INDEX

100均の羊毛フェルト・ニードルフェルトは種類がすごい!

羊毛フェルト・ニードルフェルトとは

羊毛フェルト・ニードルフェルトをご存知ですか?布状のフェルトとは違い、ふわふわの綿状のフェルトで、専用の針で形を整えてマスコットなどの形を作ることのできます。手芸の一種で、成形が容易で作り方が簡単です。思った形を作りやすいことから人気のあるハンドメイドです。

また、針で刺すだけでなく、羊毛フェルトはボンドで貼れるので、アップリケやメッセージカードと作るときなのにも使えます。また、針でたくさん刺したり水につけると硬くなるので、フワフワにしたい部分と固くしたい部分を使い分けできるのも、羊毛フェルトの特徴です。

ダイソーはキットが豊富!

キットとは、必要な材料が揃っており、作り方の丁寧に記してくれているので、初心者におすすめのハンドメイドです。羊毛フェルトのキットは100均のダイソーが種類が豊富です。パンダ、猫、クマ、ハリネズミなど人気のある動物モチーフが多く、作る時間の目安なども記されており、初心者に嬉しいキットになっています。

作り方の説明書も写真付きで、分かりやすくなっています。ダイソーのキットには、ニードルが1本セットで付いてくるので、初めての方に嬉しいですね!ニードルフェルト用のマットはダイソーで販売されていますが、別売りなので気を付けましょう。

セリアはカラーバリエーションが豊富!

100均のセリアにも、羊毛フェルトがあります。セリアにもキットは売っていますが、セリアのウリは染色羊毛の種類が豊富なことです。キットで作り方が分かると、今度はオリジナル作品を作りたくなりますよね。そんな時にはカラーバリエーションが豊富なセリアがおすすめです。

セリアなら、欲しいと思った羊毛フェルトの色がきっと見つかります。少量ずつ、3色、2色のセットでの販売もあり、小物を作るときに最適です。

慣れてきたらキャンドゥがおすすめ!

100均キャンドゥにも、羊毛フェルトのキットがあります。ダイソーと比べると少し難易度が高めです。なので、ダイソーの物で作ることに慣れてきたら、キャンドゥのキットにチャレンジするといいですね!ニードルやマットは別売りなので、一緒に購入するのを忘れないようにしましょう。

【ダイソー編】おすすめ100均羊毛フェルトキット

100均ダイソーの羊毛フェルト①:動物モチーフが豊富

100均ダイソーの羊毛フェルトは、動物モチーフが豊富です。第一弾(写真下段)の動物モチーフは難易度が低めなので、初めての方におすすめです。第二弾(写真上段)は少し難易度が高くなっていますが、ウサギやイルカ、パンダなど人気の動物が多くなります。所要時間は120分~180分のものが多いようです。

羊毛フェルト用のフェルトマットは別売りです。段ボールやスポンジなどをマットの代わりとして使用することもできますが、ダイソーで購入できるフェルトマットはニードルが刺さっても抜きやすいスチロール製なので、とくに初心者の人はこちらのマットを使用したほうがきれいな作品が作れるのでおすすめです。

100均ダイソーの羊毛フェルト②:イベントアイテムが豊富

100均ダイソーの羊毛フェルトキットは、クリスマスやハロウィンなどのイベントの時に、限定のキットが販売されます。ツリーや部屋の飾りつけのオーナメントとして使用出来るので、イベントモチーフは人気が高いです。イベントの時のプレゼントにも出来ます。限定ってついつい買ってしまいますよね!

【セリア編】おすすめ100均羊毛フェルトキット

100均セリアの羊毛フェルトキット①:スイーツのモチーフが豊富

100均セリアの羊毛フェルトキットは、スイーツが豊富です。クッキーやマカロン、ショートケーキなど、カラフルで女子に人気のあるモチーフになっています。丸い形が作りやすいので、初心者の人にはマカロンがおすすめです。セリアのキットに似はニードルが1本セットで付いてきます。

100均セリアの羊毛フェルトキット②:ハンドメイド上級者向け

セリアは、ハンドメイドに力を入れており、ハンドメイドが得意な人向けのものが多くなっています。作り方の説明書も、ハンドメイドになれてきた人向けで写真はないので、慣れてきたらチャレンジするとよいでしょう。少し難易度が高めですが、マトリョーシカのセットが人気です。

【キャンドゥ編】おすすめ100均羊毛フェルトキット

100均キャンドゥの羊毛フェルトキット①:難易度高め

100均キャンドゥの羊毛フェルトキットは、ダイソーの第一弾のキットと比べると、パーツや色も多くなっていて少し難易度が高くなっています。所要時間も180分以上になっています。また、キャンドゥのキットにはニードルは付属されていません。購入するのを忘れないように気を付けてください。

100均キャンドゥの羊毛フェルトキット②:珍しい動物のモチーフ

100均キャンドゥの羊毛フェルトキットの説明書は、写真はありませんが、イラスト付きで丁寧に書いてあるので、比較的わかりやすいですが、初心者の方は難しいかもしれません。キャンドゥのキットには、ダイソーやセリアにはない、オカメインコやアルパカなど、ちょっと珍しい動物のモチーフがあるのが嬉しいですね。

【ショップ別】100均のニードル&フェルトおすすめ6選!

①ダイソーのおすすめニードル

100均ダイソーの羊毛フェルトキットには、1本ニードルが付いてきますが、ニードルは曲がったり折れたりしやすいので、予備を買っておくと便利です。ダイソーのおススメのニードルは2本ニードルを装着できるタイプのものがあり、そちらがおすすめです。

2本同時に刺すことで、フェルトを固めるための倍の作業が出来るので、時間短縮になります。細かいところや仕上げの時には、ニードル1本で刺すようにしましょう。

②ダイソーのおすすめフェルト

100均ダイソーの羊毛フェルトはやはりキットがおススメですが、例えば、動物モチーフの同じ種類をふたつ買って、男の子と女の子を作りたい時など、世服の色を変えたり、女の子のほうにはリボンを付けたりのアレンジをするとなると、キット以外の羊毛フェルトが欲しいですよね。

ダイソーには3色、4色がセットになった羊毛フェルトが販売されています。大きいものを作るには向いていませんが、先程のように少しアレンジしたい時など、少しだけ羊毛フェルトが欲しいときに便利なセットです。

③セリアのおすすめニードル

100均セリアのニードルは2本で100円です。羊毛フェルトのニードルは、フェルトを固めるために先がギザギザしているのですが、セリアのニードルはこのギザギザが少なめです。あまり固く仕上げたくない部分におすすめです。また、セリアには羊毛フェルト用のフェルトマットの取り扱いはありません。

④セリアのおすすめフェルト

100均セリアはハンドメイドの材料に力を入れています。単品の羊毛フェルトはカラーバリエーションが豊富です。キットで作ることに慣れてきて、オリジナルの作品を作りたいなと思った時にはセリアがおすすめです。2色、3色のセットも販売しています。

またアレンジするためのハンドメイドの材料も豊富なので、セリアだけでほとんどの物が揃います。セリアはハンドメイド上級者におすすめです。

⑤キャンドゥのおすすめニードル

100均キャンドゥのニードルは2本セットです。ダイソーやセリアの物に比べると、先が細く繊細です。細かい作業が必要な部分にはキャンドゥのニードルがおすすめです。キャンドゥのニードルは仕上げ用に持っていると便利です。

また、キャンドゥのフェルト用マットは、表面と裏面の硬さが違います。ニードルを刺すときの力加減を調整しやすいので便利です。色がついているものもあり、黒っぽいフェルトなら白い面、白っぽいフェルトなら黒い面といったように、羊毛フェルトの色に合わせて使うことが出来ます。

⑥キャンドゥに単品フェルトはない

残念

キャンドゥの羊毛フェルトの取り扱いは動物モチーフのキットのみです。単品の羊毛フェルトは販売していません。キットにアレンジを加えたいときには、別のお店で揃える必要があります。

100均の羊毛フェルト作り方

フェルトボールの作り方

フェルトボールトとは、フワフワの羊毛フェルトにニードルを刺して、丸く固めたものです。これが、マスコットを作るときの基本になります。ニードルの刺し方のコツなど、詳しい作り方は以下の動画をご覧ください。

フェルトボールの作り方
  1. ①フワフワな状態の羊毛フェルトを適量手でちぎります。(ハサミでカットすると端の繊維が切れてしまうので作りにくくなります。)
  2. ②端から丸めながらニードルでいろいろな方向から刺し、大まかな丸い形を作ります。
  3. ③丸くなったら、時々手で丸めながらニードルで刺して形と固さを整え、出来上がりです。


羊毛フェルトはニードルで貼れる

羊毛フェルトは、生地の上からニードルで刺すことで、生地に貼ることが出来ます。生地に埋め込むようにニードルで刺すことで貼れるのです。洋服の模様にしたり、アップリケなど、平らなものを作るときは、このような方法で作ることが出来ます。ニードルによる生地への貼り方は、以下の動画を参考にしてください。

大きな布に直接差し込んでもいいですが、生地状のフェルトに、ニードルで刺して小さなモチーフをたくさん作っておくと、アップリケが欲しいときにサッとつけることが出来るので便利です。

生地状のフェルトは縫って付けてもいいですが、ボンドでも貼れるので簡単です。ニードルによる生地への貼り方は、以下の動画を参考にしてください。

羊毛フェルトはボンドで貼れる

羊毛フェルトは、ボンドで貼ることが出来ます。出来上がったモチーフも貼れますが、羊毛フェルトをそのままでもボンドで貼れるので便利です。メッセージカードや額縁に飾ってウォールデコにしたいときなどに向いている作り方です。

羊毛フェルトは水で貼れる

羊毛フェルトは水でも貼れるのです。貼るというよりも、固めると言ったほうが良いかもしれません。球体のスチロールに、石鹸水(40度くらいのお湯が好ましい)で濡らした羊毛フェルトを固めながら貼り付けていくと、キレイな球体を作ることが出来ます。雪だるまのモチーフを作るときなどに向いています。

100均の羊毛フェルトを使った作品

①大人気!ハリネズミモチーフ

こちらは可愛いハリネズミのモチーフです。100均の羊毛フェルトキットにもハリネズミがありますが、このハリネズミは表情も豊かで可愛いですね!少し色の違う羊毛フェルトを使って顔色を出しています。アルミバケツを使ったアートフラワーのような仕様がステキです。

②リアル!わんこモチーフ

一瞬、本物のわんこと見間違えてしまうほどの出来です!羊毛フェルトはここまで出来てしまうんですね。自分のペットそっくりの羊毛フェルトのマスコットが欲しくなってしまいます。

③食べたくなっちゃう!スイーツモチーフ

こちらのスイーツ羊毛フェルトは食べたくなってしまうくらい可愛くてオシャレです。飾っておくのもステキですが、お友達へのプレゼントにも最適ですし、子どものおままごとのおもちゃとして使ってもテンションがあがりそうでいいですよね!

④いろいろ貼れる!お花モチーフ

こちらのお花モチーフは、先程作り方をご紹介したフェルトボールを付けるだけで出来てしまう、簡単モチーフです。ボールは中心の色のボールが1個、花弁の部分が5個です。ニードルで刺すとお互いをくっつけることが出来ます。ボンドでも貼れるのでぜひ作ってみてください。

バッグのワンポイントとしてつけてもいいですし、アクセサリーにもなります。こういた小さいモチーフはいろいろな場面で活躍するのでたくさん作っておくといいですね。

100均の羊毛フェルトアイデアいろいろ

①100均羊毛フェルトでがま口財布

こちらは羊毛フェルトで作ったがま口財布です。真ん中に球体のスチロールをいれて、周りを羊毛フェルトで固めていきます。石鹸水で貼り固めます。羊毛フェルトがしっかり貼れるので、乾かすときにはアイロンでコロコロ転がしながら温めてください。全体が固くなって早く乾きます。

がま口の口の部分を切って、真ん中のスチロールのボールを取り出し、がま口金具を取りつけたら出来上がりです。写真のように、動物にしたり、モチーフで飾るととても可愛いですね。ニードルで刺してモチーフを付けてもいいですし、簡単にボンドでも貼れるので、ぜひ可愛く仕上げてください。

②100均羊毛フェルトでヘアアクセサリー

こちらは羊毛フェルトで作ったフェルトボールをヘアゴムにしたものです。まん丸なボールで作っても可愛いですし、くるみボタンにしても可愛いですよ。くるみボタンにするときには、土台になる生地にニードルで刺して羊毛フェルトでモチーフを描くようにつけます。

または、出来上がったくるみボタンに小さなモチーフをボンドで付けるという方法もあります。こういった小さなモチーフは、羊毛フェルトで大きな作品を作ったあとに残った羊毛フェルトで作れてしまうので、羊毛フェルトが残ったらぜひ作ってみてください。

こちらは、羊毛フェルトのモチーフを使ったヘアピンです。ヘアゴムと同じような作り方でOKです。ピンではなくてパッチン留めでも出来ますので、動きが活発なお子さんにも大丈夫です。可愛いパッチン留めをたくさん作ってあげたいですね。

③100均羊毛フェルトでキーホルダー

こちらは羊毛フェルトで作ったモチーフに、ストラップ金具やボールチェーンを取り付けて、キーホルダーにしたものです。モチーフとして置いておくのも可愛いですが、こうやってキーホルダーにすると持ち歩けるので嬉しいですよね。

キットで作った動物モチーフなども、こうやってキーホルダーの金具を付けてあげることで、持ち歩くことが出来ます。プレゼントにするときもモチーフだけで渡すよりもキーホルダーになっていたほうが喜んでもらえそうですよね。

④100均羊毛フェルトでピアス&イヤリング

こちらはフェルトボールを使用したピアスです。ふわもこピアス流行ってますよね。そのピアスが自分で作れるなんてステキです。ピアス金具やビーズも100均で揃えることが出来ます。

金属アレルギーが心配な方は、100均のピアス金具ではなく、チタン金具や樹脂タイプのもので作成しましょう。チタンや樹脂は汗に反応しないのでかぶれません。

⑤100均羊毛フェルトでブローチ

羊毛フェルトで作ったブローチです。雪だるまの雪のフワッとした感じが出ていて、とても可愛いですね。羊毛フェルトはニードルで刺すことで貼れるので、こういう平らなモチーフも出来ます。こういった平らなモチーフのうしろに、ピン金具を取り付けるだけなのでとても簡単です。

ブローチは洋服だけでなく、帽子やバッグなどいろいろなところに着けることが出来るので、たくさん楽しむことが出来ます。子どもの持ち物の目印につけてあげるのもいいですね。

⑥100均羊毛フェルトでマグネット

こちらは羊毛フェルトのモチーフの裏にマグネットを取り付けた、可愛い羊毛フェルトマグネットです。マグネットは100均で購入できます。周りにプラスチックなどが付いていない、磁石だけのものを購入しましょう。乾くのに時間はかかりますが、手芸用のボンドで貼れるので簡単です。

冷蔵庫にメモを貼ったりするだけではなく、子どもはペタンとつくマグネットで遊ぶのが大好きなので、お子さんが数を数えたり、物の名前を覚えるおもちゃとしても使えます。マグネットをピンに変えて、コルクボード用にしてもいいですね。

⑦100均羊毛フェルトでウォールデコ

羊毛フェルトは、縫わなくても立体でもこもこなウォールデコを作ることが出来ます。生地にニードルで刺しながら絵をかくように作ってもいいですし、出来上がったモチーフをボンドで貼れるので、あとから構成を考えても大丈夫ですね。季節ごとにウォールデコを替えるのもステキです。

⑧100均羊毛フェルトでルームシューズ

こちらは羊毛フェルトを使ったルームジューズです。ふわもこで可愛いですね!作り方は形が靴になるだけで、先程のがま口と同じ要領です。こちらのルームシューズはボタンを付けていますが、羊毛フェルトで作ったモチーフを付けてもいいですね。

手作りのルームシューズのいいところは、デザインを自分好みに作れることはもちろんですが、自分の足ピッタリに作れることです。寒い冬用にはフェルトを多めで作り、夏用はつま先が出るタイプのルームシューズにしてもオシャレでいいですよ。

100均の羊毛フェルトで失敗を恐れずチャレンジ!

100均の材料で作る羊毛フェルトのモチーフ、いかがでしたでしょうか?早速、羊毛フェルトのモチーフを作ってみたくなったのではないでしょうか?同じ100均の材料でもダイソー、セリア、キャンドゥではそれぞれ特徴があることが分かりました。ぜひ自分の作りたい形を考えながら、100均で購入してください。

最初はどんなものを作ったらいいか悩むと思いますので、まずはキットからスタートしてみてください。100均のキットは豊富ですから、きっとあなたの大好きは見つかります。100円で始められるので、失敗を恐れずにチャレンジしてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。