Large thumb shutterstock 532148863

100均ティッシュケースがセンス良すぎ!ダイソー・セリアなどのおすすめ品ご紹介!

更新:2020.08.11

センスが良いと評判の100均ティッシュケースを、おしゃれに使ってみたいと思いませんか?100均のおすすめ品の特徴を、ショップ別にご紹介していきますね。素敵なアレンジアイデアもまとめているので、ぜひ目を通してみてください。

100均ティッシュケースの特徴は?

①シンプルでおしゃれ

ティッシュケース

100均ティッシュケースの特徴は、シンプルでおしゃれなものが多くなっていることです。100均アイテムとは思えないほど、年々デザインに磨きがかかっています。白や黒、グレーといったモノトーン調のデザインで、お部屋のインテリアとマッチするものがたくさん見つかります。

また、シンプルであるだけに、アレンジしやすいという特徴も持ちます。マグネットやステンシルなどの小物を使って自分好みに変身させるのも良いでしょう。お部屋の雰囲気に合わせて、ティッシュケースをおしゃれに使っていきましょう。

②用途別のものが見つかる

赤いティッシュケース

100均で販売されているティッシュケースは、デザインの幅が広いことも特徴です。ティッシュケースといえば、箱がそのまま入れられるボックス型が多いですが、最近はボトル型も展開されています。ボトル型は、狭い場所でも場所を取らないというメリットがあります。

また、ボックス型と言っても、吊り下げて使用するタイプや、引っ掛けて使用するタイプなどに分かれます。さらに、ボックスティッシュ用ではなく、ポケットティッシュ用のミニサイズのものや、ウェットティッシュ用の袋型ケースもありますね。用途に応じたものが、100均で購入できてしまいます。

③素材も色々

100均ティッシュケースは、素材も色々です。プラスチック製から布製、紙製に木製などバリエーションが豊富です。カゴ素材や、ぬいぐるみ用のもふもふとした素材を使ったものもあるので、ティッシュケースの素材にまでこだわることができます。

ダイソー|100均おすすめティッシュケース

①ティッシュケース・ボトルタイプ

ダイソーのボトル型のティッシュケースは、白と黒のシェブロン柄が特徴です。市販のボックスティッシュの中身を、詰め替えて使用するためのアイテムになります。横のサイズが218mmまでのティッシュに対応可能で、60組分(120枚)が入ります。

シンプルでおしゃれなデザインであるうえに、コンパクトで場所を取らないというメリットがありますよ。車のドリンクホルダーに収納することも可能です。箱なしでティッシュを使いたいときに活用してみましょう。

詰め替え方

  1. ティッシュケースの底蓋を外します。
  2. 市販のボックスティッシュの中身を出します。
  3. 60組(120枚)のティッシュを筒状にします。
  4. 内側の最初の1枚を少し引き出しておきます。
  5. 筒状のティッシュをケースの中に入れます。

②かけれるティッシュホルダー

「かけれるティッシュホルダー」は、ティッシュを壁掛けしたいときにおすすめです。裏側がフック状になっているので、隙間などに引っ掛けたあと、ティッシュを箱ごと入れれば完了しますよ。マグネットなどを取り付けなくても、壁掛けできるのが良いですね。カラー展開は白とグレーの2種類です。

③ティッシュボックスカバー

「ティッシュボックスカバー」は、吊り下げタイプの布製ティッシュケースになります。モノトーン調で、クロス柄がおしゃれですね。ドアノブや壁など、好きな場所に吊り下げて使いましょう。柔らかな雰囲気を好む方におすすめなので、ダイソーで探してみましょう。他の柄も展開されています。

④ティッシュボックス

「ティッシュボックス」は、カゴ素材が特徴のケースです。格子状に編み込まれたデザインが素敵ですね。涼しげな印象があるので、夏場に使うのもおすすめですよ。ライトブラウンと、ダークブラウンの2種類から選んでください。

⑤アニマルティッシュケース

「アニマルティッシュケース」は、もこもこのぬいぐるみタイプのケースになります。白クマや黒ネコの背中から、ティッシュが取り出せてしまいますよ。ダイソーのティッシュケースの中でも、かなり大型ですね。

ただし、サイズが大きいことから、値段は300円と高めになっています。ぬいぐるみ感覚でお部屋に飾っておきたい方は、ぜひ購入してみてください。可愛さで癒されますよ。

⑥ウェットシートケース

「ウェットシートケース」は、ウェットティッシュの携帯に便利なアイテムです。ケースについているファスナーを開けて、ウェットティッシュを詰め替えるようになっています。中央に開いている穴には、別売りの蓋を取り付けて使います。

100均ショップごとに異なるデザインのものが販売されていて、ダイソーの場合は星柄です。白ベースと、グレーベースの2種類のカラーが展開しています。

セリア|100均おすすめティッシュケース

①ティシュー詰め替えボトル

ボトル型のティッシュケースは、セリアでも販売されています。セリアの場合は、単色のみのシンプルなデザインが特徴です。白とグレーの2種類がありますよ。

基本的な使い方は、ダイソーのボトル型ティッシュケースと同じです。ただし、詰め替えの際は、横のサイズ215mmまでの対応になります。また、具体的な枚数ではなく、ティッシュを積み重ねたときの高さが3cm以下となるよう指定されています。3cm以下の束を詰め替えてくださいね。

②おうち型ティッシュボックスケース

「おうち型ティッシュボックスケース」は、組み立て式の紙製ケースです。パッケージを開けて、折り目に沿って組み立てていくと、おうち型がおしゃれなケースになりますよ。幅240×奥行き118×高さ60mmまでのティッシュボックスに対応しています。

③ウッドティッシュケース

「ウッドティッシュケース」は、商品名の通り木製のケースです。塗装されていない白木を素材としたもので、セリアのティッシュケースの中でも、リメイクしやすいアイテムとして人気を集めています。アイデア次第で、色々と変身させることができるので、リメイク好きの方におすすめです。

④クリアポケットティッシュケース

「クリアポケットティッシュケース」は、透明なケースが可愛いアイテムです。ポケットティッシュがピッタリと入る、ミニサイズのケースになっていますよ。

また、街で配られているポケットティッシュを袋から出して、詰め替えるのにも最適です。取り出しが便利になるので、ポケットティッシュをよく使う方は、セリアでゲットしましょう。

⑤蓋付きウェットシートケース

セリアでは、蓋付きタイプのウェットシートケースがあります。別売りの蓋を探して取り付ける必要がないのですね。蓋付きで値段も100円なので、コスパにも優れています。シンプルなモノトーン調の柄が特徴で、115×170mmサイズと、130×240mmサイズの2種類があります。

「蓋付きウェットシートケース」の他に、蓋が別売りのタイプもあります。市販の可愛い蓋を取り付けたい方には、別売りの方がおすすめです。

キャンドゥ|100均おすすめティッシュケース

①ボトル型ティシュー

キャンドゥのボトル型ティッシュケースは、他のショップよりも小さめです。ダイソーやセリアの商品が、22cmほどの高さがあるのに比べて、キャンドゥの場合は約18cmになります。小さめのティッシュを詰め替えて使用するタイプですね。シンプルなデザインで、最もコンパクトに使えます。

ちなみに、キャンドゥの「ボトル型ティシュー」は、商品名から分かるように、最初から中身が詰まっています。中身を使い切ってから、ティッシュケースとして再利用する商品です。ダイソーやセリアのケースのように底蓋を外して、市販のティッシュを詰め替えていきましょう。60組分(120枚)が入ります。

②大理石風ティッシュケース

キャンドゥには、大理石風のおしゃれなティッシュケースもあります。白大理石の柄を基調とした、プラスチック素材のケースですね。モノトーンインテリアが好きな方におすすめですよ。壁に掛けられるよう、フック穴がついていることも特徴で、横置きと壁掛けの2つの使い方ができます。

③ウェットシートケース

「ウェットシートケース」も、キャンドゥならではのデザインが揃っています。他の100均ショップ同様、シンプルなデザインのケースも素敵ですが、カピバラやアリクイ柄の可愛いケースも手に入ります。アニマル柄の「ウェットシートケース」は珍しいので、気になる方はキャンドゥで探してみてください。

100均ティッシュケースのリメイクアイデアは?

ここまで、ダイソー・セリア・キャンドゥといった、100均ショップ別のティッシュケースについてまとめてきました。シンプルでおしゃれな商品が多いので、色々なアイデアでリメイクしても映えるものばかりでした。ステンシルやマグネットを利用した、素敵なリメイクアイデアもご紹介していきますね。

①ステンシルでペイント

100均のボックス型のティッシュケースは、無地のものも珍しくありません。ステンシルでペイントすると映えるので、おしゃれにリメイクしてみましょう。テンプレートとなるステンシルシートさえ準備すれば、好きな文字やパターンを簡単にプリントすることができます。

ステンシルのやり方については、こちらの記事で詳しく知ることができますよ。必要な道具から手順まで紹介されているので、ぜひ併せてご覧ください。リメイクアイデアの参考例もあるのでおすすめです。

②マグネットで貼り付け

100均のティッシュケースにマグネットを取り付けて、壁やラックに貼り付けるアイデアもあります。マグネットが使用できる場所なら、どこでも貼り付けられるようになるので便利ですよ。同じ100均で強力マグネットを購入して、ケースの裏側に接着剤で貼ればリメイク完了です。

100均で購入できるマグネットに関しては、こちらの記事が参考になります。リメイクアイデアに使えそうなマグネットを探してみましょう。

③刺繍でワンポイント

布製のティッシュケースには、刺繍でワンポイント加えるアイデアがおすすめです。シンプルなデザインであればあるほど、リメイク後の変化が楽しくなりますよ。手芸好きの方に、ぜひ試してほしいリメイクアイデアです。

④造花で華やかに

100均のティッシュケースがシンプルすぎると感じたら、造花で華やかにするのも一つです。100均にもバラのような大きめの造花がありますし、小花タイプも見つかります。また、松ぼっくりなどの木の実タイプや、フェイクグリーンなども購入できるので、色々と組み合わせてリメイクしていきましょう。

⑤布でカラフルに

白黒のモノトーン調が多いボトル型ティッシュケースは、布でカラフルにしてみましょう。端切れを利用して、布用ボンドなどで貼っていけば素敵に変身します。100均のカットクロスで、気になる布を探してみると良いでしょう。デコパージュを施しても可愛いですよ。

100均ティッシュケースをインテリアのように使おう

ダイソー・セリア・キャンドゥのティッシュケースには、100均とは思えないセンスの良さがあります。生活感がなく、室内を装飾するインテリアとして使えるデザインのものが増えてきているのですね。ご紹介したものを参考に、お部屋のインテリアとしての一品を、ぜひ探してみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。