INDEX

センシュアルとは?

①「官能的」という意味の言葉

微笑む女性

センシュアルとは官能的である、官能的なさまという意味を持つ言葉です。それ以外にも、肉感的という意味もあります。主に色気や外見的な特徴、ファッション、人間の内面性を表す言葉でもあります。

②セクシーとは似ているようで違う

横を見ている女性

センシュアルとセクシーはどちらも意味を混同して捉えてしまいがちですが、どちらも微妙に意味が異なります。辞書で引くと、どちらも同じような日本語で意味づけられていますが、セクシーの方がより性的な意味合いを含んでいます。センシュアルはセクシーに比べて性的では無い、マイルドな印象の言葉です。

③人・ファッションなど様々なものを表す

ポーチから溢れる小物

センシュアルは人やファッションなどの外見的な印象だけではなく、あとでご説明する雰囲気や声、柔軟剤の匂い、香水の香り、メイクの方法など、様々なものを表します。この点ではセクシーという言葉と似ているかもしれません。

④実は日本語で表しきれない言葉

海外のスタンプ

センシュアルという言葉が持つ意味は奥が深く、非常に日本語で表現しにくいニュアンスとされています。日本語に置き換えた時には、「官能的」という言葉が一番近い表現なのですが、日本人がイメージする「官能的」とはまた違ったニュアンスが隠れています。

セクシーで検索しても、センシュアルで検索してもどちらも「官能的」と出てきてしまうので、セクシーとの意味の違いがなかなかわからない状態になってしまうのです。

センシュアルの意味の特徴・要素とは?

①人間的な深い魅力

楽しそうなパーティー

センシュアルは、「人間的な魅力」を表します。「人間的な魅力」というのは、性格の良さや個性、考え方など、その人の生き方から生まれた溢れるばかりの魅力のことです。センシュアルは「官能的」という意味合いを持ちます。けれどもそれは、外見的な印象だけに限りません。

外見からうかがえるファッションとしての可愛らしさや美しさだけでなく、内面にあるような深い魅力を形容する言葉として用いることが多いです。人間として生きている上での魅力として使われるので、非常に奥が深い言葉なのです。

②異性に媚びない自分らしさ

俯く女性

センシュアルの表す特徴には「異性に媚びない」という特徴があります。「官能的」という意味合いを持っているのに、「異性に媚びない」とはどういうこと?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これこそセンシュアルの魅力であり最大の特徴です。

異性に媚びない本人らしい魅力を磨き上げ、より自分を洗練していくのです。メイクやファッションも自分が美しく見える、自分らしさを追求します。流行や異性ウケを狙わない姿勢を貫くのです。

そのような行動が性的な魅力を超えて、異性から好かれ大切にされ、同性からも一目置かれるような存在になれるのです。そういった自分らしい考えやファッション、世界観が生み出す、魅力がセンシュアルな魅力と言えるのです。

③品がある

窓の外を見る女性

センシュアルな魅力はいつもどこかに品があります。品のある人は美しいオーラや雰囲気でその場に立っているだけで魅力に溢れて見えます。メイクやファッション香り、声など全ての要素が合わさって「品のある印象」になります。そういった魅力に溢れた様子をセンシュアルと呼ぶのです。

また、コスメなどのデザインにも、品のいいデザインとそうでないデザインがあります。人だけでなく様々なものに使えるセンシュアルという言葉には、品の良さが欠かせません。

④知的な印象

眼鏡をかけた女性

センシュアルの意味に含まれている特徴として「知性」があります。知性がない人は品がありませんし、品がない人は知性がありません。「知性」はセンシュアルな要素には欠かせない特徴なのです。ファッションを楽しむに当たっても、知性は非常に重要なのです。

センシュアルの使用例

①センシュアルな人

綺麗な女性

使用例1つ目はセンシュアルな女性です。これはとてもわかりやすいでしょう。センシュアルな男性、センシュアルな女性というように、男女ともに使える言葉です。先ほどお伝えした、品の良さや知性、異性に媚びない凛とした態度、内面的な魅力に溢れた人に対して使うことができます。

使用例
  • 彼女はセンシュアルな女性だよね。
  • センシュアルな男性って魅力的だよね。

②センシュアルな印象

楽しそうなカップル

使用例2つ目はセンシュアルな印象です。これもセンシュアルという言葉の意味を抜いて考えると、使うのに難しくはないと思います。先ほどお伝えした、知性や気品、内面的な魅力に溢れたような雰囲気を纏っていたり、そういった要素を持っているものに対して使うことができます。

使用例
  • 彼女にはセンシュアルな印象があるね。
  • センシュアルな印象を与えるにはどうしたらいい?

③センシュアルなアイテム

ピンク色のアイテム

使用例3つ目は「センシュアルなアイテム」です。知性や品性、内面の魅力を大切にすることをコンセプトとしたアイテムには使用できると思います。

使用例
  • センシュアルな印象のアイテムだね。
  • センシュアルなブランドといえばどこ?

④センシュアルな匂い・香り

香水

センシュアルは匂いや香りに対しても用いられる言葉です。使い方は「センシュアルな匂い」とそのまま使います。上品でくどくない匂いや、香水などに対しても使われます。加えて、柔軟剤にも「センシュアルな匂い」という項目があります。センシュアルフレグランスという言葉を聞いたことがありませんか?

センシュアルフレグランスの匂いは、柔らかく、他人の好き嫌いがないような優しい匂いを差しますが、特に男性が体の匂いや、生乾きの洗濯物の匂いなどを気にして、男性が柔軟剤を購入する際によく見かけます。そういった場合にもセンシュアルな匂いという言葉が用いられます。

使用例
  • センシュアルな香りのフレグランスだね。
  • センシュアルな匂いがするね。

⑤センシュアルな声

女性が声を発している画像

声が美しい男性や女性にもセンシュアルという言葉は使われることがあります。使い方は「センシュアルな声」です。色気がありながらも、優しく、口説くない番人ウケするような美しい声に対して使われます。特に声優さんに使うことが多いようです。声にまでセンシュアルという言葉が使われているとは驚きですね。

声が美しい男性や女性にもセンシュアルという言葉は使われることがあります。使い方は「センシュアルな声」です。上品で癖のない控えめな色気があるような声に対して使います。

使用例
  • 彼はセンシュアルな声をしているね。
  • センシュアルな声の人が好き。

センシュアルとセクシーの大まかな意味の違い

セクシーとの違い①内面重視か外見重視か

綺麗な女性

センシュアルのセクシーとの意味の違いは内面重視か外見重視かです。セクシーはどちらかというと外見的な印象を突き詰める印象がありますが、センシュアルは内面から磨き上げていくスタンスを表現する言葉です。

また、セクシーと言われているメイクやファッションは、下品で性的に写ってしまう事もあります。センシュアルは下品で性的な印象を無くし、内面から溢れ出る上品さや知性を表す言葉です。なので、セクシュアルとセクシーには洗練された内面と上品さという点で圧倒的な違いがあります。

セクシーとの違い②内面的な色気と外見的な色気

微笑む女性

2つ目は色気が内面にあるか外見にあるかです。セクシーはどちらかというと、異性に直接アピールするような官能的な魅力があります。一方、センシュアルは、控えめで落ち着きがありながらも、感じるか感じないかくらいの色気を纏う状態を表します。

直接的に色気を出すのは、時に下品に写ってしまうことがあるので、センシュアルの特徴とはかけ離れてしまうことが多いのです。なのでセンシュアルには直接的ではない色気があるという特徴があります。

セクシーとの違い③異性へのアピール方法

笑顔が素敵な女性

3つ目は、異性へのアピール方法です。セクシーは時に同性から異性に媚びているということで反感を買ったり、異性からも嫌がられてしまうような特徴や意味があります。一方センシュアルは男女ともに好かれるような気品や穏やかさを持ち、誰に対しても不快感を与えない印象です。

性的で官能的な魅力は、同性から好まれることはごく稀です。センシュアルは内面的な魅力を持っている状態を指す言葉です。性的な媚びではなく、磨き上げたスタンスや個性を重要視します。なので、セクシュアルはセクシーとは違い、男女ともに好かれる人間的な魅力として映ることが多いのです。

センシュアルとセクシーの洋服の特徴と違いとは?

洋服の違い①肌の露出度

楽しそうな女性

洋服の違いの1つ目は露出が少ないことです。セクシーな洋服は非常に露出が多く、そういった洋服こそがセクシーさを象徴しています。しかしセンシュアルは過度な露出や性的魅力を直接的にアピールするような洋服ではありません。露出は少なめで、上品な印象を与える洋服が合っています。

洋服の違い②柔和な女性らしさ

手を広げる女性

違い2つ目は「柔和な女性らしさ」です。セクシーはどちらかというと派手で官能的な印象が強く、シャープでゴージャスな印象が強いと思います。ですが、センシュアルは落ち着いた女性らしい柔らかさや曲線を生かしたファッションであることが多いです。

ゴージャスで派手な印象のセクシーさは、人によっては怖い印象を与えたり、気の強さを感じさせてしまいます。ですがセンシュアルは、穏やかで感じの良い印象を与えるようなファッションであることが多いのです。なので、セクシーとセンシュアルには「柔和な女性らしさ」という点で違いがあります。

センシュアルとセクシーのメイクの特徴と違いとは?

メイクの違い①メイクの濃さ

メイクされている女性

メイクの違いの1つ目は「濃すぎず薄すぎないメイク」です。セクシーなメイクは派手でゴージャスで、時に下品な印象を与えることもあります。ですが、センシュアルなメイクは、知的で上品な印象を出すのがポイントです。

メイクの違い②自分らしさを大切にしたメイク

メイクを楽しむ女性

違い2つ目は「自分らしさを大切にしたメイク」であるということです。セクシーなメイクは、どちらかというと派手で自分らしさを消すようなメイクであることが多いです。ですが、センシュアルなメイクは自分の持ち味を最大限に活かせるメイクを施します。

センシュアルなブランドは?

①コスメならエクセル

並べられたコスメ

エクセルは、どこか女性らしさがありながらも品のある落ち着いた大人の女性を演出するコスメブランドです。プチプラブランドとして、たくさんの女性から人気を得ています。茶色を基調としたパッケージでも、非常に温かみと気品があります。エクセルのような雰囲気のアイテムもセンシュアルなアイテムと言えるでしょう。

エクセルは特にアイシャドウが人気です。エクセルのアイシャドウはラメ感が上品で、優しい印象を与えるのに適しています。エクセルから何年か前に発売された、エクセルセンシュアルアイシャドウは、優しく上品なブラウンアイシャドウです。エクセル得意のヌーディーで使う人の個性が活かせそうな商品でした。

加えて、エクセルのファンデーションも肌に優しく、程よいツヤを出してくれるコスメです。エクセルの上品で落ち着いた商品は、センシュアルな印象を与えるのにぴったりです。プチプラコスメとして有名なエクセルなので、センシュアルなメイクに挑戦して見たい方はエクセルで試してみるのをオススメします。

②香水ならシャネル

コスメ

シャネルはフランスの有名ブランドですが、シャネルは品性と女性らしさと個性というコンセプトを大切にしています。シャネルの黒いパッケージは、気品があり、どこか凛とした雰囲気を纏うシンプルで洗練されています。加えて、特にシャネルを代表する香水「5番」はセンシュアルなアイテムと言えます。

シャネルの5番以外にも、シャネルにはセンシュアルな香水はたくさんあります。シャネルの香水の香りは非常に上品です。シャネルの香水は華やかな香りなのに、上品さを失わず、なおかつ女性らしさまで演出できる香水なのです。

シャネルの香水をはじめとするコスメは、上品で価格も高いため、収入のある女性から人気があります。内面的に磨きをかけた女性をより華やかに魅せるのがシャネルのコンセプトなので、センシュアルな大人の女性にぴったりのブランドです。

センシュアルの意味を理解して自分を磨こう!

セクシーとセンシュアルを比較していくと、2つの言葉には全く違う印象と意味があることをお伝えしました。センシュアルという聞きなれない言葉も、奥が深く、魅力に溢れた雰囲気や印象を表す言葉です。人や洋服、匂いから声まで幅広く使われていました。

加えて、センシュアルな人とセクシーな人との意味や洋服の違いもご紹介しました。その内容と自分を照らし合わせたり、シャネルやエクセルを使って、よりセンシュアルな女性に近づけるようになるのではないでしょうか?

この記事を通して、センシュアルとセクシーの違いを理解して、日頃のファッションやおしゃれをよりよくする参考にしていただければと思います。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。