Large thumb shutterstock 325858112

猫に好かれる人・なつかれる人の特徴10選!猫がなつく方法や嫌われる人も

更新:2019.09.02

大勢の人から愛される猫。しかし、人間は猫に好かれる人ばかりとは限りません。ここでは猫に好かれる人の特徴と、霊感があるという説を持っている猫とスピリチュアルの関係を交えて紹介します。猫がなつく方法を多方面から見て、なつかれる人間になりましょう!

猫に好かれる人の特徴10選

猫に好かれる人の特徴①あまり構わない人にはなつく

猫に好かれる人の特徴の1つ目は、猫にあまり構わない人です。猫は基本的に1匹で行動する動物なので、構われ過ぎるのを嫌がります。また、あまのじゃくな子も多いので、無視していると自然に猫の方から寄ってきてくれることもしばしば。

「たくさん構っているのに、全然猫が振り向いてくれない!」という方は心苦しいかもしれませんが、すこし猫と距離をとってみるといいですね。猫がなつく人は、猫と適度に距離をとっているのです。

猫に好かれる人の特徴➁声が高めの人

猫に好かれる人の特徴の2つ目は、声のトーンが高めの方です。猫は臆病な子が多いので、高いトーンでゆっくりとはなしてくれる人を好みます。

低い声で早口で話しかけられると、猫は敵と勘違いしていしまい、足早に逃げてしまいます。声が低い人は出来る限りトーンをあげて、ゆっくりと優しく話しかけてあげる努力が必要です。

猫に好かれる人の特徴➂小柄な人はなつかれる人が多い

猫に好かれる人の特徴の3つ目は、小柄な人です。人間も、初対面の人に上からじっと見つめられると少し怖いですよね。猫も同じです。

猫に話しかけるときは、なるべく猫と同じくらいの目線になるようしゃがんで、威圧感を感じさせないように、そして猫と目を合わせないように気を付けましょう。

猫に好かれる人の特徴④きちんとお世話をしてくれる人になつく

猫に好かれる人の特徴の4つ目は、きちんとお世話をしてくれる人です。当然ですが、いくら構わなくても、声のトーンが高くても、小柄な人でもお世話をしてくれない人には懐きません。

逆を言えば、声が低い人や大きな人でもきちんとお世話をしてくれれば猫はいずれ心を開いてくれたり、あなたに何らかの要求を通すのにスキンシップをはかってきます。愛情をもって、楽しんでお世話することがとても大切です。

猫に好かれる人の特徴⑤せわしなく動き回らない人はなつかれる

猫に好かれる人の特徴の5つ目は、せわしなく動き回らない人です。猫は基本的にゆっくりした動作をする人を好みます。猫がなつく人は、猫の近くにいるときは可愛いからと言ってがっつかずに、気づいていないふりをしながら徐々に近づくことを実践しています。

猫に好かれる人の特徴⑥たくさん遊んでくれる人になつきやすい

猫に好かれる人の特徴の6つ目は、たくさん遊んでくれる人です。猫は気まぐれで、人間が無視していると途端に構ってほしくなるのです。

構ってくれと要求してきたら、猫が満足するまでめいっぱい遊んであげましょう。猫は上下運動が好きなので、キャットタワーを使って遊ぶのもいいですね。下記関連記事には自分でキャットタワーを作る際のアイデアが紹介されていますので、是非合わせてご覧ください。

猫に好かれる人のスピリチュアルな特徴➆霊感がないまたは霊感が弱い人

猫に好かれる人の特徴の7つ目は、霊感のない人です。猫に好かれる人の特徴の➆から⑩まではスピリチュアルな話になります。動物には霊感があるとよく言われますよね。猫も例外ではなく霊感があると言われている動物の中の1匹です。

まだ現段階で科学的に証明されているわけではありませんが、猫にはたくさんの言い伝えがありますし、鋭い目で1点をじっと見つめているところを見ると霊感があるのでは…?と思うこともありますよね。

霊感がある人に霊は集まって来ると言いますが、猫になにかしら見えているとしたら「あまり近づかないようにしよう…」となってしまうわけです。

猫に好かれる人のスピリチュアルな特徴⑧猫の好きなオーラを発している人

猫に好かれる人の特徴の8つ目は、猫の好むオーラを発している人です。猫は人のオーラが見えるという考えを持つ人や、そういったスピリチュアルな説も少なくはありません。

穏やかで、攻撃性が低く、猫のような少しマイペースでおっとりしたオーラを出す人は猫からなつかれることが多いです。何もしていないのに猫がなつく場面が多い人は、気づかぬうちに猫好みのオーラを発しているということですね。

猫に好かれる人のスピリチュアルな特徴⑨動物の考えが読める

猫に好かれる人の特徴の9つ目は、動物の考えが読める人です。世の中には不思議な力がある人がいますよね。動物の考えを読める人もその中の1人です。

猫の考えを読んで行動する猫好きの人は猫に嫌われることはもちろんしませんし、むしろ積極的に猫のしてほしいことや好かれることを行うので猫になつかれるというわけです。

猫に好かれる人のスピリチュアルな特徴⑩スピリチュアルを信じている人

猫に好かれる人の特徴ラストは、スピリチュアルな出来事を信じている人です。猫に好かれる人の特徴の➆~⑨で猫に好かれるスピリチュアルな特徴を紹介しましたが、それらを信じるか信じないかはとても大事です。

信じていないと、スピリチュアルな何かが起こっても、「まさかな」で終わってしまい猫の要求を無視してしまいますが、「きっとこうしてほしいと思っている」と信じ行動することで猫になつかれる確率はぐっとあがるのです。何か不思議な感覚が自身にあるとしたら信じて行動するといいですね。

また、猫にはスピリチュアルに関係する話がいくつかあります。以下関連記事で詳しく紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

猫に嫌われる人の特徴5選

猫に嫌われる人の特徴①大きな声で話す人

猫に嫌われる人の特徴の1つ目は、大きな声で話す人です。誰でも大声で話しをされるのは嫌ですよね。もちろん猫もそうです。特に臆病な猫にとって大声で話す人は恐怖お対象でしかないのです。

猫に話しかける際は、決して大声を出さずにゆっくり優しく、なるべく猫を刺激しない程度の音量で話しかけてあげるようにすることが大事です。

猫に嫌われる人の特徴➁理不尽に怒る人

猫に嫌われる人の特徴の2つ目は、理不尽に怒る人です。ここいう理不尽は、猫にとっての理不尽です。例えば、載ってほしくない場所に猫が乗り、その出来事について少し時間がたった後に起こることです。

飼い主にとっては怒る理由がちゃんとあっても、猫にとってはすぐに注意されないと何に対して怒っているのか全くわかりません。そのつど注意してあげるのがいいですね。

猫に嫌われる人の特徴➂視線を合わせてくる人

猫に嫌われる人の特徴の3つ目は、目をじっと見つめる人です。犬と違って、猫にとって目を合わせるという行為は威嚇と同じことなので注意が必要です。

猫に話しかける際は、猫と目が合わないように視線を少しづらして喧嘩を売っているつもりではない、ということを伝えることが大切です。

POINT

もし視線が合ってしまったらゆっくりと瞬きをする

もし目線があってしまったら、ゆっくりと目を閉じるか瞬きしましょう。敵意がないことを伝えられます。もし、猫も目を細めたり、瞬きを返してくれたら猫も敵意がないことを伝えてきています。

猫に嫌われる人の特徴④香水をつけている人

猫に嫌われる人の特徴の4つ目は、香水をつけている人です。ご存知の方も多いかと思いますが、猫の嗅覚は少なくとも人間の数万倍良いと言われています。

ほんの少しの香水を手首にシュッと吹きかけただけでも猫は敏感に察知します。香水をつけた人間が見えなくとも、その匂いがしただけで逃げ出す子もいます。猫と触れ合う際は絶対に香水は付けないようにしたいですね。

猫に嫌われる人の特徴⑤猫にしつこく触れる

猫に嫌われる人の特徴の5つ目は、猫にしつこく触れる人です。普段はあまり近寄ってこない猫が珍しく近寄ってきたら可愛くてたまらないですよね。だからと言って触りすぎは、なつくどころか嫌われてしまう可能性が高いので注意が必要です。

撫でている時に猫が噛んできたり、尻尾を大きくバンバンと降っている場合は不快に思っている証拠です。撫でるのをやめて自由にしてあげることが大切です。

猫に好かれる人になるための方法は?

猫に好かれる人になるための方法|警戒を解く

猫に好かれるには、まず猫の警戒を解いてあげることが大切です。いきなり近づかず、姿勢を低くして、高い声でゆっくりと話しかけてあげましょう。目を合わせないようにするのも忘れずに。少しでも猫が逃げる態勢に入ったら無理に近づかず、その場で立ち止まり猫の警戒が解けるまで待ってあげましょう。

猫に好かれる人になるための方法|指を差し出し匂いをかがせる

警戒を解き、すぐ近くまで近寄れたら人差し指を差し出して匂いをかがせてあげましょう。そして猫が頭を手に摺り寄せてきたら、撫でてあげても逃げない可能性が高いです。しかし、無理に触るのは絶対やめましょう。

猫に好かれる人の特徴を理解し猫と仲良くしよう!

猫になつかれる方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。猫になつかれるには意外に根気と努力が必要です。しかし、努力すれば猫は期待に応えてくれます。

そして、なにより猫のお世話をきちんとしてあげることです。猫はあなたの愛情を理解してくれます。猫がなつく人の特徴を理解し、猫になつかれる人を目指しましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。