Large thumb shutterstock 524209768

LINEをやってない男性の心理って?特徴やアプローチする方法もご紹介!

更新:2020.10.20

あなたの周りには、LINEをやってない男性はいますか?あえてLINEを避ける男性は、一体どのようなことを考えているのでしょう。そこで今回は、LINEをやってない男性心理について解説します!男性の特徴や、アプローチ方法もまとめていますよ。



LINEをやってない男性の特徴とは?

特徴①周りの目を気にしない

自由

LINEをやってない男性は、周りの目をあまり気にしないという特徴があります。2020年のこの時代にLINEをやってない、というのは非常に珍しいです。「なんでLINEをやってないのか」と、周りから不審に思われてしまうこともあります。

しかしLINEをやってない男性は、こういった周りの意見に流されません。「LINEをやらない」という自分の気持ちを大切にして、友達や上司などの言葉は気にしていないのです。自分を明確に持っている、とも言えます。

特徴②筆不精である

面倒

筆不精だというのも、LINEをやらない男性の特徴です。LINEでは気軽にメッセージが送れる分、会話が途切れることなく続くことが多いです。また既読機能により、「メッセージを見たらすぐに返事を返さなくてはいけない」という気持ちになります。

必要最低限の連絡だけを自分のペースでやりたい!という筆不精の男性にとって、LINEでのやり取りは煩わしいものなのです。面倒なやり取りを避けるという理由で、LINEをインストールしていないと考えられますよ。

特徴③人付き合いが苦手

苦手

LINEをやってない男性には、人付き合いが苦手なタイプも多いです。友達と交流するのが苦手なため、本当に必要な時以外は連絡を取りたがりません。

LNEをインストールすると、何かとメッセージが来たり、グループなどに入れられることもありますよね。人付き合いが苦手な人は、このような事態を恐れてLINEをやらないのです。

特徴④他に集中したいことがある

集中

他に集中したいことがある男性も、LINEをやらない傾向にあると言われています。趣味や仕事などで手一杯なため、「LINEをやるくらいなら、その時間を他のことに当てたい」と考えているのです。他人からのメッセージで自分の集中を削ぎたくない、やりたいことだけをやりたい、と考えているタイプです。

特徴⑤スマホに慣れていない

スマホ

かなり珍しいケースですが、スマートフォンの操作に慣れておらずLINEをしていない、という男性もいます。機械にあまり触れておらず、スマートフォンをどう操作して良いかわからないのです。機械に詳しくない人にとって、アプリをインストールしたり文章を書いたり、という作業は難しいのですね。

上手にスマートフォンを扱うことができないため、LINEをやるのを断念してしまうのです。このタイプの男性は、スマートフォンの操作の仕方がわかるとLINEを始める可能性が高いでしょう。


LINEをやってない男性の心理7選!

心理①LINEに振り回されたくない

振り回される

LINEをやってない男性心理として、LINEに振り回されるのが嫌、という理由があります。LINEのメッセージが来ると、そちらに気が取られてしまいますよね。長時間返信を返さないと「スルーした」と言われ、友達との関係に傷が付くこともあります。

「LINEが来たらすぐに返事を返さないといけない」「メッセージが来ていないか定期的に確認しなくては」という思いに縛られるのが嫌なのです。心を乱されたくないという理由で、LINEを避けているんですね。

心理②電話で事足りると思っている

電話

電話で事足りるという理由でLINEをやっていない、という男性も多いです。気づかない可能性が高いLINEのメッセージとは違い、電話は掛かってきたらすぐに気づきますよね。伝えたいことがあるのなら、確実に連絡が付く電話をかけてくれば良いと考えているのです。

心理③連絡先を交換したくない

禁止

LINEをやってない心理には、連絡先をむやみやたらに交換したくない、という理由もありますよ。このタイプの男性は、本当に親しい友達にしか連絡先を教えたくない、と考えています。

LINEでは気軽に連絡先交換ができるため、親しくない友達にも連絡先が知られてしまう可能性がありますよね。こういった事態を恐れ、LINEをやらないという男性も多いのです。

心理④別のSNSで事足りている

SNS

別のSNSで十分事足りるという理由で、LINEを避けているケースも多く見られますよ。InstagramやTwitterなどのSNSには、個人的にメッセージを送る「ダイレクトメッセージ」という機能があります。この機能を使えば、友達にすぐに連絡を取ることができるのです。

ダイレクトメッセージ機能で友達と連絡が取れるのだから、わざわざLINEをする必要はないと考えているのですね。SNSをやっている友達とはダイレクトメッセージで、それ以外の友達とは電話で繋がる、というように使い分けをしているのでしょう。

心理⑤不要なやり取りはしたくない

やり取り

LINEをやってない男性心理には、必要なやり取り以外をしたくないという理由も考えられます。LINEは気軽にメッセージを送ることができるツールです。そのため、急用ではない内容が送られてくることもあるでしょう。こういった不要なやり取りを避けるため、LINEをやらないという選択をするのですね。


心理⑥LINEのトラブルに巻き込まれたくない

トラブル

LINE関係のトラブルに巻き込まれたくない、という理由でLINEをやらない男性も多いですよ。LINEにはグループ作成や既読など、便利な機能が多数あります。しかしこの機能によって、様々なトラブルが発生してしまうこともあるでしょう。

LINEを巡って、友達と仲違いをする恐れもあります。このようなトラブルの恐れがあるのなら、最初からLINEをしない方が良いと考えているんですね。

心理⑦LINEをやらないのがかっこいいと思っている

カッコいい

LINEをやってない男性の中には、「LINEをやらないのがかっこいい」と考える人もいます。今の時代は、ほとんどの人がLINEをやっています。そんな中でLINEをやらないという選択をすることで、「他の人と違う自分」を演出しているのですね。あえて少数派の行動を取り、自分らしさをアピールしているのです。

またこちらに、自分のことが大好きな男性の心理や特徴がまとめられている記事を載せておきます。自分大好きなナルシスト男への対応なども、詳しく解説されていますよ。是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

LINEをやってない男性の良い所とは?

良い所①必要な連絡だけができる

必要な連絡

LINEをやってない男性には、必要な連絡のみができる、という良い所がありますよ。LINEをやっていると、「いつも連絡を取っていなくては」という気持ちになりがちです。しかし相手がLINEをやっていなければ、連絡に追われることがなくなりますよ。気楽に付き合うことができます。

良い所②LINE絡みのトラブルがない

仲良し

LINE絡みのトラブルがないというのも、LINEをやってない男性の良い所でしょう。「既読をなかなか付けてくれない」「未読スルーされた」など、LINEでの連絡はトラブルが起こりがちです。しかしLINEをやってない男性が相手なら、このようなトラブルは一切起こりません。

良い所③電話で距離を縮めることができる

電話

LINEをやってない男性とは気軽に電話ができるのも、良い点だと言えます。LINEをやり取りしている男性が相手だと、電話のハードルが上がってしまいますよね。しかしLINEをやってない男性が相手ならば、電話のハードルが一気に下がります。そのため気軽に電話ができ、距離を縮めることができますよ。


LINEをやってない男性の困る所とは?

困る所①電話に通話料がかかる

料金

LINEをやってない男性の困る所は、電話に通話料がかかることでしょう。LINEは無料で通話ができますが、普通の電話は料金がかかってしまいます。料金がかかるのは困る、迷惑だと感じる女性は多いですよ。

困る所②個別に連絡をしなくてはいけない

連絡が取れない

個別に連絡を取る必要があるのも、困る点の一つでしょう。LINEをやっている人ならば、一つのグループにまとめて一斉にメッセージを送信するだけでOKです。しかしLINEをやってない場合は、その人だけ個別に連絡を取らなくてはいけません。スムーズな連絡ができず、困ることが多いですよ。

困る所③連絡係に任命できない

困る女性

連絡係に任命できないのも、LINEをしない男性の困る所です。LINEをやってない人は、当然ながらLINEでの連絡ができません。他の人に比べて連絡がどうしても遅くなってしまうため、連絡係を頼みにくくなるのです。

LINEをやってない男性へのアプローチ方法3選!

アプローチ法①電話をかける

電話をする

アプローチ方法としておすすめなのが、電話です。直接話すことができますし、細かいニュアンスなどもしっかり伝えることができます。一気に距離が縮まるアプローチですよ。

またこちらに、好きな人に電話をする時の方法がまとめられた記事を載せておきます。話題や電話をするタイミング、切り方などが解説されていますので、是非参考にしてくださいね。

アプローチ法②ショートメッセージを送る

メッセージ

ショートメッセージを利用するアプローチもおすすめです。携帯電話を使っているのなら、機種やキャリアに関係なくショートメッセージが利用できます。簡単なメッセージならやり取りできますし、既読機能などもないため煩わしさを感じさせる心配もありません。

アプローチ法③SNSにコメントをする

コメント

SNSのコメント機能でアプローチするのも良いでしょう。InstagramやTwitterなどに男性が投稿したら、そこにコメントをするのです。投稿へのコメントならば重たさもありませんし、相手に負担をかけずに繋がることができます。

LINEをやってないのが本当か嘘が見抜く方法とは?

LINEをやっていないと言う男性の中には、本当はLINEをやっているのに嘘をついている、という人もいます。そこで以下に、「LINEをやってない」という言葉が本当なのか嘘なのか、見極める方法をご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

①使っている携帯の機種を見る

携帯の機種

LINEをやってないという男性がいたら、その人が使っている携帯の機種を確認してみてください。スマートフォンではなくガラケーを使っているのなら、やってないという言葉は信憑性が高いです。一方スマートフォンを使っているのなら、嘘をついている可能性が高いですよ。

②普段の連絡ツールを聞く

質問

LINEをやってないという言葉が嘘か知りたい方は、普段使っている連絡ツールを尋ねてみましょう。本当にLINEをやっていないのであれば、具体的なツールを提示してくれるでしょう。

しかし嘘をついている場合は、言葉に詰まることが多くなります。「電話とかパソコンを使って…」と、曖昧な回答が返ってきた場合は、嘘をつかれている可能性が高まりますよ。

③LINEで電話番号検索をしてみる

検索

LINEの検索機能を使い、電話番号を検索してみるのもおすすめです。電話番号を入力してアカウントが出てくるのであれば、嘘をついている証拠です。検索してもアカウントが出てこない場合は、嘘ではない可能性が高いでしょう。

ただし検索に引っかからないようにしている場合もありますので、100パーセント確実だとは言えません。嘘を見破る一つの方法として、試してみてください。

LINEをやってない男性の心理を知ってアプローチ方法を考えましょう!

LINEをやっていない、やりたくないと考える男性には、それぞれ心理や理由があります。LINEをやらない男性がどのようなことを考えているのか知ることで、適切なアプローチ方法も見つかりますよ。是非今回紹介した心理や特徴を参考に、LINEをしていない男性との付き合い方を考えてみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。