INDEX

【上旬・中旬・下旬】軽井沢7月の天気や気温は?

軽井沢の7月の天気と降水量

太陽と雲

7月の軽井沢の天気は、曇りがほとんどを占めます。雨の日もちらほらと見受けられますが、割合としてそれほど多いわけではありません。ただ、7月は初夏ということもあり、軽井沢では涼しい日が続きます。曇りだとさらに快適に感じるでしょう。気分は上がらないかもしれませんが、夏を快適に過ごせる良い気候です。

軽井沢の7月の最高気温・最低気温・平均気温

ハートの雲

軽井沢では、7月になってもそれほど気温は上がりません。上旬、中旬の平均気温は18度とかなり低いことがわかります。下旬になると真夏に向かって一気に気温が上昇しますが、それでも真夏の暑さからは程遠く過ごしやすい気候です。最高気温でも暑苦しさを感じることはないでしょう。最低気温は肌寒ささえ覚えるほどです。

軽井沢の7月気温・降水量
(2019年データ) 7月上旬 7月中旬 7月下旬
平均気温 18℃ 18℃ 24℃
降水量 64.5mm 70.5mm 136mm
最高気温 24.7℃ 24.7℃ 30.2℃
最低気温 12.3℃ 12.1℃ 18.1℃

軽井沢の7月の服装選びポイント!

上旬

クールな女性

平均気温が18℃と、非常に過ごしやすい気候の7月上旬の軽井沢では、長袖を基調としたコーディネートをしましょう。半袖ではまだ少し肌寒さを感じてしまいかねません。長袖のトップスなら、暑さを感じた場合腕まくりをすれば簡単に温度調節ができるので、7月の軽井沢にもってこいです。観光にもぴったりですね。

中旬

カラフルな服

7月の中旬は、上旬に引き続き18℃と快適な軽井沢です。そんな中旬の服装選びのポイントは、上旬とあまり意識を変える必要はありません。同じように長袖の服装を基調としたコーディネートを心がけましょう。ただ、夏本番に向かって行っていることは確かなので、サングラスなど夏らしい小物を取り入れるのがおすすめです。

下旬

選ぶ女性

下旬になると、平均気温が24℃と上旬、中旬に比べてかなり高くなるのが軽井沢の7月の気候の特徴です。そこで、下旬は半袖を取り入れてみたり、薄手の素材のアイテムを登場させてみたりと、夏らしいファッションを意識してみましょう。涼しい服装でも快適に過ごせる気温なので、観光も身軽に楽しめるに違いありません。

【上旬編】軽井沢の7月の服装コーデ

①黒シャツ×チェックミニスカートコーデ

黒のシャツには、チェックのミニスカートをあわえてガーリーにコーディネートしましょう。トップスのシルエットがすそ広がりと可愛らしい雰囲気なので、チェックのスカートと合わせると全体的に女性らしいイメージになります。ヤングカジュアルなファッションなので、若々しく見せたい人にもおすすめなコーデです。

②ベージュセットアップコーデ

ベージュのトップスにペンシルスカートを合わせたコーディネートは、全体に同じ色を使うことによって統一感を増しています。足元はブラックのブーツ、小物にブラウンのバッグを合わせれば、レディな印象に仕上げることができるでしょう。シンプルかつ洗練された雰囲気のある7月上旬の観光コーデが完成します。

③フロント編み上げニット×デニムコーデ

フロント部分が編み上げになっているニットは、インパクト大なアイテムで洗練されたおしゃれを提供してくれます。ボトムスにはインディゴブルーのパンツを合わせて、シンプルにコーデをしましょう。色味自体がベーシックなものでも、シルエットに工夫を加えることで一気にオシャレな印象に仕上がる良い例です。

④フレアシャツ×ベージュスカートコーデ

フレアシャツは、胸元や袖の部分にたくさんフリルが付いていることによって、一気に華やかな雰囲気に仕上がります。ボトムスにはベーシックなベージュスカートを合わせて、スタイルアップしてみせましょう。シルエットの対比が美しく仕上がっているので、大人な雰囲気になります。天気の良い日の観光にぴったりです。

⑤パワーショルダーカーディガン×デニムコーデ

パワーショルダーカーディガンは、シルエットだけで個性を発揮することのできるアイテムです。ガーリーでレディな雰囲気を与えてくれるパワーショルダーアイテムは、パールのボタンをアクセントにして上品なコーデを演出します。甘くなりすぎないように、ボトムスにはシンプルなデニムを合わせてまとめましょう。

【中旬編】軽井沢の7月の服装コーデ

①変形シャツコーデ

変形シャツを主役にしたコーディネートは、個性的でカジュアルに見せることができます。ボトムスにはシンプルなスキニーをチョイスすることで、きれいめにまとめましょう。透け感のある白の部分が7月中旬の軽井沢の気候にぴったりです。天気が悪い日でも、この服装なら軽井沢の風景にマッチしてくれるでしょう。

②小花柄ワンピースコーデ

黒地にい白の小花柄が可愛らしいワンピースは、スニーカーと合わせて甘くなりすぎないカジュアルコーディネートに仕上げましょう。チェーンバッグを斜めがけすることによって、シンプルで小ぎれいにまとめるのがポイントです。スカートにはフリルシルエットでレイヤーが入っているので、技ありオシャレに見えますよ。

③スウェット×オレンジタイトスカートコーデ

黒の大きめサイズなスウェットには、オレンジのタイトスカートを合わせて個性的にまとめましょう。メリハリの効いたスタイルなので、簡単にスタイルアップして見せることができます。7月中旬の天気が悪く寒い日でも、これなら快適に観光を楽しめるに違いありません。大胆な色使いが特徴のコーデです。

④ボーダートップス×ブラックサロペットスカートコーデ

ボーダー柄のトップスにはブラックのサロペットスカートを合わせて、カジュアル可愛く着こなしましょう。サロペットアイテムは一枚で楽チンオシャレに着こなすことができるので、ファッション初心者にもおすすめです。観光をする際歩きやすいように、スニーカーを合わせても似合う万能ファッションです。

オーバーオールやサロペットは、夏に使いまわすことのできる便利なアイテムです。そこで以下に、夏服におすすめなオーバーオールやサロペットのレディースコーデをまとめた記事を添付しておきます。流行りのファッションもまとめられているので、参考にしながらカジュアルアイテムを使いこなしてください。

Small thumb shutterstock 268659425
関連記事 【2019年】夏服オーバーオール・サロペットレディースコーデ 30選!流行りは?

この記事では、2019年の夏服オーバーオールやサロペットレディースコー

⑤オレンジブラウンシャツワンピースコーデ

オレンジブラウンの色味が絶妙なシャツワンピースは、一枚で主役級の着こなしができます。胸元が広く開くデザインですが、長袖なので7月中旬の気候にもバッチリ合うでしょう。ウエスト部分はベルトデザインになっているので、ウエストマークをしてスタイルアップして見せることのできる大人ファッションです。

【下旬編】軽井沢の7月の服装コーデ

①リネンオールインワンコーデ

リネンの柔らかい風合いが心地よいコーディネートは、明るい色合いでまとめるのがポイントです。7月下旬は軽井沢を快適に過ごせる最適な時期です。そんなシーズンにぴったりなリネンの素材は、ライト系の色味で天気の悪い日の憂鬱も吹き飛ばしてくれます。軽井沢でゆったり寛ぐのに相応しいコーデです。

②白Tシャツ×チュールスカートコーデ

白のシンプルなTシャツには、黒の透け感たっぷりなチュールスカートを合わせて色気を感じさせつつも、エレガントな仕上がりを実現させましょう。透け感のある素材や露出をした服装ができるのは、軽井沢で限られた期間のみです。夏の観光の際は、ぜひチュールスカートで夏らしいファッションを堪能しましょう。

チュールスカートを使ったコーディネートには、他にも色々なアイデアがあります。そこで以下に、チュールスカートを取り入れたコーデをまとめた記事を添付しておきます。色々なカラーのチュールスカートコーデを紹介してあるので、参考にしながら軽井沢観光の際に役立ててみてください。

Small thumb shutterstock 289040627
関連記事 チュールスカートコーデ17選|白/ピンク/グレー/カーキ

チュールスカートを使ったコーデをご紹介します。白やピンクのチュールスカ

③モノトーンサロペットスカート服装コーデ

モノトーンでまとめたオールインワンコーデは、レディな雰囲気でサングラスによく合います。夏の日差しを避けるためのベストアイテムであるサングラスを引き立てるためのコーデとして、真似てみてはいかがでしょうか。シンプルなコーデではありますが、サロペットのシルエットが可愛く個性的です。

④カジュアルオールインワンコーデ

カジュアルなオールインワンコーデは、インナーにボーダーのトップスを採用することで、生き生きとした表情を加えましょう。7月下旬の天気の良い日の観光にぴったりな元気溢れるファッションです。

⑤オールブラックコーデ

7月にオールブラックコーデをするなら、柄物を取り入れるのがおすすめです。柄物で外すことによって、暑苦しく見せず7月下旬らしいコーデが完成します。天気が悪い日でも、この服装なら風景にマッチするでしょう。

【番外編】軽井沢の7月におすすめの持ち物は?

①虫除けスプレー

Ea941a 7

エスコ

虫除けスプレー

楽天で詳細を見る

虫除けスプレーは、7月の軽井沢の必需品です。いくら涼しいといえど、夏は虫に用心すべき季節です。しっかりと虫除け対策をしておくことで、快適に観光を楽しむことができます。メントールの入っているものなら、アウトドアでの活動もより涼しく快適になります。ぜひ持参しておきましょう。

②ハンカチ

T91657 01 1

メゾンドフルール

ハンカチ

楽天で詳細を見る

涼しい軽井沢の夏でも、汗ばむことはあるでしょう。そこで、ハンカチを持っておくのがおすすめです。エチケットとして、ハンカチはなるべく常に持参しておきたいものです。可愛らしいデザインのものならテンションも上がるので、いつもカバンの中に忍ばせておきましょう。汗を拭く用途意外にも使えて便利です。

③ペットボトル

N20121235 1

アイリスオーヤマ

ペットボトル

楽天で詳細を見る

暑くなってくる7月には、水分補給をすることが大切です。涼しい気候だとついつい水分補給を忘れてしまいがちですが、自分の知らない間に体から水分は奪われていってしまうものです。常にペットボトルや水筒などを携帯することによって、水分補給を忘れずに健康な体で観光を楽しみましょう。

7月の軽井沢は爽やかな服装で楽しもう!

軽井沢の7月を快適に楽しむためには、服装にこだわることが必要です。東京の7月に比べるとはるかに気温が低い軽井沢ですが、徐々に暑くなっていく季節を迎えていることに変わりはありません。温度調節が簡単なコーディネートを心がけて、朝も夜も快適に過ごせるように工夫しましょう。観光を思い切り楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。