Large thumb shutterstock 167718563

『お酒飲めない女子』って実際どう思われてる?男性の本音を暴いちゃいます。

更新:2022.04.20

お酒が飲めない女性のことを、男性はどう思っているのか気になりませんか?こちらの記事では、お酒が飲めない女性に対しての男性心理を詳しく解説します。男性の本音だけでなく、飲めない女性がどう振る舞えば良いのかもお伝えします。ぜひご覧ください!



お酒が飲めない女性に対しての男性の印象

①かわいい

かわいい女性

お酒が飲めない女性は、男性にとってかわいいという印象があります。お酒をがぶがぶ飲む女性に比べて、か弱く守ってあげたい存在に思えるのです。このような男性はお酒に限らず、女性のことを優しい目線で見てくれる傾向にあります。

アルコールが飲めなくても、飲み会に出掛ける際はオシャレをしたくありませんか?下記の記事では、飲み会でのおすすめの服装を年代別に紹介しています。鉄板のファッションから、小物や季節感を取り入れたコーデも登場しますよ。可愛い服装で飲み会に参加して、男性ウケを狙いましょう。ぜひチェックしてください!

②真面目

真面目な女性

お酒の飲めない女性は、真面目そうだなと考える男性もいます。お酒を飲むと羽目を外したり、テンションが上がったりしますが、シラフの女性はそのようなことがありません。そのため本命の女性にしたいと思う男性は、案外多くいます。

③おしとやか

おしとやかな女性

アルコールが飲めない女性は、おしとやかな印象を受ける男性もいます。飲み会などアルコールを楽しむ場面では、男女問わずに大いに盛り上がる場合が多いです。しかし下戸の女性は、お酒を飲む人に比べて騒いだり、テンションが上がったりしません。そのため、男性からおしとやかで静かな女性らしい印象を受けるのです。


お酒が飲めない女性に対しての男性の心理5選

①一緒にいてつまらない

退屈な男女

お酒が飲めない女性に対して男性は、一緒にいてつまらないという場合があります。お酒が好きな男性にとっては、一緒にいる相手にもアルコールを飲んで欲しいと思います。お酒を飲んで同じテンションで盛り上がり、楽しい時間をワイワイと過ごしたいものです。

そのため一緒にいる女性がお酒が飲めないと、盛り上がりに欠けてしまいます。しかし、気になる男性がお酒が好きだからと、無理に付き合う必要はありません。ただ相手がお酒を楽しんでいる雰囲気を壊さないように、その場の空気を読むことは大切です。

②デートに誘いにくい

美味しいカクテル

アルコールが飲めない女性は、デートに誘いにくいと考える男性もいます。お酒が好きな男性は、アルコールがあるとコミュニケーションが円滑に進むと思っています。そのためお酒が飲めない女性はガードが固く、デートや食事に誘いにくいという印象を抱くのです。

もしお酒が飲めない女性とお付き合いをすると、デートや遊びのパターンが限られてしまいます。そのためお酒が好きな男性にとって、アルコールが苦手な女性とは恋愛関係に発展しにくいかもしれません。

③気を遣って疲れる

女性に気を遣う男性

お酒を飲めない女性に対して、気を遣って疲れるという男性もいます。お酒が好きで相手の状況も気にする人は、自分だけがアルコールを楽しんでいる状況に耐えられないのです。シラフの女性が自分のことを、酔っ払いや騒がしい人と警戒していないのかと気になります。そのため相手に気を遣い過ぎて、疲れを感じるのです。

④安心感がある

安心感がある女性

お酒を飲めない女性には、安心感があると思う男性もいます。アルコールが好きな女性の中には、酔って大騒ぎをしたり、喜怒哀楽が激しくなったりする人もいます。また酒癖が悪く、一緒に飲んでいる相手が嫌がる行動をする場合もあります。その点アルコールを飲まない女性は、そういったお酒関係による失敗がありません。

そのため、男性から安心してお付き合いできる相手だと思われるでしょう。また自分が酔っ払ってしまったら、優しく介抱して欲しいという願望も持ち合わせています。飲み会でお酒が飲めない女性がいるというのは、男性にとって悪いことではありません。

⑤自分も飲めないから嬉しい

楽しい飲み会

お酒が飲めない男性にとって、下戸の女性は気が合いそうな嬉しい存在です。男性は仕事関係で、女性よりも飲み会や接待の機会が多い傾向にあります。お酒を勧められても断りにくく、無理に飲んでストレスに感じる方も少なくありません。そのためお酒が飲めない同士だと、食事やデザートをゆっくり楽しめて嬉しいのです。

お酒が飲めない女性が飲み会で気をつけること

①お酒が飲めないことをアピールしない

会話をする男女

お酒が飲めないことを、アピールし過ぎないように気をつけてください。飲み会の席で下戸であることを何度もアピールされると、その場の雰囲気が悪くなります。周りからすると、飲めない女性を無理に付き合わせてしまい、申し訳なく思うでしょう。飲めないとアピールするのではなく、「苦手なんです」の一言で十分です。

②無理して飲まない

乾杯のビール

お酒が飲めない女性は、無理して飲まないように注意してください。あなたがお酒が飲めないと知っていても、中には勧めてくる人もいるでしょう。お酒を無理に飲むと、具合が悪くなったり眠くなったりして、誰かに迷惑をかけるかもしれません。自分だけでなく、周りの人も楽しめなくなるので、きっぱりと断りましょう。

③つまらなそうにしない

退屈な女性

お酒が飲めない女性は、飲み会でつまらなそうな態度を取らないように注意してください。飲み会はお酒を飲む人に比べて、下戸の人にとっては退屈な場かもしれません。だからといって暇そうにしていると、周りに気を使わせたり、場の雰囲気を壊したりすることもあります。できるだけ笑顔で、明るく振る舞うようにしましょう。

お酒が飲めない女性が飲み会で好印象を得る方法3選

ここまではお酒が飲めない女性に対する男性心理や印象をお伝えしましたが、下戸の方が飲み会で好印象を得る方法も押さえておきましょう!お酒を飲めないことを、引け目に思っている女性は案外多くいます。お酒が飲める・飲めないに関わらず、一緒に楽しい場になる方法を知っておくことは必要です。引き続きご覧ください!

①乾杯はアルコールにする

友達と乾杯

お酒が飲めない女性でも、乾杯の時は周りに合せてアルコールを注文すると好印象です。乾杯の時はビールなどアルコール飲料が定番となっており、あらかじめ用意されている場合もあります。飲めないからとソフトドリンクを注文すると時間がかかりますし、場の雰囲気に水を差すかもしれません。

飲み会が盛り上がってきたらソフトドリンクに変えて構いませんし、ノンアルコールドリンクにするのもおすすめです。下記の記事では、飲みやすいおすすめのカクテルを31選紹介しています。度数が低いお酒や甘いリキュールの種類など、たくさんの飲みやすいカクテルが登場しますよ。ぜひ参考にしてください!

②周りのテンションに合わせる

テンションの高い女性

お酒が飲めない女性も、周りのテンションに合せて盛り上がると好印象です。お酒が飲めなくても話の輪に加わったり、積極的に行動したりすることで、みんなと楽しい時間を共有できます。下戸でも周りの雰囲気に合せることができれば、お誘いの声も増えるでしょう。

③美味しそうに食事をする

会計をする女性

お酒が飲めない女性は、美味しそうに食事をすると好印象です。飲み会では食事が用意されていることが多いですが、お酒を飲んでいる人はさほど手をつけません。お酒が飲めない分料理を食べれば、場を楽しんでくれていると周りの人も嬉しくなります。またあなたへは、お酒ではなく食事を勧めてくるようになるでしょう。

お酒が飲めない女性も一緒に楽しもう!

お酒が飲めない女性に対する男性の心理や印象には、様々なパターンがあります。いずれにしても、アルコールが飲めないことを引け目に感じたり、無理して相手の行動に合せたりする必要はありません。お酒が飲めなくても、その場を楽しめる方法はたくさんあるので安心してくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。