Large thumb 20191224154815232 1000

【春夏秋冬】フレンチレストランに行く際の服装って?ドレスコードもしっかり予習!

更新:2021.01.12

おしゃれなフレンチレストランへ行くときは、どのような服装がいいのか悩みがちですよね。ここでは、ドレスコードがあるフレンチレストランにも着て行ける、おすすめのコーデを紹介します。合わせて覚えておきたいドレスコードも紹介するので、参考にしてくださいね!

【春編】フレンチレストランに行くときの服装5選

①7分袖レースロングドレス

1つ目は7分袖レースロングドレスです。春のフレンチレストランにぴったりな、爽やかな色使いのドレスです。レースの透けるような質感が軽やかな雰囲気で、春のランチやディナーにもぴったりですよ。

春に高級レストランなどへ行く際は、素材や色使いで季節感を出すのがポイントです。レース素材は春らしさが出るアイテムなので、女子会などにも前向きに取り入れてみてください。

②重ね着風レースドレス

2つ目は重ね着風レースドレスです。同じ黒のドレスも、デザイン次第で可愛い印象になります。春らしくレースを使った透け感のあるデザインがポイントですよ。

③ジャケットとイージータックパンツ

3つ目はジャケットとイージータックパンツコーデです。カジュアルな女子会におすすめな、春らしい色合いのきれいめパンツコーデです。かっちりめに見えますがイージーパンツなので、締め付け感もなく料理が楽しめますよ。

④ケープ風袖ドレス

4つ目はケープ風袖ドレスです。ケープ風のデザインがクラシカルな、春向けのドレスです。高級店のディナーにも行ける、上品なシルウェットが特徴ですよ。オレンジピンクの色合いも、春らしい着こなしになります。

⑤レーストップスとパンツ

5つ目はレーストップスとパンツです。高級店以外のカジュアルレストランなら、トップスとパンツの組み合わせもおすすめですよ。上品なレース素材なら、春の女子会やカジュアルなディナーにもぴったりです。

なお、春にぴったりなレーストップスを使ったコーデは別の記事でも紹介しています。カジュアルなフレンチレストランに着て行きやすいコーデも紹介しているので、春の女子会に着て行く服装などに役立ててみてくださいね。

【夏編】フレンチレストランに行くときの服装6選

①テールスカートドレス

1つ目はテールスカートドレスです。夏シーズンはシンプルなワンピースを一枚で着る、スッキリコーデがおすすめです。ベージュのテールスカートドレスは、20代から30代まで着られる、ベーシックなアイテムですよ。

トップスはレース素材になっています。そのため、トップスとスカートを合わせたような着こなしになるのがポイントです。袖の透け感も涼し気で、夏のドレスコーデにぴったりのアイテムになっています。

②ドルマンスリーブワンピース

2つ目はドルマンスリーブワンピースです。ドルマンスリーブワンピースは、袖や襟のデザインが個性的で、夏向きです。夏場に黒は重く感じがちですが、腕が出るデザインなら、涼しげな夏ワンピとして着られますよ。

夏のドレススタイルは涼し気な色や素材が人気ですが、個性的な着こなしが好きなら黒無地もおすすめです。小物に白を持ってくると、黒いドレスでも暗くならない着こなしになりますよ。

③グリーンパンツドレス

3つ目はグリーンパンツドレスです。スカートが苦手な女性には、パンツドレスがおすすめです。夏らしく涼しげなカラーを使ったパンツドレスは、レースの切り替え部分の効果で、スッキリとした印象になりますよ。

なお、パンツドレスを使ったレディースコーデについては、別の記事でも紹介しています。夏のフレンチレストランにも着て行けるおしゃれなパンツドレスコーデについて知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

④ベルト付き2WAYドレス

4つ目はベルト付き2WAYドレスです。ベルトの有り無しで、二通りの着こなしができるドレスとなっています。夏の女子会はもちろん、ドレスコードが必要なレストランにも着て行けるアイテムです。

⑤カーネーション柄セットアップ

5つ目はカーネーション柄セットアップです。水色のセットアップは、上下合わせるとチャイナドレスのようなシルエットになります。水色も夏らしく、爽やかな印象のコーデになりますよ。

⑥ジャケットとフレアパンツ

6つ目はジャケットとフレアパンツです。ドレスコードがないカジュアルレストランなら、少しラフなフレアパンツでもOKです。薄手の素材や爽やかな色を使うと、ジャケットを羽織っても夏らしい印象のコーデになりますよ。

【秋編】フレンチレストランに行くときの服装7選

①ネイビーのVネックドレス

1つ目はネイビーのVネックドレスです。スマートカジュアルに着こなせるマキシ丈ワンピースは、肌寒い秋のディナーにもぴったりです。半袖やノースリーブでは寒く感じやすい、秋の夜にもおすすめのデザインですよ。

②ジャケットとパンツドレス

2つ目はジャケットとパンツドレスです。女子会のようにカジュアルなレストランでは、パンツドレスにジャケットを合わせてみましょう。黒とテラコッタカラーの組み合わせが、秋らしくシックな仕上がりになります。

③レース切り替えシフォンドレス

3つ目はレース切り替えシフォンドレスです。透け感のあるシフォンドレスは、秋のおしゃれなディナーにもぴったりなアイテムです。少しくすみ感のあるブルーにすると、秋らしいカラーの着こなしになりますよ。

④レース袖マキシドレス

4つ目はレース袖マキシドレスです。上品なベージュのマキシドレスは、ディナーにも女子会にも着て行ける万能アイテムです。秋らしく露出は控えめですが、袖がレースなので透け感も楽しめますよ。

⑤ジャガードフレアーワンピース

5つ目はジャガードフレアーワンピースコーデです。長袖のワンピースなので、風が冷たくなる秋にも着られますよ。ギャザーを寄せたようなデザインは、ふわっとした女性らしいシルエットになります。

⑥チェック柄グレーワンピース

6つ目はチェック柄グレーワンピースです。高級レストランよりカジュアルダウンしたお店なら、ワンピースとジャケットの組み合わせもおすすめです。秋らしくチェック柄を使ったアイテムは、グレーで統一するとシンプルにまとまりますよ。

⑦ジャケットとタートルネックニット

7つ目はジャケットとタートルネックニットです。ドレスコードのないカジュアルなお店なら、タートルネックニットも着て行けますよ。肌寒い秋にもぴったりなアイテムです。ジャケットを肩掛けにしたコーデは、晩秋のディナーや女子会に着て行く服装にこなれ感が出せます。

なお、秋冬シーズンに着るタートルネックコーデについては、別の記事でも紹介しています。ジャケットと合わせたきれいめコーデにも使えるので、カジュアルなレストランの女子会に着て行く服装にもぴったりですよ。気になる方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

【冬編】フレンチレストランに行くときの服装6選

①ベージュのコーデュロイワンピース

1つ目はベージュのコーデュロイワンピースです。「ドレスコードはないけれど上品な着こなしがしたい」といったときに、コーデュロイのワンピースはぴったりです。冬コーデには、ブーツを合わせてもおしゃれになりますよ。

女子会にも着て行きやすい、カジュアル感もあるアイテムです。冬はドレスコードを守りつつ防寒対策も必要になるので、コーデュロイのような暖かめの厚手素材がおすすめです。

②フェイクファーショールとIラインドレス

2つ目はフェイクファーショールとIラインドレスです。寒さが本格的になる冬場のドレスコーデには、ファーのアイテムがあると便利です。フェイクファーのショールなら、ゴージャスな冬コーデにしつつ、寒さ対策もできますよ!

黒無地のドレスはシックな雰囲気で、冬のおしゃれなディナーにもぴったりです。グリーンのファーを合わせれば、シンプルなドレスも華やかになりますよ。特別なレストランでの女子会やディナーで、特に気合を入れたおしゃれをしたいときにもおすすめなコーデです。

③レーススリーブコンビネゾン

3つ目はレーススリーブコンビネゾンです。冬シーズンにもぴったりな、シックなオールブラックコーデです。パンツスタイルですが、袖のデザインに透け感があるので、女性らしい雰囲気もプラスできますよ。

④サテンレースドレス

4つ目はサテンレースドレスです。ツヤ感のあるサテンのドレスは、冬のディナーにぴったりな華やかなアイテムです。アクセサリーを付けなくても、サテンとレースの華やかさでおしゃれな冬コーデが楽しめますよ。

⑤ジャケットとワンピース

5つ目はジャケットとワンピースです。冬場にワンピース一着では寒いという場合は、ジャケットを羽織りましょう。ワンピースとジャケットのセットアップアイテムを使えば、冬の寒さにも対応できるきれいめコーデが完成します。

⑥スカーフ付タートルネックニット

6つ目はスカーフ付タートルネックニットです。ドレスコードのないカジュアルレストランなら、冬アイテムの定番ニット素材でも大丈夫ですよ。膝下スカートと合わせて、カジュアルでも上品にまとめるのがポイントです。

【高級店編】フレンチレストランへ行く服装のドレスコードとは?

①上品なワンピースがおすすめ

ドレス姿の女性

ドレスコードがある高級レストランの場合、パーティードレスのように上品なワンピースがおすすめです。ランチの際は露出が控えめなもの、ディナーの場合はデコルテが出たデザインでも問題ありません。

また、肌寒い場合はボレロのような羽織ものを合わせてもOKです。アクセサリーは煌びやかなネックレス、イヤリングがあると華やかになりますよ。靴はパンプスなど、ワンピースに合うデザインを選びましょう。

②露出の多い服装や汚れた服装はNG

デニムを着た女性

高級店の場合、過度に露出の高い服装はNGになります。露出といっても半袖やノースリーブのパーティードレスなら問題ありません。しかし、キャミソールやショートパンツのようにカジュアルな露出はNGなので、注意しましょう。

また、泥が付いて汚れた靴やダメージ加工が施されたものなど、汚れた服装もNGです。特に履き古したスニーカーはドレスコードに違反するので、靴はヒール付きのパンプスで上品に決めましょう。

なお、ホテルの高級レストランにふさわしいドレスコードは、別の記事でも紹介しています。ホテル内にもおしゃれなフレンチレストランがあるので、食べに行く際はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

【カジュアル店編】フレンチレストランへ行く服装のドレスコードとは?

①ビストロはカジュアルな服装でもOK

ビストロにいるカップル

フレンチレストランのうち、カフェ、ブラッスリー、ビストロに分類されるお店は、カジュアルな服装で問題ありません。特に決められたドレスコードはないので、普段着のような格好でも大丈夫ですよ。

とはいえ、あまりにもカジュアル過ぎるラフな服装はふさわしくありません。Tシャツよりもシャツやブラウス、デニムよりもチノパンやスラックスなど、ある程度のきれいめカジュアルを目安にしましょう。

②かっちりとしたスーツがおすすめ

スーツのジャケットを持つ女性

ドレスコードのないカジュアルなレストランであっても、ある程度きれいめなコーデがおすすめです。女性の場合はかっちりとしてきれいめな、スーツ姿で行っても問題ありません。

パンツスーツでもスカートのタイプでも問題ないので、好みに合わせて選んでください。また、スーツのみだとあまりにもオフィスコーデのようになりがちです。アクセサリーやバッグなど、小物で華やかさをプラスしましょう。

③お店の雰囲気に合わせるのがおすすめ

レストラン

カジュアルなレストランには、お店の雰囲気に合わせたコーデで行きましょう。カジュアルなレストランは高級店と違い、決まったドレスコードはありません。しかし、最低限の身だしなみは必要なので、事前にお店の雰囲気を調べておくのがおすすめですよ。

気軽に立ち寄れるようなレストランの場合、きれいめなカジュアルであれば問題ありません。少し高級感を感じるようなお店の場合、デニムやTシャツ、ジャージ、サンダルといったラフすぎる服装は避けましょう。

なお、フレンチレストランに合う服装は別の記事でも紹介しています。ドレスコードやお店に合うコーデがわからないという方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

フレンチレストランにふさわしい服装を覚えよう

フレンチレストランといっても、高級店やカジュアル店によってドレスコードが異なります。気軽な女子会から本格的な高級ディナーなど、様々な楽しみ方ができるのがフレンチレストランです。まずドレスコードを確認して、それぞれのお店に合ったコーデを楽しんでくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。