INDEX

気温22度の服装のポイントは?

気温22度は暖かく過ごしやすい

気温22度 過ごしやすい

気温22度の日は、一般的に春または秋口の気温で、暖かく過ごしやすい時期です。目立った寒さはない為、薄着でも日中なら問題なく過ごせます。しかし、人によっては肌寒く感じる気温なので、一概に半袖で良いとは言えません。また、晴れている日は日中と朝晩の寒暖差があるので、服装を選ぶ際はよく考える必要があります。

2018年の春服についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。トレンドカラーからアイテムまで、今年の流行が丸わかりですよ!

Small thub shutterstock 420284560
関連記事 春服《レディースファッション》2018年春服トレンドコーデをチェック

ズバリ2018年春服はこう来る!2018年《レディース》ssはこれまで

気温22度は半袖と長袖の境目

気温22度は、長袖を着るか半袖を着るかの境目です。春の場合は、半袖にはまだ早いような気がしますし、秋口の場合は残暑の感覚が抜けていないので、それまで通り半袖を着て涼しさに驚くこともあります。かといって、秋冬物のニットや厚手のスウェット・カットソー等のみで出かけると、日中汗をかいてしまいます。

迷った場合は、半袖トップスと長袖の羽織りものを重ね着して出かけるのがベストな選択でしょう。大げさなアウターを着る必要はないので、カーディガンやパーカーが役に立ちます。また、ストールやスカーフ等の小物を上手に使いましょう。

服装指数からみる気温22度の服装は?

気温22度 タブレットをみる女性

服装指数は気象協会が毎日発表している指数の一つです。その日の気温によって、どのくらいの服装で出かければ良いかを教えてくれます。

気温に合わせた服装を考える際には、最高気温と最低気温の二つに注目しましょう。最高気温が22度の日の場合、服装指数では「昼間は長袖一枚で十分」と判断されます。朝晩は上に着るものが必要です。一方、最低気温でも22度ある暖かい日の場合は、「半袖のポロシャツで過ごせそう」とアドバイスが異なります。

半袖の服装か長袖の服装か判断に迷った時は、22度が最高気温なのか最低気温なのかを確認しましょう!最高気温と最低気温の差が大きい場合は、体調を崩すことのないよう体温調節ができるコーディネートを心がけてくださいね。

気温22度の服装:コーデに取り入れたいトップスは?

気温22度の服装:Tシャツは厚手がおすすめ

Tシャツコーデにする場合は、風を通しにくいしっかりめの生地を選びましょう!ブランドロゴが入っているTシャツならそれだけでコーデが格上げされますよ。質の良いTシャツなら、上質なベーシックアイテムが揃うA.P.C.やフレンチシックなMAISON KITSUNEなどがおすすめです。

寒暖差があるとはいっても、せっかく過ごしやすい季節になったのだから、アウターなしのコーデを楽しみましょう!過度な装飾を省いたベーシックスタイルは「ノームコア」と呼ばれているトレンドスタイルで、大人のおしゃれ女子に支持されています。

気温22度の服装:薄めニットで防寒と可愛さを両立

大人ガーリーなテイストにしたいならデザインニットが正解です。気温が22度前後の場合は冬ものよりも薄手のニットを選びましょう。暖かい日はデコルテに目がいく女っぽいニットがおすすめですよ。

気温22度の服装:スウェット素材なら寒くない

羽織ものではなく一枚で着たいのなら、プルオーバーのパーカーがおすすめです。デニムなどと合わせれば、これだけでもカジュアルに着こなせますよね。暖かい素材を使ったものなら、夕方から夜にかけての外出でも十分寒さをしのげます。雨風が強く、体感温度が涼しい日にもおすすめですね。

パーカーの気軽さと女性らしさのどっちも欲しい人は、タイトスカートを合わせてみてはいかがですか?あえてメンズサイズのプルオーバーを使って「彼シャツ」ならぬ「彼パーカー」コーデをするのも良いですね!

Small thub shutterstock 556581430
関連記事 パーカー女子とは?男性が可愛いと思う大きいパーカーのダボダボコーデ

「パーカー女子」という言葉をご存じですか?ダボダボの大きいパーカーを着

気温22度の服装:シャツ・ブラウスは一枚で

気温が22度なら半袖の人も見かけますが、この季節を満喫するならエアリーな長袖ブラウスを一枚で着るのがおすすめです!暖かい日は足元もオープンバックパンプスで軽やかにまとめましょう。

ビッグシルエットのシャツを選べばかっこよさと色っぽさを両立できますよ。ボタンシャツは、ボタンの開け閉めで体温調節がしやすいことや重ね着をしやすいところが長所ですね。

気温22度の服装:厚手のワンピースがあれば完璧

ワンピース一枚だと心配だという人は、カーディガンなどのアウターと合わせたり、重ね着を楽しんだりするといいですね。下半身の冷えが心配という方は、タイツやストッキング、肌着などで温度調節するといいでしょう。

気温22度の服装:肌寒い日のコーデは薄手のアウターが必須!

気温22度の服装:定番の万能アイテム・パーカー

パーカーは気温22度くらいの日にかなり重宝するアイテムです。少し肌寒いと感じたら、さっと羽織れる便利なアウターです。まだコートやジャケットを着るほどではないという気温の日でも、パーカーなら問題なく着られますね。

Amazonで詳細を見る

カジュアルでスポーティーな印象の強いパーカーですが、デザインによってガーリーに着こなせるものもあるので、色やデザイン別などで何枚か持っていると便利です。

気温22度の服装:シンプルなカーディガン

ジャケットを着るほどではないけど、半袖や薄手のトップスだけでは少し肌寒いと感じる方におすすめなのが、カーディガンです。カーディガンは気温22度の時以外にも、オールシーズン着られる便利なアイテムですよね。夕方や夜に少し涼しくなった時はもちろん、冷房の効いた屋内などでもさっと羽織れます。

気温22度前後の頃は、カジュアルな服装にも会社使いにも向いていて、アウターの下に着ても着膨れしない薄手のコットンカーディガンがおすすめです。

カーディガンの良いところは、夏服にそのまま羽織ればコーデが決まる点です。シンプルなデザインのものを数枚持っておけば、季節の変わり目にトップスを買い足す必要もないので楽ちんですよ。

Amazonで詳細を見る

気温22度の服装:薄くて軽いブルゾン

気温は22度だけど少し肌寒いな、と思ったらコンパクトなブルゾンを羽織りましょう!気温に合わせた服装を考えるときの注意点として、晴れている日は朝晩の気温が下がるので、最低気温を意識したアウターを選ぶようにしましょう!

Amazonで詳細を見る



気温22度の服装:ボトムスや足元は?

気温22度の服装:レディなロングスカートコーデ

足を出したくない方には、ロングスカートがおすすめです!足首まですっぽりと隠れるので短いスカートを履く自信がない方でも大丈夫ですし、短いスカートより下半身が冷えないのも嬉しいですね。ふわっとしたロングスカートを履けば、おしゃれで上品な大人可愛いスタイルに仕上がります。

気温22度の服装:デニムアイテムは暖かさも抜群

気温が22度あっても、春先などでは風が強く吹き肌寒く感じることがあります。フレアスカートではなく、デニム素材にすることでグッと防寒性が上がりますので、服装選びでボトムに迷った時は参考にしてくださいね。

デニムをこよなく愛するデニムラバーの方にぜひ読んでいただきたい人気の記事をご紹介します。着こなしからアレンジ・収納ワザまで幅広い情報をご紹介しているので、これを読んでデニムマスターになりましょう!

Small thub shutterstock 564544348
関連記事 ユニクロのボーイフレンドデニムが使える!季節別レディースコーデ55選

大人気アイテムのボーイフレンドデニム。カジュアルな印象が強いですが、合

Small thub shutterstock 522307024 1
関連記事 ダメージジーンズの作り方は?デニムをカッコよく作るコツ&注意点!

女性の皆さまの中で、ダメージジーンズの作り方を覚えて、ファッションを楽

Small thub shutterstock 564544348
関連記事 ジーンズ収納方法【たたみ方・ハンガーの掛け方】デニムパンツ保管の奥義

ジーンズの収納方法って、意外と悩ましいですよね…結果的にデニムパンツの

気温22度の服装:上半身が薄着なら足元は冷やさない

最低気温でも22度ある日はかなり暖かいので日中は半袖がぴったりです。しかし、あくまで最低気温は20度台前半なので、あまり露出の多い服装はおすすめしません。薄着が好きな方はボトムをロング丈にしたり靴下を履いたりして体を冷やしすぎないようにしましょう!レースブラウスとワイドデニムのギャップもいいですね!

気温22度の服装:最低気温が22度の日のコーデ

気温22度の服装:ブラウス一枚でも寒くない!

22度が平均気温の日は非常に過ごしやすいです。アウターもいらないですし、汗もかきづらいので長袖のブラウスがぴったり!汗染みを作りたくない真っ白なシャツやブラウスを着る絶好の機会です!

気温22度の服装:シャツワンピースをアウターに

一枚でも着られるシャツワンピースをアウター代わりに羽織ってみましょう。こんな上級コーデができるのも、この時期の魅力です。ベージュ系のワントーンコーデにカゴバックとローテクスニーカーを合わせれば、服装だけで丁寧な暮らしをしている気分になれますよ。

気温22度の服装:トレンドのビスチェコーデ

ブラウスだけでも可愛いコーデですが、トレンドアイテムのビスチェをプラスすれば一気に上級者コーデになります。スキニーデニムと甲が広いミュールサンダルを合わせれば季節感と暖かさを両立できますよ。

気温22度の服装:最高気温が22度の日のコーデ

気温22度の服装:スウェットでリラックスコーデ

最高気温が22度の場合は比較的涼しい日であるといえます。アウターを着込みたくない場合は一枚でも寒くない厚手のスウェットを選びましょう!チャンピオンのスウェットはコスパもよく種類も豊富なのでおすすめですよ。お休みの日にリラックスしたいときは、服装も体に負担がかからないことを優先しましょう!

気温22度の服装:大判ストールのあったかコーデ

アウターはいらないとは思うけど寒さが心配なときは、便利なストールを使いましょう!大判ストールなら首元に巻いたり肩に羽織ったりする他に、会社でのひざ掛けとしても使えるので22度前後の服装にもってこいですね。

気温22度の服装:楽ちんおしゃれなオールインワンコーデ

着回しのマンネリ化が起きたときはオールインワンを取り入れましょう!22度前後はトップスを一枚で着られる貴重な時期ですが、意外とこの気候にぴったりな服ってレパートリーが少ないですよね。夏と冬が長いので、ついつい半袖とニットばかり買ってしまう人も多いのでは?

そんなときは一枚でインパクトのあるアイテムをゲットしておきましょう。手持ちのベーシックなトップスも新鮮に感じられますよ。羽織り物を上から着るとお手洗いが不便なので、カットソーを一枚で着られるこの時期がぴったりです。

気温22度の服装:晴れ・くもり・雨の日のコーデ

気温22度の服装:晴れの日は日差し対策を

気温が22度ある場合は紫外線対策が必須です!気温がそこまで上がってなくても、陽が高い季節なので、サングラスと日焼け止めを常備しておくといいですよ。また、夏日ではないので服装に関してまで紫外線を気にしない人もいるのでは?日焼け対策と同時に、夕方以降の寒さ予防にロングワンピースを選ぶといいですよ。

気温22度の服装:くもりの日は体感温度が下がる

気温が22度あるとそこまで寒い気はしませんが、くもりの日は晴れの日よりも暖かい服装をこころがけましょう!あまり着込んでも汗ばんでしまうので、肌が直接外気に触れない程度の防寒にとどめましょう。

長袖の薄手ニットとロングスカートのコーデは、誰でも持っているアイテム同士の簡単コーデです。スエードブーツやアクセサリーで垢抜けを狙いましょう!

気温22度の服装:雨の日は思い切って足をだす!

雨の日はどう頑張っても足元が濡れてしまうので、最も服装に悩むシチュエーションです。気温が22度まであるのなら思い切って足を出していきましょう!寒くならないように靴下は厚手のものを選んでくださいね。もちろん足をふくタオルも忘れずに!

ストライプのシャツは、知的で清潔感のある印象なので、ミニスカートと上手にバランスをとってくれます。トレンドのビッグシルエットとタイトスカートのギャップがおしゃれですよね。

気温22度の日はとっておきのトップスで出かけよう!

気温が22度の日は基本的にトップス一枚で出かけてOKです。長袖のブラウスやワンピースをさらっと一枚で着こなすコーデはこの時期しかできません!過ごしやすい時期は短いですが、夏服を着まわす前に、主役級の一枚をぜひゲットしておきましょう!服装を考えるのがきっと楽しくなりますよ。

Small thub shutterstock 439436593
関連記事 気温23度の服装23選!天気別レディース春服・半袖は?最高気温のコーデも

今日の予想気温は23度。そんなとき、どんな服装にするか悩むという女性は

Small thub shutterstock 561679030
関連記事 気温24度の服装24選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温が24度の日の服装で悩んでいる方必見!24度の日に最適なコーデのポ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。