Large thumb shutterstock 485331994

パラコードの編み方・種類・クイックリリースの仕方|アクセサリー6つ

更新:2019.06.21

パラコードってご存知ですか?とても丈夫な紐で色の種類が豊富にある為、ハンドメイドアイテムとして使う方が増えてきているんです!基本のパラコード編みから、おすすめの編み方をご紹介します!また、アクセサリーやキーホルダーなどのアレンジ方法もご紹介するのでチェックしてみてください!

パラコード(パラシュートコード)ってどんなもの?

その名の通りパラシュートに使われるとっても丈夫な紐!

パラシュートコード、通称「パラコード」は名前の通り、パラシュートに使用されるナイロン製のコードです。最近では、パラコードの名前で定着しています。パラシュートに使われるだけあって細いコードでありながら、とても強い強度があるのが特徴です。

予測不能なことが起こりやすいアウトドアや山登りには、細くて強度があり軽くてかさばらないパラコードは持っておいて損のないアイテムです。

色の種類が豊富で様々なものを作れると人気!

パラコードは色彩豊かで様々な色や柄があります。強度とその豊富な色がある特徴を生かして、アウトドアだけでなくファッションアイテムなどをDIYする人が増えてきています。

パラコードは見た目でお分かりいただけるように紐状なので、結んだり編み込んだりすることが可能です。その為、ブレスレットやミサンガ、キーホルダー、ストラップなど、パラコートを編み込むことで出来るアイテムのDIYの人気が高いです!

パラコード編みに必要なものは?

パラコードをつけるにはライターを使おう!

キャンドル

丈夫なパラコードですが、はさみなどの刃物で簡単に切ることができます。切り口はそのままにしておくとほどけやすくなっている為、それを防ぐ為にライターが活躍します。パラコードの特徴としてナイロンでできています。ナイロンは熱で溶ける性質をもっているため、ライターの火で炙ることで溶かすことができます。

切り口をライターで炙ることで端を処理することを「焼き止め」と言い、パラコードでは欠かせない処理です。また、ライターはパラコードの端処理に使うだけでなく、2本のパラコードの端を炙って溶かして付ける際にも使います。

焼き止めはパラコードでよく使う方法ですが、その際はやけどに注意してください。指の近くでライターを使うことになるので慣れていないと危険です。以下に焼き止めの動画をご紹介するので、炙り方を確認しながら行ってください!

パラコード編みにはフォーセップがあるととても便利!

ハサミ

パラコード編みに使う「フォーセップ」と呼ばれるはさみのようなアイテムが、実はあるとないとでは作業のしやすさが大きく変わります。

フォーセップははさみのような形ですが先端が刃ではなく、ピンセットのようになっています。なので、はさみのように切る道具ではなく物をつまむ時に使います。先端が細いので細かい作業とても便利です!パラコードだけでなく釣りの際によく使われるので、釣り具店などで販売されている道具です。

パラコード編みをする時のフォーセップの使い方は、焼き止めの際にコードを持って炙ったり、焼いた後の溶けたコードをつまんで平らにしたり、最後の方の短くなったコードを編む時に摘まみながらコードに通したりなどかなり万能です。高価なものではないので用意してみてください!

ブレスレットを作るときにはプラスチックバックルがおすすめ!

パラコードでブレスレットを作る際には一般的に販売されているブレスレット用の留め具の金具より、プラスチック製のバックルを留め具に使用することをおすすめします。

プラスチックバックルの大きさを表すインチ表示で何本のパラコードが通せるのかが分かるようになっています。手首の太さの関係により4つのサイズがブレスレットに使用することができます。大きさとパラコードを通せる本数は以下を参考にしてください。

プラスチックバックルの大きさとパラコードの通せる本数

  • 3/4:パラコードを通せる範囲が約20mmです。4本のコードを通すことができます。
  • 5/8:パラコードを通せる範囲が約15mmです。3/4と同様に4本通せますが、コード同士の間隔はかなりぴったりくっついています。
  • 1/2:パラコードを通せる範囲が約12mmです。余裕をもってコードが2本通すことができます。
  • 3/8:パラコードを通せる範囲が約10mmです。最も小さいサイズで、2本のコードがぴったり通せるサイズです。

パラコードの基本的な編み方3選!

①パラコードの基本的な編み方:コブラステッチ

基本となるパラコード編みの1つ目は、ミサンガやブレスレットでお馴染みの結び方のコブラステッチです。ミサンガなどのアクセサリーを作成したことある方は、「平編み」と呼ばれる編み方は聞いたことありませんか?コブラステッチはその平編みと同じ編み方です。その他に「平結び」、「ソロモンステッチ」とも呼ばれます。

ミサンガだけでなくパラコードでもおなじみの編み方で、真ん中が「くの字」のようになり、周りが波の用な形になります。手順を覚えてしまえば簡単に編むことができるのでおすすめです!

②パラコードの基本的な編み方:四つ編み

基本となるパラコード編みの2つ目は、すっきりとした細い見た目の四つ編みです。四つ編みは、コブラステッチと比べると細い仕上がりになる編み方ですが、とても丈夫でしっかりとした編み方です。その名前の通り、4本のコードを使ってそれぞれを交互に編んでいきます。

四つ編みには2種類の編み方があります。1つ目はステッチ編みです。編み目が縫い目のようになるのが特徴です。色の違うコードで編むと、同じ色の編み目が直線に並びます。もう1つの編み方はスパイラルフォームと呼ばれる編み方です。こちらは編み目がらせん状になるのが特徴です。

以下の動画にはパラコードの四つ編みのステッチ編みとスパイラル編みのどちらも紹介しているので、編む際の参考にしてください!

③パラコードの基本的な編み方:八の字編み

基本となるパラコード編みの3つ目は、詰まった編み目が綺麗な八の字編みです。きっちりとした編み目は立体感があり、ブレスレットなどのアクセサリーを作る際の編み方としてもおすすめです、

編む際に隙間をしっかりと埋めていくことで、綺麗な詰まった編み目ができます。この八の字編みも、コブラステッチ、四つ編みと並ぶポピュラーなパラコード編みなので、是非チャレンジしてみてください!

パラコード編みで便利なクイックリリース

すぐにほどけるクイックリリースはいざというときに便利!

パラコードはアクセサリーを作る際のアイテムといて定着しつつありますが、元は冒頭でご紹介した通り強度を利用してアウトドアや山登りの際に持ち歩くと便利なコードです。テントのロープ代わりや怪我の際の止血や固定にも使えます。

パラコードをそのまま束ねて持ち歩いても良いですが、いざというときに絡まってとれない、すぐに取り出せないとなると意味がありません。そんな時に便利なのがクイックリリースという編み方です。

見た目はコブラステッチの様な編み方ですが、最大の特徴はコードを左右に引っ張ることで簡単に元の1本のコードに戻せるということです。この編み方でブレスレットを作れば、すぐにほどいて使うことができます。

クイックリリースの編み方をマスターしよう!

クイックリリースのパラコード編みはしっかりと編んでありながら、簡単にほどける編み方なので少し複雑です。以下に動画と写真の手順サイトがありますので参考に編んでみてください。

編む時のポイントとしては、編んでいく際にしっかりと締めながら編まないと隙間が空いてしまいます。しかし、締めすぎにも注意しましょう!きつく編んでブレスレットにちょうど良い長さにしてしまうと、ほどいたときに思いのほか短いなんてこともあります。程よく締めつつ編んでいきましょう。

また、最後の紐はほどく際に引っ張る重要な部分になります。邪魔にならないように処理しながらも、つけていて取れてしまうということがないように編み目の隙間にいれて端の処理をします。指で入れるには難しいのでフォーセップがあるとやりやすいですよ!

持っててよかった パラコード -前編- 瞬時にバラせるパラコード ブレスレットの作り方

クイックリリースのほどき方はとっても簡単!

クイックリリースで編んだパラコードを元の1本のコードに戻す方法ですが、最後の編み終わりの2本のコードを左右に引っ張ることで簡単に1本に戻すことができます。

クイックリリースのほどき方

  1. まず、編み目に入れて固定している編み終わりの2本のコードの先端を抜きます。
  2. その後、編み目を2~3目ほどきます。
  3. 2本のコードの端を右手と左手でそれぞれ持って、左右に引っ張るとほどけていきます。

おしゃれで機能的なクイックリリース編みです。編み方を覚えてしまえばほどき方はとっても簡単なので、アウトドアをよくやる方はクイックリリース編みのパラコードブレスレットを作って持ち歩いてみてはいかがでしょうか。

まだまだある!パラコードの編み方の種類5つをご紹介!

①パラコードの編み方:キャタピラー編み

パラコードの編み方1つ目は、ポピュラーな編み方のキャタピラー編みです。1本のコードで編んでいく編み方で、輪っかを作ってその輪っかに更に作った輪っかを通していく編み方です。

キャタピラー編みはクイックリリース編みと同じでコードの両方の端を引くと元のコードに戻すことができます。普段は編んでまとめておき、コードとして使いたいときはほどいて使ってみてください

②パラコードの編み方:スネークノット

パラコードの編み方2つ目は、模様のある1本のコードのようになる編み方のスネークノットです。こちらも1本のコードの編み方で、色の違う2本のコードを炙って付けて編むと2色の模様ができます。

輪を作ってコードを通していきながら編んでいきますが、どこのコードが上になるのか間違えやすいので、慣れるまでは動画を見るなどして手順を覚えましょう。

編んだ後、結び目をしっかりと締めることで綺麗な形になります。すっきりとした形に仕上がるので何かと使い勝手のいい編み方です。

③パラコードの編み方:ジッパー編み

パラコードの編み方3つ目は、名前の通りジッパーのような模様になるジッパー編みです。「くさり編み」とも呼ばれており、模様が可愛らしい編み方です。

1色で編んでももちろん素敵に仕上がりますが、2色のコードを使うと色が交互に編まれてカラフルに仕上がります。フォルムとカラーで女性らしいデザインに仕上がりますので、チャレンジしてみてください!

④パラコードの編み方:ダブルブレイズ結び

パラコードの編み方4つ目は、平たくなる編み方のダブルブレイズ結びです。今までご紹介してきた編み方はどちらかといえば丸みを帯びた紐状になる編み方でしたが、こちらのダブルブレイズ結びは幅の広い平らな形になるのが特徴です。

平らになる形を生かして、ベルトとしての利用がおすすめです。編み方に慣れてくると割とスムーズに編むことができるので、いつもとは違う編み方で作りたいときは是非試してみてください!

⑤パラコードの編み方:ダイアモンド・ノット

パラコードの編み方5つ目は、ころんとした玉状になるダイアモンド・ノットです。「玉結び」とも呼ばれる編み方で、水引などでもお馴染みの編み方です。最近では玉状の形が可愛いので、アクセサリーなどに使われることが多くなってきています。

パラコードではこの編み方でジッパータブにしたり、ブレスレットの留め具として使われたりします。他の編み方と合わせるとアクセントとなりますのでおすすめです。

パラコード編みでこんなものも作れる!アクセサリー6選!

①パラコード編みで作れるアクセサリー:時計のベルト

パラコード編みで作れるアクセサリー1つ目は、オリジナリティ溢れる時計のベルトです。お手持ちの時計のベルトをパラコードに変えるだけで印象ががらりと変わります。

編み方はお好きな編み方でいいですが、コブラステッチなど割と簡単な編み方でも合いますよ。腕に巻くので幅の広いダブルブレイズ結びだと時計のベルトらしくなります。腕時計を普段使いする方は楽しく編んだオリジナルのベルトに変えてみてはいかがでしょうか?

②パラコード編みで作れるアクセサリー:ピアス

パラコード編みで作れるアクセサリー2つ目は、耳もとを彩るピアスです。パラコード編みでピアスの飾りを作ることもできます。市販のチャームや金具と合わせるだけで本格的なピアスが作れるんです!

先ほどの編み方の部分でもご紹介しましたが、可愛らしい玉になるダイアモンド・ノットはこのようなアクセサリーアイテムとして使いやすいです。その他の編み方も短く編むとピアスのアイテムとして使えるので、いろいろ試してみてください!

③パラコード編みで作れるアクセサリー:ネックレス

パラコード編みで作れるアクセサリー3つ目は、個性の光るネックレスです。写真のように飾りになるような編み方をすれば、立派なネックレスのチャームになります。

首にかける鎖部分をパラコード編みで作っているネックレスもありました。かなり個性が出ますので、抑えめで作りたい場合はチャームをパラコード編みで作ってみてはいかがでしょうか?

④パラコード編みで作れるアクセサリー:帯留め

パラコード編みで作れるアクセサリー4つ目は、着物のワンポイントアクセサリーの帯留めです。アウトドアで使用されることの多いパラコードなので、スポーティーな印象を持っている方も多いかと思います。

しかし、写真のように編み方次第では着物にもしっかりと合うアイテムにもなります。パラコードで作られたとは思えないですよね!アイデア次第でどんな服にもあうアクセサリーを作ることができます。

⑤パラコード編みで作れるアクセサリー:ヘアアクセサリー

パラコード編みで作れるアクセサリー5つ目は、髪をおしゃれにしてくれるヘアアクセサリーです。先ほどの帯留め同様、写真のように編み方次第でかなり可愛い仕上がりになりますよね!

写真の髪留め以外に、ヘアゴムやヘアピンに付けても可愛いですよ!1種類のパラコード編みだけで作ってもいいですが、同じ編み方を複数合わせたり、違う編み方を合わせたりとアレンジの幅が広いです。自分らしいアレンジで作りたい方は、是非チャレンジしてみてください!

⑥パラコード編みで作れるアクセサリー:指輪

パラコード編みで作れるアクセサリー6つ目は、パラコードだけで作ることのできる指輪です。写真のようにリング部分をパラコードそのままで作り、飾りをパラコード編みのダイアモンド・ノットにするだけで簡単に作ることができます。

飾りを付けずにリングだけの指輪は、パラコード編みの編み目が指先を彩る指輪になります。イメージ的には小さいパラコードブレスレットです。カラフルなパラコードで編めば、小さくても存在感抜群のアクセサリーになりますよ!

パラコード編みのDIYではお馴染み!パラコードキーホルダー5選!

①パラコード編みで作れるキーホルダー:基本のコブラステッチキーホルダー

パラコード編みで作れるキーホルダー1つ目は、コブラステッチで編んだ基本のキーホルダーです。キーホルダーはパラコード編みの定番DIYアイテムです。鞄に入れたりポケットに入れたりして使う頻度の高いキーホルダーには丈夫なパラコードはおすすめです。

キーホルダーに使う金具で印象がかなり変わります。普段使いならナスカンや二重リングで、アウトドア用ならカラビナで作ってみてはいかがでしょうか?以下のサイトでキーホルダーの作り方を紹介していますので参考にしてみてください。

パラコードキーホルダーの編み方!初心者でも簡単で失敗なし!

②パラコード編みで作れるキーホルダー:ジッパータブ風

パラコード編みで作れるキーホルダー2つ目は、すっきりとしたデザインのジッパータブ風キーホルダーです。キャタピラー編みや四つ編みで短めに作ると、コブラステッチよりもすっきりとしたデザインの丈夫なキーホルダーを作ることができます。

詰まったシンプルなシルエットですが、カラフルなパラコードを使うことで目を惹く可愛らしいデザインのキーホルダーになります。シンプルなデザインが好きな方はこちらのキーホルダーをを作ってみてはいかがでしょうか?

③パラコード編みで作れるキーホルダー:ダイアモンド・ノットアレンジ

パラコード編みで作れるキーホルダー3つ目は、ダイアモンド・ノットのパラコード編みで作った小さい姿が特徴のキーホルダーです。先ほどのジッパータブ風よりも更に小さくすっきりとしたデザインです。ダイアモンド・ノットで編んでいるので可愛らしさがありますよね。

鞄やポケットなど、カギをしまう場所がキーホルダーで圧迫しないようにしたい人におすすめです。小さくまとまっていますが、玉状の部分が目立つので探しやすく目印になります。

④パラコード編みで作れるキーホルダー:人形キーホルダー

パラコード編みで作れるキーホルダー4つ目は、個性的で可愛らしい人形のデザインのキーホルダーです。パラコード編みをアレンジすると、こんなキーホルダーを作ることもできます!

パラコードの持っているアウトドア感がない可愛らしいデザインです。キーホルダーも凝りたい人はこちらを参考にしてみてください!家族に合わせて作っても素敵ですよね!

⑤パラコード編みで作れるキーホルダー:飾り結びのキーホルダー

パラコード編みで作れるキーホルダー5つ目は、飾り結びで作るおしゃれなデザインのキーホルダーです。先程の帯留め同様に飾りのように編むことでおしゃれなアイテムにすることができます。

シンプルなパラコード編みも良いけど、可愛さがあるキーホルダーがお好みの場合は写真のような編み方で作ってみてはいかがでしょうか?一見パラコードとは思えないキーホルダーに仕上がりますよ!

パラコード編みで人気のブレスレットアレンジ!

パラコードで編むブレスレットはとっても人気!

パラコードで作るDIYアイテムの定番がブレスレットです。パラコード編みを利用するとミサンガのようなブレスレットを簡単に作ることができます。

カラフルな特徴を活かしたおしゃれアイテムとして使ってもいいですし、クイックリリースでご紹介した丈夫な特徴を生かしたアウトドアアイテムとしても使えます。手に巻くブレスレットにすることで使用の幅は広がりますね!

金具を使わずにパラコード編みで留め具にする

パラコード編みをする際はプラスチックバックルがあると便利とご紹介しました。ブレスレットを作る際も留め具としてプラスチックバックルを使ったり、ブレスレット用の金具ももちろん使えます。しかし、パラコードだけでブレスレットを作ることもできるんです!

写真のように片側を輪にして、反対側をダイアモンド・ノットのように玉状にすれば引っ掛かりとなり金具代わりになります。特別な道具もいりませんし、なにより金属アレルギーをお持ちの方は安心して使うことができます。

パラコード編みの際にチャームを一緒に編み込んで可愛く!

パラコードの色でカラフルにブレスレットを作ったけど、コードの硬い感じが気になるという方はチャームを付けてみてはいかがでしょうか?チャームを1つ付けるだけで硬いイメージのブレスレットに可愛さをプラスすることができます。

ごちゃごちゃさせたくない場合は、写真のようにシンプルなチャームを1つ付けるだけでも印象を丸くすることができます。お手軽にワンポイントになるのでおすすめです!

こだわった金具とパラコード編みで作るブレスレット

先程はパラコードだけのブレスレットをご紹介しましたが、今度は逆にブレスレットの金具にこだわることもできます。プラスチックバックルはアウトドア感が出ますが、ブレスレット金具を使うと一気に普段使いしやすく個性を出すこともできます。

パラコードの色、編み方、金具で簡単にオリジナリティが出ます。ブレスレット金具は専門店に行くと種類がかなり豊富なので、パラコードでブレスレットを作る際はチェックして自分のイメージに合うブレスレットを作ってください!

パラコードを編み方次第で素敵なアイテムに変身させましょう!

パラコードに馴染みの無い方も多いかと思いますし、アウトドアアイテムだと思っている方も多いかと思います。そんなパラコードは丈夫でカラフルという最大の特徴があります。その特徴を生かせば様々なアイテムに変身させることができます!

ライターの使い方や、編み方に慣れていないと苦戦するかもしれません。しかし、それを乗り越えることで無限の可能性をパラコードは持っています。是非、今回ご紹介したことを参考にパラコードアイテムを作ってみて下さい!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。