Large thumb m keep aspect 20191228194438544 500

12月の仙台の服装12選!天気や気温も押さえて快適おしゃれコーデで楽しもう♪

更新:2020.12.14

12月に仙台を訪れる場合、どんな服装をするのが良いのでしょうか?今回は、12月の仙台の天気や気温を紹介するとともに、おすすめのコーデをまとめてみました!12月の仙台旅行にぴったりな持ち物のポイントも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

12月の仙台の気温や天気

①平均気温は4.5℃

伊達政宗

12月の仙台の平均気温は4.5℃です。最高気温の平均が8.4度で、最低気温の平均が0.9℃になります。12月に入ると仙台は寒さが本格化するので、しっかりとしか防寒対策が必要でしょう。厚手のコートや、防寒性の高いアイテムを組み合わせると良いです。

12月の仙台は、朝と夜の気温が氷点下を下回る事も多いです。そのため、1日を通して活動する場合は、さらに防寒をする必要があるでしょう。カイロなどを持ち歩くと安心です。手袋や耳あてがあると、尚良いでしょう。

②観光に適した気候

天気

12月の仙台の天気は、観光に適しています。宮城県は東北地方の南東部にあり、仙台は平野部なので天気が良い日が多いです。寒さは厳しいですが、雪が降る回数も少なく旅行には最適でしょう。ただ、1年に数回は積雪するため、天気予報を確認しておくのが良いです。

また、仙台は風が冷たい天候でもあります。アウターはなるべく丈が長いものを選ぶようにしましょう。また、コートは厚手の物がベストです。ただ、仙台は交通網が発達した都市なので、天気が悪い日でも比較的観光しやすいでしょう。

仙台に訪れたら、お土産を見てみてはいかがでしょうか。以下の記事では、宮城県仙台市の人気お土産を、ランキング形式で掲載しています。昔から愛されるお菓子や、仙台名物牛タンもランクインしているので、是非チェックしてみてください。

【パンツ編】12月の仙台におすすめな服装4選

①ボアブルゾン×デニム

ボアブルゾンには、動きやすいデニムを組み合わせましょう。デニムは動きやすくてカジュアルなアイテムなので、旅行で着回しやすいです。デニムの下には長めの靴下を履いて、足元から寒さ対策をしましょう。12月の仙台は雪が降る日もあります。ブーツなら、雪道も歩きやすくておすすめですよ。

12月の仙台では、ボアブルゾンのように暖かいアウターが活躍します。なるべく丈が長いものを選んで、仙台の風の冷たさにも対応できるようにしましょう。ボアブルゾンは、コートなどに比べて軽い物が多いです。そのため、旅行の時にはぴったりでしょう。

②厚手コート×クロップドデニム

冬にクロップド丈のデニムを履く場合、ブーツを組み合わせるのがおすすめです。ブーツであれば、クロップド丈のパンツでも寒さ対策ができます。靴下やタイツを履いて、足元を冷やさないようにしましょう。特に仙台は、雪が積もっている時もあるので、パンプスのように肌を出す靴は向きません。

12月の仙台旅行では、厚手のコートがあると便利です。ウール素材など、防寒性に優れたコートを選ぶようにしましょう。特に朝晩は気温が低く、寒いので防寒力の高いアウターが必須です。厚手のニットを組み合わせれば、より一層過ごしやすいでしょう。

③ニット×ゆったりパンツ

12月の仙台では、ニットと長めのパンツを組み合わせるコーデがおすすめです。寒いので、厚手でインナーを着こみやすいニットを選ぶようにしましょう。また、ゆったりとしたパンツを選ぶのもポイントです。ゆったりとしたパンツであれば、中にタイツやレギンスを履く事ができます。

特に外を観光する場合は、下半身にもインナーを仕込んでおきましょう。アウターはダウンや厚手のコートがおすすめです。マフラーなどの小物類をプラスして、冬の朝晩の寒さにも対応できるように工夫しましょう。

④ダウンコート×ハイウエストパンツ

12月の仙台では、ダウンを着ると良いでしょう。お尻まで覆ってくれるダウンコートを選ぶと防寒効果が高まります。なるべく軽い素材のダウンを選んで、観光しやすいように工夫すると良いです。

また、パンツはハイウエストタイプを選びましょう。長い丈のアウターを着る場合、ハイウエストのパンツでバランスを取るとスタイルが良く見えます。また、ハイウエストのパンツはかっちりとした印象があるので、カジュアルなダウンコートも大人っぽく着こなせますよ。

【スカート編】12月の仙台におすすめな服装4選

①ロングカットソー×シフォンスカート

ロングカットソーにシフォンスカートを組み合わせたコーデは、暖かくて動きやすいのでおすすめです。スリット入りのカットソーを選ぶことで、スカートが隙間から見えておしゃれに見えます。また、カットソーは首元が詰まっている物をチョイスする事で、防寒できますよ。

レイヤードスタイルにしているので、派手なスカートも着こなしやすくなります。形や柄が派手なスカートは、チラ見せコーデで活用しましょう。アウターはショート丈を選ぶのがポイントです。カットソーがロング丈なので、長さにメリハリを出すとバランスの良い着こなしになります。

②ダウンジャケット×ミモレ丈スカート

ダウンジャケットには、ミモレ丈のスカートを組み合わせましょう。ダウンであれば、冬の仙台でも寒いと感じにくくなります。スカートと組み合わせる事で、カジュアルなダウンもフェミニンに仕上がるでしょう。首元にはファーマフラーでアクセントをつけるとおしゃれです。

また、ミモレ丈のスカートを履く場合、足元はブーツがおすすめです。ブーツであれば、足が冷える心配も無いので、長時間外を観光する時にもぴったりでしょう。黒色のブーツをチョイスして、コーデ全体の締め色にすると、メリハリのある着こなしが楽しめます。

③スウェット×ロングスカート

スウェットにはロングスカートを組み合わせたコーデがおすすめです。カジュアルなイメージの強いスウェットも、スカートを組み合わせれば女性らしく仕上がります。全体的にゆったりとしていて動きやすいので、観光にもぴったりです。

12月の仙台旅行でスカートを履く場合、なるべく丈が長いものをチョイスしましょう。丈が長いスカートであれば、下にインナーを仕込む事ができます。厚手のタイツやレギンス等を履けば、寒い仙台でも動きやすくなるはずです。

④シンプルダウン×柄スカート

シンプルなダウンジャケットには、柄物のスカートを組み合わせましょう。ダウンがシンプルなので、スカートで華やかさをプラスするとおしゃれです。ベレー帽を被って、コーデのアクセントにしましょう。12月の仙台は、冬の寒さが本格化する季節なので、小物選びも大切です。帽子があれば、より暖かく過ごせるでしょう。

足元は、歩きやすい靴がおすすめです。12月の仙台は雪が降る事もあるため、歩きやすい靴をチョイスするのがベストでしょう。ヒールが高いパンプスなどは旅行に不向きです。靴下を合わせて、隙間風が入らないように工夫すると寒さを感じにくくなります。

【ワンピース編】12月の仙台におすすめな服装4選

①ニットベスト×柄ワンピース

12月の仙台でワンピースを着る場合、アウターは大きめサイズのコートが良いでしょう。今年はゆったりとしたサイズ感のアウターが流行っています。オーバーサイズコートは、フェミニンなワンピースとの相性が良いので、全体のバランスが取れた着こなしが楽しめます。

12月の仙台でワンピースを着る場合、レイヤードスタイルがおすすめです。ワンピースの上からニットベストを着る事で、寒さ対策になります。また、柄物のワンピースに無地のベストを重ねれば、大人っぽく着こなせるでしょう。少し大きめサイズのベストをチョイスすると、トレンド感が出ます。

②ミディアムコート×ロングニットワンピ

ミディ丈のコートを着る場合、ロングワンピースを組み合わせましょう。アイテムの丈に差を出す事で、メリハリのあるコーデになります。12月の仙台旅行では、ニット生地のワンピースがおすすめです。暖かいので、寒さの厳しい日でも快適に過ごす事ができます。

コートが柄物なので、ワンピースは無地をチョイスするのがおすすめです。フェミニンですが、カジュアルさもある着こなしなので旅行にぴったりでしょう。足元には歩きやすいブーツを選んで、長時間観光しても疲れないように工夫すると良いです。

③ロングコート×ターコイズワンピース

ロングコートには、同じ丈のワンピースを組み合わせましょう。すっきりとしたフォルムになるので、スタイル良く見せる事ができます。タイツを組み合わせれば防寒もできるので、12月の仙台旅行にはぴったりです。黒いタイツであれば、締め色となってくれるので脚を細く見せてくれます。

また、コートとタイツが黒なので、ワンピースは別の色をチョイスしましょう。鮮やかなターコイズブルーのワンピースであれば、コーデのアクセントになります。

④パンツ×ロングニットワンピ

12月の仙台でワンピースを着るのであれば、パンツと組み合わせるのがおすすめです。ロングワンピースの下にタイトなパンツを履けば、大人っぽい着こなしに仕上がります。また、寒さ対策にもなるので長時間外を歩く日にもぴったりです。

12月の仙台に必要な持ち物のポイント

①首元を暖かくするアイテム

M keep aspect 2399
UMENGX レディース マフラー 大判 ストール カシミヤ 無地 シンプル ギフト クリスマスプレゼント ¥2,399
Amazonで商品の詳細を見る

12月の仙台では首元を暖かくするアイテムが必要です。首を温める事で、全身の体温がアップします。そのため、マフラーやスヌードなどを巻いて、首は常に暖かくしておきましょう。特に、Vネックのように首元が開いているトップスを着る時は、マフラーをしないと寒いです。

②薄手のアウター

M keep aspect 2960
Best still Best still ダウンジャケット レディース 暖かい 軽量 防風 防寒 ウルトラライト ダウンコート 収納袋付き s115 ¥2,960
Amazonで商品の詳細を見る

12月の仙台旅行では、薄手のアウターが必要です。ダウンやコート以外に、羽織物や薄いダウンを持っていくようにしましょう。仙台の夜や朝は寒さが厳しいので、持ち運びできる薄手のアウターがあると、気温に合わせる事ができます。なるべく持ち運びがしやすいアウターを選んだ方が、便利でしょう。

12月の仙台に適した服装を楽しもう!

12月に仙台を訪れる際は、しっかりと寒さ対策をした格好がおすすめです。インナーを中に仕込めるような服装を心がけましょう。以下の記事でも、仙台の12月にぴったりな服装を紹介しています。以下の記事では、上旬・中旬・下旬に分けてまとめているので、より詳しいコーデが分かるでしょう。参考にしてみてください!

WRITER

avatarImage
donnna

美容・ファッション・100均の記事をメインに執筆しております。読者の皆様のタメになるような記事を提供できるよう、精一杯頑張ります!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。