Large thumb shutterstock 557070736

【無印良品】おすすめアトマイザーを紹介!失敗しない詰め替え方法も解説!

更新:2021.01.13

無印良品のアトマイザーの、おすすめポイントや特徴は何か気になりませんか?香水を入れるのに便利だと評判の、アトマイザーについての特徴を、商品情報と一緒にまとめてみました。失敗しない詰め替え方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

無印良品のおすすめ|香水アトマイザーの特徴

①香水専用の携帯ボトル

無印良品のアトマイザーは、香水専用の携帯ボトルです。外出先で薄れてしまった香りを復活させるには、香水を付け直すのが一番ですね。しかし、香水のボトルはほとんどがガラス製で、それなりの大きさがあります。バッグの中にそっと忍ばせておくには、存在感も重さもありすぎるという問題が生じます。

そんなときに便利なのが、無印良品の香水アトマイザーです。リップクリームサイズの大きさなので、香水を詰め替えてしまえば、簡単に携帯することができます。軽くてかさばらない、理想の携帯ボトルです。

無印良品の人気のアトマイザーで香水を携帯するなら、付ける場所やタイミングなどにも注意しておきたいですね。こちらの記事では、女性の香水の付け方や使い方を詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

②アルミケースで劣化を防ぐ

鏡と香水

無印良品の香水アトマイザーは、ガラス瓶の入れ物を、アルミケースで覆う仕様になっています。光による劣化から、香水を守るためですね。

香水を毎日携帯していると、どうしても光に当たる可能性が高くなります。しかし、香水に含まれているアロマオイルなどの成分は、日光に当たったりすると、油が酸化して香りを劣化させる恐れがあります。無印良品の香水アトマイザーなら、アルミケースが光を遮断してくれるので、安心して携帯できますよ。

③詰め替え用のスポイト付き

香水をつける

無印良品の香水アトマイザーは、入れ物だけでなく、詰め替えに便利なスポイトも付属してきます。香水をこぼさずに、入れ物から入れ物に移すには、絶対に必要なアイテムですね。別売りのものを、わざわざ購入する必要がないので便利です。

アトマイザーを使用するのであれば、詰め替える香水にもこだわりたいと思いませんか?こちらの記事などで、人気の香水をチェックして、アトマイザーに入れるものを厳選してみるのはいかがでしょうか。

無印良品のおすすめ|香水アトマイザーの商品情報

①サイズと容量

ガラスのアトマイザー

無印良品の香水アトマイザーは、17×75mmというコンパクトなサイズです。リップクリームと比較すると、ほぼ同じサイズになりますよ。容量は約4.8mlですね。香水アトマイザーの入れ物に、香水をしっかりと入れても、全体的な重さは15gほどにしかなりません。簡単に携帯できるので、活用してくださいね。

②値段

メイクポーチ

無印良品の香水アトマイザーの値段は、750円(税込)です。少し高めの値段設定ですが、内側のガラス瓶や外側のアルミケース、スプレー部分など、かなりしっかりとした作りになっています。値段以上の価値があるので、ぜひ試してみてください。

③パーツ

アロマオイル

無印良品の香水アトマイザーの本体は、全部で4つのパーツに分けられています。「アルミキャップ・スプレー部・アルミケース・ガラス瓶」ですね。

そのため、香水を詰め替えるときは、アルミ部分とスプレー部分を外し、ガラス瓶の入れ物を取り出してから行う必要があります。また、詰め替えたあとは、液漏れを防ぐために、スプレー部分をしっかりと閉じるのを忘れないようにしましょう。付属のリフィルパーツとしては、ポリエチレン製スポイトが付いてきます。

アルミアトマイザー

サイズ 約17×75mm
容量 約4.8ml
値段 750円(税込)
付属品 ポリエチレン製スポイト

無印良品のおすすめ|香水アトマイザーの口コミでの人気

良い口コミ①液漏れしない

バッグと中身

無印良品の香水アトマイザーは、横になっても液漏れしないと口コミで人気です。香水を詰め替えて使う携帯ボトルなので、密閉性が心配だと感じる方も多いのではないでしょうか。

無印良品のアトマイザーの場合、スプレー部分などがしっかりと閉じるようになっていることから、他のメーカーと比べてもかなり人気が高い商品になっています。デザインもシンプルで好評ですし、大きさもちょうど良いので、初めて香水を携帯する人にもおすすめですよ。

良い口コミ②アロマオイルにも使える

オイルと乳鉢

無印良品の香水アトマイザーは、アロマオイルの携帯ボトルにも使えると、口コミで人気です。自分に香りをつけるだけではなく、外出先の空間の香りを調整するのにも便利な使い方ですね。香水をつけない人におすすめできます。

ただし、無印良品の商品は、注意書きにも「香水・オードトワレ専用」と明記されています。人気の商品ですが、香水関連以外の液体の入れ物には適していないとされているので、扱いには十分に注意しましょう。

悪い口コミ:キャップが外れやすい

蓋が開いた瓶

無印良品の香水アトマイザーには、キャップが外れやすいという悪い口コミもあります。バッグなどに入れて持ち歩いているうちに、外れてしまうことがあるのですね。しかし、外れるのはキャップだけで、香水が漏れる心配はありません。

何度もキャップを付け直すのは手間ですが、荷物に香水が大量についてしまうことはないので、安心してくださいね。シンプルなボトルを、オシャレに使いこなしていきましょう。

無印良品のおすすめ|香水アトマイザーの失敗しない詰め替え方法

方法①スポイトを使って詰め替える

花びらとアロマオイル

無印良品のアトマイザーに香水を詰め替える場合、付属品のスポイトを使用しましょう。愛用の香水のボトルを開けて、スポイトで液体を吸い上げていってください。およそ2~3回ほど繰り返せば、目分量まで入れることができます。

香水のボトルによっては、スポイトの長さが足りない可能性もありますが、その場合は傾けるなどして吸い上げるようにしましょう。また、他の詰め替え方法を試してみるのもおすすめです。

POINT

詰め替えの目安は8分目

無印良品のアトマイザーに詰め替えを行う場合、最も注意しておきたいのが、香水の量です。ガラス瓶の8分目を目安にするようにしましょう。8分目よりも多すぎると、液漏れの原因となる可能性があります。

方法②瓶が開かない場合は直接詰め替える

香水を持つ手

無印良品のアトマイザーに、スポイトで香水を詰め替えようとしても、肝心の香水のボトルの口が開かない場合があります。スポイトを差し込む隙間を作れないので、せっかくの付属品も使うことができませんね。

その場合は、アトマイザーのガラス瓶の口に、香水のボトルの噴出口を直接つけて詰め替える方法を試してみましょう。何度もプッシュする必要があるので、目分量まで入れるには多少時間がかかりますが、詰め替えることは可能です。

アトマイザーのガラス瓶の口が小さすぎて、触接詰め替えるのが難しいと感じる方は、ミニサイズのじょうごなどを差し込んで行ってみてください。無印良品でも販売されていますし、こちらの記事で紹介されているように、100均などでもほどよい大きさのじょうごを購入することができます。

方法③香水を変えるなら洗浄してリセット

いろいろな香水

無印良品のアトマイザーの中身を、違う香水に詰め替えたい場合は、ガラス瓶を洗浄して残香を消す方法があります。使用済みのアトマイザーに、そのまま違う香水を入れてしまうと、香りが混ざって台無しになってしまいますね。わざわざ新しいアトマイザーを購入したくない場合に試してみましょう。

アトマイザーの洗浄には、薬局などで売っている無水エタノールを使用します。以下の手順で洗浄を行えば、アトマイザーに残っている香りをかなり消すことができますよ。

エタノール洗浄の手順

  1. 使用済みのアトマイザーのガラス瓶に無水エタノールを入れます。
  2. ガラス瓶をよく振って、無水エタノールをスプレーします。
  3. 何度もスプレーして管の中を洗浄しましょう。
  4. 管が綺麗になったら8分目まで無水エタノールを入れます。
  5. 数日ほど置いて中身を捨て、自然乾燥させたら完了です。

無印良品の香水アトマイザーで香りを持続させよう

無印良品のアトマイザーは、オシャレな見た目に加えて、コンパクトで液漏れしない人気商品です。メイクポーチの隙間にスルリと入れてしまえるので、香水の携帯が苦になりませんよ。お気に入りの香水を持ち歩いて、素敵な香りを持続させましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。