INDEX

パンプスのかかと(ヒール)が浮く・脱げる・パカパカする原因5選

パンプスのかかとが脱げる・パカパカする原因①サイズ違い

パンプスやヒールのかかとが脱げてしまって困っている人はまず脱げてしまう原因を探っていきましょう。まずはじめに考えられるのが「サイズが合っていない状態」です。かかとが脱げる原因の中で最も多いのがこちらなのです。またパンプスやヒールはつま先がとがっているものが多く自分に合っているのか判断が難しいです。

つま先が基本的にしゅっとしているので、つま先がぴったりサイズだと「あっているサイズを履いている」と勘違いしやすいのです。パンプスを選ぶときには、きちんとかかともあっているか、歩いているときに脱げることがないかを確認することがとても重要なのです。

パンプスのかかとが脱げる・パカパカする原因②慣れていない

普段からカジュアルなスタイルだったり、歩きやすいスニーカーなどを履いていて、パンプスなどに慣れていないと、歩き方が難しくて脱げてしまうことがあるようです。パンプスを履いて歩くと言うことは、その人の慣れがとても大切ですから、慣れないうちはかかとが脱げることがあるでしょう。

パンプスやヒールにまだ習慣がなく、履きなれていない人ほどきちんと自分に合ったサイズを選ぶべきです。つま先のサイズではなく、かかとのサイズでパンプスを選ぶように心がけましょう。なるべく足全体にフィット感のあるものを選んでくださいね。

パンプスのかかとが脱げる・パカパカする原因③脱げやすいデザイン

パンプスと言うのは基本的につま先とかかとの身を覆っているデザインです。ヒールによってはガードしてくれるようなデザインのものもありますが、パンプスの場合は殆どと言っていいほどないでしょう。そのため、そもそものデザインが脱げやすいのです。

特にパンプスを履くことが習慣化されておらず、履きなれていない場合、履きにくそうなイメージを持ってしまっています。また歩いているときにつま先にばかり力が入って、かかとがパカパカになってしまうことも考えられます。ある意味コツがいる履物であると言えますね。

パンプスのかかとが脱げる・パカパカする原因④むくみ

かかとが脱げる原因の一つが「購入時のむくみ」です。パンプスをお店の中で試履きした時はちょうどサイズもあっていたのに、家に帰って履いてみると気持ちかかとがあいている、なんてことは珍しくはありません。これは店内を歩き回っているうちに、足がむくんでしまってい多のが原因です。

足がむくんだ状態のまま、試履きをしていてぴったりだったため、デザインも気に入っていた事だしと即購入してしまったのでしょう。しかし帰って、むくみが解消された状態で履いてみたらスカスカだったと言うことでしょう。

パンプスのかかとが脱げる・パカパカする原因⑤ストッキングやタイツ

パンプスを試履きした時、いつも何を履いて試していますか?試履きした時靴下を履いていたら、きちんとしたサイズを選べていなかった可能性が考えられます。靴下はストッキングやタイツに比べて厚みがあるので、大きいサイズを履いていてもサイズがきちんとあっていると勘違いしやすいのです。

いざ新しいパンプスを自分のファッションスタイルに合わせるとき、ストッキングをはいていてたら厚みが変わってしまったので脱げやすくなった!なんてことも考えられます。またストッキングやタイツは素足や靴下に比べると、とても滑りやすい素材なので脱げる原因になってしまっているのでしょう。

ヒールやパンプスに慣れていない人は、そもそもの違いが理解できないかもしれませんね。ヒールの種類に関して、レディース靴の特徴や選び方などを詳しくまとめたこちらの記事も合わせておすすめですよ。

Small thumb shutterstock 424656067
関連記事 ヒールの種類!パンプス、ハイヒール、レディース靴の特徴や選び方は?

女性の多くの方が履く機会のあるヒールですが、ヒールの種類はご存知ですか

パンプスのかかと(ヒール)が脱げる時の応急処置3選

脱げる時の応急処置①パンストなどを利用してつま先をつめる

ここまでパンプスのかかとが脱げる原因について見てきました。ではいざと言う時、かかとが脱げてしまった時の「応急処置」についてご紹介します。もしも、家に戻るくらいの余裕があるのであれば、履き古してしまって必要ではなくなったパンストやストッキングなどを切ってつま先に詰めましょう。

バンドエイドやティッシュなどよりも痛みを和らげてくれるのでおすすめですし、脱げ防止になります。もしも家に戻れないようであれば最近ではコンビニなどでもパンストを安く購入できますので、コンビニなどによって買ってもいいでしょう。

脱げる時の応急処置②テーピングをかかとに貼る

パンプスのかかとが脱げてしまう時、家の中にあるもので応急処置が可能なのが「テーピングを活用する」でしょう。かかとが脱げてしまって仕方がないときは、専用のものをはることがほとんどですが、そう都合よく家に無いでしょうからテーピングなどかかとに貼って応急処置しましょう。

脱げる時の応急処置③フットカバーを履く

「フットカバー」と言うものをご存知でしょうか?普通の靴下とは違っていて、足の甲の部分が大きくあいている靴下のことを指しています。かかとが脱げるのを防ぐためにそう言ったフットカバーを着用するだけでも十分効果が見込めます。

「フットカバー」によってはレースのようなデザインの物や、オフィスなどでも違和感なく履けるものもありますので、自分の持っているパンプスのデザインや訪れる場所の雰囲気に合わせて履くフットカバーを選んでもいいでしょう。こちらもコンビニなどで購入可能です。

パンプス、ミュールなどたくさんの種類があります。それぞれの特徴や、どのような場面で活躍してくれるのかに迫った記事も合わせていかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 471093503
関連記事 ミュール、パンプス、サンダルの違いと特徴15選!結婚式に履く靴は?

おしゃれなデザインのミュール、パンプス、サンダルがたくさんあって、どれ

脱げるパンプスのかかと(ヒール)の防止対策4選

脱げるパンプスのかかと(ヒール)の防止対策①透明のシューズバンド

ここまでかかとが脱げる時の「応急処置」について詳しく見てきました。では、ここからは実用的なかかとが脱げることの防止対策について掘り下げていきましょう。まず、一般的で一番有効的なのが「シューズバンド」です。

「シューズバンド」と言うのは、パンプスを脱げにくくするために作られたグッズで、足とパンプスがきちんと固定させてくれる優れものです。手っ取り早く脱げなくなるのでとても人気なグッズの一つです。またデザインも透明なものから可愛いものなどさまざまなので、好みに合わせて選べます。

脱げるパンプスのかかと(ヒール)の防止対策②中敷

よく小さい子供が、上履きなどに入れているイメージが「中敷」にはありますが脱げるパンプスにもとても有効的な防止対策です。比較的安価で購入できますし、サイズの調節もある程度可能なのでとても汎用性に長けているのです。どのくらい脱げてしまうのかによって中敷のタイプを選ぶこともできますよ。

脱げるパンプスのかかと(ヒール)の防止対策②滑り止め

かかとが脱げるパンプスの防止策として有効なのが「滑り止め」です。かかとに貼るたい日のすべり止めで、ものによってはクッション性の高いものから、しっかりと張り付いて滑るを防止してくれうものまでさまざまですので自分に合ったものを選ぶといいでしょう。こちらも比較的安価で購入が可能です。

脱げるパンプスのかかと(ヒール)の防止対策④靴下

先程、脱げる時の応急処置③で「フットカバーを履く」と述べました。フットカバーにもさまざまな種類があり、かかととつま先だけをカバーしてくれるものから、どちらかと言うとくし便りで、全体的に厚みを増してくれるものまであります。

また、パンプスとご自身のファッションスタイルに合わせてパンプスにくるぶし丈や足首絵丈の靴下を合わせるコーディネートもあります。これであれば、足を痛めずにかかとが脱げるのを防止できますよ。

パンプスのかかとを脱げにくくする100均・コンビニアイテムは?

100均・コンビニアイテム:ダイソー「足のトラブル和らゲルパット」

パンプスのかかとがパカパカさせない、脱げないようにするアイテムは100均やコンビニでも購入が可能です。まずおすすめなのがお馴染み、ダイソーの「足のトラブル和らゲルパット」です。つま先用とかかと用があり、どちらももちろん100円で購入可能です。ゲルパットによって脱げることを防止してくれますよ。

100均・コンビニアイテム:キャンドゥ「かかとずれないジェル」

こちらはキャンドゥで購入可能な「かかとずれないジェル」です。程よく弾力を持っていますので、痛みもなく快適にサポートしてくれます。透明なので、万が一脱いだとしてもばれにくくておすすめなアイテムです。

100均・コンビニアイテム:パーティーフィートジェル・ヒール・シールド

コンビニでも購入可能なかかとが脱げることを防止してくれるアイテムなのがこちらドクターショール「パーティーフィート ジェル・ヒール・シールド(かかと用)」です。緩くなってしまったかかとに貼り付けるだけで、パンプスの隙間を埋めて、かかとを固定してくれます。更に靴擦れ防止にもなりますよ。

絆創膏を使用してもかかと・つま先(外反母趾)が痛い時の対処法は?

つま先(外反母趾)が痛い時の対処法:クッション性の高いインソール

女性にとって一番気を付けたいのが「外反母趾」でしょう。パンプスなど、つま先のとがった靴を履く機会の多い女性は外反母趾になりやすいと言われています。どうしても痛くなる時はクッション性の高いインソールの物を選ぶようにしましょう。かかってしまう体重をカバーしてくれます。

つま先(外反母趾)が痛い時の対処法:つま先に体重がかからないものを選ぶ

ヒールを履いていてつま先が痛くなってしまう最大の原因は、歩いているときすべての体重が足の前方にかかってしまうことです。どうしても痛くて仕方がないのであれば、なるべくならあまりつま先に体重がかから無いような、ヒールの低いものを選んでください。足の締め付けや体重が原因となっている場合も考えられます。

かかと(ヒール)が脱げにくい・痛くないパンプスを選ぶポイントとは?

パンプスを選ぶポイント:足首にバンドがついているものを選ぶ

パンプスの中には、フォーマルなものであっても足首や足の甲などに、脱げるのを防止する「バンド」が付属しているものもあります。どうしても脱げてしまうのが嫌だな、と思うのであればバンドがもとから附属されているものを撰美ましょう。

パンプスを選ぶポイント:平たいものやサポート性の高いもの

昨今では、女性の悩みに合わせて履いていても疲れないようなパンプスも次々と登場してきています。かかとが平たいものや、パンプス自体に足が痛くならないようにサポートされた素材が十分に使用されているものもありますのでそう言ったパンプスを選ぶように心がけましょう。

これから訪れる夏に向けて、人気のブランドやパンプスのコーデに注目して見ませんか?夏のパンプスレディースコーディネート31選に迫ったこちらの記事も合わせておすすめです。

Small thumb shutterstock 159343988
関連記事 【2018年】夏のパンプスレディースコーデ31選!トレンド・人気ブランドは?

2018年夏のパンプスレディースコーデ31選のご紹介です。2018年の

自分に合ったスタイルでパンプスを履きこなそう!

女性

いかがでしたでしょうか?ここまでパンプスのかかとが脱げる原因、予防法などさまざまな視点から掘り下げてきました。もしもあなたがパンプスに悩んでいるのであれば、この記事が三個になったら嬉しいです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。