Big shutterstock 551171755

目次

はじめに

付き合ってみるまで知らなかったけれど、いざ付き合ってみると「どうやら彼氏はプライドが高い男みたい」なんてこともありますよね。こうしたプライドが高い男はなかなか扱いが難しかったりするんですよね。小さな争いから大喧嘩になることもありますから。

でもプライドが高い男というのは、その心理を知っておくだけで無駄なケンカを防ぐことができますし、何より彼氏に振り回されることが減って、自分がイライラもしないといい事がたくさん。

一見「プライドが高い男は恋愛すると面倒くさい」なんて思われがちなのですが、考え方を変えるだけで上手に彼氏の心理をコントロールすることができるようになるんです。実際にどんなことをしていけばいいのか、ちょっと見てみましょう。

プライドが高い男の特徴って何?

プライドが高い男の心理を操るには、まずその男の特徴を知っておかなければなりません。細かく見ていくとたくさん特徴があるんですが、結局はここに書いた3つに集約されるんです。貴方の周りにいる男性や彼氏、こういった人いませんか?

ここに当てはまる人は「プライドが高い」と言えそうです。普段の行動や言動をじっくり振り返ってみてください。プライドが高い男性は面白いほどこの3つの特徴が当てはまります。

相手よりも優位に立ちたがる

ビジネスシーンで部下の女性とパソコンを見る男性

プライドが高い男というものは、まず人間関係で自分が上にいたいと感じる生き物です。友人関係や彼女に対しても、常に上の立場でなければ気に入らないんです。良い言い方をすればリーダーシップが取れる人、とも言えそうですが、話題や物事の中心にいないと気がすまないちょっと子供っぽい一面も。

上から圧力をかけて話しをするような人はまさにこのタイプです。またお店の店員さんにタメ口で話す、ものすごく偉そうな態度を取る、という方も「相手よりも優位に立ちたい」という気持ちが顕著に現れている結果ですね。

自分が相手よりも上、という風に相手に思わせたいので、強気な態度や言葉となって出て来る人もいます。しかし逆に周囲を貶めるような発言をしたりして、周囲を下げて自分がそのままの立ち位置にいるという人もいます。

自分の間違いやミスを認めたがらない

女性の手を引っ張って行こうとする男性、拒否する女性

自分が間違っていたり、ミスをしてしまったようなケースではなんとか屁理屈をこじつけてでもそのミスを認めようとしない人もプライドが高い男の特徴です。なぜならミスを認めてしまえば自分が頭を下げなければいけなくなります。

明らかに自分が悪いのに「なんでオレが頭を下げなきゃならないんだ」「オレは何も悪くない」という人や、言い訳をしたり人のせいにしたりする人が多いのも特徴ですね。

仕事なんかではこういうタイプの人をよく見かけることがありますが、日常生活だってこういう人はあまり変わりません。彼女とのデートでレストランの予約日を間違えた、行き先を勘違いしていた、なんてことがあってもなかなか「ごめん」が言えないタイプです。

承認欲求が強い

カフェでノマドワークをする男性

承認欲求とは「他人から認めてもらいたい!」という思いが強い人のことを指します。プライドが高い男は「やっぱりあの人じゃないと」「彼がいないと難しいんじゃないか」といった評価が周囲から欲しくて欲しくてたまりません。

おればっかり仕事押し付けられちゃって参っちゃうよ、なんて言いながらもなんだか嬉しそう、という男性を見たことがありますよね。仕事なんかでは難しい局面でも、がむしゃらに乗り切ったりするタイプなので重宝されたりすることもあります。

しかもこのタイプの男性は「すみません、これは難しくて無理です」と頭を下げたくないものですから余計にがんばります。なので認められたいという思いが強ければ強い程、それに合わせてプライドも高くなる男性が多いんです。

プライドが高い男の特徴

「高圧的」「謝らない」「認められたい」この3つがプライドが高い男によく見られる特徴です。

プライドが高い男の心理はたった1つ?

プライドが高い男の特徴を3つ見てみましたが、実はこの特徴の根幹にある心理はたった1つしかないんです。まずその心理とは何なのか、またその心理をどう利用すれば、彼のプライドを傷付けることなく上手にコントロールすることができるのか必見です。

自分と相手の立ち位置が上であること

ビル群を屋上から見下ろすビジネスマン

プライドが高い男の心理は、自分と相手の立ち位置に終始します。自分と比べて相手は上なのか下なのか、という視点で物事を見ています。同僚や友人、彼女、家族などの関係で自分の立場が上にあることを望んでいます。

だから高圧的な態度や言い方になったり、「ごめん」が言えなかったり、周囲から頼られたいなどの願望があったりするわけです。仕事なんかでこういうタイプは周りを引っ張っていってくれたり、リーダーシップを発揮してくれる場面も多いので助かることもあるんです。

けれどこれが自分の彼氏だった場合、少し疲れてしまいます。彼氏の言うことを全て受け入れてしまうと自分をどんどん押し殺していかなくてはいけませんし、彼氏の意見を無視してしまえば意見の対立が起こることが目に見えています。

その心理を上手に利用するには「男を立ててあげる」といい

笑顔の男性に後ろから抱きつく女性

”相手よりも自分が優位でいたい”というプライドが高い男の心理ってちょっと面倒ですね。けれどもその心理を上手に利用するには「男を立ててあげる」と上手くいくことが多いんです。なんだか難しそうなんですが、ものすごく簡単に「男を立てて」あげることができる鉄則があります。

それは「決めさせてあげる」ことです。例えばどこかに旅行に出かけるとしましょう。女性が勝手に行き先や宿泊先を決めてしまうと”勝手に決めやがって”という思いが先に立ってしまいます。なので相談してどこが良いのか決められないから相談に乗って欲しい、と頼ってあげるんです。

するとプライドが高い男は、旅行の行き先も頼ってくれた、こんなところに行きたいっていうから探してみるか、よしここだ!と上機嫌になってくれます。貴方がどうしても行きたいところがあるならば、相談の段階で最終的にそこに行き着くような条件を出しておくことがポイントです。

”手の平の上で転がしてる”意識を持つと楽しい

操り人形を操作する手

何もかも女性が我慢をしてしまうといつかは爆発して、関係が壊れてしまいます。なので男を立てるといっても我慢するのではありません。仮に貴方が決めていることがあれば、そこに誘導してあげればいいんです。

それができれば彼氏のプライドを傷つけることなく、物事が回っていきます。こんな風にコントロールできるようになって”手の平の上で転がしている”と思えてくると結構楽しくなってきます。夫婦の中には実際に亭主関白に見えても、裏で全部奥さんが糸を引いていた、なんてご家庭もあるくらいですから。

相手より優位にいたいならいさせてあげよう

上の立場にいたいプライドの高い男にはそうさせてあげましょう。けれどもそれを上手にコントロールするのもまた快感です。

プライドが高い男を上手くコントロールにはどんなことをすればいい?

実際にプライドが高い男をコントロールするにはどうすればいいのか、実例を上げて解説しちゃいます。普段の生活でもよく出くわす場面ですからチェックしておいて損はありませんよ。

後輩を交えてのカフェなんかでは支払いをお任せしちゃう

カフェでスマホを見る男性

例えば後輩カップルを連れてカフェに行ったときなんかを想定してください。別におごる必要もないけれど、サッと会計を済ませてくれるとかっこよく見えますよね。支払いをしようとしている男を制止して「みんなで割り勘にするから」と言うとちょっと不機嫌に。

だって本人はカッコつけたいんですから、こんなときは支払いをお任せしちゃいましょう。またお金がなくて支払えないような場合でも「オレが払わなきゃカッコ悪い」と考える人も。そんなときは後輩カップルとの合流前に「支払いはこれで済ませなよ、今後のデートはおごってね」とお金を預けておきます。

すると後輩カップルからは「ありがとうございます」とお礼を言われることになりますし、また彼氏もちょっといい気になれたりしますからこういうシチュエーションではプライドが高い男を持ち上げるには最高ですよ。

デートで道に迷ったり間違えたりしても責めない

ドライブ中のカップル

デート中に迷ってしまったり、道や時間を間違えてしまったりというのはよくあることです。そんなとき「ちゃんと確認しといてよ!」と間違っても怒ってはいけません。想定外のことが起こってプライドが高い男もイライラしているからです。そのイライラに油を注ぐような真似はいただけません。

そんなときはすぐに違う代替案を出して相談してみましょう。別に遅くなっても大丈夫だから予定していたところに行きたいな、○○方面にきちゃったなら行きたいところがあるんだけどどう?、のような感じです。

上手に機転を利かせてプライドの高い男のイライラを気持ちよく沈めてあげられればベストです。「ちょっと間違えちゃったけど彼女がこうして喜んでくれるならまぁいいか」と思わせるのがポイントですね。

ケンカは感情的にならない

ハートマークが壊れてしまったカップル

よく男女でケンカになると男性は理屈を通そうとしますし、女性は感情的になってぶつかります。そもそも男女のケンカの仕方が相入れませんからプライドが高い男とのケンカは得策ではありません。

けれどどうしても意見の食い違いでぶつかることもお互いにあるはずです。ですが貴方が感情的になっているところに、プライドの高い男が「ごめん、オレが悪かった」と謝るでしょうか?男性が決定的に悪い場合を除けばおそらくケンカの規模が大きくなるだけでしょう。

とにかくまず一歩引いてみて、冷静に自分を見つめてみましょう。そこで何がして欲しかったのか、どうしたかったのか、許せないことがあったのなら何を直して欲しいのか、などをまず考えて頭の中で整理をしてみることです。頭の中で整理ができたら、それを1つ1つ彼に問いかけます。

これでやって欲しかったこと、やりたかったこと、許せなかったこと、直して欲しいところがキチンと伝わります。感情的になるとこれが通じませんから、さらにケンカがこじれます。ですがこのようにしっかり意思が伝わればプライドが高い男にも伝わります。

けれどもプライドが高い男にありがちなのが、このように自分がどうしてほしいのかしっかり伝えた場合でも、それを鵜呑みにするのは良しとしない考えの人が多いんですよね。なので「じゃ、これはこうしたらどうだ?」と妥協案を探ってきたりすることもあります。プライドの高い男の宿命でしょうか。

「よくわからないことはやりたくない」まず一緒にやってあげる

男性の手を引く女性

ものすごく簡単なことでもプライドが高い男は「失敗したくない」という思いがあります。なので初めてやるようなことは強い拒否反応を示すことがあります。実際にそれを頼んでやってもらった場合、よくわからなくて失敗、やり直しともなればプライドが許さないからですね。

「分からないから嫌だ」と頼まれたことを頑なにやろうとしない男性もいるんです。この言葉ある意味真理をついていて「分からない」なら、体験させて「分かる」ようにしてあげれば次から簡単にやってくれるなんてこともあるんです。

なので貴方にとっては簡単で常識なことでも「今度からこういうこともやって欲しいから、まず一緒にやってみようよ。」と持ちかけると非常に効果的なんですよ。

男になんでも最初に相談してみる

男女が向かい合ってスマホで調べ物をしている

プライドが高い男っていうのは、勝手に何かを進められた、という事実にものすごく敏感です。なのでなんでも自分で決めたい女性の場合は非常に面倒かもしれませんが、最初に相談してみるクセを付けると男性のプライドを傷つけることなく生活することができます。

相談を受けたとき男性には3つの選択肢が浮かんできます。それは「得意分野」と「苦手な分野」、「興味がない分野」です。得意分野なら食いついてくるんですが、苦手な分野は明らかに冴えない返事が返ってきます。興味がない分野もどうでもよさが返事ににじみ出ていると思いませんか?

得意分野の場合は決定権を完全に彼に渡してしまいましょう。そして苦手な分野、興味がない分野に関しては「それなら私が決めちゃってもいい?」と聞いてみてください。この一言を聞いておくだけでプライドが高い男でも問題なく計画を進めていくことができるようになりますよ。

彼氏に”いい格好”をさせてあげられるとベスト

「彼がやってくれた」「いつもありがとう」と彼氏に”いい格好”させてあげると本当に気持ちよく舞い上がってくれます。プライドが高い男だと分かっていてもなんだか可愛く見えてくるものです。

まとめ

プライドが高い男との恋愛はなかなか気をつける点が多くて面倒かもしれません。けれどもそんな男の心理を上手にコントロールして付き合えるようになると、実は意外にも簡単に”手の平で転がすことができる存在”であることに気付くことがあります。

プライドが高い男のプライドを傷つけないようにしながらも、実は貴方が実権を握っている。そんな風に上手く関係を築けていければお互いストレスなく過ごすことができると思いませんか?

友達から「○○ってさ、彼氏の扱いが上手だよね。」なんて言われるようになればしめたもの。手がかかる彼氏を貴方の手の平で転がしちゃいましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。