INDEX

倦怠期の意味とは?

倦怠期の意味とは:お互いに「慣れ」が生じる時期

リラックス

カップルにおいて「倦怠期」の意味とは、恋愛において「慣れ」が生じてくる時期であると言われています。倦怠期とは、恋人と一緒にいる時間が多くなればなるほど、恋人への感情やトキメキがなくなってきて慣れてしまうのです。付き合い始めは手をつなぐだけでもドキドキしていたのに今は何とも思わないと言った具合です。

特に同棲しているカップルの方が倦怠期に陥りやすいとも言われています。早い段階で一緒に生活するようになると、恋人の普段着が当たり前になったり、わざわざ服装や化粧などを頑張らなくなってしまうからです。そうすると毎日の生活の中で、これと言って刺激も得られず「当たり前」の状態に陥るのを、倦怠期と呼びます。

倦怠期の意味とは:マンネリや別れにも繋がる

喧嘩

倦怠期がカップルにおいて大敵であると言われているのは、倦怠期によってマンネリや別れにも繋がってしまう可能性があるからなのです。倦怠期とは、相手に対する感情が高ぶらない時期でもありますから、セックスレスやマンネリとなってしまうのです。体のふれあいとはカップルにおいてとても大切なものです。

しかしそんなふれあいやスキンシップがなくなると、さらにトキメキや幸せな感情がなくなっていきます。淡々と、同じ日常を過ごしていくと他のことへ興味が沸いたり外へ刺激を求めようとしてしまうのです。そうなってしまえば最終的に「別れ」へと繋がるでしょう。

カップルにおいて性的な接触と言うのはとても大切な行為であると言われています。お互いに感情を理解しあったり、愛情を深めあったりします。カップルが分かれてしまう原因の一つに「セックスレス」が含まれることも多いのです。以下の記事では、セックスレスの解消法についてまとめられていますので、合わせいかがですか。

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方5選

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方①行かない場所へ行ってみる

ドライブ

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方について、ご紹介していきます。まず有効的なのが「普段は行かない場所」へ行くことです。付き合って間もないことは、恋人のことが好きであるからこそ、どこへ行っても楽しくてたまらないでしょう。しかし、ある程度慣れが生じてくると、いつも同じ場所では飽きてくるでしょう。

いつも同じカフェ、同じデート内容、同じ時間で解散、ではいつか飽きてしまいます。倦怠期を乗り越えるためには新しい刺激を求めるためにも、いつもは行かない場所へ出向きましょう。二人きりでカップル旅行に行ってもいいですね。ホテルのディナーなど非日常が味わえるような時間を過ごすようにしましょう。

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方②お互いにおしゃれをする

ファッション

これは、特に同棲しているカップルに向けたラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方なのですが、普段着ばかりを見ていてはトキメキが失われて行きます。つまり、適度に外へ出たりお互いにおしゃれをしましょう。倦怠期を乗り越えるために、わざと別々に時間に家を出ても良いでしょう。

待ち合わせ場所で恋人のことを待つ楽しみを思い出させてくれるはずです。特に女性は、同棲していたら普段はすっぴんで過ごしているでしょうからいつもよりも気合を入れて化粧をしたり、服装にこだわってデートに出かけるととても効果的であると言われています。

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方③ラブホテルを利用してみる

ホテル

おうちデートが当たり前なカップルは、是非「ラブホテル」を利用してみましょう。上記でもご紹介したように「セックスレス」はカップルにおいてとても重要なものなのです。ラブホテルはコンセプトが凝っているものや、とてもおしゃれで入るだけでもわくわくするようなところが多いです。

化粧品やアメニティなども豊富に取り揃えられていて、女性にはとても嬉しいものばかりなのです。たまにはそう言った非日常的な場所に出向いてみましょう。またラブホテルですから、コスプレアイテムなども用意されている場合があり、マンネリ解消につながるかもしれません。

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方④一人の時間を作ること

読書

ラブラブなカップルでいるために、倦怠化を乗り越える方法の一つが「一人の時間を作ること」です。一緒にいるのが当たり前、になってしまうのであれば自分だけの時間を作るのが効果的です。人間とは、大切なものは失ってから気づくものである、とも言われています。

自分の彼氏や彼女がいない状態を作ることで、相手の存在が大切であったと再認識することができるのです。倦怠期とは、相手の存在が当たり前になり、飽きてしまうことを指していますからその「当たり前」を一度なくしてみるのです。距離感や時間を置くことで、改めて恋人の存在が大切であったと再認識できますよ。

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方⑤時には話し合いも大切

カフェ

ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方として、時には「話し合い」も大切です。女性は特に「察してほしい」と言う感情が強く、自分の思っていることをあまり言葉にしようとしません。しかし、言葉にしないことによってすれ違いが生じてくることもあるのです。

なんだか最近つまらない・倦怠期かもしれない、と感じてきたのならなるべく早めに恋人と一緒に話し合いを行うもの大切です。自分が感じていること・したいこと・何が足りないのか、そしてどうしたら解決につながるのかきちんと答えを見つけるのが大切です。よって、絆を深めることだって可能ですよ。

倦怠期を乗り越える方法とは、詳しくご紹介してきました。付き合う日数が長くなればなるほど、どうしても慣れが生じてきてしまうものです。付き合って二年も経ったカップルはどのようにして倦怠期を避けるべきなのか、以下の記事で詳しくまとめられています。是非こちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 132049748
関連記事 付き合って2年カップルの記念日推薦プレゼント&倦怠期を避ける方法!

付き合って2年が経ったカップルは、お互いが当たり前の存在になり、素直に

倦怠期カップルの彼氏の本音4選

倦怠期カップルの彼氏の本音①彼女よりも自分優先にしたい

苦手な人

「釣った魚に餌をやらない」とはよく言ったもので、男性は特に「付き合ったことがゴール」であると考えてしまう傾向にあるそうです。一緒にいられる存在であることに「安心」してしまうのでしょう。倦怠期とは「慣れ」であると上記でも述べましたように、慣れたことによって気を使わなくなってしまうのです。

一緒にいるのが当たり前になるのが倦怠感ですから、彼女への気配りよりも自分の感情や、やりたいことが優先されて行ってしまうのです。付き合う前の緊張感も当然なくなっているでしょうから、彼女へ甘えてしまって自分を優先したいと言うのが彼氏の本音でしょう。

倦怠期カップルの彼氏の本音②倦怠期とは何なのか行動に困っている

不安

倦怠期カップルの彼氏の本音の中には、倦怠期であると感じていながらも「どうしたらいいのかわからずに困っている」こともあるようです。男性は女性に比べて感情や共感に疎いと言われています。つまり、女性の気持ちを察したり、一緒に共感してあげるのが苦手な傾向にあるのです。

しかし女性は共感を大切にする生き物です。そう言ったすれ違いなどにより、倦怠期に入っていると分かっているのにもかかわらず、共感することができず困ってしまうのも彼氏の本音としてよく挙げられています。彼女のことは大切だけれど、この感情をどう表現したらいいのか、彼女にどう伝えたらいいのかがわからないのです。

倦怠期カップルの彼氏の本音③恋人へのマイナス感情が支配している

落ち込む

上記にて倦怠期とは、でも述べたように倦怠期には「慣れ」が生じてくるのですが、何が怖いのかと言うと慣れによって「ネガティブな部分が見えてくる」ことなのです。これまでは何をするにも緊張していたり、相手に嫌われてしまわないか、などかなり気を使っていたことでしょう。

しかし、倦怠期に入ると次第に「気遣い」がなくなってくるようになります。よって、恋人の「嫌な部分」が見えるようになってくるのです。これまで気にもしていなかったのに、彼女のちょっとした仕草や言葉使いが気になったり、嫌だなと感じたりすることが増えてくるようになります。

倦怠期カップルの彼氏の本音④一緒にいすぎて疲れている

疲労感

倦怠期カップルの彼氏の本音には、一緒にいすぎたことによって、気づかぬ間に疲れてしまっていることも考えられます。これも一種の「慣れ」であるとも言われていて、距離感の近い人はその存在自体が精神的に重くなっていってしまうこともあるのです。思春期など家族の距離感に疑問を抱くのと同じ現象ですね。

決して彼女のことを嫌いになったわけではないのですが、倦怠期においてはすべてのことが嫌になってしまうこともあるようで、一緒にる時間が多いほど疲れてしまうのでしょう。倦怠期の対策と言うのは早ければ早いほどいいとも言われています。以下の記事では、倦怠期を乗り越える方法とは、プレゼントなどまとめています。

Small thumb shutterstock 565068529
関連記事 付き合って2ヶ月カップルの記念日推薦プレゼント&倦怠期を避ける方法!

付き合って2ヶ月のカップルはまだまだラブラブの真っ最中!大好きなあの人

倦怠期カップルの彼女の本音4選

倦怠期カップルの彼女の本音①ドキドキしなくなってしまった

喧嘩

倦怠期カップルの彼女の本音とは、「トキメキがなくなってしまった」です。何度も述べてきているように倦怠期において一番の敵は「慣れ」です。いつも通りの行動、いつも通りのデートでは慣れてしまってドキドキしなくなってしまうのです。女性は特に感情に敏感と言われていますから、トキメキは大切なのです。

これまでと何ら変わらない関係性や、デートの内容などによって次第に慣れていき、彼氏に対してトキメキを感じなくなっていきます。いつまでも変化のない日常につまらないとさえ感じるようです。

倦怠期カップルの彼女の本音②もっと構ってほしい

落ち込む

倦怠期において、彼女が冷たくなってしまう本音とは「もっと構ってほしい」と言う気持ちの裏返しである、とも言われています。本当はもっとくっついていたいし、もっとずっと一緒にいたいのに上手に彼氏に伝えることができず困っていることもあるのです。彼氏がどうした良いのかわからなくなるのとある意味同じですね。

本当は心から寂しくてたまらないのに、「寂しい」と伝えられないのでしょう。また倦怠期に入ったことで彼氏も彼女に対して慣れてしまっているので、彼女が満足いくくらい構ってくれない可能性も捨てきれません。

倦怠期カップルの彼女の本音③ふれあいがつまらない

喧嘩

倦怠期カップルの彼女の本音として挙げられているのが「ふれあいがつまらなくなった」でしょう。これはつまり、スキンシップのマンネリ化です。カップルにおいて体の接触は愛情の確認や絆を深める行為として大切なものです。しかし、倦怠期はスキンシップがマンネリ化してつまらないと感じるようになってしまうのです。

しかもほとんどの女性がセックスや、スキンシップに不満を抱いていたとしてもそれを彼氏に言葉で伝えることがありません。当然ながら言葉にしてくれなければ、彼氏はいつまでたってもマンネリに気づいてくれないでしょう。それによりさらにつまらないと感じていってしまうのです。

倦怠期カップルの彼女の本音④友達の方が大切になっている

女子会

何度か触れてきましたが、女性は感情や共感を大切にします。倦怠期カップルの彼女の本音とは、共感を得られない彼氏よりも友達を選びたいと言う本音です。男性が倦怠期に入ると自分優先になるのに対して女性は、友達の方を優先しがちになっていくのです。特に女性同士で恋愛相談などをしている仲であればなおさらでしょう。

自分の感情をくみ取ってくれる、一緒に話していて楽しめる相手が「友達」になってしまうことによって、倦怠期に突入してしまうのでしょう。次第に彼氏のことよりも友達のと会話や出かけることのほうが楽しくなってしまったり、トキメキが多くなることも捨てきれません。

ここまでは、倦怠期カップルの彼氏・彼女の本音とは詳しく掘り下げてきました。それでもわかるように、男女では倦怠期における本音に相違があることがわかりましたね。男女においての倦怠期の意味について、以下の記事では、さらに詳しくまとめられています。是非こちらも合わせて一読されてみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 327393953
関連記事 ラブラブカップルの倦怠期の乗り越え方とは?倦怠期中の彼氏彼女の本音も

カップルにおいて倦怠期は大敵です。倦怠期の意味とは・彼氏彼女が抱える恋

ひょっとして倦怠期かも?倦怠期診断5選

ひょっとして倦怠期かも?倦怠期診断①連絡の頻度が下がった

スマホ

どう言った時に倦怠期かもと感じるようになるのでしょうか?まず考えられるのが「連絡の頻度」でしょう。そのカップルの連絡頻度にもよりますが、今まで毎日のようにLINEを送りあっていたのに、最近は三日に一回返事が来る程度になってしまったようであれば、確実に優先順位が下がっている。と言っても良いでしょう。

彼女や彼氏からの連絡頻度が、明らかに下がっているようであれば恋人よりも別のことに夢中になっていたり、優先順位が恋人から友人や仕事になってしまっているのかもしれません。

ひょっとして倦怠期かも?倦怠期診断②スマホに常に触れている

スマホ

私たちの生活の上でスマートフォンはすでにあってはならない存在になりつつあります。だからと言って、常に見ていることはありませんよね?ましてや恋人と一緒にいるのにもかかわらず、彼氏や彼女がスマホを手放さない状態であれば、倦怠期に突入してしまった可能性が捨てきれません。

スマートフォンを見てしまうのは悪いとは言い切れません。しかし、恋人と一緒にいたり、一緒にしゃべっているのに顔を一切見ず、適当な相槌しか返ってこないのであれば、返事をしておきながらも彼女や彼氏のことなどこれっぽっちも頭にない可能性があるのです。

ひょっとして倦怠期かも?倦怠期診断③おうちデートが当たり前

暇

おうちデートが当たり前になっていたら、倦怠期になっていると言っても良いでしょう。おうちデートがいけないというわけではありませんが、デートはいつも「どちらかの家」であれば少々問題があります。外へ出かけるのがめんどうだから家でいいかと言う考えに至ってしまっているのでしょう。マンネリに繋がってしまいます。

ひょっとして倦怠期かも?倦怠期診断④自分といても別のことに夢中

嫉妬

上記ではスマホから手を離さないことについて述べましたね。これと同様に、自分と一緒にいるのにもかかわらず別のことに夢中だったり、心ここにあらずなような態度で彼氏や彼女がいる場合、確実にデートやあなたと一緒の時間に飽きてしまっていると考えていいでしょう。恋人よりも他のことの方が優先順位が高いのです。

ひょっとして倦怠期かも?倦怠期診断⑤返事がそっけない

喧嘩

日々の会話の中で注目していただきたいのが「返事の仕方」です。何においてもこれまでは関心をもって話してくれたのに、なんだか最近は「返事がそっけない」と感じることはありませんか?倦怠期の第一歩であると言えるでしょう。当たり前の存在になっているので、返事も適当で問題ないと思っているのです。

倦怠期とは、何よりも飽きてしまうことが怖いのです。倦怠期を乗り越えるためには「プレゼント」も一種の対策とされていますよね。以下の記事では、付き合って一年のカップルについておすすめのプレゼントや倦怠期を避ける方法についてまとめられています。是非こちらも一緒にご参考にされてみてはいかがでしょうか。

イライラしている倦怠期カップルには逆効果だった解消法・対処法4選

イライラしている倦怠期カップルには逆効果だった解消法①しつこい連絡

スマホ

倦怠期において逆効果であると言われている行動や解消法とは何なのか、についても見ていきましょう。まず考えられているのが「しつこい連絡」です。倦怠期に入ったことで、コミュニケーションもうまくいかないと感じてしまって不安になり、余計に恋人に連絡を入れてしまうこともあるでしょう。

しかし、かえってそう言った行動が逆効果になり得ます。恋人に対してマンネリやネガティブな感情が沸いている状態にもかかわらず、どうでも良いような内容を送り続けてしまっては「しつこい人」であると思われてしまいかねません。引き留めたくなる気持ちはわかりますが、連絡は適度にすることが大切です。

イライラしている倦怠期カップルには逆効果だった解消法②一緒にいたがる

恋人

倦怠期かも…と感じた時、どうにかしなくてはと思って無理に頑張って一緒に行こうとするのは、あまり好ましい行為であるとは言えません。倦怠期とは「慣れ」や「飽き」が出ている状態ですから、そんな時に無理に会おうとしたり一緒に行動しようとすると、次第に相手からはめんどくさいと感じられてしまいかねません。

イライラしている倦怠期カップルには逆効果だった解消法③問い詰める

喧嘩

倦怠期カップルに逆効果な解消法とは、「問い詰める」と言う行為です。「嫌いになったのか」「何か不満があるのか」と、まるで攻め立てるように問い詰める行為はかえって逆効果になってしまいます。相手にとって問い詰める行為は、まるで攻撃されているように感じるのです。余計に恋人への気持ちが冷めてしまいますよね。

イライラしている倦怠期カップルには逆効果だった解消法④嫉妬心をあおる

嫉妬

恋人の嫉妬心をあおるような行為や、相手を試すような行為は倦怠期を迎えたカップルにおいては逆効果であると言われています。まるで駆け引きのような行為は、恋人からの信頼を失いかねないのです。もう一度自分へ気持ちを向かせようとしても、相手からの気持ちが一気に冷めてしまうかもしれないので注意が必要です。

倦怠期中に恋人に冷めてしまった場合はどうする?

倦怠期中に恋人に冷めてしまった場合:思っていることを素直に伝える

カップル

もしも倦怠期の最中に、恋人への気持ちが冷めてしまったのならまずはきちんと話し合いを行いましょう。どうして倦怠期に陥ってしまったのか・何を感じているのか、など真剣に伝えてみましょう。相手に何もつたないまま別れを切り出してしまったら、後味の悪い別れ方をしてしまうかもしれません。

倦怠期中に恋人に冷めてしまった場合:自分はどうしたいのかを考える

悩み

倦怠期中に恋人に冷めてしまった場合、大切なのは「自分はどうしたいのか」でしょう。果たして、自分は別れたいのか付き合い続けたいのか、を自問自答しましょう。自分の本音に気づかなければ、曖昧な感情のままずるずると時間だけが過ぎ去ってしまいます。意味のない時間を過ごすよりも自分の気持ちにけりをつけましょう。

自分の行動に注意して倦怠期を乗り切ろう

恋人

いかがでしたでしょうか?ここまで倦怠期を乗り越える方法や、あまり好ましくない解消法など詳しくまとめてきました。倦怠期とは、有海とてもデリケートな時期であるとも言えますから、自分の行動に十分注意が必要ですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。