INDEX

面長なのか卵形なのかチェック

顔の輪郭の長さから確認

顔の輪郭

自分の顔の輪郭は、面長だと思っていても、実際には卵形だったということもあります。卵形の場合には、今回ご紹介するメイクのテクニックはあてはまらないので、まずはあなたの輪郭が本当に面長なのかどうかチェックしていきましょう。

まず、女性の理想的な輪郭と言われている卵型は、眉から口までの長さと、口のラインの横幅の長さが同じです。そして面長は、眉から口までの長さが3だとすると、口のラインの横幅の長さが2になります。つまり、面長の人は、眉から口までの長さが長いため、顔が長く見えるということです。

チェック項目から確認

チェックリスト

また、面長に当てはまるかどうかのチェック項目を確認して、面長かどうかを判断する方法もあります。以下の項目に3つ以上当てはまる場合は、あなたの輪郭は面長ということになります。ここでは、小顔に見せるメイクのテクニックをご紹介していきますので、面長に当てはまった場合はぜひ参考にしてみてくださいね。

面長チェック
  1. ①額が狭いほうだ
  2. ②顔の横幅が狭いと思う
  3. ③目から下が長いと思う
  4. ④目と目の幅が狭いほうだ
  5. ⑤頬がすっきりしている
  6. ⑥輪郭がシャープで顎が細長いと思う

アイラインのメイクのテクニックで面長を小顔に

アイラインは細く長く引く

面長を小顔に見せるためには、アイラインのメイクのテクニックが必要になります。といってもとても簡単なので、ぜひ実践してみてくださいね。アイラインは、目尻をやや長めに描くようにしましょう。それだけでOKです。ただ、アイラインの目尻は跳ね上げたりしないで、平行に描くようにしてくださいね。

そうすれば、目に横幅が出るので、面長の印象が薄くなって小顔効果が出ます。リキッドタイプの細めのアイライナーを使うようにすると、細く長い線が描きやすいです。さらに面長を小顔に見せたいときは、目の下にメイクをすることに抵抗がない場合は、目の下にもメイクをすることをおすすめします。

アイライナー初心者や、お気に入りのアイライナーになかなか出会えない人のために、おすすめのアイライナーを紹介している記事を載せました。アイラインの引き方も紹介されているので、アイラインメイクに興味がある人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

目の下にもメイクをするとさらに効果的

目の下に、ブラウンのアイシャドウかアイブロウペンシルで、細くラインを引きましょう。目の下のラインは、綿棒でぼかしてもOKです。目の下にラインを入れると、目の位置が下がったように見えるので、顔の縦幅の長さが目立ちにくくなります。さらに、下まつ毛にマスカラを塗るのもおすすめです。

マスカラを下まつ毛に塗るときは、下方向に向けて塗るようにしてくださいね。そうすれば、さらに目の位置が下がって見えます。これらのアイメイクをすれば、面長に対する小顔効果だけでなくデカ目効果もあるので、ぜひ面長の人は試してみてくださいね。

面長にNGなアイメイクのポイント

アイシャドウに濃い色を使わない

アイシャドウ

面長の人は、アイメイクをするときに、アイシャドウに濃い色を使わないようにしましょう。上まぶたに濃いアイシャドウを塗ってしまうと、目の上が強調されるので目の位置が高く見えてしまい、顔の長さが目立ってしまうからです。

面長の人のアイシャドウは、柔らかい色をおすすめします。そうすれば、目の上を強調することがありません。明るいベージュや優しいピンクなどのアイシャドウが良いでしょう。また、上品なラメの入っているものや、パール感のあるものもおすすめです。

ただ、アイシャドウには同じ色でもたくさんの種類があります。そのため、色は決まっていても、どのアイシャドウを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いようです。ということで、アイシャドウの人気商品とアイシャドウの塗り方のコツが書いてある記事を載せましたので、興味がある人はこちらの記事も参考にしてくださいね。

まつ毛を上向きにカールしない

女性は、デカ目効果を狙って、まつ毛を根元から上向きにカールする人が多いです。なので、面長の女性も同じようにまつ毛のメイクをしている人が多いのですが、面長の人がまつ毛を上向きにカールしてしまうと、目が上向きに大きく見えてしまうのでNGです。

面長の人は、できるだけゆるい扇状のカールにすることをおすすめします。また、アイラインと同様にアイシャドウのメイクも、目尻を強調してしまうと目の位置を高く見せるのでNGです。面長の人がメイクをするときは、自分の顔の特徴を知ってメイクをすることがポイントになります。

リップのメイクのテクニックで面長を小顔に

上唇を大きめに描く

リップ

面長の人は、鼻の下が長いという特徴もあります。なので、リップメイクをするときは、唇を大きめにメイクすることをおすすめします。そうすれば、鼻と唇の距離が短くなるので、縦の長さが目立たなくなるからです。リップの輪郭は、元の唇の形よりもけっこう大胆に大きめに描くようにしましょう。

「こんなに大きく描いても大丈夫かな?」と心配になるくらい大きく描いてOKです。自分では大きいと思っていても、人から見たら元の形の唇よりも大きく描いてあることは気づかないので、心配しないでくださいね。

リップは柔らかい色に

リップ

面長を小顔に見せるためのメイクをするときは、面長メイクと馴染みやすい柔らかいリップの色がおすすめです。ピンク系を選ぶと間違いないでしょう。リップを塗るときは、リップを手に取って、軽くポンポンと唇に乗せるくらいでもOKです。そして、グロスを塗ったら出来上がりです。

関連記事として、面長を小顔に見せるメイクが紹介されている記事を載せておきますね。こちらの記事も、アイラインメイクやリップメイクについて紹介されているので、興味がある人はチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 658018879
関連記事 面長に似合う・カバー出来るメイク方法は?長い顔を可愛く・小顔美人に

面長の人は顔が長いことをコンプレックスに思っている人が多いのではないで

面長に似合うヘアスタイル

ショートヘア

ショートヘア

ちなみに、面長を小顔に見せるためには、メイクのテクニックだけでなくヘアスタイルも大切です。面長の人に合わないヘアスタイルをしてしまうと、顔の長さが強調されてしまうことがあるからです。ということで、面長に似合うヘアスタイルをご紹介していきますので、自分に似合うヘアスタイルを見つけてくださいね。

丸みのあるショートヘアは、面長の人におすすめのヘアスタイルになります。前髪は、厚めにするのも良いのですが、下ろすよりも斜めに流すほうが小顔効果が出やすくなります。また、面長であごの長さが気になっている人は、サイドが少し眺めのショートヘアにすると、あごの長さがカバーされます。

ボブ

ボブは髪の長さの点で、面長に向いているヘアスタイルです。ボブにするときは、前髪を短くするのはNGです。前髪は、目の上ぎりぎりくらいにした方が、小顔効果が発揮されます。また、面長であごが細い人は、耳の下にボリュームを出すふわっとした柔らかいボブが似合います。

髪がストレートだと、いくらボブは面長に向いているといっても、あごの細さが目立ってしまい顔が長く見えてしまうので気をつけてくださいね。もちろん前髪も必要です。前髪は、目の上くらいの長さにしましょう。

ロングヘア

ロングヘア

面長の人がロングヘアにする場合は、ストレートではなく大きめのゆるいカールがあるほうが似合います。また、くせ毛のようなウェーブも似合うでしょう。また、面長の人がロングにするときは、フェイスラインにレイヤーを入れることをおすすめします。

顔周りに長い髪があると、顔の長さが強調されてしまうので、レイヤーを入れて顔周りの髪は短くしておくのです。それから、ロングヘアの場合も、面長の人は必ず前髪を作るようしてくださいね。

ちなみに、関連記事として、面長の人に似合うヘアスタイルが紹介されている記事をご紹介しておきますね。こちらの記事もチェックして、自分にベストなヘアスタイルを見つけましょう。

Small thumb shutterstock 579971776
関連記事 【長さ別】面長女性に似合う髪型例21選!ショートボブ/マッシュボブ

面長だと髪型を選んでしまう…雑誌に載っているようなヘアスタイルにしても

面長をカバーするのはメイクだけではない

面長の人は、顔が長いということにコンプレックスを感じている人が多いのですが、メイクのテクニックしだいで小顔になれるということが、わかっていただけたのではないでしょうか?メイクのテクニックと言っても、そんなに難しくはないので、慣れてしまえば簡単にできるようになるでしょう。

また、顔の長さはメイクだけでなく、ヘアスタイルでもカバーされるところがあるので、メイクと合わせてヘアスタイルも自分に似合うものを見つけることが大切ですね。また、面長の人はメガネをかけたり、ボーダーの服を着たりすることでも、顔の長さをカバーすることができます。

面長をカバーするメイクやヘアスタイルをマスターしたら、次は面長をカバーするファッションやアイテムを取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。