Large thumb shutterstock 575616649

【男女別】足を組む心理とは?足の組み方でわかる脈あり・脈なしの見分け方!

更新:2022.03.04

ついつい癖で足を組む、という方も少なくないと思いますが、そこにも深層心理が隠れていた!?無意識のつもりが、実は、足を組むという行為一つとっても、実はいろいろな意味があったのです。足を組む時の心理状態や男女間の違い、恋愛についてなど、いろいろな角度から見てみましょう!



足を組む人の心理とは?

気持ちが表れやすい足

脚

人間の感情が出やすい体の部位って、どこだと思いますか?表情や、手先、いろいろな考えがあると思いますが、実は活動心理学で言うと、感情は足に出やすいと言われているそうです。人間は、二足歩行になったためか、足の感覚が他の動物よりも優れていますよね。

そのため、脳とも密接にかかわっているので、心理状態が出やすい部位といえるのだそうです。足を組むという行動にも、どちらの足が上に来るのか、どんなふうに組むのか、などでいろんな心理が見えてきてしまいます。

リラックスしている時

足を組む

腕を組んでいる時は、警戒心が高まっている、という話を聞いたことはありませんか?こちらは自己防衛の心理状態から、といわれていますが、足を組むときはむしろその逆です。足を組んでしまうと、すぐには立ち上がれなくなってしまいます。

心を許していなかったり、警戒している相手を前に、物理的にすぐに立ち上がれない体勢にはなりたくないですよね。つまり、誰かと一緒にいる時に足を組んでいるのは、リラックスしている証拠なのです。

心理学的にも、リラックス効果があるといわれているようで、軽い緊張状態にあるときに足を組むと、心理的に落ち着くという人が多いそうです。腕を組む心理や好意のサインいついては、以下も参照してみてくださいね。

考え事やそのアピール

考え事

手は顔付近、視線はどこかに集中して、足を組む、というポーズ、意外と見かけるのではないでしょうか?意外とカフェなどで見かけるなぁ、と筆者は思いましたが、そんなポーズの人を見かけたら、あ、何か考え事をしているんだなぁと思います。

実際に、足を組むことで、考え事をしているとわかりやすくして、自分のスペースを確保し、集中しやすいという経験がある方もいると思います。リラックスするので、自分の世界に入りこみやすいという利点もありそうですね。

また、それを逆手にとって、自分は考え事をしている、というようにみせかけ、知的に見せるためにあえてしている人も!自分をアピールしたい意識が働くのでしょう。本当に考えごとをしているかどうかは、目線に注目です。考え事をしている人は、視線が上方向に向きやすいと言われています。観察してみてください!

恰好つけたいナルシスト


かっこいい

モデルさんやタレントさんなどが、かっこよく足を組む姿を見て、あこがれる、という心理は、男性女性にかかわらず、あるかと思います。それを真似して、格好いい、綺麗な自分を演出するために、足を組むという動作を取り入れている人もいるようです。

バーのカウンターなんかで良く見かけることもありますし、筆者の高校時代、どのように足を組んだら、足が一番綺麗に見えるか、というのを研究している女友達がいましたが、意外と共感できる人もいるかもしれないですね!

そんな自分に酔ってしまったり、気が大きくなってしまったりすると、周囲にはナルシストのように見られてしまうこともあるかもしれませんので、注意してください!

【男女別】足を組む時の心理は?

女性が足を組むのはセクシーアピール

脚見せ

女性の場合、足を長く見せるために、あえて足を組んでみたり、スカートから見える足をアピールしてみたり、と美しく見せたい、という心理から、あえて足を組む、という方もいるようです。気になる彼の気をひきたくて、いつもより少し短めのスカートをはいて、目につくところで足を組むなんて経験がある方もいるのでは?!

また、女性は、気になっていたり、話してみたい男性の前で足を組む傾向にあるようです。好意を持っているからこそ、リラックス状態になり、足を組む体勢になりやすいのでしょう。初対面や、気を許していない男性の前では、そこまでリラックスして足を組んだりもしづらいというのも女心ですよね。

また、気になる男性の前では、やたらと足を組み替えてみたり、ぶらぶらと動かしてみたりと、目に留まるように無意識に動いてしまうことも。彼の気をひきたくて、ちょっと期待をして、ついつい出てしまう行動だそうです。なんだか可愛らしいですよね。足を組む以外のセクシーアピールについては、以下記事も参照しましょう。

男性が足を組む時は自分を大きく見せたい

見栄

男性の場合は、自己顕示欲からの人が多いよう。本当は小心者だけれども、態度を大きく、偉そうに足を組むことにより、自分を奮い立たせている、なんてこともあるそうですよ。野生動物にも、威嚇で体を大きく見せる動物がたくさんいますが、それに近い心理だそうです。

やはり男性は、本能的に強く、大きくいなくては、という感覚が深層心理に残っているそうで、それ故に弱い自分を見せないような行動を、無意識的にとってしまう方が多いのでしょう。

また、仕事などで座りっぱなしだったり、行き詰ってしまったりした時に、体を動かしたいがために、足を組むこともあるんだとか。足を組むという行動で、少し足元が動き血流が良くなり、イライラを少しは発散できるようですね。

足の組み方からわかる心理は?


どちらの足が上に来るのか

左右の組み方

では、ここで椅子に座って、足を組んでみてください。あなたの足の組み方はどんな感じでしょうか。どちらの足が上に来ますか?おそらく、どちらか組みやすい方があるはずです。中にはどちらかしかうまくできない人もいるかもしれませんね。

癖で良く足を組む人かそうでないかで、多少の違和感はあるかもしれませんが、パッと組んだ組み方があなたの本質です。足を組むといっても、よく見るような、片足が完全に、もう片足の太腿の上にのっているようだったり、軽く交差させるくらいだったりと、普段の自分の慣れた組み方があるはずです。

単なる癖と思っていても、実はそれから、たくさんの情報がわかってしまうかもしれません。それを踏まえたうえで、この後を読み進めてみてください。新たな発見があるかもしれませんよ!

右足が上で足を組む人の心理

内向的

実は、日本人に一番多いタイプがこちらの、右足が上で足を組むタイプの人だそうです!常識的な行動を好み、自分に自信を持てない傾向があるようで、まさに日本人の国民性に近いな、と思ってしまいました。他にも、内向的だったり、1人でいるのが好きな人見知り、という特徴があるそうです。

消極的で慎重なため、友人関係などもゆっくり築いていくタイプです。親密な関係になるのにも、なかなか時間がかかってしまいそうですね。1人の時間を作り過ぎると、友情も恋愛もなかなか進まなくなってしまいそうなので、注意が必要そう。

恋愛においても消極的で、自分から積極的に行動を起こすのが苦手なため、逆のタイプの積極的に話してくれたり、うまくリードしてくれる男性に惹かれやすい傾向も。そんな人が現れたら、ぜひリードしてもらって、素敵な恋愛がしたいですね!

左足が上で足を組む人の心理

積極的

前述の通り、日本では少数派の左足が上派ですが、右が上に来るように足を組む人とは正反対のタイプで、積極的で大胆、行動的な人が多そうです。自分に自信を持った人が多いのか、開放的でフレンドリーなので、友達を作るのも得意です。

人とかかわるのも好きなのですが、自分のペースは守りたいマイペースさんなことが多いようなので、注意が必要そうです。筆者も左派だったのですが、まさに開放的な人好きマイペースなので、周囲にも合わせていけるよう気を付けたいと思います。

恋愛に対しても積極的なので、どんどん自分からアタックしたり、告白できる人も多いのでは?また、左が上に来るように足を組むのは、性的なアプローチに効果的で、誘われ上手なところもあるそうですよ。恋愛の進行も速そうですね。

その他の足の組み方の心理状態

足を組む

足を組む、と一言で言っても、いろいろな組み方があると思います。基本的にはリラックス効果のある足を組むという動作ですが、リラックスをするために足を組んではみたものの、やはり緊張がとけない、という場合もあります。こういった場面では、足にきつく力が入ってしまうため、余計な疲れにつながることも考えられます。

前述にも、足を見ると心理状態がわかるというくらいに、足には感情が出てしまうとありましたよね。例えば、嘘がばれそうなときなど、自己防衛の意味も込めて、何気ない顔をしてリラックスをするために足を組んではみたものの、心のどこかでは緊張しているため、足元は緊張していることもあるでしょう。

また、足を組む時に、足首からふくらはぎにかけてクロスする人もいると思います。筆者も電車などでよくやりますが、この組み方をする人は、子どもっぽく幼稚な一面があるそうです。独自の世界観があり、ロマンチストなため、恋愛においても、精神的な結びつきを求めたがる人が多い、とのことでした。

足の組み方から見る脈なし?脈あり?

足を組んだ時の身体の向きに注目

恋愛

座った時の膝の向きを考えてみましょう!例えば正面に、気になる相手が座っていたとします。その時に、まっすぐ正面に足を組んでいたとすると、自分との間に、距離ができますよね。つまり、その相手は、自分との間にある程度の距離がある方が落ち着く、ということになります。

逆に、体を少し斜め方向に向けて足を組む体勢だとすると、体の距離はそこまで離れません。つまり、貴方に対しての警戒心はあまりなく、心を許してくれていると考えられます!つまり、脈ありの可能性が高いということですね。

お相手の様子を見つつ、気になる人を前に、あえてこのようにふるまってみたら、もしかすると距離を縮めるテクニックにできるかもしれないですよ!

組んだ足の向きでわかる相手の気持ち

恋愛

次につま先の向きですが、人間は無意識に、好意のある人間の方向に身体を向けてしまうと言われています。特に感情の出やすい足が一番わかりやすく、興味のある方向へと向きやすいようです。気になるお相手の足先がこちらを向いていたら、自分に興味を持ってくれているサインかもしれません。

並んで座っている相手がいる場合、上に組んだ足がどちらに向いているかでも好感度がわかるようです。もし並んでいる相手の組んだ上の足が、自分の方に向いている場合は、好意を持っていたり、居心地の良さの表れだそうで、心を開いてくれていると考えられます。この場合は、脈ありととらえてもよいかもしれません。

逆に、相手の上の足が、自分とは逆方向に向いていた場合、不信感や、機嫌を損ねている可能性も考えられそうです。距離を置こうとされているので、脈なしと思った方がよさそうです。

足をよく組み変えていたら注意!

不満

女性が男性の前で足を組み替えたり、動かすのは好意の表れ、と書きましたが、逆の場合は意味合いが違ってくるようです。男性が女性の前で足を頻繁に組み替えるのは、前述の通りに、ストレスがあるとき。男性が、女性と一緒の時に頻繁に足を組み替えていたら、現状に何かしらの不満があると考えられるでしょう。

退屈だったり、他に気がそれてしまっている時にも、組み替える回数は増えるんだそうです。ある意味での欲求不満の表れでもあるため、その不満の要因さえわかれば、何とか挽回していけるかもしれませんが、続くようなら脈なしととらえたほうが良いでしょう。

他にも、心理学的に、嘘を隠したいときにも足を組みかえる頻度が上がるという話もあります。特に手が口元にあったら要注意!何かしら嘘をついているかもしれませんよ。

貧乏ゆすりは注意!でも挽回できるかも

退屈

足を組んで、つま先を揺らしていたり、貧乏ゆすりをしていたら、イライラしていてその場を離れたいサイン。座っていた時間が長かったりする場合は、動きたくなっての行動ともとれますが、座っている間、ずっと足が動いている場合は、心理的に、ストレスがかかっている可能性を疑いましょう。

一見、脈なしに見えるこの状況ですが、その場の不満だけの可能性もあります。相手からなにか違ったアクションを待っている可能性もありますので、場所を変えたり、何か違うことをしてみるのもいいかもしれません。そうすることで、いい方向へと進むこともあり得ます。これは試してみる価値ありですよ!

貧乏ゆすりをする人の心理や原因については、以下の記事でも詳しく紹介しております。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

足の組み方から脈ありサインを見抜こう

足を組むって、単なる癖だと思っていませんでしたか?もちろん、よく組む人と、組まない人、という癖はあると思いますが、いざ組んだ時には、意外な心理状態が隠れていたんですね。相手の足の動きで、相手の気持ちもわかっちゃうなんて、使いこなしたら恋愛マスターになれちゃいそう!

こちらを読んで、自分や気になるお相手の性格や心理状態を探ってみてくださいね!参考になりましたでしょうか?お役に立てれば幸いです!

良い出会いを見つけたいなら相席屋がおすすめ!

相席屋は「婚活応援酒場」というコンセプトのお店なので、真剣に出会いを求めに来ている男性・女性が多いです!以下の記事では相席屋での攻略方法について紹介しているので、チェックして素敵な恋人を見つけに行きましょう!

相席屋のお得なクーポンはこちら!
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。