Large thumb shutterstock 374201578

腐れ縁の意味は?スピリチュアルの離れられない関係や断ち切る方法は?

更新:2020.07.15

良い「腐れ縁」と悪い「腐れ緣」の意味をご存知でしょうか。悪い緣を断ち切る方法や切れる時、また良い結婚や恋愛関係、友人関係を長く続けていくためにはどうしたら良いのか。この記事ではスピリチュアルな視点もいれながらご紹介してみます。今日から使える方法も紹介していきますので、ぜひ実践してみてくださいね。

「腐れ縁」の意味とは?

「腐れ縁」の意味①:悪縁のこと

仲良し

QUOTE

離れようとしても離れられない悪縁。なかなか断ち切れないこのましくない関係。悪縁。くさりえん。 引用元:広辞苑

自分の意思とは関係なく離れられない関係、悪い緣の意味ですね。悪縁とは思うようにいかない関係性のことです。スピリチュアル的にも好ましくない関係のことで、自分ではコントロール出来ない緣、自分の力ではどうにも出来ない緣のことを言います。

「腐れ縁」の意味②:鎖のように切れない関係(鎖縁)

鎖

もう一つの意味は「鎖のように切れない関係」という意味です。腐るとはもともと繋がるという意味で、それが名詞になって「鎖」になりました。よって「鎖のように切れない関係」を「鎖縁」、それが転じて「腐れ縁」と呼ぶ意味になりました。

女性同士の人間関係に悩んでいる方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。どうしても女性同士だとドロドロしがちですよね。面倒くさいと思うこともあるかもしれません。そんなときの対処法や付き合い方を紹介しています。

悪い「腐れ縁」とは?

悪い「腐れ縁」とは?①:恋愛関係や結婚

仲良し

恋愛関係における悪い「腐れ縁」とはなかなか切れない苦しい関係のことです。例えば相手が暴力をしてくるけれども「私が彼を変えてあげたい」などと思って、別れられない。そんな離れられない関係のことです。スピリチュアル的に言うと、彼(もしくは彼女)はあなたと同じ波長を持っているということになります。

暴力や暴言を吐かれても、自分は耐えられてしまう。そんな恋愛時に潜在意識の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。一番多いケースでは「自分は愛されない存在である」という思いグセがある場合です。その思いグセによって、相手の潜在意識とバランスが取れてしまう。波長が合ってなかなか断ち切れないのです。

するとなかなか離婚や別れがしにくくなり、恋愛関係を断ち切る方法が見つからなくなってしまいます。すると自分のオーラもくすみがちになり、悪いことも起きやすくなってしまうのです。以下の記事では恋愛のコツが分かります。恋愛で幸せになりたい方、悩んでいる方向けの記事です。良かったら併せて読んでみてくださいね。

悪い「腐れ縁」とは?②:友人関係

友達

友人関係では良く冗談めかして「腐れ縁」という言葉を使いますね。しかし悪い「腐れ縁」とはちょっと苦しい関係です。例えば延々と同じような愚痴を聞かされてパワーを取られてしまう関係。世の中にはスピリチュアルな交流の中で、人のエネルギーを吸い取って生きている人がいるんです。

そうなると自分の生命エネルギーが吸い取られて、その人と会った後にぐったりと疲れてしまうわけです。でも恋愛関係と同様に、それは相手と自分の波長がどこかで合っている証拠。どちらかが変わらないと、いつまでもズルズルと関係が続いてしまうわけです。

また、何を言っても変わろうとしない人、人に頼り切って自分では何もしようとしない人、それらに自覚なく自分は正しいと思いこんでしまう人、過干渉など様々なパターンの人がいることでしょう。

良い「腐れ緣」とは?

良い「腐れ縁」とは?①:恋愛関係

POINT

ぼくは愛を証明しようと思う

人間工学に基づいた恋愛本。恋愛を上手くいかせたい方へ!

「喧嘩するほど仲がいい」とは良く言ったもので、良い「腐れ縁」というのはそのような緣のことです。会えば喧嘩してしまう。でも居心地が良い。お互い、どこかで信頼し、安心しているから不満を言い合える。それが長く続いていくのが良い「腐れ縁」です。

スピリチュアル的には、そういう人とは前世でも友人や家族、恋人であった可能性が高いです。だから喧嘩ばかりしていても、なかなか離れられない関係になっている。それをスピリチュアルではソウルメイトと呼びます。魂的に強い結びつきのある人達をそう呼びます。

更に強い結びつきがある場合はツインソウルの可能性があります。ツインソウルは一つの魂が2つに分かれて、二人の人間として生まれた存在です。有名な人ではジョン・レノンとオノ・ヨーコがツインソウルだと言われていますね。結婚する人も多いです。そんな気の合う相手とは長く付き合っていきたいものですね。

良い「腐れ縁」とは?②:友人関係

友人

友人関係の良い「腐れ縁」では悪態をつきながらでも、なんとなく仲良く続いている関係のことです。時には数年会わないことがあるけれど、それでも会えば昨日までずっと会っていたように話ができる、そんな関係です。喧嘩になっても、すぐに仲良くなってしまう、そんな関係を良い「腐れ縁」と言います。

友人関係でも先に述べたようにソウルメイトであることが高いですね。もしかしたら前世からの付き合いかもしれません。そんな「腐れ縁」の友人とは喧嘩をしながら、楽しく過ごしていきたいですね。

悪い「腐れ縁」を断ち切る方法5選!

悪い「腐れ縁」を断ち切る方法①:自分の波長を上げる

スピリチュアル

「腐れ縁」を断ち切る方法は「自分の波長を上げる」のが一番効果的な断ち切る方法です。波長を上げるとは、自分のリズムを上げるということです。そのためにはまずは色々と「動く」ことが大切です。例えば運動をする、映画を見て感動する、好きなアイドルや歌手のライブに行くのも良いですね。

地球とは「行動の星」と言われています。行動を起こすことで地球の高い波長に近づくことが出来るようになります。すると悪い波長の「腐れ縁」の人とは波長が合わなくなってきて、自然と相手と疎遠になることもあります。ぜひ日々の中で楽しいことをしてみてくださいね。

悪い「腐れ縁」を断ち切る方法②:スピリチュアルな瞑想をする

瞑想

「瞑想」と聞くと難しく感じますが、意外と簡単です。これも波長を上げるには良い行動で、「腐れ縁」を断ち切る方法です。慣れないはあぐらをかいて、ただただ心に浮かんでくる感情を感じたり、肌の感覚、外から聞こえる音などを「あるがまま」に観察します。

以下の記事ではより詳しい瞑想の方法を解説しています。良かったら一度目を通してみてくださいね。心が落ち着き、余裕が出来ると、悪い「腐れ縁」について悩む時間も少なくなるはずです。

悪い「腐れ縁」を断ち切る方法③:縁切り寺で切れる時

お寺

今は様々なパワースポットが話題になっていますが、その中で「腐れ縁」を切るためのお寺があるのをご存知でしょうか。これも昔から離れられない関係を断ち切る方法です。有名なのは神奈川県の鎌倉にある東慶寺。明治時代頃まで女性は離婚が出来ませんでした。そんな女性たちが参拝したのがこの東慶寺。

「少しあやしい」と感じる方もいるかもしれませんが、未だに参拝者が後を絶えません。以下の記事では全国にある縁切り寺、縁切り神社を紹介しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

悪い「腐れ縁」を断ち切る方法④:離れられない関係を絶つ

POINT

縁切り力

悪い人間関係を断ち切りたい方にオススメの一冊!

最終手段ですが「もう限界!」と思って断ち切る方法は、連絡を絶ってしまうのも一つの手です。配偶者や恋人に暴力を受けているような方はDV相談に行ってみるのも良いでしょう。かくいう私も縁を切りたい友人がいた時が何度かありますが、連絡先を全て絶ちました。最初は罪悪感があるかもしれませんがスッキリしますよ。

悪い「腐れ縁」を断ち切る方法⑤:新しい出会いを見つける

POINT

人間関係のしくみ

人間関係に悩む人に贈る一冊!思い通りの人間関係を作り上げよう!

人は周りの人と波長が合うように出来ています。ですので読書会や異業種交流会、勉強会など意識の高い人達のいるところへ行ってみましょう。趣味や仕事の学校に行くのも良いですね。そこで新たな出会いを見つけることで、世界も広がりますし、「腐れ縁」の人と会う頻度も自然と減っていくと思います。

以上のようなことをしていけば、悪い「腐れ縁」は自然と切れる時が来る可能性が高くなっていきます。まずは色々動いてみることを意識して、悪い緣は切っていきましょう。より人生が生きやすくなりますよ。

良い「腐れ縁」を続ける方法4選!

良い「腐れ縁」を続ける方法①:ちょこちょこ会う

POINT

マンガでやさしくわかるアドラー心理学 人間関係編

以前流行ったアドラー心理学の人間関係編です。マンガなので読みやすい!

人は一ヶ月に4時間会うよりも、毎週1時間会う方が仲良くなれると心理学では言われています。顔を合わせる回数が増えると親しみが湧くという実験結果もあります。その効果を「ザイオンス効果」と呼びます。仕事が忙しいとなかなか難しいかもしれませんが、ぜひとも仲良くいたい人にはこまめに会うようにして下さい。

良い「腐れ縁」を続ける方法②:一緒にごはんを食べる

食事

一緒にご飯を食べると聞くと「えっ?そんなこと?」と思われるかもしれませんが、実はこれが大事なことなのです。日本語では「同じ釜の飯を食う」と言いますが、スピリチュアル的にも一緒に食事をすると、同じオーラを身体に入れることになり、より潜在意識の中での繋がりが強くなるのです。

仲良くなりたい人がいる方は、ぜひ一緒に食事をする機会をたくさん作ってみてくださいね。不思議と信頼関係が生まれてきますよ。

良い「腐れ縁」を続ける方法③:我慢をしない

POINT

「我慢する」がなくなる本

有名な精神科医、和田秀樹先生の本。読みやすく、すぐに使えるテクニックがたくさん載ってます!

人間関係全般に言えることですが、我慢をするのは良くないです。我慢をすると小さな不満が少しずつ溜まっていき、いつかは爆発してしまいます。すると自分の波長も悪くなってしまい、相手との波長のバランスを崩しかねません。言いづらいかもしれませんが、不満が小さい時に消化しておきましょう。

良い「腐れ縁」を続ける方法④:相手の良いところを見つける

笑顔

相手の良いところを探すのも、自分の波長を上げる良い作用となります。自分のオーラが輝いていくのです。もっと良いのはそれを相手に伝えること。褒められて嫌な気分になる人は少ないですよね。もっと良いのは、一般的に悪いとされる部分も良い捉え方をすること。

例えば「口が悪い」のは「サバサバしてるね」、「口下手」は「寡黙で落ち着いているね」など。他の人にもそうして考えていくと、徳を積むことになって、良い人間関係も引き寄せることが出来るようになっていきます。以下の記事では人間関係の克服を紹介していますので、ぜひこの記事と併せて読んでみてくださいね。

「腐れ縁」を切るのも続けるのも自分次第!

以上いかがでしたでしょうか。良い「腐れ縁」も悪い「腐れ縁」もありますが、出来たら良い「腐れ縁」だけを長く続けていきたいですよね。良い「腐れ縁」も悪い「腐れ緣」にも共通しているのは「自分の波長を上げる」という意味です。波長を上げていけば自然と良い人達を引き寄せることが出来ます。

記事で紹介したことを「行動」に移して、ぜひ素敵な人間関係を築き、より人生を楽しんで下さいね!以下の記事も併せて読むとより波長を上げることが出来ます。参考にしてみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。