Large thumb shutterstock 518732392

おすすめなアイシャドウベース20選!使い方/目元/カラー/くすみ

更新:2019.06.21

アイシャドウの下地に、アイシャドウベースは使用していますか?なんとなく使っている、もしくは使う必要あるの?なんて人も多いのではないでしょうか。今回はアイシャドウベースの使い方と、キャンメイクの人気アイシャドウベースをはじめ、おすすめのアイシャドウベースをランキング形式で紹介します!

おすすめなアイシャドウベース5選

おすすめ!5位|エクセル/アイシャドウベース

おすすめなアイシャドウベース5位は、エクセルのアイシャドウベースです。キャンメイク同様プチプラで常にランキング上位のコスメです。クリームタイプなので、伸びがよく肌にも馴染みやすいのが特徴です。アイシャドウの発色が自然で綺麗に仕上がります。コラーゲンも配合されているので、まぶたの保湿もしてくれます。

おすすめ!4位|NARS・スマッジプルーフアイシャドウベース

おすすめなアイシャドウベース4位は、NARSのスマッジプルーフアイシャドウベースです。白色の液体のリキッドタイプですが、塗り広げると透明になります。アイシャドウの発色をそのまま出すことができ、リキッドタイプなのでアイメイク崩れもしにくいのが特徴です。

おすすめ!3位|NYX・ピグメントプライマー

おすすめなアイシャドウベース3位は、NYXのピグメントプライマーです。クリームタイプで塗り心地も良く、アイシャドウを塗っても仕上がりがクリーミーに見えるのが特徴です。人気があるためすぐに売り切れてしまいます。NYXのアイシャドウベースもありますが、ピグメントプライマーのほうがより密着するようです。

おすすめ!2位|トムフォード/ビューティーアイプライマーデュオ

おすすめアイシャドウベース2位は、トムフォードのビューティーアイプライマーデュオです。パウダーとクリームがセットになっています。クリームを先に塗り、まぶたの皮膚を滑らかにしてから、パウダーで皮脂を抑えアイシャドウで仕上げるのが特徴です。少し手間はかかりますが、仕上がりはとても滑らかです。

パウダーとクリームをそれぞれ単品で使うこともできるので、ナチュラルにしたいときはパウダーだけ、少ししっかりアイシャドウを塗りたいときはクリームだけ、しっかり長持ちさせたいときは2つとも使って、と3Wayで使えるのも人気なようです。

おすすめ!1位|シャネル/ラ・バーズ・オンプル・ア・ポピエール

おすすめなアイシャドウベース1位は、シャネルのラ・バーズ・オンプル・ア・ポピエールです。シャネルから初めてアイメイクベースが発売され、今まさに注目を集めています。ジェル状で伸びが良いだけでなく肌馴染み優れていて、まぶたのシワを滑らかにしてくれるのが特徴です。

2018年6月に発売されたばかりでまだ口コミなども少ないですが、シャネルのアイシャドウを使っている人には待ち望まれていたようです。ジェル状ということで汗や皮脂にも強く、アイシャドウの発色を長時間キープしてくれます。

おすすめなカラーアイシャドウベース3選

カラーアイシャドウベース3位|インテグレード/トゥインクルパームアイズ

おすすめなカラーアイシャドウベース3位は、インテグレードのトゥインクルパームアイズです。パウダータイプで、ブラウン、クリアホワイト、ピンクの3色展開しているアイシャドウです。保湿成分が入っているのが特徴で、塗り心地も滑らかでアイシャドウベースにもおすすめされています。パール系な仕上がりになります。

カラーアイシャドウベース2位|コスメデコルテ/AQライトフォーカス

おすすめなカラーアイシャドウベース2位は、コスメデコルテのAQライトフォーカスです。パウダータイプで、ホワイト、ベージュ、ピンクの3色展開です。保湿成分も入っていて、ハイライトにも使用することができるのが特徴です。パール系ですが、粉っぽさがないのが人気になっています。

カラーアイシャドウベース1位|イプサ/アイリシェイパー

おすすめなカラーアイシャドウベース1位は、イプサのアイリシェイパーです。クリームタイプで、ベージュ、ブラウン、ピンク、イエローの4色展開されています。イプサのアイシャドウベースは、あえて肌の色に合わせる、というのが特徴で、色選びにポイントがあります。

赤味のある肌の人でまぶたが膨らんでいればベージュを、くぼんでいればピンクを選びます。黄味がかった肌の人では、まぶたが膨らんでいればブラウン、くぼんでいればイエロー、というように、普段の色選びとは少し違うので気をつけてくださいね!

くすみにおすすめなアイシャドウベース3選

くすみにおすすめ3位|ルナソル・アイリッドベース

くすみにおすすめなアイシャドウベース3位は、ルナソルのアイリッドベースです。クリームタイプで、ナチュラルベージュとライトベージュの2色があります。美容保湿成分もしっかり入っていて、伸びが良く毛穴のカバーもできる化粧下地にもなるのが特徴です。シワとくすみに効果的なアイシャドウベースです。

くすみにおすすめ2位|インジーニアス/アイシャドウベース

くすみにおすすめなアイシャドウベース2位は、インジーニアスのアイシャドウベースです。パウダータイプで、ピンクとオレンジの2色があります。きめの細かいパウダーが特徴で、しっかり肌に馴染みます。青味のくすみが気になる人はピンクを、茶色系のくすみが気になる人はオレンジを選ぶと効果的です。

くすみにおすすめ1位|キャンメイク/アイシャドウベース

くすみにおすすめなアイシャドウベース1位は、キャンメイクのアイシャドウベースです。クリームタイプで、ピンクパールとラディアントブルーの2色があります。美容保湿成分も入っているのが特徴で、くすみカバーとまぶたケアが同時にできてしまいます。

プチプラコスメで人気のキャンメイクですが、安いからと妥協しない企業の努力も人気に繋がっているのですね。どんなアイテムでもランキング上位になるキャンメイクの、人気のコスメの関連記事があるのでメイクの時の参考にしてください。

汗や皮脂で落ちないおすすめなアイシャドウベース3選

汗や皮脂で落ちない3位|NYXウォータープルーフアイシャドウプライマー

汗や皮脂で落ちないおすすめなアイシャドウベース3位は、NYXのウォータープルーフアイシャドウプライマーです。ウォータープルーフのリキッドタイプですが、サラッとした付け心地で汗や涙にも強く、しっかりアイシャドウをキープしてくれるのが特徴です。

汗や皮脂で落ちない2位|MAC/クリームカラーベース

汗や皮脂で落ちないおすすめなアイシャドウベース2位は、MACのクリームカラーベースです。クリームタイプですが、ウォータープルーフなのが特徴です。カラーもホワイト、ベージュ、ピンク、コーラル、オレンジ、とパール系の5色展開で、保湿成分も入っています。これだけでナチュラルなアイシャドウとしても使えます。

汗や皮脂で落ちない1位|キャンメイク/ラスティングマルチアイベース

汗や皮脂で落ちないおすすめなアイシャドウベース1位は、キャンメイクのラスティングマルチアイベースです。リキッドタイプのウォータープルーフで、アイシャドウの密着が良いのが特徴です。プチプラコスメですがそのキープ力はプロも認めているほどで、常にコスメランキングの上位になるアイシャドウベースです。

キャンメイクでメイク一式を揃える人も多く、プチプラコスメのメリットを活かして同じコスメの色違いも買いやすいですね。その日の気分で、ちょっとした変化をつけられるのもキャンメイクならではではないでしょうか。

目元の肌に優しいおすすめなアイシャドウベース3選

目元に優しい!3位|DHC/アイシャドウトリートメントベース

目元に優しいおすすめなアイシャドウベース3位は、DHCのアイシャドウトリートメントベースです。クリームタイプでシマーベージュ、シマーピンク、ナチュラルベージュの3色展開です。美容保湿成分が入っており、これ1つでコンシーラー、ハイライト、ベース、アイシャドウ、スキンケアの5つができるのが特徴です。

目元に優しい!2位|MIMC/ミネラルクリーミーアイベース

目元に優しいおすすめなアイシャドウベース2位は、MIMCのミネラルクリーミーアイベースです。クリームタイプで、ベージュとシマーグロウの2色があります。保湿成分と美容液成分がたっぷり入っているので、まぶたのケアにもなります。

目元に優しい!1位|オンリーミネラル/ミネラルアイシャドウプライマー

目元に優しいおすすめなアイシャドウベース1位は、オンリーミネラルのミネラルアイシャドウプライマーです。クリームタイプですが、天然由来成分100%ということが特徴です。お肌にも優しい上に、しっかりアイシャドウを密着させてくれるので、敏感肌の人でも安心して使えます。

ランキング番外編のおすすめなアイシャドウベース3選

ランキング番外編|レブロン/フォトレディアイプライマー+プライトナー

ランキング番外編は、レブロンのフォトレディアイプライマープラスプライトナーです。リキッドタイプで、使いやすい筆ペンになっているのが特徴です。ピンクベージュのどんな肌にも合わせやすい色で、ハイライトやコンシーラーとしても使うことができます。パラベンや香料を使っていないので、敏感肌の人にもおすすめです。

ランキング番外編|アディクション/アイシャドウプライマー

ランキング番外編は、アディクションのアイシャドウプライマーです。リキッドタイプですが、パウダーが入っているのでサラッとした付け心地が特徴です。アイシャドウの下地としてだけでなく、まぶたのシワや目尻の小ジワカバーにも効果的です。

ランキング番外編|マリブビューティー/シングルアイシャドウカラー

ランキング番外編は、マリブビューティーのシングルアイシャドウカラーです。クリームタイプとパウダータイプがあるので、ナチュラルにしたいときはパウダータイプを、しっかり発色させたいときはクリームタイプと選んで使えるのが特徴です。アイシャドウですが、下地としての使い方もおすすめです。

持ちがアップするアイシャドウベースの使い方は?

アイシャドウベースの使い方のポイント①アイメイクの直前に塗る下地

アイシャドウベースの使い方のポイント①は、アイメイクの直前に塗り、まぶたを滑らかにする下地のことです。まぶたは皮膚が薄いだけでなく、目は常に動かすためにシワやくぼみなどでデコボコしています。そのままアイシャドウを塗っても、まぶたにしっかり付いていないのでメイク崩れしやすいのです。

アイシャドウベースを塗らないとすぐにアイシャドウが落ちてしまい、その度に化粧直しをすることもあります。アイシャドウベースはデコボコをカバーして滑らかにしてくれる下地になるので、アイシャドウがまぶたにしっかり密着してメイク崩れを防いでくれるのです。

アイシャドウベースの使い方のポイント②まぶたに優しく指で塗る

アイシャドウベースの使い方のポイント②は、まぶたに優しく塗ることです。実は、まぶたはとても弱く乾燥しやすいのです。人の体からは見えない皮脂や汗が常に出ていますが、まぶたも同じで皮脂や汗によってダメージを受けています。乾燥している肌は、メイクのノリが悪いですよね?指で優しく塗るのがポイントです。

アイシャドウベースは弱って乾燥しているまぶたに潤いを与えて、アイシャドウが綺麗に塗れるように下地を作ってくれます。保湿成分や美容液成分が入っているものが多いのも、まぶたケアがアイシャドウの持ちを良くするポイントになっているからです。使い方1つでまぶたケアもできるのは嬉しいですね。

アイシャドウベースの使い方のポイント③下地が馴染むように2~3分おく

アイシャドウベースの使い方のポイント③は、アイシャドウベースが肌に馴染むように時間をあけることです。アイシャドウベースを塗るタイミングは、ファンデーションを塗り終えてアイメイクに入る前の下地作りのときです。自分の使いやすい指にアイシャドウベースを適量とり、指の腹で伸ばして馴染ませておきます。

指でまぶたを優しく叩くように、アイホール全体に均等にのせていきます。アイシャドウベースによってはブラシが付いていたりするので、それぞれの使い方に従ってファンデーションが落ちないように塗ってくださいね。アイシャドウベースを塗り終わったら、すぐにアイシャドウを塗らずに2,3分時間をおくのがポイントです。

アイシャドウベースを使ってアイシャドウの発色を長持ちさせよう!

アイシャドウベースは、アイシャドウの発色を綺麗な状態で長持ちさせてくれる便利なアイテムです。アイシャドウは目元の印象を決めるものなので、できる限り発色を持続したいものです。ランキング形式で紹介しましたが、どのアイシャドウベースもおすすめです。使い方のポイントも参考にして綺麗をキープしてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。