INDEX

気温23度の日は暖かい?それとも暑い?

気温23度は春と秋の過ごしやすい時期

気温23度の服装

気温が23度になる日は、春や秋の最も過ごしやすい時期であることが多いです。また、それが最高気温なのか最低気温なのかで体感の気温は大きく異なります。

気温に合わせた服装を考える際は気象協会が発表している「服装指数」という指標を参考にしましょう!最高気温が23度の場合は、日中は暖かく感じても朝番は10度台になる可能性もあるので、「昼は長袖一枚で十分」とアドバイスされています。下記の記事も参考にしてみてください。

一方、最も気温が低い時間でも23度もあるような日は夏のように暑いので、「半袖のポロシャツ」を推奨しています。天気予報を見る時は、最高気温と最低気温の両方に注目してくださいね!

雨は降らない?降水確率は?

気温23度

最高気温だけチェックするのはNG!まず大切なのは雨が降るかということ。最高気温が上がっても雨が降っていると、晩の気温はグッと冷えてしまうことも。また、かわいいパンプスを買っても雨でビチョビチョになったらテンションも下がってしまいますよね。

降水確率は40%以上なら折りたたみ傘を持っていくのがおすすめです。デートの際は、かわいい折りたたみ傘に一緒に入れば、彼との距離もグッと縮まるはず!「用意がいいね」と印象もUPしちゃうかもしれません。

屋外デートなら風に注意!

気温23度

風がふいていなければ割と過ごしやすい20度前後でも、冷たい風が吹いていると凍えてしまうほど寒い時も。「風速1mで体感気温が1度下がる」と言われているくらい、気温に関連した重要なもの。もしも風が強くて肌寒い18度くらいの日には、一枚カーディガンやストールを多めに持つことをおすすめします!

Small thub shutterstock 402572776
関連記事 気温18度の服装20選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

18度の日は、どのような服装が最適なのでしょうか?暑すぎず寒すぎない気

気温23度の日の服装のポイントは?

上が半袖なら下は長い方が良いかも

気温と服装の関係を考えるときには、20度と25度がチェックポイント!20度までなら、肌見せというよりも重ね着を楽しむおしゃれがおすすめ。薄手のジャケットやカーディガン、またニット素材の小物も活躍します。

20度を超えて、22、23度くらいの日差しがある日ならちょっと汗をかくことも。「そろそろ半袖にしようかな?」と考え始めるくらいです。春の23度なら、夏のアイテムを先取りしてみましょう!

25度を超えると、晴れている日には半袖の人がどんどん増えてきます。春や初夏の25度はじわじわ暑くなってくるので、半袖にスカートや短パンで肌見せの服装が映えてくる時期でもあります。

調節できる服装がおすすめ!

春や初夏の23度は、ちょうど半袖を考え始める時期。また夏の終わりや秋の23度は、半袖ではちょっと寒いかな?と思い始める時期でもあります。

時間や場所によっては、身体が冷えてしまうことも、汗をかいてしまうこともあり、服装が難しい季節。こうした時期には、調節できる服装がおすすめ。

例えばカーディガンを一枚持ち歩く、半袖と長袖の重ね着で暑くなったら脱げるようにするなど、その時間や場所に合わせて調節できるアイテムを取り入れましょう!

気温23度の服装:コーデに便利なおすすめカーディガン

大判ストール風カーディガン

大判ストールに見えますが、実は袖付きのカーディガン。風の強い日にも背中全体を覆ってくれます。落ち着いた色合いだから、私服だけでなく仕事中にもおすすめです。

ロングカーディガン

ロングカーディガンは一枚あると一年中重宝する優秀アイテム!デニムにはもちろん、スカートやワンピース、ワイドパンツとも相性がいいから気温調整におすすめのアイテムです。

万能ボーダーカーディガン

ボーダー好きさんには、こんなカーディガンもおすすめ!これならシンプルな無地Tシャツとデニムの上から羽織ることができるから、毎日持ち歩く調整着にぴったりですね。

主役級エスニック風カーディガン

LA発!フリンジがついたエスニック風ロングカーディガンは、コーディネートの主役に最適!カジュアルで動きやすいコーデで、ビーチやBBQにもぴったりです!

Small thub shutterstock 360084290
関連記事 【2018年】春のカーディガンレディースコーデ31選!トレンド・人気ブランドは?

レディースの春コーデに欠かせないアイテムと言えばカーディガン!最近では

すごしやすい!最高気温が23度の日のコーデ

気温23度の服装:アウターとのバランスが大切!大人カジュアル

ロックTにカーキのジャケット、スニーカーとメンズライクなアイテムには、タイトスカートを投入することで女性の色気がぐんとUP!いつもはボーイッシュな方にもおすすめの服装です!トップスはもちろん暑くなったら脱げますね。

ブラックのジャケットは一枚あると便利なアイテム!足元はサンダルで軽やかにすれば、季節感のあるおしゃれが完成!足元をあえて素足にすることで、かっちりしすぎない上品な服装になりました。

ハイカットのコンバースに白のワンピースと、とってもかわいらしい組み合わせの服装にはデニムジャケットを羽織って締めのポイントを。バッグも色合いをまとめていておしゃれ!スカートやワンピースの上にジャケットを着るときは、短めのほうがバランスが取りやすくておすすめです。



上と同じようにワンピース+デニムジャケット+スニーカーの組み合わせです。こちらはワンピースの丈が長めですね。ジャケットとワンピースでブルーのグラデーションを作ったら、スニーカーは白がぴったり!

真っ赤なカーディガンも、女度をUPしてくれるアイテム!足元はピンクのコンバースで、とってもかわいい組み合わせの服装に。デニムとスニーカーの淡いカラーがぴったりです。

Small thub shutterstock 579700726
関連記事 大人カジュアルのレディースコーデ集!おすすめブランドや通販サイトは?

今回は気取りすぎていなくて、ラフすぎない大人のためのカジュアルなレディ

結構暑い!最低気温が23度の日のコーデ

気温23度の服装:デニムのナチュラルコーデ

23度のコーデには、やっぱりデニムも大活躍!ブラックのワンピースは半端丈なので、そのまま着たりこのように重ね着したりと一年中使えます♡カジュアルアイテムも、上品なバッグを組み合わせてランクUPを。

デニムにボーダー、スニーカーと、誰もが真似できそうな服装も23度にぴったり!ボーダートップスは薄めのロングTを一枚もっていれば、一枚でさらりと着ても、ジャケットのインナーにしても、重ね着のチラ見せにも使えるのでおすすめです!

鮮やかなピンクで子供とお揃いのかわいいママさんコーディネート。何を着て良いか迷う23度だからこそ、こんな鮮やかなピンクを投入しておしゃれな服装を楽しみたいですよね。デニムは靴に合わせてロールアップが基本!足首を見せて抜け感を。

そのまま着ても羽織っても使える花柄のガウンワンピース。甘くなりがちなアイテムだからこそ、シンプルなサンダルや無地のTシャツ、きれいなラインのデニムに合わせて。一点を主役にして重ね着を楽しむ服装は、まさに23度におすすめです!

Small thub shutterstock 268659425
関連記事 【2018年】夏のデニムレディースコーデ27選!トレンド・人気ブランドは?

デニムパンツ・ジーンズの夏のおすすめコーデや、スニーカーとの組み合わせ

気温23度の服装:シャツが主役のサーフコーデ

デニムの短パンとスニーカーを合わせると学生のようなコーデになりがち。しかしトップスの黒シャツのボタンを絶妙に開けることで、大人のコーデが完成しますよ。

ヘアスタイルは写っていませんが、お団子やポニーテールなど首回りを見せるのがおすすめ!視線を上に集中させることで、ペタンコ靴でもバランスがとれます。

大きめシャツは首回りの抜け感を出すのにぴったりのアイテム!さらに風通しも良いので、じんわり暑い日にもおすすめです。手首と足首も出すことで、シンプルなアイテムだけでもイマドキの垢抜けコーデに。

デニムをきれいに履くには、やはり試着がとっても重要。面倒臭がらずに試着をすることで、足が綺麗に見えるデニムに出会えるはず!

気温23度の服装:アウター要らずのリラクシーコーデ

トップスは揺れがかわいいフレアブラウス。パンツはゆるゆる楽チンな服装!トップスの丈が短めだから、パンツがワイドでもバランスが取れていますね。ゆるい中にも可愛さがあるから、デートにもぴったり!

難しい白のレギンスを上手につかったコーディネート!一枚でなかなか着づらい白のワンピースも、レギンスを中に履くことで毎日でも着れちゃいます。

ヘアターバンは、視線を上に集める優秀アイテム!小さなアイテムですが、あるのとないのではスタイルの見え方が変わってきます!

とっても景色が美しい場所に、黄色のスカートで美しいショットを!ボーダートップスは街でもかぶる率が高いから、綺麗色のスカートやパンツに合わせると他の人と差をつけられますね!こういったきれいなアイテムを一つ持っていると、毎日のおしゃれもグンと楽しくなりますよ。

パリジェンヌのような素敵な組み合わせ。誰もが持っているようなナチュラルアイテムも、組み合わせ次第でこんなにおしゃれに!また、シンプルなアイテムだからこそサイズ感がとっても重要になります!

ブラックのオールインワンに白Tシャツ、そしてボーダーのスリッポンを組み合わせたモノクロコーデ。髪色が明るい方はモノクロだけの組み合わせもおすすめです。

また、こういったコーディネートではメイクでも印象を変えることができます。ピンクカラーやオレンジカラーなどメインのカラーを決めて化粧することで、全体的な雰囲気も変えることができますね。

かわいらしいギンガムチェックのクロップドパンツは、フレア裾のトップスや辛口パンプスに合わせて大人っぽく。かわいいアイテムばかりを合わせるのではなく、かっこいいアイテムと組み合わせることでよりかわいさが引き立ちます。

小さな子供がいるママに特にオススメしたいコーデがこちら!ゆるっとしたショートパンツはかがんだときの心配もなく、子供と目一杯遊ぶことができますよ。カーディガンを合わせがちなコーデも、花柄のガウンシャツを合わせることで女心がくすぐられますね!

春から夏にかけて、または夏から秋にかけて多い気温23度ですが、しっかりと気温23度の服装のポイントを抑えてオシャレを楽しんで下さいね!

23度の日の服装は手軽なカジュアルコーデを楽しもう!

いかがでしたか?23度の気温は最高気温だとちょっぴり汗をかくこともありますが、朝晩は冷えることもあります。また曇りや風の強い日には、肌寒く感じることも。

大切なのは、当日焦らなくてもいいように調整できるアイテムをしっかり用意しておくことがポイント。毎日天気予報をチェックして、23度の日が来たらババッとコーデを決めちゃいましょう。

カーディガンやストールをちょっといいものを用意しておけば、気温の調整が難しい日でもウキウキした気持ちでお出かけすることができますよ。

Small thub shutterstock 579971776
関連記事 気温22度の服装26選!天気別レディース春服・半袖は?最高気温のコーデも

気温が22度の日は、どのような服装がいいのでしょうか?暑すぎず寒すぎず

Small thub shutterstock 561679030
関連記事 気温24度の服装24選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温が24度の日の服装で悩んでいる方必見!24度の日に最適なコーデのポ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。