INDEX

気になる相手に言われた「人として好き」とは?

振られたと決めつけるのはまだ早い「人として好き」

人として好き

気になる異性に「人として好き」と言われたら「もしかしてこのまま恋愛関係に発展するのかな」「自分の中身をみてくれて好意を持ってくれているのかな」と前向きに考えますか?ほとんどの方が「きっと友人止まりなのかな?」「異性として魅力がないのかもしれない。」と一瞬残念で不安な気持ちになるのではないでしょうか。

「人として好き」「異性として好き」同じ好きでも特別感が違いますよね。恋愛はまず「人として好き」から「異性として意識し始める」事がほとんどだと思います。中には出会った瞬間びびびときたという人もいるでしょう。ですが、やはりまず「人として好き」から「恋愛対象」になるわけです。

好きの照れ隠しのような感じの「素敵な人として好き」

照れ隠しのようなかんじ

本当は異性として好きだけど「本音を知られるのが怖い」「恥ずかしい」という気持ちがあると思います。でも「少しだけ気持ちを伝えたいな」といった恋愛ならではの微妙な心理がありますよね。例えばいつも気になる存在だったり、尊敬していたりと「人として好き」でなければこれから恋愛感情に発展するわけがないですよね。

性格にもよりますが、「あなたの事が異性として好きです。」よりも「あなたの事が「素直」で「素敵」で人として好きです。」と、まずはじめに少し態度や行動で気付いてもらいたい人が大抵です。そこから相手の様子を伺って少しずつ踏み込んでいく事が多いですよね。

「人として好きとは」恋愛感情につながるかも

発展

そもそも「人として好き」な気持ちがなければそれ以上の感情にはならないのではないでしょうか。気のおける友人だったはずなのに、いつの間にか気付いた時には異性として意識していたという話は珍しいことではないですよね。何かのきっかけさえあれば、脈なしからの一発逆転だって、十分に可能性がありそうです!

恋愛感情の中には必ず「人として好き」な気持ちがあります。好きとはいろんな意味合いがありますが、「人として好き」な気持ちも恋愛感情の一部です。

「人として好き」と「恋愛感情」の違い

恋はするものではなくて「落ちるもの」

恋

「恋をしたい」とか「恋をしよう」ではなく、気が付けばいつもいつもあの人のことばかり考えているということはありませんか?寝ても覚めても自分の感情をうまくコントロールしきれないのは恋かもしれません。実際恋をしようと思ってもなかなかできませんよね。まさに恋とは「落ちていくようなもの」ではないでしょうか。

「自分のことをずっと見ていてほしい」は恋愛感情

男女

自分が相手の事をいつも思っているように、相手からも自分のことをいつもいつまでも思っていてほしい気持ちになったりします。そんな時に、相手に少しでも異性の陰があると知るとなんだか良い気分がしなかったり、気がつけば嫉妬している自分がいるのです。「自分のことをずっと見ていてほしい。」はまさに恋愛感情です。

好きとはまさに「自分のことを、自分だけをずっと見ていていほしい」や「少しの嫉妬する気持ち」なのです。動物のように思うがままアプローチしたり、時にはライバルと激しく奪いあったりということをしないのが人間です。人間はストレートに行動せず嫉妬する生き物ですよね。好きとはそういう事なのですね。

人として好きとは「ライク」恋愛感情とは「ラブ」

ライクとラブ

「好き」と「愛してる」同じ意味のようで実は違います。「友人として好き」なのか「恋人として愛している」のか区別が難しいです。人間の脳内ではライク=好きとは「尊敬」「信頼」「類似性」の感情が多く含まれていて、ラブ=愛とは「独占欲」「援助」などという欲求が多く含まれているようです。

「手をつなぎたい」は恋愛感情

手つなぎ

好きな相手とは自然と寄り添っていたいと思いますよね。そして常に温もりを感じていたいと思いますよね。その第一ステップが「手をつなぎたい」と思うことです。小さな子供がお父さんお母さんと自然に手をつなぐのは安心するからですよね。男性の大きな手、女性の優しい手、お互い温もりを求めているのではないでしょうか。

異性の友情と恋人の違いとは

友達か恋人か

友達と恋人とでは気のつかい方が違ってきます。恋愛の中には相手を安心させる行動が必要です。友人の場合、週末誰とどこで何をしてようと勝手な事で、相手もそこに不安は感じません。又将来についての考え方にも違いがあります。友達ならばただ応援したい。恋人とならずっと一緒にいたいし結婚も意識するかもしれません。

Small thumb shutterstock 134640329
関連記事 友達以上恋人未満とは?曖昧な関係の意味&恋人になれる可能性は?

まるで恋人みたいなのに恋人じゃない…中途半端で曖昧な関係の男性と恋人に

信頼・尊敬している「人として好き」とは

人として

いくら恋愛対象外だといっても、突然相手の事が気になってしまうような瞬間やきっかけというのはふとした瞬間に訪れるものなのです。又「信頼している」「尊敬している」という感情は「これから恋に繋がっていく」という可能性がとても大きいです。チャンスはいくらでも転がっているでしょう。

性的関心があるは「恋愛感情」

男女

相手と無限に一体化したいということでしょうか。つまり、性欲と恋愛は本来分けられないという訳です。相手に対して恋愛感情があれば、これは本能とでもいうのでしょう、男性は女性を自分のものにしたい。そして女性は男性に身を任せて受け入れたいと、自然にそう思うはずです。

もっとこの人のことを知りたいという気持ちは「恋愛感情」

知りたい

「相手をもっと知りたい」のは恋のはじまりの感情です。例えば好きなタイプの異性と出会った時、「この人の中身を知りたい」と思うようです。恋愛のきっかけに多いのはこれのパターンではないでしょうか。自分好みの異性に出会った時、もっと話してみたいな、又会いたいな、もっと知りたいなと自然と興味が湧きますよね。

「人として好き」を「恋愛感情」に変える方法7つ!

①結論を急がず距離を置いてみる

距離をおく

結論を急がず少しの期間距離を置いて冷静に自分のこと、相手のことを見つめなおしてみましょう。きっと自分の気持ち、相手の魅力を再確認できるかもしれません。相手もあなたともっと仲良くなりたいときっと距離を詰めてきます。お互いのサインを見逃さず、そしてお互いの相性があうかどうかの判断も大事になってきます。

②共通の趣味を探す

共通

共通の趣味を持っていると、一緒に過ごす時間を2人の絆がより一層高めさせることができますよね。趣味思考が似ているカップルは長続きするという心理学の研究結果もありますし、同じ趣味を持つ事は恋愛を深める近道といえます。大切なことは「何かを一緒にする」ということではないでしょうか。

③食事に誘ってみる

食事

まず食事から誘うのが王道です!男女関係の第一歩ですね。実はおいしいものを食べた時に脳から発する分泌物には、人を幸せにするような内容が含まれているんです。このことから食事は恋愛にも大いに活用できるといった研究データも出ています!食事中の気を許した相手の何気ないしぐさをたくさん観察してみましょう。

二人で食事をする、又は二人で飲みに行くことが2回以上続いたり、もしくは継続している場合は今後の二人の関係は発展していく可能性を大いに持っているのではないでしょうか!

④自分の内外を磨く

自分

外側だけではなく、内面も磨きましょう。背筋がぴんとしていること。笑顔が素敵で謙虚であったり、人助けができる優しい気持ちがあること。又、性別年齢にあった作法や言葉遣い等、人として素敵だなと思い描く人物に近づけるよう内面も磨きましょう。きっと異性だけではなく、同性からの印象もアップ間違いなしです。

⑤好きという感情を大事にする

感情

自分を大切にしなければ好きという感情はでてこないのではないでしょうか。何かのきっかけで、気付いたらもう好きなんです。「異性として好き」「人として好き」「友人として好き」「家族が好き」はそれぞれ好きの意味合いは違いますが、好きになろうとして好きになった訳ではないですよね。

「好きという感情」の中にはいくつかの種類の気持ちがありますが、好きとはシンプルな感情です。頭で考えるよりも、体で感じるのではないでしょうか。「好き」という感情を大事に、もう一度見直してみましょう。

⑥秘密を共有する

秘密

「人として好き」を「恋愛感情に変える」には秘密の共有が効果的です。秘密を伝えることは少しの勇気が必要です。相手からすると「自分だけに打ち明けてくれたのだな。」「信頼されているんだな。」「頼りにしてくれているのかもしれないな。」とあなたの事がますます気になる事でしょう。

⑦時には弱い部分も見せる

弱さ

弱い部分を見せると、相手は自分への「信頼」を感じます。「自分だけにこんな一面をみせてくれるんだ」と思うのです。この感情はあなたに対する強い感情を抱かせるきっかけになるでしょう。中には自分の弱い部分が好きになれないという方もいるのではないでしょうか。

自分の弱い部分を許すことは、相手の弱さも許せる強さとなります。ですから恋愛においては開き直ってしまうことも必要です。相手に弱い部分をみせる事も場面を変える重要なテクニックです。弱さを恥じることなく、前向きに恋愛に向き合っていくことはその後の人生も豊かにしてくれること間違いなしですよ。

人として好きという気持ちに素直になりましょう

本当に大切な存在は失ってから気付くものです。「今の関係が楽だから」と自分の心に蓋をしていませんか?相手に気持ちを伝えても振られてしまうのが怖い。傷つきたくない。勇気がでない。一歩が踏み出せない。たとえそうであっても、勇気を持つことであなたはたくさんのものを得ることが出来るでしょう。

ここであげたいくつかの方法で好きな相手と素直な気持ちで向き合えるための一つのきっかけになることを願っています。そして、自分の中で解決できなかったことや一歩踏みとどまっていたことに対してポジティブな答えがでることがきっとあると思います。あなたの恋愛を応援しています!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。