Large thumb shutterstock 1282513126

【コスパ最強】ユニクロのバスタオルの口コミ・評判は?取扱店舗・値段・サイズ感も

更新:2019.07.18

ユニクロのバスタオルが、口コミでおすすめされているの知ってますか?「UNIQLOタオルはコスパ良い!」「お安いのに、サイズ感や使い心地がいい」などのと評判です。ユニクロのタオルの値段・取扱店舗はどこか?など、ライバル店と比較しながら気になる点を調べて行きます。

口コミ話題沸騰!UNIQLO(ユニクロ)バスタオルとは?

ユニクロバスタオルの特徴①コットン100%の1サイズ

ユニクロバスタオルの特徴1個目は、コットン100%なことです。綿は、通気性が良いので蒸れにくい素材で、肌への肌触りもいいことから、多くのタオルに使われています。洗濯を繰り返しても丈夫で使いやすく丈夫です。ユニクロバスタオルは、さらにゴワつきにくくかさばらないので、扱いやすいのがポイントです。

色展開は、オフホワイト・ナチュラル・ネイビーの全部で3色となっています。フェイスタオルとミニタオルは、オフホワイト・ナチュラル・ネイビーの他に、ライトグレー・ダークグレー・ピンクと全部で6色です。バスタオルと合わせてフェイスタオルのカラーが揃えて使うことができます。

ユニクロバスタオルの特徴②ふわふわな感触

ふわふわなイメージ

ユニクロバスタオル特徴の2個目は、ふわふわな感触なことです。タオルがふわふわしているとそれだけで幸せですよね。肌が敏感な方や、赤ちゃんへも使える優しさのタオルは、柔らかくふわふわな感触が必要です。原材料になる、綿は高温多湿な環境で熟成させられており、空気と水分を十分に含みふわふわです。

また、パイル部分が大きい・小さい・太い・細いでふわふわな肌触りかどうかが変わります。ユニクロのバスタオルは、肌に当てた時の肌触りが良いように、絶妙な糸の大きさや太さを考え作られています。ゴワつかず、かさばらないので省スペースです。

ユニクロバスタオルの特徴③生渇きの嫌な臭いがしない

イヤなにおいがしないイメージ

ユニクロバスタオルの特徴3個目は、生渇きの嫌な臭いがしないことです。通常、洗剤で洗っただけでは、菌は死滅しないので、嫌な臭いを発生させる原因になります。臭いをさせないためには、高温のお湯で殺菌することが必要ですが、ユニクロのタオルはマイナスイオンを発生させて嫌な臭いを抑制してくれます。

UNIQLO(ユニクロ)バスタオルの口コミ・評判|おすすめできる点3選

ユニクロバスタオルのおすすめできる口コミ①ふわふわで吸水性が良い

ユニクロバスタオルのおすすめできる口コミ1個目は、ふわふわで吸水性が良いということです。糸に天然の酵素を使って加工することで、綿が持つ本来の吸水性がアップしています。綿の素材を最大限に生かした加工なので、肌が弱い人には特に嬉しいとの口コミがあります。お揃いで使えるフェイスタオルも人気です。

QUOTE

「使うごとに柔らかさを感じられて吸水性がよく満足してる」「ちょうどいい大きさと厚みを感じられる」「この値段で吸水力も良くふわふわしていて満足する」「上品な色味でとても気に入ってる」「色も穏やかナチュラルで使いやすいので好き」 引用元:『ユニクロ』オンラインストア

ユニクロバスタオルのおすすめできる口コミ②安くて品質OKでコスパ良し

コスパ良しのイメージ

ユニクロバスタオルのおすすめできる口コミ2個目は、安くて品質OKでコスパ良しということです。タオルの品質にこだわると、お値段が高くなります。安い物にグレードを落とすと、タオルの質もそれなりになることが多いです。しかし、ユニクロのバスタオルは、使い心地が良いのにお値段がそれ以上だと口コミでも好評です。

ユニクロのバスタオルは値段が990円と世間のタオルに比べ手頃な値段です。バスタオルを1人につき1枚使いたいと考えると、価格が安くて品質が良いとリーズナブルで満足がいくとお値段が1000円程とは嬉しいですね。しかも、1人ごとに使うと清潔に使えるというメリットもありおすすめです。

QUOTE

とにかくコスパが良い!この品質で999円+税は驚き! 引用元:『LinkRingBlog』「ユニクロバスタオル」クチコミ

ユニクロバスタオルのおすすめできる口コミ③吸水性が良くておすすめ

吸収するタオルイメージ

ユニクロバスタオルのおすすめできる口コミ3個目は、ユニクロバスタオルは吸水性良くておすすめということです。ふんわりした素材で体に当てるだけでグングンと水分を吸ってくれます。お風呂上り、水気をすぐ吸ってくれると着替えもスムーズでおすすめです。拭いた後は、さらっとして気持ち良いとの口コミがあります。

吸水性が高いのは、コットンの特徴でもあります。ユニクロのタオルはコットの100%なので、水をとてもよく吸収します。タオルに最も適しているということになりますね。織物の吸水性は、織物の組織・糸密度が大きく関係しています。肌にも優しく、水分を拭き取ってくれるという点でユニクロのバスタオルは優秀です。

QUOTE

毛抜けや色落ちがほぼ無く、やや柔らかめの素材で吸水性も良いです。 引用元:『ガチレビュー』「ユニクロバスタオル」クチコミ

UNIQLO(ユニクロ)バスタオルの口コミ・評判|おすすめでない点3選

ユニクロバスタオルのおすすめでない口コミ①洗濯に弱く繊維落ちする

洗濯のイメージ

おすすめでない口コミ1個目は、ユニクロバスタオルは洗濯に弱いという口コミです。タオル自体に問題があのではなく、洗濯方法にもよるものもあります。柔軟剤を多く使いすぎてしまうと、パイルが柔らかくなりすぎて、繊維が抜けやすい状態になります。すると、体を拭いた時に繊維が体につきやすい状況になります。

最初の洗濯は、柔軟剤を控えめにして使うようにするのがおすすめです。また、乾燥機を使い、余分な繊維落ちを防ぐのも方法の1つです。乾燥機を使うと天日干しより、紫外線のダメージで繊維が硬くならないので、ふんわり感を継続しやすくおすすめです。データによると、約1.5倍のボリュームが出るとの結果があります。

QUOTE

使用すると、バスタオルの毛が体にたくさんつきます。 引用元:『YahooJAPAN知恵袋』「ユニクロのバスタオル」クチコミ

ユニクロバスタオルのおすすめでない口コミ②洗濯の色移りなどに要注意

色移りして失敗のイメージ

おすすめでない口コミ2個目は、ユニクロバスタオルは洗濯の色移りなどに要注意ということです。ユニクロに限ったことではなく、濃い色は色落ちしやすいので、初回は白い物と分けて洗う方が無難です。また、バスタオルのホワイトを選んだ場合は同様に、濃い色の洗濯物と一緒に洗わないようにしましょう。

QUOTE

「洗濯の色移りがすごい」 引用元:『Pinky』「ユニクロバスタオル」クチコミ

UNIQLO(ユニクロ)のバスタオル取扱店舗は?

ユニクロのバスタオル取扱店舗①全国店舗が取扱店舗

全国をイメージ

ユニクロのバスタオル取扱店舗1個目は、全国にある店舗です。全国にある店舗と言っても、大型店にタオルなどのファブリック類の取り扱いがあります。ただ、大型店でも販売していないこともあるので、電話で確かめて買いに行くと間違いありません。

ユニクロのバスタオル取扱店舗②オンラインでも購入可能

ネット販売のイメージ

ユニクロのバスタオル取扱店舗2個目は、公式ネットでのオンライン販売があります。オンラインで購入すると、お得なまとめ買いができます。バスタオルは2枚セット・ハンドタオルは、6枚セット・フェイスタオルは4枚セットとオンライン限定で、お得にお安くまとめて購入することができます。

ユニクロと同じく安いと評判|無印良品のバスタオルと比較

ユニクロと無印良品のバスタオルの比較①サイズ

ユニクロ・無印良品のバスタオルの比較1個目のサイズは、ユニクロに比べて1種類多い60×120・70×140の2種類です。ハンドタオル、フェイスタオル、スモールバスタオル、バスタオルの4タイプです。洗濯後の乾きがとても早いということで話題のタオルです。薄手タイプはかさばらない仕様です。

ユニクロと無印良品のバスタオルの比較②値段

ユニクロ・無印良品のバスタオルの比較2個目の値段は、ユニクロと比べ幅広い値段設定で、スモール薄手60×120が990円・スモール中厚手60×120が1590円・スモール厚手60×120が1990円・薄手70×140が、1590円・中厚手70×140が2490円・厚手70×140が2990円です。

ユニクロと無印良品のバスタオルの比較③使い心地

無印良品のイメージ

無印良品のバスタオルは、ユニクロに比べ、タオル地の厚さ・サイズ・素材のシリーズにより様々なタイプがあります。使い切ったバスタオルを切るだけで、雑巾にできるタイプは無印良品のオリジナルです。無印良品のタオルは乾きやすいとの口コミがあります。特に、フェイスタオル薄手はかさばらないので人気です。

無印良品のバスタオルの取扱店舗は、全国の店舗で購入ができます。公式ホームページのオンラインで、注文することができます。用途ごとにおすすめのタオルが表示されています。また、まとめ買いするとお得です。まとめ買いすると、持ち帰りにかさばらないので便利です。

ユニクロと同じく安いと評判|ニトリのバスタオルとの比較

ユニクロとニトリのバスタオルの比較①サイズ

素材のイメージ

ユニクロ・ニトリのバスタオルの比較1個目のサイズは、ユニクロに比べ、綿100%素材の他にナイロンなど混合素材のタオルがあります。サイズは、バスタオルサイズ(デイバリュー60×120)・大判バスタオル(デイバリュー75×150)です。

ユニクロに比べ、普段使いに良いように乾きやすいように薄目の仕様です。吸水性は問題なく使えます。バスタオルは使い始めに、繊維や糸くずがすごく出やすい素材・洗濯すると、柔軟剤使用でもゴワつきやすいが、乾くのは早くて助かるとの口コミがあります。

ユニクロとニトリのバスタオルの比較②値段

寸法のイメージ

ユニクロ・ニトリのバスタオルの比較2個目の値段は、ユニクロより1種類多い2種類のサイズがあり、値段はそれぞれ、バスタオルサイズ(デイバリュー60×120)で740円・大判バスタオル(デイバリュー75×150)で925円になっています。

ユニクロとニトリのバスタオルの比較③使い心地

お店のイメージ

ユニクロに比べ、ケバ立ちやすい素材だけど、薄いのでかさばらないのとサイズ感がちょうどいいとの口コミがあります。かさばらないことに関して評価が高いようです。

ニトリのバスタオルの取扱店舗は、全国の店舗で購入が可能です。公式ホームページのオンラインで、注文することもできます。実際の店舗で購入すると荷物が増えますが、オンラインだとかさばらないのがいいですね。

UNIQLO(ユニクロ)・無印良品・ニトリバスタオルの値段や評判比較!

サイズと値段と耐久性でコスパを比べてみる

比較のイメージ

ユニクロ・無印良品・ニトリのバスタオルをサイズと値段と耐久性で比べてみます。耐久性には、ふんわり感の継続など購入した時の品質の保持性も含めて比較しています。

大判バスタオルの【サイズ・値段・耐久性】比較

サイズ展開 値段 素材の良さ・耐久性
ユニクロ 60×120 990円 かなり良い
無印良品 60×120・70×140 990円~2990円 良い
ニトリ 60×120・75×150 740円~925円 普通

結果|品質が良く安いUNIQLO(ユニクロ)がコスパ良くて最高

結果のイメージ

比較して分かった結果は、コスパと品質と共に最も優秀なのは、ユニクロのバスタオルでした。かなり大きいサイズのタオルが欲しい時は、ニトリ、早く乾かしやすいタオルが欲しい時には、無印良品と使い分けるのも良いですね。お気に入りのタオルが見つかったら、タオル収納の記事も是非、読んでみて下さい。

UNIQLO(ユニクロ)のバスタオルは安い・コスパ良しでおすすめ!

ユニクロのタオルは、梅雨の時期にイヤなニオイを発生させないのもいいですね。バスタオル以外にもフェイスタオルなどもマイナスイオンを発生させ抗菌してくれるので、気持ち良く使えます。バスタオルとフェイスタオル両方揃うと安心して使えます。オンラインでまとめて気軽に揃えられるのでいいですね。

ユニクロは、アパレルのイメージがあるので、タオルがどの様な物なのか、気になっていた方も多いでしょう。ですが、検証するなかでユニクロのバスタオルが大変コスパ良しで使いやすいことが分かりました。買い替えの際には、是非参考にして選んでみて下さい。ユニクロのおすすめトートバッグの記事も是非読んでみて下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。