INDEX

【上旬・中旬・下旬】横浜6月の天気や気温は?

横浜の6月の天気と降水量

たそがれる女性

1ヶ月を通して雨の日が多く見られるのが横浜の6月の天気の特徴です。梅雨の時期にあたるので、雨具の用意は忘れないようにしましょう。観光をする場合は、手を塞がずに歩くことのできるレインコートがおすすめです。雨に濡れてしまって体調を崩すことのないように、薄着になりすぎない服装を意識しましょう。

横浜の6月の最高気温・最低気温・平均気温

振り向く女性

横浜の6月の平均気温は一ヶ月を通してそれほど変動しません。20度台で上旬から下旬まで暖かいので、過ごしやすい時期ということができるでしょう。ただ、雨季に入っているため体感温度としてはもう少し低く感じられることもあります。その際にも対応できるように、真夏のようなコーデはまだ控えておくのが賢明です。

横浜の6月気温・降水量
(2019年データ) 6月上旬 6月中旬 6月下旬
平均気温 23℃ 22℃ 24℃
降水量 122mm 57.5mm 45.5mm
最高気温 32.3℃ 30.7℃ 30.7℃
最低気温 14.9℃ 13.9℃ 17.2℃

横浜の6月の服装選びポイント!

上旬

帽子とシャツ

6月上旬は、シンプルなシャツとボトムスを組み合わせたコーデがおすすめです。素材は薄いもので構いません。ただ、長袖のものをチョイスすると良いでしょう。まだ半袖を着るのにはちょっと早い時期なので、軽い素材の長袖トップスにボトムス、スニーカーなどのカジュアルコーデがぴったりです。

中旬

カバンとサングラス

6月中旬は、上旬とあまり変わらないような雰囲気でコーディネートすると良いでしょう。ただ、初夏の雰囲気を出してコーディネートがしたい場合には、透け感のあるアイテムなどを取り入れるのがおすすめです。夏らしいアイテムを徐々に取り入れることで、これから始まるシーズンへの期待を高めていきましょう。

下旬

帽子と紫陽花

下旬になると、いよいよ夏本番に向けて温度が上昇していきます。この時期に服装選びをする場合は、さらっと着こなすことのできるワンピースなどを主役にしたコーデがおすすめです。一枚でファッショナブルな表情を作ることができるワンピースは、下旬の観光をする際、夏らしいファッションがしたい時にぴったりです。

【上旬編】横浜の6月の服装コーデ

①Vネックシャツ×ブラウンパンツコーデ

Vネックのシャツは首元をすっきりと見せることができるので、シンプルな服装が好きな人にぴったりです。ブラウンのパンツと合わせることで、全体的にこなれた印象に仕上げましょう。6月上旬の初夏の横浜を優雅に楽しむことのできるコーディネートです。天気が良い日のショッピングに最適ですよ。

②くすみパープルシャツ×ハイウエスト編み上げパンツコーデ

くすみパープルのシャツは、ハイウエストな編み上げパンツと合わせてコーディネートをすることで、個性的に仕上げるのがおすすめです。ガーリーで可愛らしい雰囲気になるので、周りと差をつけることが可能です。おしゃれ度をもっと高めたいという時は、先の細いパンプスを合わせるのがおすすめです。

③デザインシャツ×ブラックミニスカートコーデ

ラインの入った白シャツは、ただの白シャツと違って洒落っ気が多いアイテムです。ボトムスはシンプルな台形スカートを合わせましょう。初夏を感じさせるホワイトが、爽やかで素敵なコーデを完成させてくれます。首元が広く空いているので、華奢なネックレスをつけてワンポイントとするのがおすすめです。

④シンプルホワイトトップス×ブラックボトムスコーデ

シンプルなホワイトのトップスは、ブラックのボトムスと合わせることでモノトーンシンプルコーデを感性さえましょう。至ってシンプルなファッションではあるのですが、腕時計やチェーンバッグなどを合わせることによって、レディな雰囲気をプラスできます。トップスの形が可愛く個性的なのも目を引くポイントです。

⑤ブラックトップス×台形ミニスカートコーデ

ブラックのトップスには、バイカラーの台形ミニスカートを合わせてフェミニンな雰囲気に仕上げましょう。足元にはカジュアルなスニーカーをプラスし、観光にぴったりなトレンドファッションにまとめるのがおすすめです。ポイントとして鮮やかなグリーンのバッグを持つことで、周りと差をつけることができますよ。

【中旬編】横浜の6月の服装コーデ

①ナチュラルホワイトセットアップコーデ

ナチュラルなホワイトのセットアップは、麻の素材なので肌触りも優しく実用性十分です。6月中旬を快適に過ごすことのできるファッションと言えるでしょう。ブラウンのバッグを合わせることで、フェミニンな要素もプラスしておいてください。インナーにはブラックのシャツを合わせてキレイめスタイルに昇華します。

②ライトピンクフレアワンピースコーデ

ライトピンクのフレアワンピースは、シルエット自体が上品なので、一枚着るだけでいつもと違ったイメージに仕上げることができます。ちょっぴり特別な日のスタイルに取り入れると良いでしょう。パーティーやレストランなどのシーンにも使えるので、6月中旬の横浜観光でエレガントな体験をしたい時にぴったりです。

③デニムベスト×大きめシャツコーデ

デニムベストには、大きめシルエットのシャツを合わせてカジュアルな着こなしをしましょう。足元はスポーティーなスニーカーを合わせることで、動きやすい観光向けコーデの完成です。6月中旬の暑くなってきた時期にも爽やかに着こなすことのできるコーデです。天気が良い日のサイクリングなどにうってつけです。

④シースルーシャツ×ハイウエストパンツコーデ

シースルーのシャツは、おしゃれ上級者向けアイテムです。黒のキャミソールと合わせることによって、全体的にファッショナブルな印象に仕上げましょう。足元はサンダルを合わせて、夏らしさを取り入れるのがベターです。ボトムスには鮮やかな青色のハイウエストを合わせて、スタイルアップを目指しましょう。

キャミソールを使ったコーディネートには、他にも色々なパターンがあります。そこで以下に、キャミソールを用いたコーディネートをまとめた記事を添付しておきました。キャミソールを手に入れたら、これからの季節たくさん着回すことができるように、ぜひ一度読んでみてください。

Small thumb shutterstock 156996335
関連記事 キャミソールコーデ13選|黒の重ね着ワンピースの着こなし術は?

季節を問わず人気なキャミソールの重ね着コーデは、可愛いキャミソールをコ

⑤異素材ミックスシャツ×リゾート柄パンツコーデ

異素材ミックスのシャツは、一枚着るだけで個性派な表情を持たせてくれる人気アイテムです。ボトムスにはそれに負けないよう、リゾート柄のパンツを合わせて全体的にファッショナブルな印象のコーディネートに仕上げましょう。天気が悪く気温の低い6月中旬の日でも、このコーデなら夏を楽しむ気分になれます。

【下旬編】横浜の6月の服装コーデ

①シンプルブラックワンピースコーデ

シンプルなブラックワンピースは、ウエスト部分にリボンがついているのが特徴です。このワンポイントによって、黒のワンピースをシックでなくガーリーな着こなしに仕上げることができます。6月下旬の観光は女性らしいファッションで楽しみたいという人にぴったりです。シンプルなアクセと合わせて楽しみましょう。

②グリーンワンピースコーデ

鮮やかなグリーンのワンピースは、形が綺麗なのでフォーマルな場所にも着ていくことができます。普段使いとしてもぴったりなので、オールマイティに着こなすことができるでしょう。小ぶりのバッグと合わせることで、上品なファッションに仕上げてください。天気が良い日の観光コーデとしてもぴったりです。

③ボルドーシャツ×デニムパンツコーデ

ボルドーのトップスは、タイトなシルエットでセクシーな雰囲気があります。そんなトップスをカジュアルダウンして普段着として違和感なく取り入れるには、デニムと合わせるのがおすすめです。ちょっぴりユーズド感のあるデニムと組み合わせることによって、観光にもぴったりなコーデに仕上がりますよ。

④ナチュラルベージュトップス×スカート服装コーデ

ナチュラルベージュのトップスには黒のスカートを合わせることで、品の良いファッションに仕上げましょう。袖がフレアなデザインになっているので、お嬢様風な着こなしが叶います。6月下旬の横浜の雰囲気にもぴったりです。海風にあたりながら散歩をするのにぴったりなファッションです。

⑤ドット柄ワンピースコーデ

ドット柄のワンピースは、フェミニンレトロで個性的な雰囲気に仕上がります。スリットが入ったデザインなので、スタイル良く見せることもできますよ。華奢なバッグを合わせることで、観光地向けのスタイリッシュなファッションに仕上げてください。天気が良い日はもちろんのこと、悪い日でも気分を高めてくれるでしょう。

黒のワンピースには、他にも様々な着こなし方があります。そこで以下に、シンプルなのにおしゃれな黒ワンピースのファッションをまとめた記事を添付しておきます。シンプルな黒ワンピースを活用したいあなたは必見の内容ですよ。

Small thumb shutterstock 496348018
関連記事 黒ワンピースのコーデ38選!シンプルなのにおしゃれな着こなし術を伝授!

シンプルな黒ワンピースは可愛いものの、コーデの仕方が難しい印象がありま

【番外編】横浜の6月におすすめの持ち物は?

①水筒

0001953948 1

サーモス

水筒

楽天で詳細を見る

本格的な夏の始まる6月には、水筒を持っておきましょう。いつでも水分補給が取れるようにしておくことで、熱中症対策にもなります。天気が良い日は特に暑さを感じることになるので、忘れずに水筒を持参しておいてくださいね。

②日焼け止め

%e6%97%a5%e7%84%bc%e3%81%91%e6%ad%a2%e3%82%81

アネッサ

日焼け止め

楽天で詳細を見る

6月は、まだ気温がそれほど高くないとはいえ、紫外線の降り注ぐ時期です。日焼け止めを持ち歩いて、こまめに塗り直すようにしましょう。上旬から下旬まで、日焼け止めは必須のアイテムです。

③ハンディファン

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3

アピックス

ハンディファン

楽天で詳細を見る

夏に向けて気温の高くなる6月には、ハンディファンを持参しましょう。ハンディファンならただ手に持っておくだけで簡単に体感温度を下げることができます。これから暑くなっていくにつれて必要性は増していくので、ぜひ手に入れてください。

6月の横浜を爽やかな夏の服装で楽しもう!

6月の横浜は、爽やかなファッションで乗り切るのがコツです。上旬から中旬、下旬と日が進むにつれてどんどん気温が高くなっていく6月は、服装で温度調節をして快適に過ごしましょう。この記事で紹介したようなおしゃれで実用性もあるファッションで、横浜の観光を楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。