INDEX

よく喋る人の特徴・基準は?

警戒心がない

警戒心がない

よく喋る男性は警戒心がない、もしくは少ない場合があります。過去を振り返れば喋りすぎて相手を不快にしてしまったり、口が滑って余計な事まで話をしてしまったという経験を誰もが少なからず持っています。多くの人はその経験から学び、打ち解けていない相手には言葉を選んで話しをしたり、喋る内容を考慮して話します。

また自分のことを喋るときも頭の中で「これは喋るのは控えておこう」と自己保身することもあります。しかしよく喋る人は、過去に喋りすぎたことで失敗した経験を考慮するといったことがありません。そのため自分の不利になる事は黙っておこうという警戒心も持ちません。

また相手を傷つける、不快な思いをさせることに対しての警戒心も働きません。そのため、よく喋ることで相手との関係を縮める近道になる事もありますが、逆によく知り合う前に相手に嫌われてしまう事もあります。また喋りすぎてしまったことで、自分に対する評価を低くしてしまう事もあります。

頭の回転が速い

頭の回転が速い

よく喋る男性は、頭の回転がいい賢い人のとも言えます。よく喋る人はそれだけ早く言葉が頭に浮かんでいるという事です。人と会話をしている中で相手が話している時には、もうその話題を膨らませる言葉が頭の中に次々と溢れてきている状態です。また相手の言葉をいち早く理解しなければ、なかなか次の会話は思いつきません。

よく喋る人はそれだけ理解力が高いとも言えます。例えばバラエティー番組に出てくる芸人さんは、よく喋り匠なトークで周囲の人を笑わせる事が出来ます。そんな芸人さんからも分かるように、一瞬でどう切り返せば人を笑わせる事が出来るかを、瞬時に判断する頭の回転の良さを持ち合わせている人とも言えます。

ただこの場合は、周囲の人を笑わせる事が出来るセンスの良さも必要になります。中には頭の回転は速く次々と言葉は浮かんできますが、センスがなく周囲から「おもしろくない」と思われるよく喋る男性も多くいます。そばにいるよく喋る男性が頭のいい人がもっと調べたいときは、下記の記事も参考にして下さい。

Small thub shutterstock 602748122
関連記事 地頭がいい人の特徴11選!これであなたも頭のいい人になれます!

地頭がいい人の特徴と聞くと、ただの頭のいい人とも何か違うと思うかもしれ

よく喋る男性の心理8つ

よく喋る男性の心理①:早く周囲に溶け込みたい

早く溶け込みたい

自分とはこういう人間なんだと、周囲の人に理解してもらって早くその場に溶け込みたいという心理からよく喋る男性もいます。新学期を迎えて新しいクラスになった時や、新入社員として会社に入社した時期に多くいるタイプです。

新入社員の場合は特に、周囲はもう打ち解けた環境の中に飛び込んでいくので、早く職場に馴染みたいという心理が働きます。そのため相手を選ばず一生懸命自分をアピールして少しでも距離を縮める手段として、よく喋ることがあります。

このタイプのよく喋る男性に対しての受け取り方も様々で、「一生懸命職場に溶け込もうと頑張っているな」と好意的に受け取る方もいれば、「仕事しに来ているのかお喋りに来ているのかわからない。学生気分がまだ抜けてないんじゃないか?」と浮ついた印象を持つ方もいます。

よく喋る男性の心理②:ばれたくないからよく喋る

ばれたくない

逆に自分の中にやましい気持ちがあって、それをばれないようによく喋る男性もいます。例えば付き合っている女性がいるのに、別の女性と浮気をしてしまったやましさから、よく喋る行動をとる事があります。

その場合付き合っている女性が「昨日は何してたの?」と何気なく聞いた質問に対して、やましい気持ちから必要以上にお喋りになってしまいます。しかしこのようなシーンでよく喋る男性は、よく喋りすぎたことが逆に交際している女性から怪しまれる原因を自ら作ってしまう事があります。

よく喋る男性心理はどうにか浮気がばれないようにとの保身からのお喋りですが、よく喋ってしまったことが逆に身を滅ぼしてしまうタイプです。

よく喋る男性の心理③:沈黙が苦手

沈黙が苦手

沈黙の時間が苦手でよく喋る人というのは、男性女性限らず多くいます。特に二人きりの状況になると急によく喋る男性は、ただ単に沈黙の時間をどうにか埋めたい心理の場合があります。

このタイプの男性の場合は集団の中にいるときは案外聞き手側に回る方も多く、おしゃべりが特に好きというわけではないので聞き手側に回ることは苦にはなりません。逆に誰かがしゃべっていることで沈黙になる事はないので、気楽でいる事が出来ます。

二人きりになった場合も相手がよく喋る人であれば、聞き手側に回ることも多くなりますが、相手が無口な人やおしゃべりが苦手な人の場合、自分がこの沈黙をどうにか埋めなくてはと使命感から、なんでもいいから喋ろうとするタイプです。

よく喋る男性の心理④:自己顕示欲が高い

自己顕示欲が高い

自分に自信を持っていて、自分を誇示したい心理からよく喋る男性もいます。自分はこんなに知識が豊富だ、自分はこんな経験もしていると自分の持っている知識や経験を人に誇示したいタイプです。

このタイプの男性は、会話の流れや雰囲気などはあまり気にする事はありません。会話の中でちょっと自分が自慢できるものを見つけると、そこから自分の自慢話になってしまいます。タイプ的には場をしらけさせてしまう、周囲に不快な気分を与えてしまうよく喋る男性のタイプです。

よく喋る男性の心理⑤:すぐに口に出さないと気が済まない

すぐに口に出さないと気が済まない


頭に浮かんだ事を全て口に出さないと気が済まない、よく喋る男性もいます。そのため全く違う会話をしていても、話題を中断してまで今頭に浮かんだことを全部吐き出します。例えば「ランチはどこに行こうか?あ、そうだ昨日こんな事があってね」といったように会話が成り立たないタイプです。

相手は「何が話したいの?」と何を聞きたいのか、何を話したいのかなかなか理解出来ないタイプです。またこの直ぐに口に出さないと気が済まないよく喋る男性は、文脈がないことも多くあります。頭に浮かんだことから順番に口にしてしまい、頭の中で整理して話すという事がありません。

例えば会社で仕事を任された時に前回のミスも合わせて指摘された時などに「ご迷惑をおかけしました。この書類はいつまでに提出すればいいですか?注意力に欠けていました。今週はちょっと手一杯なんです。」といった感じで、謝罪する事と頼まれた仕事に対する質問や回答がごちゃ混ぜになってしまいます。

よく喋る男性の心理⑥:好きだからよく喋る

好きだからよく喋る

相手に好意を持っていてよく喋る男性もいます。好きな人に自分のことを良く知ってもらいたい、気が合うと思ってもらいたい、相手も好きになってもらいたいという心理から、自分をアピールするためによく喋るタイプです。

特に知り合って間もない時や、初対面の時に多く見られる行動です。例えば合コンで気に入った女性がいた時や、お見合いで初めて顔合わせした女性を気に入った場合などに、自分アピールのためによく喋る男性は多くいます。よく喋る以外に好きな時はどんな態度を取るか知りたいという方は、下記の記事も参考にして下さい。

Small thub shutterstock 415112362
関連記事 好きバレしやすい態度15選!どんな態度がアウト?男女の違いはある?

好きバレしやすい態度ってどんな態度?もしかして、もうバレてる?男女で違

よく喋る男性の心理⑦:淋しがり

淋しがり

一人になるのが苦手な淋しがりの男性も、よく喋るタイプの人がいます。会話をしているうちはその場から人が離れてしまう事はありません。そのためいつまでも会話を続けようとよく喋るタイプです。

電話やメール、ラインでも同じことが言えます。なかんか電話を終わらせないでずっと喋っている男性は、電話が終わって一人になるのが淋しいため、少しでも長く電話で話していたいためよく喋ります。

よく喋る男性の心理⑧:交友関係を広く持ちたい

喋っていれば仲よし

相手を選ばずよく喋る男性は、会話が出来る相手がたくさんいる=自分は交友関係が広いと自分で満足するタイプもいます。そのため知り合いを多く作るために初対面の人とも積極的に会話をします。

会社などでよく他部署にもたくさんの知り合いがいて、会社で出会う度にお喋りを繰り返す男性がいます。このタイプのよく喋る男性は、喋る事が出来る相手を多く持っている自分に満足して、また時には交友関係の広さを周囲にアピールする手段の一つとしてよく喋ります。

よく喋る男性との上手な合わせ方は?

よく喋る男性の知らない話題に切り替える

よく喋る男性の知らない話題に切り替える

よく喋る男性の会話がちょっとしつこくなった時は、よく喋る男性の苦手分野に会話を切り替えてみましょう。よく喋る男性の中には自分の知識や経験を止めどなく話し続ける人もいます。そのタイプのよく喋る男性は、自分の知らない分野では知識や経験を話す事も出来ません。

疲れる会話はそれ以上盛り上げない

疲れる会話はそれ以上盛り上げない

よく喋る男性との会話が疲れる、また早く終わらせたい場合は、それ以上会話を盛り上げない事も大切です。よく喋る男性に「それでどうなった?」など質問を投げかけたり、その会話に興味があるような態度を見せてしまったらさらに拍車がかかってしまいます。

「そうなんだ」「ふ~ん」など、あまり興味がない態度をとる事で会話は早く終わらせることが出来ます。しかし会話は終了させる事が出来ますがよく喋る男性にしてみれば不完全燃焼の状態です。

基本的に嫌っている相手によく喋る男性もいませんので、時間に余裕があるときは寛容な気持ちで聞き手側に回ってあげるのが、よく喋る男性には何より心地いい状況です。

よく喋る男性以上におしゃべりになる

よく喋る男性以上におしゃべりになる

よく喋る男性以上によく喋ることで、おしゃべりを聞く側から喋る側に切り替える事も出来ます。ただこれには自分もよく喋る男性以上に会話術も必要になりますので、向き不向きもあります。

自分もマシンガントークは得意だ、口は立つ方だと会話に自信がある方にはおすすめです。もちろんよく喋る男性を不快にしないためにも威圧的な口調は謹んで、興味をそそるようなトークをする事で、よく喋る男性も興味を持って聞き手側に回ってくれます。おしゃべり上手になりたいという方は、下記の記事も参考にして下さい。

Small thub shutterstock 529004749
関連記事 会話が続かない理由とは?友達との話題の広げ方を完全マスター

友達と会話が続かない場面で「どうしよう、気まずい!!」と悩んだことはあ

よく喋る男性に悪気はない

いかがでしたか?今回はよく喋る男性心理や特徴を紹介してきましたが、あなたのそばにいるよく喋る男性と重なる部分はあったでしょうか?基本的にはよく喋る男性は、相手に対して好意的な感情を持っています。もし時間に余裕があれば、寛容な気持ちで話を聞いてあげる事で、よく喋る男性も満足してくれます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。