INDEX

ライトワーカーの意味とは?

ライトワーカーの意味とは「光の仕事を担う人」

光の仕事を担う人

ライトワーカーとは、文字通り「光の仕事を担う人」という意味です。または「光の存在の仕事を担う人」という意味もあります。すべての人たちの中には光があります。多くの人たちは自分の中にある光に気づいていません。ですが、光の仕事を担う人は自分の中にある光を意識し、それを輝かせることができます。

ライトワーカーの光の輝かせ方

光の輝かせ方

ライトワーカーは自分の中にある光の存在に気づき、それを意図して輝かせることができます。その輝かせ方は、自分に優しくあることです。多くの人たちは自分に無関心、若しくは、自分に厳しいという特徴を持っています。ですが、光の仕事を担う人は、自分に優しくすることの大切さを、多くの経験を通じて思い出します。

ライトワーカーは自分の光で周囲を照らす

自分の光で周囲を照らす

ライトワーカーは、自分の中にある光を磨き上げ、その光で周囲を照らします。自分の中にある光で周囲を照らし、影をかき消すのです。影に囚われると、負のループに入り込んでしまいます。そのような人が一人でも少なくなるように、自分は常に光に包まれていることを思い出せるように、光の仕事を担う人が光となります。

ライトワーカーの種類は?

ライトワーカーの種類①ヒーラー

ヒーラー

ライトワーカーの種類1つ目は、ヒーラーです。ヒーラーは心に大きな傷を受けた人を癒やし、もとの元気な状態へ戻します。地球で生きていると、様々な出来事に疲れ果て、心のエネルギーが空っぽになってしまうことがあります。その場合、ライトワーカーの中でもヒーラーは、心に地球のエネルギーを与えるのです。

ヒーラーについてご紹介している関連記事があります。ヒーラーに向いている人の特徴や、ヒーラーになる方法もご紹介しています。リンクいたしますので、参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 440940121
関連記事 ヒーラーとは何?ヒーラーに向いている特徴10選となる方法

『ヒーラー』というものをご存知ですか?ヒーラーとは、目に見えないスピリ

ライトワーカーの種類②メッセンジャー

メッセンジャー

ライトワーカーの種類2つ目は、メッセンジャーです。メッセンジャーは天使やアセンデッドマスターといった高次の存在から、様々なメッセージを受け取り、それを多くの人たちに配信し、広めていきます。降霊術をする人や、チャネラーは、ライトワーカーの中でも目線ジャーに分類される人たちです。

ライトワーカーの種類③ガイド

ガイド

ライトワーカーの種類3つ目は、ガイドです。ガイドは地球上で自分の使命を忘れてしまい、迷子になっている人たちに、本来歩むべき道を指し示します。場合によっては、本来歩むべき道まで導くこともあります。そうして、地球上にいるすべての人たちが、自分が決めてきた使命を果たせるようにサポートするのです。

ライトワーカーの特徴6選

ライトワーカーの特徴①光り輝いている

光り輝いている

ライトワーカーの特徴1つ目は、本人が光り輝いている、という特徴です。言葉の意味どおり、光り輝いています。一目見て「この人、とっても輝いている」と感じている人がいるでしょう。その人はライトワーカーです。内面の光は磨いて輝かせると、その人自体を光り輝かせます。

ライトワーカーの人がそばにいると、周囲が大変明るく感じます。何もしていないのに、その人がいるだけで周囲が明るくなるのです。これは印象だけではありません。視覚的にも明るく感じられます。自分自身も光の存在として活動している為、自らが光となって辺りを明るく照らし出すのです。

ライトワーカーの特徴②明るい笑顔

明るい笑顔

ライトワーカーの特徴2つ目は、明るい笑顔、という特徴です。ライトワーカーは常に明るい笑顔を周囲の人たちに振りまいています。これは、決して意識して笑顔を作っているわけではありません。心の底からすべてが楽しいと感じているから、いつでも笑顔でいられるのです。ライトワーカーの笑顔は純粋な笑顔です。

ライトワーカーは生きているという事実そのものに、大きな感謝の気持ちを抱いています。その為、毎日が楽しくて仕方がないのです。仮に辛いと思うようなことがあったとしても、その辛いという思いも生きているからこそ感じられることです。そのことを充分理解している為、いつでも純粋な笑顔でいられるのです。

ライトワーカーの特徴③人を褒めることが得意

人を褒めることが得意

ライトワーカーの特徴3つ目は、人を褒めることが得意、という特徴があります。この人たちは、他の人たちの良いところを見つけることが大変得意です。これは、他の人たちの光の部分を常に見ているからです。光の部分を見つめ続けていると、本人でも気づかない素晴らしい点を見つけることができます。

ライトワーカーは自分自身が光として存在している為、同じ光に自然と視線や気持ち、思考が向いていきます。これは自身が欠点だと感じていることも、個性という名の長所として見ることができる、という事です。人を責めるようなことは一切しません。いつでも、どんな時でも、周囲の人たちを好意的に感じています。

ライトワーカーの特徴④人助けをする

人助けをする

ライトワーカーの特徴4つ目は、常に人助けをしている、という特徴です。光の仕事を担う人は、困っている人たちを放っておけません。すべての人たちは楽しさや幸せといった光の中に存在する権利があります。ですが、その光の中から離れ、影の中に閉じこもってしまう人たちもいます。光の仕事を担う人はその人助けをします。

ライトワーカーは、すべての人たちが、いつでも光の中で存在できるように手助けをします。その為なら労力も時間も惜しみません。それが楽しいから人助けをしているのです。その為、ライトワーカーが存在するところには、必ずと言っていいほど困っている人がいる、という見方をする人もいます。

ライトワーカーの特徴⑤誰にでも優しい

誰にでも優しい

ライトワーカーの特徴5つ目は、誰にでも優しい、という特徴です。光の仕事を担う人はいつでも、どんな時でも、すべての人たちに公平です。そして、すべての人たちの良いところを見つけ、そして褒め称えています。光の仕事を担う人にとって、すべての人たちは存在するだけで素晴らしいのです。すべての人たちに肯定的です。

ライトワーカーは、すべての人たちは存在しているだけで素晴らしい、という考え方を持っていますから、存在している人たちには大変優しくなれます。生命というものの尊さを知っているからです。そして、すべての人たちには自分と同じ、そして神と同じ光を宿していることも知っていますから、いつも優しくなれます。

本当に優しい人の特徴をご紹介している関連記事があります。本当に優しい人になる方法もご紹介していますので、リンクいたします。

Small thumb shutterstock 442485430
関連記事 本当に優しい人の特徴18選!性格のいい人・人の痛みがわかる人になるには?

世の中にはさまざまな人がいますが、本当に優しい人って意外と少ないんです

ライトワーカーの特徴⑥すべてを肯定する

すべてを肯定する

ライトワーカーの特徴6つ目は、すべてを肯定する、という特徴です。光の仕事を担う人は、すべての人たちが一瞬一瞬を、精一杯生きていることを知っています。すべての人たちはすべての瞬間で最善の方法を考え出し、行動していることを知っています。精一杯生きていることを知っているからこそ、すべてを肯定します。

どんなことでもやってみなければ分かりません。自分の力量ややり方を推し量るには、行動を起こすという方法しかないのです。そのことも光の仕事を担う人は自分の経験を通じて知っています。その為、光の仕事を担う人に何か相談事を持ちかけても、すべてを肯定してくれます。そして必要に応じてサポートもしてくれます。

ライトワーカーの使命・役割6選

ライトワーカーの使命・役割①人を導く

人を導く

ライトワーカーの使命・役割1つ目は、人を導く、という使命や役割です。地球上のすべての人たちは自分の使命というものを持っています。ですが、すべての人たちが自分で決めてきた使命を生きている間に果たせるわけではありません。多くの人たちと関わり、経験する中で、自分の使命から遠ざかっていく人もいます。

光の仕事を担う人は、そのような自分の使命から遠ざかっている人たちの軌道修正をし、その人が本来歩むべき道を歩んでいけるように導きます。一人でも多くの人たちが、生きている間に自分の使命を果たすことができるようにサポートするのです。自分が光の存在となり、迷える子羊を導き、光へ連れ戻します。

ライトワーカーの使命・役割②天からのメッセージを届ける

天からのメッセージを届ける

ライトワーカーの使命・役割2つ目は、天からのメッセージを届ける、という使命や役割です。光の仕事を担う人の中には、日常生活の中で、天使やアセンデッドマスターといった高次の存在から、多くのメッセージを受け取る人たちがいます。その人たちは受け取ったメッセージを、自分に合った方法で広く伝える役目があります。

天からのメッセージを届ける使命や役割を担っている人は、ライターやセラピストといった仕事に従事することが多くなります。また、メッセージを自分の演技や歌で伝えるというところから、ミュージシャンや俳優、デザイナーといった芸能活動をする人たちもいます。このような人たちは、メッセージを広く伝えています。

ライトワーカーの使命・役割③人を癒す

人を癒す

ライトワーカーの使命・役割3つ目は、人を癒す、という使命や役割です。光の仕事を担う人の中でも、人を癒すという使命や役割を担っている人たちは、自分の存在そのもので、多くの人たちを癒やします。一緒にいて安心したり、心が落ち着いたりする人がいます。その人たちは人を癒す使命や役割を担っています。

人を癒す使命や役割を担っている人は、セラピストや看護師、介護士といった職業に従事することが多くなります。癒しを求めている人たちが多く集まる職業です。人を癒す使命や役割を担っている人は、自信の存在そのもので人を癒すことができる為、セラピストや看護師、介護士は天職と言えます。

ライトワーカーの使命・役割④ボランティアなどの人助けをする

ボランティアなどの人助けをする

ライトワーカーの使命・役割4つ目は、ボランティアなどの人助けをする、という使命や役割です。ボランティアなどの人助けを使命や役割として担っている人たちは、困っている人を見つけるプロでもあります。助けを求めていなくても、困っているとすかさず救いの手を差し伸べてくれます。そういうアンテナがあるのです。

ボランティアなどの人助けの使命や役割を担っている人は、ボランティアに参加することはもちろん、人によっては自分で慈善団体を立ち上げたりもします。また、お金の出し惜しみもせず、自信は慎ましい生活をして、多くのお金をボランティアにつぎ込みます。光の仕事を担う人にとって、それが生き甲斐にもなっているのです。

ライトワーカーの使命・役割⑤自分の経験を多くの人に伝える

自分の経験を多くの人に伝える

ライトワーカーの使命・役割5つ目は、自分の経験を多くの人に伝える、という使命や役割です。自分の経験を多くの人に伝える使命や役割を担っている人は、人生経験が大変豊富です。本が何冊も書けると感じるくらい、短い間に多くの、そして大きな経験をしています。このような人の人生は大変ドラマチックです。

自分の経験を多くの人に伝える使命や役割を担っている人は、役者や作家、脚本家などの職業に従事することが多くなります。自分の経験を演技や文章などで、多くの人たちに伝えるのです。また、教師の職業に従事する人もいます。自分の経験から、どのように乗り越えれば良いかを、広く伝授しているのです。

ライトワーカーの使命・役割⑥生命の大切さを伝える

生命の大切さを伝える

ライトワーカーの使命・役割6つ目は、生命の大切さを伝える、という使命や役割です。生命の大切さを伝える使命や役割を担っている人は、伝える人と経験する人の2パターンに分かれます。そしてこの二人は必ず一緒になります。二人で同じ生命の大切さを伝える、という使命や役割を担っているのです。

生命の大切さを経験する人は、重い病や大きな事故に遭遇します。その経験を伝える人はすぐそばで見守ります。経験する人は伝える人がメッセージを受け取り、伝える準備ができたら、地球から旅立っていきます。経験する人が地球から旅立った後、伝える人が生命の大切さを多くの人たちに広く伝え続けるのです。

ライトワーカーの覚醒するきっかけ6選

ライトワーカーの覚醒するきっかけ①結婚

結婚

ライトワーカーが覚醒するきっかけ1つ目は、結婚です。結婚は人生の中で大きな節目となる出来事です。好きな人と一生を添い遂げる為の一大イベントです。「これからこの人と共に人生を歩んでいく」という決心をした時、自分の使命や役割も同時に思い出し、覚醒することがあります。

結婚が覚醒のきっかけになる場合には、結婚相手が光の仕事を担う人である場合もあります。光の仕事を担う人と一緒にいると、自分の役割や氏名を思い出すきっかけになり、覚醒することがあります。

ライトワーカーの覚醒するきっかけ②事故

事故

ライトワーカーの覚醒するきっかけ2つ目は、事故です。これはどちらかというと生死の境を彷徨うような大事故です。生死の境を彷徨うような経験は生きている間には、そう体験できません。文字通り「生き返る」という事です。今までの自分を手放し、生まれ変わった瞬間、使命や役割を思い出し、覚醒するのです。

大事故に遭って、生死の境を彷徨った人は、目覚めた時に「生まれ変わったような気がする」という表現をします。これは目が覚めた瞬間から、すべての景色が異なって見えているのです。文字通り、覚醒という形で生まれ変わっているのです。

ライトワーカーの覚醒するきっかけ③自然災害

自然災害

ライトワーカーの覚醒するきっかけ3つ目は、自然災害です。自然災害に遭うと、たくさんのものを失います。物質的なものはもちろん、精神面でも、余計なものが手放されます。自然規模での断捨離です。物質面と精神面の両方の断捨離が行われると、役割や使命を思い出し、覚醒するのです。

ライトワーカーの覚醒するきっかけ④死別

死別

ライトワーカーの覚醒するきっかけ4つ目は、死別です。死別は大きな悲しみを伴います。死別すると、心にぽっかり大きな穴が開いたように感じる人もいるでしょう。この大きな喪失感が、自分自身と向き合うきっかけになります。やがて、大きな悲しみは自分の役割や使命を思い出させ、覚醒へと導くのです。

ライトワーカーの覚醒するきっかけ⑤失業

失業

ライトワーカーの覚醒するきっかけ5つ目は、失業です。物質世界において、仕事は生きていく為に大切なことですし、必要なことです。失業すると、自分に向いている仕事は何かを真剣に考えるようになります。すると、自分が決めていた役割や使命を思い出すきっかけとなり、それは覚醒へとつながっていくのです。

ライトワーカーの覚醒するきっかけ⑥人助け

人助け

ライトワーカーの覚醒するきっかけ6つ目は、人助けです。ボランティアに参加したり、誰かを助けて感謝されることで、これまで感じたことがないような満足感や高揚感を感じます。役割や使命の多くは、人助けや奉仕に繋がっています。その為、人助けをすることは、自分の役割や使命を思い出し、覚醒にも影響するのです。

地球上にいる人すべてがライトワーカー

地球上にいる人すべてがライトワーカー

ライトワーカーは特別な存在ではありません。すべての人たちは何らかの使命や役割を担って地球へやってきています。ただ、それらは地球へやって来た時にすべて忘れてしまっています。思い出すことも条件になっているからです。自分の役割や使命を思い出した人は、光の仕事を担う人として歩んでいくのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。