INDEX

なか卯のカロリーが低い丼物メニュー3選

①サーモンいくら丼ミニ

なか卯の丼物の中で最もカロリーの低いメニューは、断トツで「サーモンいくら丼ミニ」です。並盛でも581kcalと、以降の食事量で調整できる範囲です。ご飯の量が少ないので、糖質制限ダイエット向きです。サラダやつけものなどのサイドメニューと合わせて食べると栄養バランスが向上します。

丼の具材はサーモン・いくら・錦糸卵といずれもカロリーが低い食材です。トッピングのごまと青ネギが見た目と味のアクセントを兼ねていて、ダイエット中でも美味しく食べられて満足できるおすすめのメニューです。

サーモンいくら丼のカロリー
ミニ 383kcal
581kcal

②親子丼ミニ

親子丼

「親子丼ミニ」は431kcalです。親子丼は並盛にすると699kcalで、低カロリーとは言えなくなってしまうので、ミニサイズがおすすめです。また、こちらもサラダなどカロリーの低いサイドメニューと合わせて食べるのがおすすめです。

親子丼の具材は鶏肉と玉ねぎと卵です。だしのきいた味付けに玉ねぎの優しい甘みと柔らかい鶏肉、そこに介在するふわとろの卵が後を引く美味しさです。ミニサイズの親子丼1杯で満足感を得られるように、ゆっくりと味わって食べましょう。

親子丼のカロリー
ミニ 431kcal
670kcal
大盛 787kcal

③和風牛丼ミニ

最後にご紹介する丼物メニューは「和風牛丼ミニ」です。ミニサイズで既に500kcalと、「低カロリー」というにはギリギリの数値です。和風牛丼は並盛だと715kcalです。これではもはや高カロリーメニューに属してしまいます。

和風牛丼の具材は、牛肉・玉ねぎ・白ネギで、特製ダレのコク出しに牛脂が使われています。具材の甘みを引き立てるしっかりとした味付けとガツンと来る食べ応えが、ダイエット中でも満足感を与えてくれる一品です。ただし、和風牛丼は全体的に糖度が高く、糖質制限ダイエットには向いている商品とは言えません。

和風牛丼のカロリー
ミニ 500kcal
715kcal
大盛 909kcal

なか卯のカロリーが低いうどんメニュー3選

①はいからうどん小・きつねうどん小

なか卯のうどんメニューの中で最もカロリーが低いメニューは、178kcalの「はいからうどんミニ」です。その次にカロリーが低いのは、お揚げの入った「きつねうどん小」228kcalです。

糖質制限ダイエットを考える場合、炭水化物をメインに構成された麺類は避けた方が無難ですが、ゆるやかな糖質制限をする場合なら、一日のトータル摂取量で考えて、この程度の炭水化物量であれば許容範囲内でしょう。

はいからうどんのカロリー
178kcal
350kcal
きつねうどんのカロリー
228kcal
450kcal

③釜たまうどん小・坦々うどん小

「釜たまうどん小」のカロリーは250kcalです。同じ炭水化物メインのメニューでも、栄養価の高い卵と一緒に食べる事で、質の良いタンパク質も摂ることができます。

「坦々うどん小」のカロリーは277kcalです。トッピングに特製そぼろとしてお肉が使われているので、腹持ちの良さが期待できます。

釜たまうどんのカロリー
250kcal
383kcal
坦々うどんのカロリー
277kcal
551kcal

③鶏塩うどん小・鴨うどん小

「鶏塩うどん小」は、鶏肉のタンパク質も摂れて271kcalと低カロリーです。特製の塩だれに燃焼効果のあるガーリックが使用されています。あっさりとしている中にもコクのある味わいが人気のメニューです。

「鴨うどん小」は308kcalです。鴨肉の胸肉とモモ肉の他、つくねやお揚げ、香りづけにゆずが添えられています。鴨肉にはビタミン類や鉄分など、ダイエット中に理想的な栄養素が含まれています。

鶏塩うどんのカロリー
271kcal
537kcal
鴨うどんのカロリー
308kcal
585kcal

下記関連記事では、人気うどんチェーン店「はなまるうどん」のメニューのカロリーや、ダイエット中におすすめのメニューについてご紹介しています。興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

Small thumb %e9%a6%99%e5%b7%9d1
関連記事 はなまるうどんのカロリーって高いの?ダイエット中におすすめのメニューは?

人気うどんチェーン店であるはなまるうどんですが、気になるのがそのカロリ

なか卯のカロリーが低いそばメニュー3選

①小そばはいから

そば

「小そばはいから」は248kcalと低カロリーで、小腹を満たすにはちょうど良いサイズです。なか卯のそばには全て、風味が強く喉越しが良い「二八そば」が使用されています。

同じ小サイズの「はいからうどん小」178kcalと比較すると、「小そばはいから」の方がカロリーが高い事が分かります。また、そばの糖質は100gあたり26.0g、うどんは100gあたり20.8gと、糖質においてもそばの方が高いという事実があります。

②鴨そば小

「鴨そば小」は362kcalです。具材には鴨うどんと同じく、鴨肉とつみれ、お揚げと青ネギと香りづけのゆずがトッピングされています。

鴨肉はビタミンと鉄分を豊富に含む他、不飽和脂肪酸を含んでいます。不飽和脂肪酸は本来、魚や植物に多く含まれるもので、血液をサラサラにしてくれる効果がある栄養成分です。

鴨そば
362kcal
673kcal

③ざるそば並(山わさび添え)

「ざるそば並(山わさび添え)」のカロリーは423kcalです。なか卯のざるそばのサイズには並盛と大盛がありますが、小サイズはありません。

ざるそばには山わさびが添えてあります。わさびには消化促進・整腸作用があり、体内の毒素を排出してくれる他、新陳代謝を高めてくれる作用があるため、ダイエット効果が期待できます。また、抗酸化作用もあり、美容にも良い食材です。

ざるそば(山わさび添え)のカロリー
423kcal
大盛 608kcal

なか卯のカロリーが低い定食メニュー3選

①目玉焼き朝定食・こだわり卵朝定食

なか卯の定食の中で最もカロリーが低い定食は「目玉焼き朝定食」と「こだわり卵朝定食」です。メニューの内容は、ライス並・半熟目玉焼き又は生卵・みそ汁・のりの4品で、いずれも総合カロリーは536kcalです。

非常に質素に見えますが、最低限の栄養バランスが揃っています。また、わかめやのりなどの海藻類には水溶性食物繊維が豊富に含まれていて、食事の栄養の吸収を穏やかにしてくれる働きがあります。そのため、血糖値の急激な上昇を抑え、太りにくい効果があります。

②銀鮭朝定食

「銀鮭朝定食」は545kcalです。メニューの内容は、ライス並・銀鮭・みそ汁・のりの4品です。牛丼や親子丼、麺類などの単品ものよりも栄養バランスが取れていて、満足感が得られる点が定食の長所です。

銀鮭に含まれるアスタキサンチンは、ビタミンCのおよそ6000倍もの抗酸化作用があります。さらに、銀鮭は必須脂肪酸であるDHA・EPA、糖質や脂質の代謝を促すビタミン類を豊富に含むといった、美容・ダイエットに適した食材です。

③納豆朝定食

非常に栄養バランスの整った「納豆朝定食」は、613kcalです。メニューの内容はライス並・納豆・生卵・みそ汁・のりの5品です。納豆が優秀な発酵食品である事は有名ですが、生卵や海藻類も前述の通り、ダイエットに適した食品です。

なか卯の定食には、他にもたくさんのバリエーションがあります。朝定食だけでなく夜定食のありますが、カロリーが低いものとしてご紹介できるのはここまでです。特に夜定食は高カロリーなメニューが多いため、ダイエット中や糖質制限中の方にはおすすめできません。

なか卯のカロリーが低いサイドメニュー3選

①キムチ・つけもの・サラダ

なか卯のサイドメニューの中で最もカロリーの低いメニューは「のり」の3kcalですが、それに次いでカロリーが低いのが「キムチ」と「つけもの」と「サラダ」です。いずれも30kcal以下で、牛丼や親子丼といった単品メニューにプラスすると、低カロリーながら栄養バランスを支えてくれます。

発酵食品であるキムチやつけものは、ビタミン・ミネラル・乳酸菌・食物繊維などの栄養素を含んでいます。特にキムチは燃焼効果のあるカプサイシンも多く含まれているので、ダイエットにおすすめの食品です。糖質制限をする場合、サラダはドレッシングを抜くか、かけるなら控えめにしましょう。

サイドメニューのカロリー
つけもの 21kcal
キムチ 23kcal
サラダ 24kcal

②とろろ・納豆・銀鮭

鮭

「とろろ」は39kcal、「納豆」は78kcal、「銀鮭」は100kcalです。とろろのネバネバ成分に含まれるムチンという成分は、糖質の分解を遅らせ、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるため、インスリンの過剰分泌を防ぎ、糖分を脂肪として蓄積しにくくしてくれる働きがあります。

納豆や銀鮭の栄養については既に触れましたが、いずれも「サイドメニュー」とはいえ、ダイエットや美容・健康のための栄養バランスに大きく貢献してくれる食品です。なか卯では、これれらのサイドメニューを自由に追加してオリジナルセットを作ることができます。

サイドメニューのカロリー
とろろ 39kcal
納豆 78kcal
銀鮭 100kcal

③みそ汁・とん汁・肉すい

みそ汁

汁物のサイドメニューには「みそ汁」56kcal、「とん汁」136kcal、「肉すい」275kcalがあります。カロリーだけ見ても断然みそ汁が低く、ダイエットや糖質制限にはみそ汁がおすすめです。牛丼や親子丼と合わせて飲むと満足感も得られます。

とん汁に使われている具材の豚肉はビタミンやコラーゲンを含み、根菜にも食物繊維が豊富で栄養価は高いのですが、大根やニンジンなどは糖度が高いので、ダイエットや糖質制限には不向きな食材です。人気の肉すいは、食べ方に工夫が必要となります。こちらも糖質制限には向いていません。

サイドメニューのカロリー
みそ汁 56kcal
とん汁 136kcal
肉すい 275kcal

下記関連記事では、なか卯のメニューの人気おすすめ裏技をご紹介しています。なか卯の裏メニューやサイドメニューを利用した工夫、「なか卯の日」やクーポンについて詳しくご紹介しているので、興味のある方は是非お役立て下さい!

Small thumb shutterstock 598340444
関連記事 なか卯の人気おすすめ裏ワザ・裏メニューは?なか卯の日/クーポン

なか卯の人気おすすめ裏ワザ・裏メニューについて紹介します。親子丼やうど

なか卯の低カロリーメニューはダイエット中の強い味方!

手軽で美味しいなか卯のメニューですが、カロリーや糖質制限を気にして食べる時は、圧倒的に低カロリーなミニサイズの商品がおすすめです。また、カロリーだけを見るのではなく、牛丼や親子丼といった単品メニューに加えてサイドメニューを活用する事で、栄養バランスに配慮して健康なダイエットを目指しましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。