INDEX

心がけるの意味とは?

心がけるの意味①常に気に留めておくこと

手を伸ばす人

心がけるの意味一つ目は、常に気に留めておくことです。常に頭の隅に留めておくことを、心がけるといいます。何をしている時でも、常に頭の片隅に置いて忘れないでいることは、そう簡単なことではないのがわかるでしょう。つまり、心がけるということは、簡単に見えて難しく奥深い意味を持つ言葉なのです。

心がけるの意味②忘れる事がないようにする事

勢揃いの社員

心がけるの意味二つ目は、忘れる事がないようにする事です。人は、何もしていなければすぐに忘れてしまう生き物です。意識して考えていないことを、常に覚えておける人などいないでしょう。しかし、心がけるとは忘れないようにすることです。つまり意図的に考えて決して忘れてしまわないよう注意することを指します。

心がけるの正しい使い方とは?

心がけるの正しい使い方①注意をする意味を込めて使う

腕組みする女性

心がけるの正しい使い方一つ目は、注意をする意味を込めて使うということです。すなわち心がけるという言葉は、注意喚起として使うことのできる表現でもあるということです。ただ注意喚起をするだけでは人間関係に悪影響を及ぼしてしまうこともありますが、「心がけてほしい」とすることで衝突を避けられます。

心がけるとは、いかなる人間関係においても使うことのできる便利な言葉なのです。他人に対して注意を促したいときは、ぜひ「心がける」の表現を用いてみてください。棘があるように聞こえる言い回しでも、心がけるという言葉を使えば柔和なニュアンスをもたせることができます。

心がけるの正しい使い方②自分への戒めを込めて使う

ペンを持つ

心がけるの正しい使い方二つ目は、自分への戒めを込めて使うということです。心がけるという言葉は、他人に向けて使うという用法のみではありません。他にも、自分に対する戒めの意を込めて使うことができるのがその特徴です。「注意しよう」と思ってもなかなか自分を奮い立たせることができないのが人間です。

そこで、「心がけ」を大切にすることで、意思の弱い人でも簡単に自分を戒めることができます。特に何かミスを犯してしまった時には、自分を戒めることも大切です。そんな時に使うことのできる言葉としても覚えておくと、より「心がける」という言葉を知ることで得られるメリットは大きくなるでしょう。

以下に関連記事として、自分を律する方法について紹介されているものがあります。自分を律するために心がけを新たにする人もいます。そこで、以下の記事を参考にすることによって、律することの意味やメリット、己を戒めるための言葉について理解を深めましょう。心がけをする上でのメリットも見えてくるはずです。

Small thumb shutterstock 521732329
関連記事 自分を律する方法とは?律するの意味やメリットと己を戒めるための言葉も

己・自分を律するのって難しいですよね。ですが、自分を律するとは簡単なこ

心がけるの正しい使い方③周りへのアピールとして使う

発表する

心がけるの正しい使い方三つ目は、周りへのアピールとして使うということです。自分が心がけを新たにしているということを、周りにアピールする上で使うこともできます。心がけとは、目に見えないものでもあるため、いくら自分が改めたところで周りに分かってもらうことの出来ない事があります。

そんな時は、周りへのアピールも兼ねて「心がけるようにしています」などと意思表示すると、相手からの見る目も違ってくるでしょう。嫌味な感じではなく、さりげなくアピールをすることができるという点でも、「心がける」という言葉は非常に使いやすい表現です。

心がけるの例文とは?

心がけるの例文①失礼のないように心がけて対応をする

握手する

心がけるの例文一つ目は、「失礼のないように心がけて対応をする」です。特にビジネスシーンにおいては、相手に失礼や迷惑の内容に対応をすることが求められます。そんな時「心がける」という言葉を用いて対応をすることで、意識して失礼のない接し方をすることができるでしょう。意思表示として使うことのできる例文です。

心がけるの例文②常に公正な判断ができるよう心がける

ジャッジする

心がけるの例文二つ目は、「常に公正な判断ができるよう心がける」です。私情を挟まずに公正な判断をすることは、時に難しくもあります。それでも、公正な立場から意見を求められることはあるでしょう。そんな時に口に出したいのが、この例文です。公正な判断ができるようにすることは、自分を成長させる事にもなります。

心がけるの例文③丁寧に作業をすることを心がけてほしい

バトンを受け継ぐ

心がけるの例文三つ目は、「丁寧に作業をすることを心がけてほしい」です。人に指図する時に使うのもまた、心がけるという言葉の用法の一つです。そこでこの例文のようにすることで、相手に注意喚起をすることができます。「心がけてほしい」という言い方だと、柔らかく相手の心を傷つけたりすることもないでしょう。

心がけるの類語とは?

心がけるの類語①肝に銘じる

重なった本

心がけるの類語一つ目は、「肝に銘じる」です。肝に銘じるとは、強く心に留めて決して忘れないようにするという意味の言葉です。常に気に留めて忘れることのないようにするという意味の「心がける」とは、似たニュアンスを持つ言葉であるということがわかるでしょう。肝に銘じるの方が少しだけ強いニュアンスを含みます。

心がけるの類語②胸に刻む

ランダムな辞書

心がけるの類語二つ目は、「胸に刻む」です。胸に刻むとは、強く思い忘れないようにするという意味の言葉です。忘れないようにすること、強く気に留めておくこと、この二つが共通していることから、心がけると同じような意味を持つ言葉であることがわかるでしょう。類語表現としては、わかりやすいものと言えます。

心がけるの類語③心に留める

白い辞書

心がけるの類語三つ目は、「心に留める」です。心に留めるとは、いつも意識し、忘れないでおくという意味の言葉です。心がけると同様「心」という単語が使われていることからもわかるように、同じニュアンスを持つ言葉です。類語表現と「心がける」とは適切にその場に応じて使い分けると、日本語表現が豊かになるでしょう。

様々なことを心がけるときに大切な事とは?

様々なことを心がけるときに大切なこと①周りを注視する

注視する人

様々なことを心がけるときに大切な事一つ目は、周りを注視することです。心がけにおいて大切にしたいのは、自分のことばかりにならないようにすることです。周りのことをよく見て、心がけを遂行しましょう。自分のことしか見えていない状態で心がけをしたところで、それは自分本位な行動になり周りに迷惑がかかります。

様々なことを心がけるときに大切なこと②自分を見失わないようにする

楽しげに話す

様々なことを心がけるときに大切なこと二つ目は、自分を見失わないようにすることです。いくら周りに気を配るべきだと言っても、自分を見失ってしまっているようでは意味がありません。自分を見失わないようにすることこそ、心がけの上で最重要なことだと言えるでしょう。自分を見失っては心がけを遂行できません。

自分を見失わずに心がけをすることができたら、きっと誰からも信頼される自分になれるでしょう。心がけを遂行する上で大切なのは、信念を貫くことです。そのことを忘れないでいてくださいね。

以下に関連記事として、芯が強い・自分を持っている人の特徴についてまとめられているものがあります。様々なことを心がける時には、自分をしっかりと持っておくことが大切です。そこで以下の記事を参考にすることで、自分を持っている芯の強い人間になるための方法が見つかることでしょう。ぜひ参考にしてください。

Small thumb shutterstock 380750701
関連記事 芯が強い・自分を持っている人の特徴15選|媚びない/芯がある人/信念

自分を持っている人や芯がある人は、物事をはっきり言う堂々とした態度がカ

様々なことを心がけるときに大切なこと③視野を広げておく

指図する人

様々なことを心がけるときに大切なこと三つ目は、視野を広げておくことです。視野が狭いまま何かを心がけても、ただ頑固になってしまうだけです。これでは、凝り固まった考えをすることしかできずに終わってしまうでしょう。心がけをする際には、色々な考え方ができるようになっておく事が大切です。

心がけが悪いと言われる行動の具体例とは?

心がけが悪いと言われる行動の具体例①信念を見失う

仕事する女性

心がけが悪いと言われる行動の具体例一つ目は、信念を見失うということです。心がけがなっていないと、大切にすべき信念さえ見失ってしまうことになります。信じるべき道があるのに、それを見失ってしまうのは、重大な問題であると言えるでしょう。心がけが悪いと言われる行動にはこの信念が伴っていないのです。

心がけが悪いと言われる行動の具体例②凡ミスをする

注意する

心がけが悪いと言われる行動の具体例二つ目は、凡ミスをするということです。気をつけていれば犯さなかったようなミスをしてしまった場合、それは心がけが悪い行動であるということができます。心がけさえできていたらミスをしなかったということはすなわち、それだけ気を抜いてしまっていたというに他なりません。

心がけが悪いと言われる行動の具体例③人によって対応を変える

寝てしまう人

心がけが悪いと言われる行動の具体例三つ目は、人によって対応を変えることです。接する相手によって態度を変えるのは、まず間違いなく心がけが悪い行動だと言えます。もし心がけをすることができていれば、相手を見て対応を変えるということはないはずだからです。相手に合わせて対応を変えることはやめましょう。

心がけるという言葉の意味を正しく知って使おう!

心がけるという言葉は、日常生活において登場する頻度が高い割に、しっかりとその意味を捉えられている人が少ないのが特徴です。そこでこの記事を読むことによって、心がけることの本当の意味や使い方をしっかり把握しておきましょう。心がけることは、自分を律することや人へのアピールなど様々な用途に使えます。

また、心がけが悪いと言われる行動の具体例にも目を通しておくことによって、心がけの悪い行動に出ることは慎むことができるでしょう。心がけが良い反面に、悪いと思われる行動もあります。そんな行動には出てしまうことのないよう、今一度自分の気を引き締めておいてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。