Large thumb shutterstock 531129553

愛情不足で育った男性の特徴と見分け方。彼と幸せになるコツを掴んで問題解決。

更新:2022.10.18

子供の頃に親から愛情を注がれなかった人は、いくつかの特徴があることをご存知ですか?こちらの記事では、愛情不足で育った男性の特徴と見分け方を詳しく解説します。愛情不足で育った彼氏と幸せになるコツも紹介します。ぜひ参考にしてください!



愛情不足で育った男性の特徴5選

①依存心が強い

依存心が強い男性

愛情不足で育った男性には、依存心が強いという特徴があります。子供時代に両親からの愛情が不足していると、心が不安定なまま成長するといわれています。そのため誰かに褒められたり、優しくされたりすると、安心して気分が良くなるようです。その気持ちが強くなると、男女問わず心を許せる相手には依存しがちになります。

常に誰かが側にいないと不安になり、些細なことでも自分で決められない傾向があります。この関係が悪化すると束縛になり、相手が負担に思っても距離を置けなくなってしまうでしょう。

②自分の価値が分からない

落ち込む男性

子供の頃に両親から愛された記憶がない人は、自分の価値が分からないのです。愛されなかったことで自身の存在価値が分からず、「自分はいない方が良いかもしれない」と感じる傾向があります。

上司から叱られたり、友達からからかわれたりすると、自分のダメな部分を責め過ぎてしまうこともあるようです。「誰からも必要とされていない」と思い、人との関わりを避けて孤立してしまうパターンも少なくありません。

③愛想笑いが多い

愛想笑いをする男性

友達や同僚に嫌われたくなくて、愛想笑いが多いことも愛情不足で育った男性の特徴です。相手が機嫌を損ねるのを恐れているため、その場を穏便に済ませようとする愛想笑いが癖になっているのでしょう。最初は周りの人に良い印象を与えるかもしれませんが、愛想笑いと分かると不信感を抱く人もいます。

④人を信用できない

怪しむ男性

親に捨てられたり見放されたりした経験がある大人は、人を簡単に信用しないという心理的特徴があります。友人や恋人であっても「いつか自分を裏切るのではないか」と疑い、表面的にしか付き合えない傾向が伺えるのです。恋人に対してはSNSの投稿をチェックしたり、行動を監視したりする場合もあるといわれています。

⑤嘘をつく


噓をつく男性

愛情不足で育った男性は物事の良し悪しが分からず、平気で嘘をつく特徴があります。子供の頃に正直に言って怒られた経験が何度もあると、嘘をつくことに罪悪感を感じなくなるといわれています。嘘をついて相手に迷惑をかけるよりも、自分にとって不都合なことが起こるのを嫌がるようです。

愛情不足で育った男性の見分け方5選

①表情が豊かであるかどうか

笑わない男性

表情が豊かであるかどうかも、育った環境を知る手掛かりの一つになります。子供の頃に楽しい出来事があっても話せる相手がいないと、感情を自分の中に閉じ込めてしまうようです。大人になってからも、周りの人が笑っているのに無表情でいたり、悲しい場面で平然としていたりすることがあります。

友達や恋人からは「何を考えているのか分からない」と、距離を縮めるまでに時間がかかることも少なくありません。このタイプの男性は無理に表情を作らせるよりも、相手の意思を1番に尊重してお付き合いするのが良いでしょう。

②子供の頃の話をしてくれるかどうか

寂しそうな子供

子供の頃の話をしてくれるかどうかも、相手の育った環境を知れるきっかけになります。愛情不足で育った人は、子供の頃に楽しかった思い出が少なかったため、振り返りたくない傾向があります。周りが子供の頃のトークで盛り上がっていると、家庭環境を知られたくなくて作り話をする人もいるようです。

③爪を噛む癖があるかどうか

愛情不足で育った男性には、爪を噛む癖がある人が多いです。子供の頃にストレスの多い生活を送っていると、爪を噛むようになるといわれています。そのため爪を嚙む癖がある人は、幼少期に両親からの愛情を受けずに育った可能性が高いでしょう。

爪を嚙む癖は大人になっても抜け出せない人が多く、無意識のうちにやってしまう場合もあるようです。彼氏が愛情不足で育った人なのか気になったら、さりげなく爪をチェックしてみてください。また爪を噛む人の心理がもっと知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。


④定期的に実家に帰っているかどうか

素敵な家

定期的に実家に帰っているかどうかも、愛情不足で育った男性の見分ける方法の一つです。両親と関係が良好であれば、たとえ遠距離であっても定期的に帰省するはずです。お正月やお盆など、多くの仕事が休みになる時期であっても帰省しない人は、両親との関係がうまくいってないのでしょう。

彼氏と両親の関係が気になるなら、連休になる前に「実家に帰省するの?」と訊いてみると良いです。仕事が立て込んでいる訳でもないのに、いつも「しない」と答える人は、愛情不足で育った可能性が高いでしょう。

⑤1人でいることに慣れているかどうか

孤独な男性

愛情不足で育った男性は、1人でいることに慣れている場合が多いです。両親からの愛情を知らないので、幼稚園や学校などの集団生活に溶け込めず、孤独を好む傾向があります。コミュニケーション不足なまま成長してしまい、成人しても人間関係を円滑に築けない人が多いとされています。

愛情不足で育った男性の恋愛傾向3選

①恋人に依存し過ぎてしまう

仲の良いカップル

子供の頃に愛情を受けていない男性は、その反動で恋人に依存してしまうことがあります。両親に構ってもらえなかった寂しさを恋愛で埋めようとするので、常に恋人が近くにいないと落ち着かないようです。少しでも時間があれば恋人に会いに行きますし、こまめな連絡も欠かさないでしょう。

恋人とは四六時中一緒にいたいと思うため、同棲や付き合ってすぐに婚約したがる人もいます。恋人に愛されたい気持ちが大き過ぎるので、相手によっては重荷に感じる場合もあるでしょう。

②すぐ不安になってしまう

不安な男性

恋人が自分から離れてしまうのではないかとすぐに不安になるのも、愛情不足で育った男性に見られる傾向です。幼少期に父親・母親から捨てられた経験があると、恋人も「自分の元を離れるのでは」と不安に駆られるとされています。不安が払拭できなくて、恋人を束縛したり、監視したりしてしまう人もいるといわれています。


③束縛が激しい

彼氏の手

両親からの愛情不足がトラウマになっている男性は、束縛が激しいという特徴があります。恋人という自分に1番愛情を与えてくれる大切な存在を失いたくなくて、相手の自由を奪ってでも側に置きたがる傾向が強いです。とにかく恋人を縛り付けたがるので、女性の気持ちはすぐに離れてしまうでしょう。

彼氏からの激しい束縛に悩んでいる女性は、案外多くいることをご存知ですか?下記の記事では、束縛が激しい彼氏の心理や特徴について、詳しく紹介しています。束縛されやすい女性のタイプについても解説しているので、ぜひ参考にしてください!

愛情不足で育った男女が幸せになる方法3選

①夢中になれる趣味を見つける

楽しい趣味

愛情不足で育った人は相手に依存しがちになるため、自分が夢中になれる趣味を見つけるのがおすすめです。自分が嬉しい、楽しいと感じられる趣味があれば、恋人だけに執着することがなくなるでしょう。どんな趣味を見つければ良いのか迷うかもしれませんが、自分が興味のあるもので構いません。

好きな歌手の音楽を聴いたり、お気に入りのカフェに行ったりするだけでも良いでしょう。趣味が少しでも楽しいと思えれば仕事や私生活につながり、心が満たされるかもしれません。ただし趣味に没頭し過ぎると、恋人に対しておざなりにしてしまうので注意してください。2人で楽しめる、共通の趣味を見つけるのも良いです。

②愛情を言葉で伝える

くつろぐカップル

愛情がどういったものか分からなくても、自分の気持ちを言葉にして相手に伝えてみるのも良い方法です。遠まわしではなく、「~君が1番好きだよ」とストレートに言う方が相手には気持ちが届きやすいでしょう。親から愛情を受けていなくても、相手に与えることで自分にも返ってくるといわれています。

たくさんデートをしたり、プレゼントを贈りあったりするのも良いですが、愛のあるセリフは性別に関係なく嬉しいものです。お互いに愛情を言葉にして伝え合えば、心の隙間にある寂しさを段々と埋められるでしょう。

③自分の正直な気持ちを伝える

ラブラブなカップル

自分の正直な気持ちを伝えることも、愛情不足で育ったカップルには大切です。子供の頃に親からの愛情を受けていないと、何事もネガティブに考えるようになるといわれています。また自分の気持ちを言葉や態度に出さない傾向があり、恋人と信頼関係が築きにくいようです。

男性がストレスや不安を抱えているようだったら、ゆっくり話を聞いてあげると相手の気分は落ち着くでしょう。お互いが気持ちを伝え合えば、2人の信頼関係はどんどん高まっていくことが期待できます。

【番外編】愛情不足で育った男性への接し方3選

ここまでは愛情不足で育った男性の特徴や見分け方をお伝えしましたが、どのように接したら良いのかも気になりませんか?難しく感じるかもしれませんが、ポイントを押さえれば良い関係を築くことができるでしょう。引き続きご覧ください!

①しっかりと話を聞く

会話中の男女

愛情不足で育った人との会話は、目を見てしっかり聞いてあげてください。愛情不足で育った人は相手と壁を作りがちですが、こちらが受け入れる姿勢を見せると変わる傾向があります。「この人は自分を1番理解してくれる」と思い、気分が良くなるでしょう。話をじっくり聞いてあげれば、お互いの距離が縮まるかもしれません。

②否定をしない

女性と話をする男性

愛情不足で育った人と会話をしている時は、相手を否定することは控えるようにしてください。相手が話をしている時に、「違う」のような否定的な言葉を使うと気分を害してしまうでしょう。愛情不足で育った人はメンタルがナイーブなので、違和感があっても否定しないように気をつけてください。

③過度に優しくし過ぎない

恋人との距離感

彼氏が愛情不足で育った人だからといって、過度に優しく接するのは逆に嫌がられる場合があります。両親から愛情を受けていなくても、自立して今は幸せに自分の道を歩んでいる人もいるのです。愛情不足で育った人は可哀そうだと決めつけて、優しくし過ぎると、彼氏は見下されている気分になるかもしれません。

愛情不足で育った男性の特徴や見分け方を知ろう!

愛情不足で育った男性は、自尊心やコミュニケーション能力が低いだけでなく、恋愛面においてもうまくいかない場合があります。そのような男性とうまく付き合っていくためには、相手の思いや心理を理解する必要があるでしょう。急がずに相手が心を開いてくれるのを待って、ゆっくりと距離を縮めてください!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。