INDEX

低い声がコンプレックスの女性は多い

小さい頃から声が低いままな場合が多い

なやみ

声が低い女性は、ほとんどの場合小さい頃から他の女の子と比べて声が低いものです。または、急激に身長が伸び始めたころそれに伴い声が低くなったというひとも多いかと思います。これはその人の身体的特徴のため治せるものではありません。その容姿や性格で生まれてきたように声も自分が自分である証の一つなのです。

大人になってから仕事で声が低くなったひとも

会話

また、大人になってから酒灼けや声の出しすぎで枯れて声が低くなったというひともいるかと思います。大人になってから声が低くなった場合も、喉の傷の治療はすることはできますが声を戻すことは難しいです。喉を痛めた場合は治療ができますが、声の低さは喉以外の要因により起こっているもののため治療はできません。

心無い言葉に傷つけられた経験がある

泣く

声が低い女性の中には、声が低いことで傷ついた経験があるひともいます。声が男みたい、声がおばさんみたい、兄弟と声が一緒など、「女の子らしくない」という意味の言葉で嫌な思いをしたひとは多いかとおもいます。その心無い言葉で自分の低い声がコンプレックスになっているというひとも珍しくはありません。

声が低いことによって話したくないという悪循環に

自分の声が嫌いで喋り下手に

泣く

低い声へのコンプレックスが原因で自分の声が嫌いだというひとはエスカレートするとひとと話すことが嫌いになってしまうひともいます。できるだけ自分の声を聞かなくて済むようにするということは、誰かとしゃべることをやめるということにつながってしまうからです。

声がこもって喋ってしまうため聞き取りにくい

嫌い

話すことが減ると声は口の中でこもってしまいがちです。次第に声そのものではなく喋り方が変わってきてしまいます。実は、相手にとって大切なことは声の高さや低さではなく声によって得られる印象です。喋ることが嫌いになっているひとは同時に声の印象も悪くしてしまう悪循環におちいっていることが多いのです。

声のイメージこそが印象には大切になる

声が低いことと、喋り方は別問題

なやみ

声が低いことをコンプレックスとして抱え、ひとと話すことが嫌になっているひともいるでしょう。自分の声が嫌いでボソボソと喋ってしまうことや、こもった声、小さな声で話しているひともいるかもしれません。しかしそのままひとと話さなくなってしまうと、「人と話すときの声の出し方」を人間は忘れてしまいます。

話している相手としては肝心なのは、声の低さよりもその話し方や声音である場合がほとんどです。しっかりと誰かに伝えるためにハキハキと自信を持って喋るのであれば相手にとって声の低さはあまり関係がありません。問題は、その喋り方で相手から良く思われていないことを自分の声のせいだと思ってしまうことなのです。

声の低さよりも声の印象が相手には残る

会話

声はその低さよりもどういう風に聞こえるかという声音がとても大切になります。例え声が低くても、堂々とはつらつに喋っているひとの声は相手にとって心地よく聞こえるものです。お腹から喋ることやワントーンわざとあげることで相手に届く声で喋ることを目指すと、声はその印象とそのひとを結びつけるものになります。

たとえ声そのものは低くても、はっきりと明るく喋っていると明るい印象のひとだと思われることになります。穏やかでもはっきりと喋るひとであれば信頼感が得られます。声というのは見かけの次に実は大切な自分の印象なのです。

声の印象と性格や気質は「同じ」だと認識される

性格

これはとても肝心なことなのですが、声の印象というのは相手にとってはその人の印象そのものと同じになります。落ち着いた声であれば落ち着いた性格に、高い声でよく喋るひとは忙しないという性格に思われてしまうのです。そのため、どうやって喋るかは相手に自分をどう見せるのかということと直結することになります。

声の低さの特権には良いことばかり

デート

声の低い人はその声の低さから、落ち着いていて穏やかなひとだという印象を受けやすいです。声音をコントロールすればそこに更に「堂々としているひと」「ハキハキしているひと」「物静かなひと」と言った付加価値を簡単につけられます。これは声が高いひとでは得られないメリットであり、声が低い人だけにできる特権です。

\ POINT /

声をわざと低くしている政治家やビジネスマンも多い

男性女性にかかわらず声が低いことは信頼感につながると考えられています。そのため、ビジネスマンや政治家のひとたちもわざと深みのある声が出せるようにトレーニングしていることがあるのです。かの有名なマーガレット・サッチャーも政治家として前に出るために低い声のためのボイストレーニングをしていたというのは有名な話です。

男が思う声が低い女性の魅力

①大人っぽい

大人

声が低い女性は、イメージの中にかっこよさや大人っぽさが付随します。声が高くキャピキャピとしている女性と比べると落ち着いていてとても穏やかな印象をうけるからです。高い声というのは心地よい声音でない場合は聞いていてとても疲れやすいものです。その点低い声は聞きやすさがありそれもまた大人っぽさに繋がります。

②話していて落ち着く

笑う

大人っぽさと少し被ってしまいますが、低い声の女性は話をしていて落ち着くという男性も多いです。低い声は耳障りが良いので相手も聞いていて穏やかな気持ちでいることができます。また、声に深みがあるため包容力や説得力があり安心することができるということも話していて落ち着く理由です。

③誠実に思える

まじめ

女性同士の中でも、声に対する印象は男性が思うものとあまり変わりません。低い声の方が高い声よりも安心感があるため軽く思われず誠実さや信頼感を得られるそうです。話を聞いて貰うときも深みのある穏やかな声で頷いてくれるだけで相手のことをとても誠実で信頼の置ける人物だと思えるようになるのです。

④時折上がる高い声とのギャップがいい

笑顔

例え声が低い女性でも、驚いた時や咄嗟に出た声は高い声になってしまいます。ギャップがあることにぐっとくる男性ほどそんな女性らしさの瞬間にときめくものです。もしもわざと何度も驚かしてくる男性が回りにいたなら、そのひとは貴女のギャップにときめいているからこそそんな行動を取ってしまうのかもしれません。

⑤女性にもモテる

はなす

低い声の女性というのは女性にとってもかっこいい対象です。そのため、女性に対してもモテる特徴の一つでもあります。そしてこれは実は男性にモテる女性の特徴にもなります。男性にとっては同性に好かれている女性というのは、同性から嫌われている女性よりも遥かにいい女に見えるのです。

声が低いという特徴はモテる武器にできる

かっこいい女性キャラクター=声が低い

かっこいい

いろんなドラマやアニメを見ても、かっこいい女性というのは声が低いということがキャラクター性に含まれています。これは、かっこいい女性=声が低い女性であるということが世の中に認識されているということです。逆に言えば声が低い女性は堂々と振舞っていれば自然とその声に惹かれていくということでもあります。

常にはっきりと、自信を持って声を出すことが大切

笑顔

声はその低さを武器にし、印象づけることが大切です。そのためには低い声であっても自信をもってハキハキと喋っていることが大切です。暗くじめじめとした喋り方では例え声が低くても全て逆効果になってしまいます。堂々としていることで、声の印象とそのひとの性格やかっこよさが相手に伝わるものになっていくのです。

声が低いことがモテる武器になる

理由①大人っぽいため遊ばれにくい

ディナー

声が低い女性は落ち着きがあり堅実に見えるため、男性から遊んでいる女だとは思われにくいです。声の高さだけで同じことを言ったとしても受け取られ方が少し変わってきます。大人っぽく、穏やかな声はそのひとの性格や気質も声の通りだと相手に思わせることができるため遊ばれにくい女になれるというメリットがあります。

理由②低い声音で相手から信頼感を得られる

ディナー

低い声で穏やかに、相手を思いやって話すことは大切です。ビジネスシーンでも話の内容や決断力を除けば相手から信頼感を感じるのはその声質だと言います。低い声というのは深みのある声だということです。男性にとっても信頼感のある女性はデートやディナーにも安心して誘える大切な存在です。

理由③色気がある

色気

男女関わらず深みのある声は色気のある声だと言われています。かっこいい女性キャラクターが低い声を適用されているのもこの色気が一つの理由です。相手を魅了するためにはこの色気は肝心です。また、声質に伴い人物像に色気を感じることで普段から「このひとと一緒にいたい」と思わせることができるのも特権です。

理由④説得力があるため相談されやすい

スーツ

重要なシーンであえて低く深みのある声を出すことの一つに説得力が高まるという効果があります。説得力がある話し方ができるというひとは、心理的に安心できるためそばにいて心地よく悩みなどを相談しやすくなります。男性にとって相談相手になる女性というのは包容力もあり安心できる大切な存在だとみなされます。

どうして低い声になってしまうか?その特徴

低い声のひとは身長が高いひとに多い

足

低い声のひとというのは身長が高いひとが多いということはファントの法則として世の中に知られています。これは声帯が身長にともなって長いため声が低くなるということです。また、身長に関わらず長い声帯を持っている人は声が低くなります。他には、口や喉の中が拾いため声になったとき低くなるという理由があります。

普段から高い声で話すことを意識していない

口

声は普段喋るときに最も自然に出る声のことを言います。意図的に高い声や高い声音を出すことは声が低い人でも難しいわけではないですがどこかムリをしないとなかなか保てません。そのため周囲に低い声で話すひとが多いと自然に低い声のまま話すことが増えてしまいます。高い声というのは意識しないと出せないものなのです。

良い声を出すにはトレーニングとコツが必要

トレーニングをすれば声の印象は高くなる

トレーニング

声はトレーニングをすれば高い声も低い声も出せるようになります。口を大きく開けて一音ずつはっきりと喋る訓練をするだけでも声はずいぶんと変わってきます。なぜならばはっきりと喋ると自然と喉が広がり息の量が増えるため普段よりも声が高く聞こえるからです。

また、お腹からしっかりと声を出すことで声の通りも変わってきます。声を口の中で上にあてて音にすることで声の印象はかなり変わってきます。声を変えることは難しいですが声のトーンや印象、声音を変えることでたとえ低い声であったとしてもコンプレックスに感じないものに変化させることができるのです。

普段からワントーン上げて話すと印象が変わる

笑顔

接客業やコールセンターで働いているひとはあえてワントーン高く喋ることを意識していると言います。相手により良い印象を与えるためにワントーン高く話すことで、聞き取りやすく華やかな印象にしているのです。低い声の女性でもワントーンあげることを意識し訓練することで普段から話す声の高さは簡単に変わってきます。

声が低い女であることをモテる特徴に変えてしまおう!

モテる

声が低いということは決してコンプレックスに感じることでもモテない特徴でもありません。その声の低さにしかない特徴をうまくコントロールすることで人物像や印象を全く変えることができるのです。低い声から得られるイメージはほとんどが良いものです。声に自信を持って自分への自信につなげましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。