ワッペンを手作りしたことはありますか?ワッペンを手作りするなんてハードルが高すぎると思っていたら、もったいないです。普段の持ち物にワッペンをプラスすることで、イメージが随分変わります。オリジナリティを出すのにうってつけのワッペンをぜひ手作りしてみましょう!

INDEX

  • 手作りワッペンの魅力は?
  • ワッペンを作るのに必要なもの
  • 簡単なワッペンの作り方は?
  • 【刺繍ワッペン】作り方・コツ・注意点は?
  • 手作りワッペンの実例集!
  • 手作りのワッペンで毎日の生活をもっと楽しく!

手作りワッペンの魅力は?

大人デザインのワッペンが流行

ワッペンというと小さなお子さんの登園バッグや洋服などにつけるというイメージがありますが、今流行がきているのが大人デザインのワッペンです。既製品のものも素敵なデザインのものがたくさんあり、手ごろな値段で購入することもできます。

ワッペンを手作りすることのメリット

手作りワッペンは自分好みのデザインで作ることができて、しかも既製品を買うよりも安いというのがその魅力です。お気に入りの布を買ってきて、お好みの形にカットすれば、それだけで素敵なワッペンに大変身します。

ワッペンを手作りすることの最大のメリットはやはり「自分好みのワッペンを作れる」ことです。 色や形、大きさや素材などすべてがあなたのお好みで作れるのです。あなたの生活を彩るワッペンだからこそ、自分好みの素敵なワッペンを作りたいですね。

ワッペンを作るのに必要なもの

必要な素材①布

「カットクロス 50×50cm 7枚セット」1,980 円(税込)

Amazonで商品の詳細を見る

お好みの布を用意しましょう。布の模様をそのまま使っても素敵なアップリケができます。刺しゅうをするなら無地の生地を用意するといいですね。ワッペンは小さいものなので、はぎれで十分です。

必要な素材②フェルト

「カラーフェルト ソフト 20cm×20cm 」 80円(税込) 

Amazonで商品の詳細を見る

刺しゅうした布の裏にフェルトをはり、芯にします。フェルトを貼ることでワッペンがしっかりとします。フェルトに刺しゅうをしてワッペンにするのもいいですね。どちらにしてもお好みに合わせてフェルトの色を選びましょう。また、フェルトは他の使い方も可能です!以下の記事でぬいぐるみの作り方も紹介しています!

Small thumb shutterstock 607492355
関連記事 100均でも手に入る?羊毛フェルト、ニードルフェルトで自分だけのぬいぐるみ人形を

100均ダイソー、セリア、キャンドゥの羊毛フェルトやニードルフェルトを

必要な素材③刺しゅう糸

「Hommy 刺繍糸 50色 8m 」 201 円(税込)

Amazonで商品の詳細を見る

刺しゅうをするのに刺しゅう糸は欠かせません。カラーが豊富なので、色鉛筆感覚で選ぶのも楽しいです。さらに、本数を変えることで雰囲気が変わるので、デザインは自由自在です。

必要な道具①手芸用ボンド

「裁ほう上手 45g」 842 円(税込)