INDEX

シェーディングとは?

シェーディングの効果

シェーディングとは、ファンデーションを塗った後で鼻筋、おでこ、フェイスラインに立体感や陰影を作り出すことで顔を小さく見せるメイク方法です。顔の輪郭や、骨格の気になる部分を補正し、ナチュラルな小顔を作り上げることができます。

しかし、シェーディングを入れすぎてしまうと舞台メイクのように厚化粧になってしまい、不自然な仕上がりになってしまいます。適量を正しい位置に入れることで自然な仕上がりになります。

シェーディングだけでも、立体感を出すことができますがハイライトをうまく組み合わせると、シェーディングで陰を作ると同時にハイライトで光を集めることができ、よりメリハリのある仕上がりになります。

シェーディングの種類

パウダータイプ

パウダータイプは、粉が固体になったコンパクト型のものがほとんどです。ブラシを使い肌にのせていきますので、ふんわりとしたナチュラルな陰影を作り出すことができます。また、顔全体のバランスを見ながら少しずつ足していくことができるため、大きな失敗をしにくいのもパウダータイプの特長です。初心者の方でも簡単

クリーム(スティック)タイプ

クリームタイプはスティック状になっているものが多く、直接肌にのせたり指にのせて付けていきます。そのため、鼻筋、眉の下などの細かい部分に陰影を入れる時に便利です。クリーム状ですので、肌へしっかりと密着し、長時間崩れにくいのが特長です。なかなかメイク直しをする時間がないという日におすすめです。

ただし、クリームタイプはしっかりと肌になじませないとムラになってしまったり、付けすぎてしまうと濃すぎて舞台メイクのようになってしまいがちです。初心者の方は細かい部分などポイントで使うことをおすすめします。

シェーディングの選び方

肌の2トーン下の色を選ぶ

カラートーン

シェーディングは陰を入れて小顔に見せるという効果がありますので、自分の肌色に近い色を選んでしまうと陰を作ることができず、シェーディングを入れる意味がなくなってしまいます。

陰を入れたいと暗すぎる色を選んでしまうと、肌にのせた時にその部分だけ目立ちすぎてしまうため、自然な仕上がりにならず不自然な厚化粧に見えてしまいます。

そこで色を選ぶ時には自分の肌色よりも2トーン下の色味を選ぶと肌になじみ、自然な陰影をつくりだすことができ、立体感のある顔に仕上がります。シェーディングを選ぶ時には実際に肌にのせてみてから購入しましょう。

写真などを見ただけで色を選んでしまうと、実際に肌にのせてみたらイメージと違うということも多くあります。ナチュラルな小顔になるためには、色選びも慎重にするようにしましょう。

パール入り?マット?

シェーディングにはツヤの出るパールタイプとツヤのないマットタイプの主に2種類があります。初心者の方にも使いやすくておすすめなのはマットタイプです。

ツヤのないタイプですので、シェーディングを入れた時に自然な影として肌になじみ、膨張しにくいことからマットタイプをおすすめします。パール入りのツヤの出るタイプは、普段使いというよりもパーティーなどの華やかな場所に出かける時などに使うと良いでしょう。

プチプラ!おすすめシェーディング7選

1.メイベリン/フェイスステュディオVフェイス

Amazonで詳細を見る

メイベリンのフェイスステュディオは程よいコントラストの2色の濃淡パウダーが1つになったシェーディングパウダーです。パウダーで絶妙な組み合わせの2色なので失敗しにくく肌にふんわりとなじんでいきます。

フェイスラインにさりげない陰影を作り出してくれるため自然な小顔メイクが完成します。パウダーはとてもきめ細やかなので肌にしっかりとなじんでくれます。使い方が簡単ですので初心者の方にもおすすめです。

1色ずつ単品で使うこともできますし、2色を混ぜるとシェーディングとしてだけではなくすべての部分に使えるフェイスパウダーとしても使うことができます。これ1つでいくつかの使い方がありますので便利です。

2.メイベリン/フェイスステュディオVフェイスデュオスティック

Amazonで詳細を見る

こちらもメイベリンのシェーディングですが、パウダーではなくスティックタイプになります。ハイライトとシェーディングが1本のスティックになっているのがポイントです。これ1本持っていればメリハリのある立体感のあるメイクに仕上がります。

シェーディングはマットタイプになっていて自然な陰影を作り出し小顔効果をもたらしてくれます。ハイライトはパール入りになっており、ツヤのある明るい立体感を演出してくれます。

クリームタイプですのでなめらかにしっとりとした質感で肌にしっかりと密着してくれます。ナチュラルな仕上がりを長時間キレイにキープしてくれます。伸びが良くムラになりにくいのでクリームタイプの中でも初心者の方に使いやすくなっています。

3.ウィッチズポーチ/ラブミーブラッシャー

Amazonで詳細を見る

ウィッチズポーチのラブミーブラッシャーは全8色のフェイスパウダーで06シェーディングブロンザーがシェーディングとして使えるパウダーになっています。パールの入っていないマットタイプになっています。フェイスラインを整えてくれるナチュラルなカラーになっています。

4種類のハーブ抽出物成分が爽やかな発色と自然なツヤ感を出してくれます。長時間経ってもツヤ感が持続します。ブラシ付きなのでいつでもどこでも簡単に付けられます。ラブミーブラッシャーは01がハイライトになっています。

価格も税込1,260円とお手頃になっていますので、シェーディングとハイライトを両方揃えてメリハリのあるメイクを作り出すこともおすすめです。

4.セザンヌ/シェーディングスティック

Amazonで詳細を見る

プチプラ代表のセザンヌのシェーディングスティックになります。スティックはクリームタイプになっていますので、肌にしっかりと密着し落ちにくいのが魅力です。マットタイプですので初心者の方も使いやすくなっています。

クリームタイプですが、肌にのせるとサラサラな質感に変わりますのでべたつきません。ヒアルロン酸やコラーゲン、美容保湿成分が配合されていますので乾燥しやすい目元、口元などにもなめらかに塗っていくことができます。

アルコールフリー、紫外線吸収剤も配合されていないためどんな肌質の方も安心して使えます。価格は税抜600円と超プチプラですので、初めてシェーディングを使うという方もチャレンジしやすいですよね。

5.エチュードハウス/プレイ101スティックDuo

Amazonで詳細を見る

韓国のプチプラブランドエチュードハウスのシェーディングスティックもシェーディングとハイライトが1本になった便利アイテムです。なめらかで軽い使い心地でひと塗りで立体的な小顔を作り出すことができます。



2色展開になっていて、01はより立体的な陰影のあるフェイスラインに仕上げたい方、02はよりナチュラルに仕上げたい方におすすめです。繰り出しタイプになっているのでいつでもどこでも簡単に付けることができます。

101はone-oh-one、初心者向けという意味があります。その名の通り普段シェーディングやハイライトを使っていない方、初心者の方にもおすすめのシェーディングスティックになっています。

6.セザンヌ/フェースコントロールカラー 

Amazonで詳細を見る

こちらはセザンヌのコントロールカラーで全4色展開になっています。4がシェーディング用のパウダーになっていて、その他の3色はハイライトになっています。ブラシ付きなのでどこでも使うことができ便利なアイテムです。

シェーディングはパールの入っていないマットタイプになりますので、誰でも簡単にシェーディングを入れることができます。濃くなりすぎない発色ですので自然な陰影を作り出すことができます。

価格は税抜400円と超プチプラですので、初心者の方でもチャレンジしやすいですよね。また、3種類のハイライトの中から好みのものを選び、合わせて使うのもおすすめです。プチプラなら揃えやすいですよね。

7.キャンメイク/シェーディングパウダー

Amazonで詳細を見る

プチプラでも優秀なコスメが揃うキャンメイクのシェーディングパウダーです。2色展開になっていて、陰影を作りメリハリを出したい方は01、ナチュラルに仕上げたい方は03がおすすめです。きめ細かいパウダーが肌にしっかり密着するため、さっとひと塗りで自然な陰影を作ることができます。

平ブラシが付いているので持ち運びにも便利でどこでも使うことができます。平ブラシなので一部分に広い場所には寝かせて、鼻筋などの細かい部分はブラシを立たせて使うことで簡単に使えます。価格も税抜680円とお手頃ですので、初めてシェーディングを使う方にもおすすめのパウダーです。

もしアイシャドウのプチプラおすすめ商品にも興味があれば以下の記事をご覧ください!きっと素敵な発見があるはずですよ!!!!

Small thub shutterstock 579200722
関連記事 【プチプラ/デパコス】アイシャドウおすすめランキングTOP10|活用法

春夏に向けて、新色のアイシャドウをゲットしてはいかがですか?そこで、こ

シェーディングの入れ方

シェーディングを入れるタイミング

悩む女性

シェーディングはリキッド、パウダー、クリームなど、どのファンデーションを使っている方も入れる順番は変わりません。スキンケア→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダー→シェーディングもしくはポイントメイク、これが基本的な順番です。

パウダーファンデーションの場合はフェイスパウダーは省略します。メイクの一番最後に顔のバランスを見て、どこにシェーディングを入れる確認します。一度に付けすぎないように足りなければ足していきましょう。薄く付ける!これがシェーディングでは一番重要なポイントです。

基本的なシェーディングの入れ方

シェーディングを入れる位置「フェイスライン」「鼻筋の脇」「髪の生え際」「あご」これら4か所にシェーディングを入れることで自然な陰影を作ることができます。これ以外の場所に入れてしまうと不自然な仕上がりになってしまいますので注意しましょう。

1.シェーディングを手に取り調整する

シェーディングはブラシなどに取ったら直接塗り始めるのではなく、一度手の甲やティッシュなどでくるくるとブラシにまんべんなく粉を含ませてから塗るようにしましょう。こうすることでムラなくしっかり密着させることができます。

2.こめかみからエラの張っている部分に

シェーディングを入れる時には力を入れて付けるのはNGです。ふんわりと手の力を抜きなでるように優しく入れていくのがポイントです。

3.髪の生え際、あごにシェーディングを入れる

もみあげから輪郭、あごにかけては濃いめにシェーディングを入れましょう。正面から見た顔の輪郭をシャープにして、美しいフェイスラインにするためです。

4.鼻筋にシェーディングを入れる

鼻筋などをスッキリ見せたい場合には、鼻筋にもシェーディングを入れていきます。パウダータイプの場合には小さめのブラシを使い眉頭から鼻筋の脇に向かってサッと薄く塗っていきます。小さめのブラシでうまく塗れないという時にはクリームタイプのシェーディングを使うことをおすすめします。

顔型別の入れ方ポイント

顔型

丸顔

丸顔の方はぽっちゃりとして見られがちです。そのため輪郭を縦に見せるようにシェーディングを入れていくのがポイントです。ぽっちゃりとして見える両側のフェイスラインの外側に入れていきましょう。額からこめかみを通り頬骨の下のエラまで入れていきます。

この時に少し広めに入れていくことを心がけましょう。あごに入れてしまうと不自然になってしまいますのであごには入れないようにしましょう。

面長

面長の方は顔が長く見られがちです。そのため縦の長さを強調しないようにシェーディングを入れていくのがポイントです。縦のラインをカバーするために髪の生え際とあごにシェーディングを入れていきます。フェイスラインの両側にシェーディングを入れてしまうと、より縦の長さが強調されてしまいますので入れないように!

ベース型

ベース型の方はエラが張り男性的な印象に見られがちです。エラを強調しないようにシェーディングを入れていきましょう。エラの部分だけに軽くシェーディングを入れていきます。頬骨から上の部分にシェーディングを入れてしまうと逆にエラが目立ってしまうため入れないようにしましょう。

逆三角形

逆三角形の方はあごが尖りシャープな印象に見られがちです。丸みを出すようにシェーディングを入れていくのがポイントです。丸みを出すためにあご先にシェーディングを入れていきましょう。

あご先は付けすぎてしまうと目立ってしまいますので、軽くのせる程度にしましょう。また髪の生え際の両側の部分にも軽くシェーディングを入れるとより丸みが出てきます。

顔型といえば気になるのは顔の形別の似合う髪型ですよね!以下の記事で顔型別のショートヘアスタイルを紹介していますのでぜひご覧ください!

Small thub shutterstock 118614265
関連記事 かっこいい大人のショートヘアスタイル11選!顔型別・年代別も

すっきりショートヘアにしている大人の女性、かっこいいと思いませんか。シ

まとめ

シェーディングする女性

いかがでしたか?シェーディングは塗り方により顔に立体感が出て、小顔に見せてくれる効果があります。また、顔の形で気になる部分があるとう時にカバーしてくれる効果もあります。

カバーしたいからとたくさん付けすぎてしまうと不自然になってしまいますので薄く付けていくことを心がけましょう。シェーディングの使い方は決して難しくありませんので毎日のメイクの中にぜひ取り入れてみて下さいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。