INDEX

脇腹の脂肪が落としにくい理由について

脇腹の脂肪が落としにくい理由①部分痩せができないから

不可能

脇腹の脂肪が落としにくい理由1つ目は、部分痩せができないからです。脇腹の脂肪はピンポイントで落とすことができない部位です。脇腹の脂肪を落とすには全身を使ったトレーニングを行わなければいけません。また脇腹は、脂肪が落ちるのが最も遅い部位でもあります。

全身に効くトレーニングを行なっても、他の部位だけ痩せていき脇腹の脂肪が落ちない…ということが起こります。そのため、継続することができず諦めてしまう人が多く、なかなか痩せられない部位なのです。

脇腹の脂肪が落としにくい理由②短期間では落ちにくいから

カレンダー

脇腹の脂肪が落としにくい理由2つ目は、短期間では落ちにくいからです。脂肪には、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があります。ダイエットをすると内臓脂肪から先に落ちていき、皮下脂肪はその後に減っていきます。脇腹の脂肪は皮下脂肪なので、短期間では落とせず時間がかかってしまいます。

【食事】脇腹の脂肪の効果的な落とし方!

【食事】脇腹の脂肪の効果的な落とし方①体を温める食事を摂る

ホット

食事で脇腹の脂肪を落とす方法1つ目は、体を温める食事を摂ることです。温かい飲み物やスープなどは、内臓機能を温め代謝アップを促しましょう。代謝が上がると脂肪が燃えやすい体になっていきます。冷えた水などはできるだけ摂取せず、常に温かい飲み物や常温の水などを飲むことを意識してください。

また、ささみや鶏むね肉などに含まれる動物性たんぱく質や、ミネラル、白米などにも体を温める効果があります。ただし、摂取しすぎるとダイエットを阻害してしまいます。食べすぎには注意して適切な量を食べてください。

【食事】脇腹の脂肪の効果的な落とし方②よく噛んで食べる

食事

食事で脇腹の脂肪を落とす方法2つ目は、よく噛んで食べることです。よく噛まずに食べ物を飲み込む早食いは、満腹感が湧きにくい食べ方です。満腹中枢が刺激されにくいため、お腹がいっぱいになるまでに時間がかかります。そのせいで、必要以上に食べ物を摂取してしまうのです。

しっかり噛めば、早い段階で満腹感を得られます。食事では、一口20~30回噛むことを目標にしましょう。また、噛みごたえのある食材や料理を作ることも効果的です。

【食事】脇腹の脂肪の効果的な落とし方③サプリメントを摂る

サプリ

食事で脇腹の脂肪を落とす方法2つ目は、サプリメントを摂ることです。サプリには、脂肪の吸収を抑えたり体脂肪を燃やす手助けをするものがあります。短期間で効果を実感したい方は、是非サプリを取り入れてみてください。ただしサプリだけでは痩せませんので、食事や運動と併用してくださいね。

【食事】脇腹の脂肪の効果的な落とし方④水を2L飲む

水

食事で脇腹の脂肪を落とす方法3つ目は、水を2L飲むことです。水を飲むと老廃物や便が排出され、基礎代謝が上がって痩せやすい体になっていきます。また、水を大量に飲むことで満腹感を感じ、食べる量が自然と減っていくのです。ただし、冷たい水は内臓の働きを落とします。できるだけ常温の水を飲むようにしましょう。

【食事】脇腹の脂肪の効果的な落とし方⑤18時までに食事を終える

食事

脇腹の脂肪の効果的な落とし方5つ目は、18時までに食事を終えることです。これは、「短期間で効果が実感できる」と評判のダイエット方法です。18時までに食事を終えると、寝るまでの間に夕食のカロリーが消費されます。寝る時に体がカロリー不足の状態を作れるので、寝ている間に脂肪が燃焼されていくのです。

【ダイエット方法】脇腹の脂肪の効果的な落とし方!

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法①お腹を意識して背筋を伸ばす

背中

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法1つ目は、お腹を意識して背筋を伸ばすことです。脇腹に脂肪が付いてしまう人は、姿勢が乱れている場合が多いです。背筋を伸ばして正しい姿勢をキープすることを心がけてみてください。いつもは使わない筋肉が使われているのがわかるはずです。

意識的にお腹を凹ませて背筋を伸ばすだけで、体幹が鍛えられ脇腹が引き締まってきます。普段の生活から意識していくことで、徐々に体が変わってきますよ。また、両膝を付けることを意識すると更に効果が高まります。

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法②ロシアンツイスト

腹筋

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法2つ目は、ロシアンツイストです。腹斜筋、腹直筋など腹筋全体に負荷がかかるエクササイズです。お腹周りをなるべく短期間で絞りたい方におすすめです。またしっかりと体をねじることで、背中の脂肪や腰回りにも効果が生まれます。

ロシアンツイストのやり方
  1. マットなどを敷いた上に、仰向けで寝転がります。両手は頭の後ろで組みましょう。
  2. 膝を直角に曲げ、かかとを地面から離します。
  3. 体を起こし、体を右に、足を左にねじります。ねじったところで10秒ほどキープしましょう。
  4. 反対方向に足と体をねじります。これを左右交互に20回程度行なってください。

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法③スクワット

スクワット

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法3つ目は、スクワットです。太ももを鍛えるトレーニングだと思われがちですが、実は全身の脂肪を燃焼する効果があります。腹筋や背筋などの大きな筋肉も鍛えられるので、基礎代謝アップにも効果を発揮します。特別な道具も要らないので、手軽に始められますよ。

こちらにスクワットの正しいやり方をまとめた記事を載せておきます。スクワットの効果や、効果的なトレーニングメニューなども記載されています。スクワットを始めてみようと考える方は、是非こちらの記事に目を通してみてください。

Small thumb shutterstock 546629683
関連記事 スクワットの効果と正しいやり方は?効果的なメニューもご紹介!

ダイエットや筋トレのメニューとして認知度の高いスクワット。今回は、スク

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法④有酸素運動を行う

水泳

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法4つ目は、有酸素運動を行うことです。有酸素運動では、直接脂肪を燃焼することができます。特に水泳は、有酸素運動の中で最も消費カロリーが高い運動です。泳ぐのが苦手な方は水中ウォーキングでも効果があります。是非近くのプールに足を伸ばしてみてください。

またこちらに、レディース用の競泳水着ブランドについてまとめた記事をご紹介しておきます。どんな水着を選べばいいかわからない、人気の水着が知りたい、という方は、是非参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 653348797
関連記事 レディース競泳水着人気ブランド6種類|スポーツ/スイミング/水泳

レディースの競泳水着は、メーカーやブランドで生地や縫製が異なります。国

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法⑤ドローイング

鍛えられた腹筋

脇腹の脂肪を落とすダイエット方法5つ目は、ドローイングです。ドローイングとは、腹式呼吸を意識しながらお腹をへこませるトレーニングです。場所を選ばずできるので、スキマ時間や仕事中などでも気軽に取り組めます。

ドローイングのやり方
  1. お腹をふくらませるイメージで、息をたっぷり吸い込みます。
  2. 限界まで吸いきったら、息を止めて酸素を体に巡らせます。
  3. 思い切り息を吐き出して、お腹を急激に凹ませます。このときおへそを意識すると、効果が高まりますよ。
  4. 息を最後まで吐ききり、お腹をへこませた状態で30秒間キープします。
  5. 少しずつお腹に空気を送り込んでいきます。
  6. この動作を5回行いましょう。

脇腹に脂肪がつきやすい人の食事の特徴は?

脇腹脂肪がつきやすい食事の特徴①小麦製品を多く摂っている

小麦製品

脇腹脂肪がつきやすい食事の特徴1つ目は、小麦製品を多く摂っていることです。パンやうどんなどの麺類、ケーキなどには小麦が使用されています。この小麦加工品は、消化時に体を冷やして胃腸に負担をかけてしまいます。そのため、代謝が落ちていき脇腹に脂肪が溜まっていくのです。

脇腹脂肪がつきやすい食事の特徴②糖質が高い物を食べている

スイーツ

脇腹脂肪がつきやすい食事の特徴2つ目は、糖質が高い物を食べていることです。糖質は人間の活動において大切なエネルギー源ですが、摂りすぎると脂肪蓄積の原因になります。糖質が体内に入ると血糖値が上がり、インスリンという物質が発生します。この成分が脂肪が体につくのを手助けしたり、脂肪分解を阻むのです。

糖質はケーキやアイスクリームなどの甘いスイーツや、さつまいもなどのイモ類、米などに含まれています。人間の生命維持において必要なエネルギーではあるのですが、とりすぎには十分注意しましょう。

脇腹脂肪がつきやすい食事の特徴③夜分遅くに食事を摂る

食事

脇腹脂肪がつきやすい食事の特徴3つ目は、夜分遅くに食事を摂ることです。深夜や寝る直前などに食べ物を食べると、カロリーが消費できないまま眠りにつくことになります。カロリーは寝ている間に体内に取り込まれて、脂肪となります。夜に食事を摂る時は、遅くとも就寝2時間前までに済ませるようにしましょう。

脇腹の脂肪を落とすときの注意点!

脇腹の脂肪を落とす時の注意点①効果が出るまで継続する

継続

脇腹の脂肪を落とす時の注意点1つ目は、効果が出るまで継続することです。脇腹はダイエットの成果が最も出にくい箇所です。短期間で痩せようとは考えず、効果が出てくるまで持続しましょう。継続していれば、いつか必ず効果が出るはずです。

脇腹の脂肪を落とす時の注意点②脇腹の脂肪が目立ってきても気にしない

OK

脇腹の脂肪を落とす時の注意点2つ目は、脇腹の脂肪が目立ってきても気にしないことです。ダイエットではまず内臓脂肪が落ちていくため、脇腹の皮下脂肪が目立つようになってしまいます。これはダイエットが成功している証拠ですので、気にせずにダイエットを続けてください。

脇腹の脂肪を落とす時の注意点③運動・筋トレ・食事制限を併用する

ダイエット

脇腹の脂肪を落とす時の注意点3つ目は、運動・筋トレ・食事制限を併用することです。3つのうち、どれか1つでも欠けてしまったら脇腹のダイエットは成功しません。全ての要素をバランスよく取り入れたダイエットを行いましょう。

食事やエクササイズで脇腹の脂肪を落としましょう!

脇腹の脂肪は、運動や食事制限をしないと落とすことはできません。また、短期間ですぐに落ちていく脂肪ではありません。根気よく継続することが、ダイエットの近道になります。脂肪がつきやすい食事を避け、筋トレと運動を併用して、引き締まった脇腹を手に入れましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。