Large thumb shutterstock 361861517

目を見て話す男性心理15選!目を合わせて話す人&目を見て話さない人も

更新:2020.06.26

あなたは、じっと目を見つめて話す男性の心理が気になったことはありませんか?本記事では「目を見て話す男性心理」について詳しくご紹介していきます!目を合わせて話す男性が、あなたに恋愛感情を持っているのか…。気になるところですよね!今回はそんな「好きな人と目を合わせて話す男性心理」や、「目を見て話す人」と「目を見て話さない人」の違いにも触れていきたいと思います!

目を見て話す人と目を見て話さない人の違い&男性心理は?

目を見て話す人と目を見て話さない人の違いは「自信があるかどうか」

自信

目を見て話す人と、目を見て話さない人の決定的な違いは「自信があるかどうか」です。人の目を見るというのは簡単なことではありません。例え目を見ているようでも実は少しずれた場所を見ていて「目を合わせている風」にしている人も多いんです。

聞く側ならまだしも、自分が話をする時に相手と目をしっかり合わせられるというのは「自信」がなければできません。なので目を見て話す人はある程度自信があるか、メンタルが強い人と言えるでしょう。

目を見て話さない男性心理

目を見ない

目を見て話さない男性心理で一番の原因はやはり「自信がない」ことす。現代では特に「目を見て話さなければいけない場面」は少なく、目を見て話すこと自体のハードルが高いのかもしれません。文字やスタンプで感情が表現できて、相手の表情を確認しなくても日常生活程度なら不自由なく送れますからね。

目を見て話さないことに慣れてしまい、目を見て話すと緊張してしまうので、目を合わせないのです。不自然になるよりは「いっそ目を合わせない方が楽」と思っている男性も多いようです。ですが、始めは目を見て話さない男性でも慣れてくれば目を見てくれることもあります。そのチャンスを逃さないようにしてくださいね。

目を見て話すと緊張してしまうので、あえて目を合わせない人も多いです。「失礼と思われても不自然になるよりはいい」と思っている人も多いようです。ですが、始めは目を見て話してくれない男性でも慣れてくれば目を見てくれることがあります。そのチャンスを逃さないようにしてくださいね。

目を見て話す男性心理は女性も理解できる?

恋愛感情が入っていれば女性も理解できる

恋愛感情

目は口ほどに物を言うと言いますが、恋愛感情が入っていると相手の目を見れば気持ちを理解することはできます。もちろん完璧に把握することは難しいですが、好意があるか恥ずかしがっているかは、目を見たり態度をチェックすれば気づきます。そのため恋愛感情が入っていれば男性倫理も理解しやすいといえます。

本音までは探ることはできない

心理

目を見て話す男性心理はある程度理解することはできても、本音までは探ることは難しいです。目を見て話すことは誰でも当たり前だと思っているので、そこから本音を探ることは難しいからです。それでも恋愛感情を抱いていればわかりやすいので、男性の心理も理解しやすいといえます。

目を見て話す男性心理|恋愛感情があるほど目を見たくなる?

好きな人の目を見たいのは男女とも共通している

見たい

目を見て話す男性心理のひとつとして、好きなものはずっと見ていたいという倫理が働きます。自分が好きだと思うものはいつでも見ていたいので、自然と目に入ってしまいます。そのため恋愛感情を抱いているほど好きな人の目を見つめてしまうので、目を見ても不思議ではない会話の時に見つめてしまうのです。

目を見て話すだけで嬉しいと感じる

嬉しい

好きな人に対して目をジーっと見つめることができるのは、会話をしている時だけです。そのため目を見て話をしている時には見つめていられるので、話をしているだけでも嬉しいと感じるでしょう。恋愛感情がある相手には近づきたいと思いますが、見つめ合うことは難しいので、話ができる時は幸せを感じやすいです。

特集:2019年のあなたの運勢を占ってみませんか?

【BELCY編集部イチオシ!】あなたの今年の恋愛運は?

スマホ

2019年の運勢を占ってみませんか? 「今年の恋愛運を知りたい…」「運命の人は?」 「仕事や人間関係がうまくいかない」という人は、LINEのトーク・電話機能を使ったLINEトーク占いで占ってみて下さい。
BELCY編集部がオススメする 「LINEトーク占い」 は、テレビや雑誌など各メディアで活躍中の凄腕の占い師に 初回10分無料 で占ってもらえます!
運気アップのアドバイスや、悩み事の相談など
この機会に是非試してみて下さい!

※LINEが立ち上がるので、好きな占い師を選択してまずは占ってもらってみてください!

好きな人の目を見て話ができる?

7割以上の人は好きな人と目を見て話をしたい

目を見たい

好きな人に対して目を見て話ができる人は、好きな人だからこそ目を見て話したいという気持ちが強くなります。そのため目を見て話す男性心理も同じで、好きな人と話をする時に目が合うことができるので、話をしたいと思います。恥ずかしいという気持ちよりも、嬉しい気持ちの方が強いといえます。

約3割程度の人は恥ずかしい気持ちで目を見れない

恥ずかしい

好きな人の前では緊張してしまうので、目を見て話をすることができない人も少なくありません。目が合った瞬間に頭が真っ白になってしまい、上手く話をすることもできなくなってしまいます。恥ずかしくて好きな人とは会話をすることもできない人は、自分の気持ちを悟られたくないという思いが強いようです。

また、下記記事では「付き合っていないのにプレゼントをくれる男性心理」について紹介しています。対処法についても載っているので興味がある方は是非読んでくださいね。

【恋愛感情がある人の場合】目を見て話す男性心理11選

1.好きな人の目を見ていたい

目を見ていたい

目を見て話す男性心理としては、単純に好きな人と目を合わせて話をしたいという気持ちが強いです。普段は目が合った時に恥ずかしくてそらしてしまうこともありますが、会話をしている時は堂々と目を合わせることができます。そのため好きな人と目を合わせられるチャンスなので、目を見ながら話をしようとするのです。

好きな人を見つめていられるチャンスはなかなかないので、会話をしている時には距離も近いですし、見つめ合うこともできます。もちろん相手は見つめ合っている意識はなくても、お互いの目が合う回数が多くなるほど、幸せな気分を味わえます。そのため好きな人に対しては積極的に話し掛けようとすることが多いです。

2.目を見て話せば見つめ合っていることになるから

見つめ合う

好きな人に対して恋愛感情があるので、自分の中で勝手に妄想することもあります。普通に会話をする時に相手の目を見て話をしますが、自分の中では見つめ合っているという認識でいます。そのため好きな人と見つめ合って話していることで、この上ない幸せな時間を過ごしていると思っています。

男性が勝手に妄想しているだけですが、それでも片思いをしている時には幸せに感じるものです。相手と目が合っただけで嬉しいと思える時ほど、会話をするのも楽しいと感じるでしょう。男性から積極的に話し掛けることで目を合わせる回数も増やせるため、できるだけ近くにいたいという気持ちも強くなります。

3.自分に注目しているのが嬉しい

注目されている

目を見て話す男性心理15選の中でも勝手に自分のいいように解釈することもありますが、目を見て話すことで相手が自分に注目していると思うことができます。確かに会話をする時にはその相手に注目していますが、好きな人が自分にだけ注目していると感じることによって、幸せな時間だと考えています。

女性は普通に話をしているだけですが、自分が勝手に妄想していいように解釈しているだけです。ただ恋愛感情が入ると自分の願望を抱くこともあるので、好きな人が自分を見つめていると妄想するだけでも嬉しく思います。

4.自分の話をしっかり聞いているか確認している

確認

目を見て話す男性心理15選のひとつとして、好きな相手が自分の話を聞いているか確認をしているのです。自分の話に興味があれば、自分に対しても興味を持っていると考えています。逆に話をしっかり聞いていないようならば、脈なしかもしれないと判断できるので、女性の反応をチェックして脈ありかを判断しています。

5.目を見ると相手の考えも理解しやすい

理解しやすい

目を見て話をしていると、ある程度相手の心理状態もわかることもあります。ジーっと目を見つめてしっかり話をきいていれば、真剣になって話を聞いているとわかります。逆に目をそらしたり周りを気にしているようならば、この場を離れたいと思っていると判断できるでしょう。

目を見て話す男性心理としては好きな人の気持ちも理解したいと思うので、相手の状態を確認したいと思ってします。大前提として話をし過ぎて嫌われたくないという思いもあるので、相手の様子を見ながら会話を楽しいたいと思っています。

6.目を見れば表情の変化にも気づきやすい

表情の変化

会話をしている時に相手の表情の変化に気がつけば、どんな状態かもある程度把握できます。自分との会話を楽しんでいるか、嫌そうにしているかはとても重要なことです。相手の気持ちを探る上でも目を見て話をすることによって、表情の変化に注意しながら会話をすることができます。

7.目を見ても許されるのが話をしている時だけだから

目を合わせられる

好きな人の目を見つめていられるのは、会話をしている時だけです。そのため目を見て話す男性心理としては、恋愛感情を抱いている女性に対して、見つめていたいという気持ちがあります。好きな人のことを見ていたいという気持ちは男女共通なので、できるだけ見つめていられる会話を楽しみたいと思っています。

好きな人だからこそずっと見ていたいという気持ちは理解できますし、つい見つめて話をしてしまうのです。恥ずかしい気持ちよりも好きな人を見ていたいという気持ちが強いので、平静を装って普通に会話をしていますが、内心はドキドキしながら会話をしているはずです。

8.好きな人の瞳に吸い込まれそうになる

吸い込まれそう

好きな人と友達との違いは、目を見つめていると好きな人の場合は引き込まれてしまうことです。スーッと吸い込まれるような感覚になるので、近づきたいという衝動と合わさって引き込まれます。好きな人の目を見ていたいのはそれだけ相手が魅力だという証拠でもあるので、いつまでも見つめていたいという気持ちの表れです。

9.目を見ていると好感度がアップするから

好感度アップ

人は自分の目に何度も映ったものに対して、好感を持ちやすいともいわれています。そのため自分が相手を見ることによ、相手の女性も見つめながら会話をすることになるので、印象を強く残すことができます。何度も会話をしているうちに好感を持つようになり、女性も会話をしていて居心地の良さを感じるようになるでしょう。

目を見て話す男性心理15選のひとつとして自分をたくさん見てもらうことによって、相手の好感を持ってもらうことができます。見つめ合うのは相手の印象が残りやすい行為のひとつなので、自分を相手に印象付けるために目を見て会話をしているのです。

10.見つめている時間が長いほど意識してもらえる

意識する

目を見て話す男性心理の中には、見つめてい時間が長いほど自分も幸せですし、相手にも意識してもらえると思っています。嫌いなものは見たくないと思いますが、好きなものはずっと見ていたい心理は男女共通です。そのため自分のことを相手に印象付けるために長い時間見つめることで、自分を意識させようとしているのです。

目を見ている時間が長いほど相手も意識しますし、他の友達以上に意識するようになる可能性が高いです。意識して好感を持ってもらうことができれば、恋愛も上手くいきやすいといえます。

11.ドキドキさせたい

ドキドキさせたい

男女で見つめ合う行為はドキドキするものですが、相手にドキドキすることによって自分は相手のことを好きかもしれないと錯覚します。男性が好きな女性を見つめることによって、女性をドキドキさせることを狙っています。ドキドキ感が男性への愛情だと勘違いさせられれば、恋愛も上手くいきやすくなります。

ドキドキさせるのはなかなか難しいですが、恋人同士は自然と見つめ合う行動をします。そのため意識していなかった相手と目を見る機会が多くなるほど、相手のことを意識するようになり、ドキドキするような感覚に陥ることもあります。目を見て話す男性心理はこのドキドキを利用して、恋愛を上手くいかせようとしています。

ここまで「恋愛感情がある人の場合」の目を見て話す男性心理について紹介してきましたがいかがでしたか?下記記事では「女性に触りたい男性心理・ボディタッチする意味」について紹介しています。男性がボディタッチしたくなる女性についても載っているので是非参考にしてみてくださいね。

【誰とでも目を合わせて話す人の場合】目を見て話す男性心理4選

目を合わせて話す人の心理①目を見ないと相手に失礼だから

当たり前

目を合わせて話す男性の中には「目を見ないと相手に失礼だから」と思っている人もいます。恋愛感情ではなく「話す時は目を合わせるもの、合わせないのは失礼」と思っていて、どんな相手でもしっかり目を見ながら話をします。見つめられることが多いから「私のこと好きかもしれない」と勘違いをしてしまいそうですよね。

逆に女性が男性に話をする時に見つめながら会話をしていると、女性慣れしていない男性ほど勘違いして女性のことを好きになってしまいます。見つめられることを経験しない人ほど勘違いしやすいですが、常識的に目を見て話をする人も多いので、勘違いしないように注意しましょう。

目を合わせて話す人の心理②目を見た方が話が入りやすいから

会話

男性が目を合わせて話す理由は、その方が「話が頭に入りやすい」からです。目を見ていると顔の表情も分かりやすいので、相手の感情を把握しながら会話をすることができます。そのためしっかりと目を見て話をすることで、相手に対し話をちゃんと聞いていることをアピールできます。

目を合わせて話す人の心理③目を見て話すよう教育されたから

教育

子供の頃から「しっかり目を合わせて話すように」と教育されている人は目を見て話します。。目を見ないのは失礼なことだと教育されているので、子どもの頃からの習慣なのです。教育が体に染みつき、自然にそうしているので、本人は特別意識していません。

目を合わせて話す人の心理④人と話す時は目を見て話すのが当たり前

目を見るのは常識

多くの人は人と話をする時には「目を合わせて話す」のが当たり前だと思っているので、好きな人でも初対面の人でも変わりなく、相手の目を見て話をします。目を見ているからといって特別なことはないので、本人は意識していることは少ないです。

ここまで「目を合わせて話す人の心理」について紹介してきました。下記記事では「目が合うと笑う男性心理」について紹介しています。気になる男性が「目が合うと笑ってくれる!」と思った方は是非読んでみてくださいね。

目を見て話す男性心理は女性を魅力的に感じるから

目を見て話をすることは特別なことではありませんが、そこに恋愛感情が入るとより相手を見つめたくなります。魅力的な相手ほど見つめたくなる衝動は誰でも同じなので、目が合う回数が多いほどお互い意識することが多くなるので、恋愛にも役立つ可能性が高いです。

また、下記記事では「手が触れる男性心理」についてまとめています。手が触れる時の反応についてなども紹介しているので興味がある方は是非読んでみてください!

気になるあの人は「運命の人」ですか?

「運命の人は?」「復縁できる?」など、モヤモヤした未来の輪郭をLINEトーク占いでハッキリさせてみませんか?

テレビや雑誌などでも活躍中の凄腕の占い師にいつでも占ってもらうことができます。
初回10分無料で占ってもらえるので、
是非試してみて下さい♪
>>さっそく無料で占ってもらう!<<
※LINEが立ち上がるので、好きな占い師を選択してまずは占ってもらってみてください!
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。