INDEX

果物ダイエットとは?

果物ダイエットの特徴①毎日フルーツを食べる

果物を食べる人

果物ダイエットの特徴1つ目は、毎日フルーツを食べることです。毎日決められた量の果物を食べるだけで、痩せていくダイエット方法です。フルーツは甘くておいしいため、ダイエットの敵だと考えられてしまいがちですよね。しかし実は、果物はダイエットの強い味方なのです。

ただし果物によってはカロリーが高く、ダイエットに不向きなものもあります。摂取する果物の種類に気をつけてはじめて、効果が出るダイエット方法だと言えるでしょう。また果物の食べ方や摂取量も、ダイエット成功の鍵になります。

果物ダイエットの特徴②果物に含まれる栄養素で痩せる

果物ダイエット

果物ダイエットの特徴2つ目は、果物に含まれる栄養素で痩せることです。フルーツには、体にいい効果をもたらす成分が多く含まれています。例えば果物に含まれるビタミンBは、糖分や脂質の分解を促進してくれます。浮腫み改善に役立つカリウム、整腸作用がある食物繊維など、ダイエットに効果的な成分が豊富なのです。

また果物は、ダイエットだけでなく、美容や健康にも効果を発揮してくれます。無理なダイエットは体を壊す原因になりますが、果物ダイエットでは美しく痩せられますよ。

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング!

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング5位:いちご

いちご

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング5位は、いちごです。いちごのカロリーは、100グラムあたり約35キロカロリーと低いです。甘さが強いにも関わらず糖質は低く、代わりにビタミンなどを大量に含んでいます。手に入れやすく食べやすい果物なので、人気のある果物です。

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング4位:グレープフルーツ

グレープフルーツ

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング4位は、グレープフルーツです。グレープフルーツは非常に低カロリーである上、痩せる体を作る成分が含まれています。またグレープフルーツを食べた時に感じる苦味が、食欲増進を抑える効果もあります。年中を通して手に入れやすいのもポイントです。

ついつい食べすぎてしまう、ダイエットをしているのになかなか痩せられない…と言う人は、是非グレープフルーツを食べてください。グレープフルーツの成分効果ですぐに体重が減っていくはずです。

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング3位:みかん

みかん

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング3位は、みかんです。みかんには、カリウムという水分排出を促す成分が含まれています。余計な水分が排出されることで、足や顔などのむくみが改善されていきますよ。

みかんは体を冷やす効果を持っている果物です。みかんは冷やさずに常温のまま食べましょう。また、みかんの白い繊維には栄養が豊富に詰まっています。これらの繊維を剥いてしまう人は多いのですが、なるべく取らずに食べるようにしてください。

またみかんの柑橘系の香りには、ストレスを緩和する効果があります。ストレスはダイエットの大敵です。みかんの香りでリラックスした状態を作り出せば、ダイエットが捗ること間違いなしでしょう。またこちらに、簡単にできるリラックス方法についての記事も載せてきますので、是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 339090629
関連記事 簡単リラックス方法26選!短時間・自宅で心身ともにストレス発散する方法は?

自宅で心身ともにストレス発散する方法には、どのようなものがあるのでしょ

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング2位:キウイ

キウイ

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング2位は、キウイです。キウイには、水溶性と不溶性の2種類の食物繊維がバランスよく配合されています。腸をゆるめすぎて下痢を引き起こしたり、お腹のハリの原因になりにくい果物なのです。

キウイには、グリーンキウイとゴールデンキウイの2種類があります。どちらもダイエットに適していますので、自分の好みで選んでください。また半冷凍にしたり、ジュースなどにしても美味しく食べることができますよ。

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング1位:りんご

りんご

低カロリーでダイエットにいい果物ランキング1位は、りんごです。りんごには水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、整腸作用やデトックス効果が高い果物です。内臓に溜まった余分なものを排出してくれるため、体の巡りが改善されて痩せやすい体質になっていきます。

またこちらに、りんごの最適な保存方法や温度などをまとめた記事をご紹介します。正しい保存方法を知れば、りんごを傷ませずに長持ちさせられますよ。是非目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 540888421
関連記事 りんごの最適な保存方法・保管温度は?日持ちさせる方法・賞味期限も

りんごを美味しいままの保存方法や、日持ちする保管方法を知っていますか?

フルーツダイエットのやり方・方法をご紹介!

フルーツダイエットのやり方・方法①1日200グラムのフルーツを食べる

フルーツ

フルーツダイエットのやり方・方法1つ目は、1日200グラムのフルーツを食べることです。毎日200グラムのフルーツを取り続けることで、ダイエットに必要な栄養素が摂取できます。あまりに大量の果物を摂取するとかえって逆効果になります。この数値を目安に、果物を食べましょう。

フルーツは基本的にいつ摂っても良いです。自分の好きな時に摂取しましょう。もし高い効果を目指すのであれば、朝食にフルーツを食べると良いです。朝に果物を食べれば、内臓の働きが上がって便秘改善に繋がったり、カロリー消費量が高い体が作られますよ。

フルーツダイエットのやり方・方法②いろんな種類の果物を食べる

様々な果物

フルーツダイエットのやり方・方法2つ目は、いろんな種類の果物を食べることです。含まれている栄養素は、果物の種類によって異なります。同じフルーツのみを食べても、栄養が偏ってダイエット効果は期待できません。栄養の偏りやダイエット効果の低下を防ぐためにも、様々な種類の果物を食べてください。

また違う果物を食べていても、含まれる栄養素が同じだと意味がありません。ビタミンや食物繊維、カリウムなど、それぞれの栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。以下のフルーツに含まれる栄養分の表を参考に、食べるフルーツを決めてくださいね。

フルーツに含まれる栄養素
カリウム さくらんぼ・メロン・キウイ・オレンジ
ビタミンB パイナップル・柑橘系・バナナ
ビタミンA びわ・柿・すいか
ポリフェノール 果物全般
ビタミンE いちご・すもも・バナナ
ビタミンC いちご・柿・パイナップル
食物繊維 りんご・洋梨・びわ・柑橘系

フルーツダイエットのやり方・方法③常温のフルーツを食べる

フルーツを食べる

フルーツダイエットのやり方・方法3つ目は、常温のフルーツを食べることです。果物は冷やして食べる人がほとんどだと思います。しかし、冷えた果物は内臓を冷やし、腸の働きを鈍らせる恐れがあります。ダイエット効果が期待できなくなる可能性もあるので、なるべく常温のフルーツを食べてください。

果物ダイエットがもたらすいい効果とは?

果物ダイエットのいい効果①余分な水分や毒素が排出される

水分

果物ダイエットのいい効果1つ目は、余分な水分や毒素が排出されることです。加工された日々の食事には、「毒素」と呼ばれる物質が含まれています。この毒素が体に蓄積されるため、これを中和させるために体が水分を求めます。体に水分が溜め込まれやすくなり、むくみや体重増加の原因になると言われています。

フルーツにはこういった毒素は含まれていません。フルーツだけを摂取すれば、毒素を中和する必要がなくなり、余分な水分が排出されやすくなります。このため体が軽くなり、健康的に痩せることができると言われています。

果物ダイエットのいい効果②食べすぎを抑制する

果物

果物ダイエットのいい効果2つ目は、食べすぎを抑制することです。果物には食物繊維が含まれています。食物繊維はお腹の中で膨張する性質を持っているため、少しの量でも満腹感を得ることができます。食べすぎることなく食事を終えられるので、カロリーの過剰摂取を心配する必要がありません。

果物ダイエットのいい効果③基礎代謝があがる

ダイエット

果物ダイエットのいい効果3つ目は、基礎代謝があがることです。果物には「酵素」という成分が含まれています。酵素には、体の基礎代謝をアップさせる働きがあると言われています。代謝が上がることでカロリーが消費されやすくなり、運動などをしなくても痩せられますよ。

また酵素には、女性ホルモンのバランスを整えてむくみを解消したり、肌荒れを抑制する効果もあります。ダイエットをするにあたって、肌荒れやホルモンの乱れを心配する人も多いでしょう。しかしフルーツダイエットでは、そういった心配はいりません。逆にこういった悩みに対していい効果をもたらしてくれますよ。

フルーツダイエットの注意点とは?

フルーツダイエットの注意点①同じ果物ばかりを食べない

バナナ

フルーツダイエットの注意点1つ目は、同じ果物ばかりを食べないことです。一時期、「1週間りんごだけダイエット」や「朝食バナナダイエット」などが流行りましたよね。これらのダイエットは急激に体重を落とす効果はありますが、その分リバウンドの危険性が高くなります。

1つの種類の果物ばかり食べていると、どうしても栄養バランスが偏ります。そのため体が一種の飢餓状態になり、体調を崩す恐れもあります。必ず複数の果物を摂取して、バランスよく栄養を摂るように気をつけましょう。

フルーツダイエットの注意点②加工フルーツは食べない

ジャム

フルーツダイエットの注意点2つ目は、加工フルーツは食べないことです。缶詰の果物やジャムなどは、加工時に砂糖を大量に加えて作られています。過剰に糖分を摂取することになり、逆に太りやすくなってしまうのです。また加工することで、ダイエットに必要な栄養素が失われる場合もあります。

加工食品の果物ではフルーツダイエットの効果は出ないでしょう。効果的に痩せたいのなら、生のフルーツ、もしくは砂糖不使用のドライフルーツなどを食べてください。

ダイエットにいい果物を摂取して痩せましょう!

果物ダイエットでは、ご紹介したような栄養素が含まれているフルーツを積極的に摂るようにしましょう。ダイエットに向いている果物を、正しい方法で取り入れることで、必ず健康的に痩せられます。是非これを機に、フルーツダイエットを始めてみてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。