Big shutterstock 175746635

目次

元彼を思い出す瞬間とは?

元彼を思い出す瞬間⑴:元彼の名前を見かけたとき

SNSで元彼を見つけた女性

SNSやネット上などで、偶然元彼の名前を見かけ、「懐かしいな、どうしているのかな?」と思い出すパターンです。あるいは共通の知人から名前を聞いたり、人によっては、社内報や、同窓会報などで名前を見かけたりといったパターンも多いかもしれません。

元彼を思い出す瞬間⑵:思い出の場所を訪れたとき

元彼と訪れた思い出の場所を訪れる女性

元彼とデートで訪れた場所や、行きつけていたお店などを訪れたときに、彼と過ごした時間を思い出すこともあるでしょう。当時の胸が高鳴る感覚や、彼に触れたときの感触、彼の声、におい、服装…

まるで当時に戻ったかのように、五感を伴ってフラッシュバックするのが特徴です。 もう別れてしまって普段は忘れていても、彼との記憶は潜在意識にしっかりと刻み込まれているのです。

元彼を思い出す瞬間⑶:思い出の品をみつけたとき

元彼との思い出の品

家を掃除していたら元彼と撮った写真が出てきたとか、元彼がくれた手紙が出てきたといったケースはもちろん、元彼にもらったプレゼントと同じものを街中で偶然見かけて元彼を思い出すこともありますね。

「こんなことがあったな」「あんなこともあったな」なんて、付き合っていた当時の記憶がよみがえるのが特徴。記憶が記憶を呼び、過去のことをどんどん思い出してしまい、止まらなくなることもありますよね。

元彼を思い出す瞬間⑷:今の彼に不満があるとき

今の彼氏に不満をもつ女性

案外女性で多いのがこのシチュエーション。元彼と別れて今の彼と付き合ったはいいけれど、上手く行かない時に「元彼のほうが良かった」と感じ、元彼を思い出すことが多いのです。

実は、現在付き合っている彼と元彼を比較してしまうことは、無意識レベルでは誰でもやってしまうこと。 比較事体はNGではないのですが、露骨に出してしまうとトラブルの元になります。まずは今の彼との関係に集中しましょう。

元彼を思い出す瞬間⑷:元彼との記念日の当日

クリスマスの女性

元彼の誕生日や元彼との半年記念日や一年記念日やクリスマスの当日は思い出したくなくても、元彼との思い出を思い出してしまうものです。そしてこういったパターンでは、独り身だった場合は辛い思い出になることが多いのでなるべく思い出さないように記念日などはカレンダーなどから消しましょう。

逆に彼氏がいる場合は嫌でも元彼と彼氏を比べてしまう場合が多いです。特に自分の誕生日プレゼントが元彼の方が豪華だった場合はより元彼に不満を思ってしまうことも...

こういった比較をしてしまうのは女性の悪いところですよね。ただこれが原因で今彼との破局に繋がる可能性もあるので比較はなるべくしないように今彼のことだけを考えましょう。

元彼を思い出す瞬間⑸:元彼の知り合いと出会った時

友達と話す男性

知人の紹介から付き合った、友達から恋人になった場合などは二人の関係性を知っている人が必ずいますね。そういった人と話をすると必ずといっていいほど元彼の話に発展するはずです。

いくら二人の関係性を知っているからといってやはり恋愛の話は盛り上がるので躊躇なく元彼のことを話題にするはずです。それが笑い話で済めば良いのですが、元彼に未練があったり浮気されたりとあまり良い別れ方をしなかった場合はそういう話題はあまり好ましくないですね。

なので元彼を思い出すことが嫌な場合は、友達にきちんと元彼の話はしたくないと言いましょう。友達というのは自分の良き理解者ですので一度釘をさせばあなたのことを理解してくれるはずです。

元彼を思い出すときの気持ちは?

懐かしくて幸せな気分

元彼を思い出して笑う女性

元彼を思い出すシチュエーションで代表的なもの4つを挙げましたが、その思い出した瞬間にどんな気持ちを抱いたかを観察することで、深層心理を知ることができます。

「あの時は楽しかったな」「いろいろあったけど素敵な人だったな」と、前向きにとらえ、幸せな気分でいられるなら、元彼は過去の人として心の整理ができているといえるでしょう。

どのような理由であれ、愛した人と別れるという決断に至ったわけですから、悲しみや苦しみはあったでしょう。その元彼を思い出し、幸せな気分でいられるということは、あなたが別れを克服し、成長したという証拠なのです。

嫉妬してしまう

嫉妬する女性

元彼の現在の相手に嫉妬してしまうとか、元彼が幸せそうなことが妬ましいという感情を持つ女性も多くいます。それは元彼への未練をいまだ引きずっている証拠かもしれません。

あるいは、元彼と別れたときの状況がいまだに納得できないという気持ちが、消化せずに残っているのかもしれません。いずれにしても、嫉妬という心理をもう少し深く探ると、それはあなたが今の状態に何らかの不足を感じているからこそ抱く気持ちなのです。

まずは自分自身の現在の生活を充実させ、少しずつでも幸せな気持ちになる時間を増やしていきましょう。そうすると自然に嫉妬心は影を潜めていきますよ。

つらい思いがよみがえる

辛い思いをする女性

一度は愛した人なのに、つらいと思わせる原因は何でしょうか?別れた状況が納得できなかったのでしょうか?付き合っているときの元彼の言動に傷ついたからでしょうか? つらい思いを抱き続けている限り、無意識に心が後ろ向きになってしまい、新しい恋愛も上手く行かなくなってしまいます。

けれども、つらい気持ちに蓋をして明るく振舞ったところで、一時的に気分が良くなったとしても、何かの拍子にまた元彼のことを思い出してしまいます。 まずは、つらい思いから立ち直っていないということを認め、自分と向き合うことが必要です。

今の彼よりも良かった

彼氏と仲良くする女性

今の彼との関係が上手くいっていないときや、喧嘩したときなどに元彼が懐かしく思えてしまい、やるせない気持ちになることがあります。

「元彼はこんなことで怒らなかったのに」とか、「元彼はもっと優しかった」などと、今の彼への不満とともに元彼への思いが噴出する気持ちはわかりますが、これは「隣の芝生は青く見えている」状態である可能性が高いです。

「隣の芝生は青い」ということわざは、人間の心理をよく表していて、他人のものや距離感があるものは良く見えるものなのです。ですから、別れて距離ができてしまった過去の彼は美しく見えがちである一方、今の彼は自分の彼氏でいることが当たり前で、欠点も目に付きがちです。

逆に元彼は元カノを思い出すの?

半数以上の元彼は元カノを思い出す

元カノを思い出す男性

あるサイトの調査によると半数以上の元彼は元カノを思い出したことがあるようです。さらにその半分つまりは全男性の25%は復縁を考えたことがあるようです。

実は男性は女性よりも過去の恋愛を引きずる傾向にあるようです。というのも男性とは女性に対して所有物感を抱いており、その所有物である彼女がいなくなった時の喪失感により過去の恋愛を引きずると考えられます。

恋愛の捉え方は、女性:上書き保存、男性:名前をつけて保存

仲の良いカップル

こういった若干の男女の恋愛観の違いをよく、男性は名前をつけて保存・女性は上書き保存を例えることがあります。男性は今まで何人付き合ったのか何人と関係を持ったのか把握していることが多く、女性を所有物として認識しているところからきています。

男性が処女を好きな理由も、自分がその初めての所有物になりたいという思いからきていると考えていいでしょう。逆に女性は最後の女になりたいと思う人が多く一途にその男性を思うことから、名前をつけて保存という恋愛観を持っていると言われています。

元彼に会いたい時の対処法は?

過去の人だと割り切る

泣いている女性

「あの時あんなこと言わなければ…」「もう少し私が素直になっていたら…」と、過去のことを悔やんだり、記憶がよみがえったりすることはあるかと思いますが、人生はどんな道を選んでも自分次第で最高の結果が出るようにできています。

過去に戻ってやり直すことはできないのですから、「タラレバ」を考えても進歩はありません。それどころか、今できる最善の選択さえ見逃してしまうことになっていきます。ですから「元彼は過去の人」と決めてしまって、割り切ることはとても大切なのです。

他のことに熱中する

他のことに熱中している女性

どうしても元彼への思いが脳裏にべったりとはりついてしまい、とらわれてしまうという人は、恋愛以外の何かに熱中するという手段が有効だったりします。

仕事や友達との旅行、映画を見る、趣味を始める、など自分の好きなことでOKですが、没頭できる環境を作ることが重要。 特に趣味がないという人におススメなのはスポーツ。

体を動かしていると、心も統一されていき、いつのまにか元彼のことを忘れているはずです。一時的にでも元彼のことを忘れられると、心もスッキリしてきます。

元彼との思い出を活かす

元彼を思い出す女性

過去に戻ることはできないのですが、過去に元彼と経験した思い出を今の自分に活かしていくことはできます。 今までなかったのに、やたらと元彼に会いたいと思うことが続くときなどは、もしかしたら元彼との思い出の中に、現在あなたが抱えている問題を解決するヒントが隠されているのかもしれません。

元彼があなたをよく理解してくれていた人であるなら、交際期間は元彼は一番身近な存在の他人であったはず。あなた自身も気づかないあなたの長所や短所に、客観的に気づいていた可能性が高いのです。

「あのとき元彼にもあんなことを言われたなあ」と今思い出すことで、解決できる問題はありませんか?元彼に実際に会うことはできなくても、彼と共有した記憶を活かしていくことで、思い出を前向きに還元していく方法です。

元彼と復縁したい場合は?

可能性はあるかどうか

復縁可能性を探る女性

「割り切ることも忘れることも絶対にできない。元彼と復縁したい」。そんな確固とした願望がある場合は、復縁に向けて努力してみるのも良いかもしれません。

しかし、ここで重要になるのが復縁できる可能性が高いかどうかです。 別れ方や相手の状況にもよりますが、一般的に元彼に会うことができれば復縁の可能性はあります。

あなたがいまだつらい思いを引きずっていたり、元彼に嫉妬していたりする状態だと、敏感にその心理を感じ取られ、復縁は上手く行かないことが多いです。

期待せず連絡してみる

元彼に連絡する女性

「元彼が懐かしくて幸せな気分」というところまで気持ちを消化できた上で、復縁をしたいというなら、元彼に実際に連絡してみるのも良いでしょう。

その際、最初から復縁願望を伝えるのではなく、「久しぶり。どうしてる?」といった軽い挨拶程度にとどめておき、様子を見ます。その後やりとりが楽しく続くなら、会ってくれる可能性があります。

ただ、期待すると、息苦しさが伝わってしまいますので、連絡をしたなら一旦復縁したい願望は忘れて接するくらいがちょうどよいでしょう。

元彼を思い出す瞬間のまとめ

いかがでしたか?元彼を思い出す瞬間をシチュエーション別にまとめ、さらに深層心理、忘れる方法、復縁したい場合まで迫ってみました。元彼を思い出すことは悪いことではありません。

なぜなら、恋愛のパートナーは自分自身の鏡、つまり過去のあなた自身なのです。 ですから、元彼に感謝する気持ちを持った上で、前向きに今を楽しみ、充実させることができると良いですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。