので、落としても割れにくのが特徴です。見た目にもおしゃれで可愛いですよね。フタにはパッキンがついているので、コーヒー豆を湿気から守ってくれます。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物②ファボリ

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物2つ目は、ファボリのコーヒーコンテナです。パッキン付きのフタが魅力的で、見た目のデザインもまるでコーヒー専門店で売っているかのような保存容器ですよね。防湿効果抜群なので、いつもおいしいコーヒーを飲むことができます。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物③フィーカ

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物3つ目は、フィーカのブラック缶です。イラストレーターの友澤健太郎さんが書いた猫のイラストがとっても可愛くて癒されます。マット素材のスチール缶もとてもおしゃれで、北欧のお部屋にもぴったりのアイテムです。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物④QUALY

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」真空状態の入れ物4つ目は、QUALYのスプラウトジャーです。ドームの中に芽が伸びている保存容器で、とてもユーモアのあるデザインですよね。コーヒー豆はもちろんのこと、調味料などを入れて楽しむこともできますので、いろいろな物を保存して使ってみましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物⑤クラフトレシピ

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物5つ目は、クラフトレシピの茶筒梅結びです。名前の通り、お茶を入れるのにも使える保存容器ですが、コーヒー豆もしっかりと保存することができます。可愛らしいデザインは、とってもキュートで素敵ですよね。女性に大人気のキャニスターです。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物⑥澤井珈琲缶

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物6つ目は、澤井珈琲缶のキャニスターです。澤井オリジナルのロゴプリントをあしらっており、黒の缶にゴールドのイラストがとてもかっこいいですよね。酸素や温度、光からコーヒー豆を守ってくれる素晴らしいキャニスターですよ。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物⑦スタバさくら缶

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」おしゃれな入れ物7つ目は、スタバさくら缶です。スターバックスには店内で飲めるコーヒー以外にも、コーヒーを入れる保存容器も売っています。写真のスタバさくら缶は季節限定のアイテムなので、ぜひ期間のうちにゲットしておきましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おすすめ6選|素材で選ぶ

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」素材①コーヒー缶Zyurong

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」素材の1つ目は、Zyurongのコーヒー缶です。ブロンズのカラーがとってもかっこよく、高級感あふれるデザインになっています。シルバーのステンレスと違っておしゃれなので、とてもおすすめです。二酸化炭素を放出してくれる役割がある優れものの保存容器です。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」素材②E-PRANCE

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」素材2つ目は、E-PRANCEのキャニスターです。知恵が詰まった保存容器で、丸い形がとても可愛らしいですよね。シンプルなデザインで、周りのインテリアにもぴったりとハマります。スクリュー式のフタでしっかり密閉できる耐久性のあるキャニスターです。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」素材③フレッシュロック

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」素材3つ目は、フレッシュロックです。フレッシュロックは食品の保存容器としても有名ですよね。コーヒー豆を保存するのにも便利で、横置きも可能なので、置き方も自由自在です。ありそうでなかったアイデアの詰まった保存容器なので、ぜひ活用してみましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」素材④セラーメイト

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」素材4つ目は、セラーメイトのキャニスターです。セラーメイトは密封瓶がとても人気で、コーヒー豆を湿気kからしっかりと守ってくれます。無駄のないシンプルなデザインもうれしいですよね。フタも全て取り外しできるので、隅々まで洗うことができます。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」素材⑤江東堂高橋製作所茶筒

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」素材5つ目は、江東堂高橋製作所茶筒です。名前の通り茶筒ですが、茶葉もコーヒー豆も湿気からしっかりと守らなければいけません。シンプルだけどかっこいいデザインで、きちんと酸化を防いでくれますので、とても重宝します。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」素材⑥ラトルウッド

Amazonで商品の詳細を見る

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」素材6つ目は、ラトルウッドです。見た目にもとてもおしゃれなキャニスターですよね。木製のキャニスターは実はコーヒー豆の保存にもとても効果があります。天然木を使っている点も高級感がありますよね。キッチンや食卓を彩ってくれる優しい色合いも素敵です。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おすすめ5選|100均で選ぶ

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」100均①ガラスジャー

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」100均の入れ物1つ目は、ガラスジャーです。写真のガラスジャーは、一目見ても100円とは思えませんよね。100円だけどあなどってはいけません。フタもしっかりとしまりますし、サイズも豊富なので、いろいろなコーヒー豆を保存することができますよ。

以下の記事では、100均のおすすめの瓶について紹介しています。保存容器にぴったりなものから大きさも様々なので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 237930475
関連記事 100均の瓶15選!ダイソー・セリア別!保存容器におすすめ!

今回は、「100均の瓶」をテーマにご紹介していきます。ダイソーやセリア

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」100均②ガラスキャニスター

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」100均の入れ物2つ目は、ガラスキャニスターです。見た目にもスタイリッシュでかっこいいキャニスターですよね。ガラスになっていますので、コーヒー豆を保管するときは直射日光の当たらない場所にしましょう。ガラスのデザインもとても素敵です。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」100均③フタ付きキャニスター

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」100均の入れ物3つ目は、フタ付きキャニスターです。写真のキャニスターはダイソーのものです。ダイソーにキャニスターは大きさも豊富で、コーヒー豆の量によって保存容器の種類を使い分けることができます。フタのつまみもとても可愛いですよね。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」100均④おしゃれキャニスター

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」100均に入れ物4つ目は、おしゃれキャニスターです。見た目にとっても可愛くておしゃれな保存容器ですよね。写真は少し小さ目のサイズですが、ダイソーなら200円でとても大きなサイズもありますので、容量によって使い分けてみましょう。

コーヒー豆の保存容器「キャニスター」100均⑤花柄キャニスター

コーヒー豆のおすすめ保存容器「キャニスター」100均の入れ物5つ目は、花柄キャニスターです。お花の模様がとっても可愛い保存容器で、こんな可愛い保存容器に入れてあるコーヒー豆なら、おいしくないわけがありません。しっかりと密閉されるので、湿気や酸化の心配もありません。

コーヒー豆の保存はキャニスターだけではない!

クラフトバッグ

コーヒー豆を保存するなら、やはりこれまでお伝えしてきた保存容器やキャニスターがおすすめですが、他にもコーヒー豆の保存で使えるものはたくさんあります。例えば、クラフトバッグです。クラフトバッグは100均にもありますが、クラフトには調湿作用がありますので、コーヒー豆を上手に調湿してくれます。

ジップロック

今やキッチンで使う便利なアイテムとして定着しているジップロック。ジップロックは食材の保存以外にも様々な使い道がありますが、コーヒー豆を保存するのにもとても便利です。しっかりと密閉してくれるので、コーヒー豆も長持ちします。保存容器を購入するまでの間の臨時にしても良いですよ。

また、以下の記事では100均のおすすめジップロックを紹介しています。再利用が可能なものやサイズも色々あるので、以下の記事もぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 609739646
関連記事 100均のジップロック15選!ダイソー・セリア別!再利用も可能!

100均のジップロックはデザイン性が高く、おしゃれなのに108円という

アルミチャックの密閉袋

今、食材を購入するときも、チャックがついてしっかりと密閉できるタイプのものが増えていますよね。コーヒー豆を保存する場合も、アルミチャック付きの袋なら、しっかりと密閉してもらえて湿気から守ることができます。100均などでたくさん売っていますので、ぜひ活用してみましょう。

コーヒー豆の適切な保存場所とは

①おすすめの保管場所は冷蔵庫か冷凍庫

コーヒー豆 保存容器

コーヒー豆を保存容器に入れて保管する際、いったいどの場所が一番安全で長持ちするのでしょうか?実は、コーヒー豆を一番長持ちさせる保存場所は、冷蔵庫や冷凍庫だと言われています。毎日飲むわけではなく、飲みたい時にちょっとずつ飲む様な方はぜひ、冷蔵庫や冷凍庫で保管するようにしましょう。

②常温保存もOK

全てのコーヒー豆を冷蔵庫や冷凍庫で保管しなさいというわけではありません。常温保存もOKです。常温で保管する場合は、毎日のようにコーヒーを飲んでいて、すぐに飲みきってしまうような方がおすすめです。飲みきるのに2週間以上かかるなら、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

冷蔵庫や冷凍庫での保存の際の注意点

コーヒー豆を冷蔵庫や冷凍庫で保管する場合は、気を付けなければいけない点もあります。それは、冷蔵庫でほかに保管されている食材の匂いをコーヒーに移らないようにすることです。コーヒーには匂いを吸収する特徴がありますので、冷蔵庫や冷凍庫では匂い移りしないような対策も必要です。

コーヒー豆を上手に保存して毎日おいしいコーヒーを飲もう

いかがでしたか?コーヒー豆の保存容器はとてもたくさんの種類がありましたよね。おしゃれなキャニスターや機能性に優れたキャニスターなど、いろいろなものがありますので、あなたにぴったりのものを選びましょう。そして、毎日おいしいコーヒーを飲みましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。