Large thumb shutterstock 639915670

おすすめ耐熱ボウル11選|100均やニトリiwakiのガラスボウルは?

更新:2019.06.21

おすすめ耐熱ボウルを紹介します。耐熱ボウルの定番であるガラスボールからプラスチックタイプまでありますよ。電子レンジで料理をすることができるので時短にもつながります。100均のダイソーやニトリでも販売されているので、自分で好きな耐熱ボウルやガラスボウルを選んでみましょう。

耐熱ボウルの種類は?

耐熱ボウルの種類①ガラスボール

耐熱ボウルの種類1つ目は、ガラスボールです。耐熱ボウルでは1番多いタイプなのではないでしょうか?ガラスボールであれば、中もよく見えるのでクッキングにもぴったりですよね。料理途中もオシャレに見えます。また、オーブンで使うこともできますよ。

耐熱ボウルの種類②抗菌タイプ

耐熱ボウルの種類2つ目は、抗菌タイプです。抗菌タイプも耐熱ボウルには多くなっています。野菜の下処理などにも安心だという声も多く人気があります。耐熱であれば、電子レンジの調理にも便利ですよね。ぜひ、検討してみてください。

耐熱ボウルの種類③カラータイプ

耐熱ボウルの種類3つ目は、カラータイプです。耐熱ボウルにも色とりどりなカラーを揃えている商品もありますよ。オシャレなキッチンを目指している方や料理を楽しく行いたい方に人気があります。調理器具が好きな色だと料理も楽しいですよね。

耐熱ボウルの種類④プラスチックタイプ

耐熱ボウルの種類4つ目は、プラスチックタイプです。プラスチックタイプは、ガラスタイプなどと違いとても軽いです。ガラスは重いので軽いボウルを使いたい方におすすめになります。また、食洗器を使うことができるボウルが1番多いタイプです。

耐熱ボウルの種類について紹介しました。ほかにも耐熱ボウルのように扱うことができる調理器具について気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

耐熱ボウルを使うメリットとは?

耐熱ボウルを使うメリット①電子レンジが使える

耐熱ボウルを使うメリット1つ目は、電子レンジを使うことができることです。金属製のボウルは電子レンジで使うことができませんよね。電子レンジで調理をすることが可能になると野菜に火を通す作業が簡単になります。上部にラップをつけてからレンジで調理をしてみましょう。

耐熱ボウルを使うメリット②煮沸消毒できる

耐熱ボウルを使うメリット2つ目は、煮沸消毒することができることです。耐熱ボウルであれば、熱湯をかけても問題ありません。なので、煮沸消毒を行っても割れたりしませんよ。煮沸消毒をする必要があれば耐熱ボウルを使ってみましょう。

耐熱ボウルを使うメリット③そのまま食卓に出せる

耐熱ボウルを使うメリット3つ目は、そのまま食卓に出せるということです。ガラス製や色とりどりのプラスチックタイプなど目で楽しむことができるオシャレなデザインも多くなっているのが耐熱ボウルの特徴でもあります。なので、サラダなどであればガラスボールのまま食卓に出すことも可能です。

耐熱ボウルのメリットについて紹介しました。最大のメリットである電子レンジ調理に使う電子レンジの扱い方について気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

おすすめ耐熱ボウル6選

おすすめ耐熱ボウル|iwakiの耐熱ガラスボウル

おすすめ耐熱ボウル1つ目は、iwakiの耐熱ガラスボウルです。耐熱ボウルと言えばiwakiというくらい有名ですよね。電子レンジを使っての調理などに重宝しますよ。また、大きさの方も豊富なので用途に合ったものを購入しましょう。ただ、大きいボウルは重いので注意してください。

おすすめ耐熱ボウル|ニトリの耐熱ガラスボール

おすすめ耐熱ボウル2つ目は、ニトリの耐熱ガラスボールです。ニトリにも耐熱ガラスボールが販売されています。サイズも直径11cm、15cm、18cm、21cm、24cmの5種類が販売されています。値段は、299円、599円、799円、999円、1,199円と大きさによって違います。

色々な大きさのガラスボウルがあれば便利ですよね。目的や予算に応じてぴったりのガラスボウルを選んでみてください。電子レンジだけでなく、オーブンや食洗器にも対応しています。

おすすめ耐熱ボウル|ニトリのクッキングボウルvege

おすすめ耐熱ボウル3つ目は、ニトリのクッキングボウルvegeです。こちらは、プラスチックタイプなのでガラスボウルよりもとても軽いです。なので、軽いボウルを使いたい方におすすめです。14cm、21cm、36cmの3種類でイエローグリーン、オレンジ、ピンクの3種類のカラー展開になっています。

値段の方も199円、399円、498円の3種類なので安いです。また、真ん中が窪んでいるオシャレなデザインなのでそのまま食卓に出す方も多いボウルになっていますよ。プラスチックタイプですが、電子レンジ、食洗器、オーブンに対応しています。

おすすめ耐熱ボウル|ハリオの耐熱ガラスボウル

おすすめ耐熱ボウル4つ目は、ハリオの耐熱ガラスボウルです。ハリオの耐熱ガラスボウルも大きさが数種類あるので目的に応じて使い分けることが可能です。さらに重ねやすい形状なので違う大きさのボウルが数種類あっても重ねて保管することもできます。手に持ちやすいデザインなので重くても安定感がありますよ。

ただ、薄いのでほかの耐熱ガラスボウルよりは軽いアイテムです。片口もついているので液体の料理を作っても簡単に注ぐこともできます。薄くて軽いのでサラダのような料理であれば、そのまま食卓に出すこともオシャレですよ。

おすすめ耐熱ボウル|シービージャパンの耐熱ボウル

おすすめ耐熱ボウル5つ目は、シービージャパンの耐熱ボウルです。シービージャパンの耐熱ボウルは、ほかのボウルに比べてカラフルになっています。色合いがオシャレなので、そのまま食卓に出すこともできます。料理の色合いと色を合わせてみたり、違う大きさのボウルと組み合わせてみたりと幅は広いです。

可愛い見た目をしていますが、電子レンジでも使うことができますよ。可愛いキッチンツールが好きな方にもおすすめの耐熱ボウルです。

おすすめ耐熱ボウル|サイマックスの耐熱ガラスボウル

おすすめ耐熱ボウル6つ目は、サイマックスの耐熱ガラスボウルです。チェコの耐熱ガラスメーカーであるカヴァリエ社の商品です。ボヘミアガラスの本場の耐熱ガラスボウルなので、食器にこだわる方にもおすすめです。こちらも複数の大きさのボウルがあり、重ねて保存することもできますよ。

頑丈な耐熱ガラスボウルなので、じゃがいもをすり潰したりと力を使う料理でも使うことができます。安定感があるので作業も行いやすいですよ。ただ、頑丈で安定感もありますが、その分重いので気を付けてください。

おすすめ耐熱ボウル5選【100均】

100均おすすめ耐熱ボウル|ダイソーの耐熱ガラスボウル

100均おすすめ耐熱ボウル1つ目は、ダイソーの耐熱ガラスボウルです。ダイソーで見かけて驚かれた方も多いアイテムであると思います。ただ、ダイソーの商品ですが、大きさによって値段が違います。でも、300円~なので安いでしょう。小ぶりなボウルが多いので独り暮らしの方でも使いやすいでしょう。

耐熱ガラスボウルに興味があるけど高くて使えないという方にもおすすめです。気軽に購入することができる耐熱ガラスボウルですよね。

100均おすすめ耐熱ボウル|ダイソーの耐熱容器

100均おすすめ耐熱ボウル2つ目は、ダイソーの耐熱容器です。こちらは、ボウルではありませんがボウル代わりに使う方も多いアイテムになります。ボウルとして使ったあとにそのままフタをすれば保存をすることも可能です。大きさは、複数あり値段もそれぞれ違います。100円でないものもあるので気を付けましょう。

100均おすすめ耐熱ボウル|ダイソーのレンジOKガラスフタ付ボウル

料理

100均おすすめ耐熱ボウル3つ目は、ダイソーのレンジOKガラスフタ付ボウルです。電子レンジにそのまま入れて調理をすることができる便利アイテムになります。野菜を蒸したいときなどにも便利ですよ。

また、電子レンジのみで調理をすることも可能なので時短にもなると人気があります。ただ、100均のダイソーの商品ですが300円なので注意してください。

100均おすすめ耐熱ボウル|セリアのチンして食卓フタつきボウル

料理

100均おすすめ耐熱ボウル4つ目は、セリアのチンして食卓フタつきボウルです。始めからフタがついており料理がしやすい耐熱ボウルになっています。ダイソーのフタ付き耐熱ボウルと同じように野菜を蒸したりする料理に使うことが可能です。ただ、オーブンでは使用できないので気をつけてください。

100均おすすめ耐熱ボウル|キャンドゥの1カップボウル

料理

100均おすすめ耐熱ボウル5つ目は、キャンドゥの1カップボウルです。耐熱樹脂でできている耐熱ボウルなので軽くて使いやすいと人気です。内容量が250mlと小さめなのでお菓子作りやドレッシング作りなどに便利かもしれません。

耐熱ガラスでおすすめクッキング

耐熱ガラスでおすすめクッキング①キャベツのバターしょうゆ

耐熱ガラスでおすすめクッキング1つ目は、キャベツのバターしょうゆです。キャベツのバターしょうゆは、野菜を切って調味料を加えるだけです。電子レンジで火を通す料理なので手間もかかりません。あと1品欲しいときや野菜が足りないときにおすすめの料理です。

キャベツのバターしょうゆの材料

  • キャベツ60g
  • バター 大さじ1/2
  • 醤油 大さじ1/2

キャベツのバターしょうゆのレシピ

  1. キャベツをざく切りにしてください。
  2. 芯などの固い部分を取り除いて耐熱ボウルに入れてください。
  3. 耐熱ボウルにバターを加えましょう。
  4. 電子レンジを600Wに設定して1分30秒加熱してください。
  5. 最後に醤油をかけたら完成です。

耐熱ガラスでおすすめクッキング②ポトフ風なべ

耐熱ガラスでおすすめクッキング2つ目は、ポトフ風なべです。耐熱ボウルで鍋やポトフを作ることができます。鍋やポトフも材料を切って調味料を加えるだけなので簡単です。独り暮らしの方や夜食にもおすすめですよ。少量だけ作ることができると便利ですよね。

ポトフ風なべの材料

  • カット野菜 200g
  • ベーコン 5枚
  • 水 1カップ
  • コンソメ顆粒 1/2
  • 塩 少々
  • コショウ 少々

ポトフ風なべの作り方

  1. 水、コンソメ顆粒、塩、コショウを耐熱ボウルに加えてください。
  2. さらに、ベーコン、カット野菜の順番で加えましょう。
  3. 600wの電子レンジで10分程度加熱します。
  4. 最後に混ぜ合わせると完成です。

耐熱ガラスでおすすめクッキング③クラムチャウダー

耐熱ガラスでおすすめクッキング3つ目は、クラムチャウダーです。寒くなると食べたくなるクラムチャウダーも耐熱ボウルで作ることができます。材料を加えて電子レンジで加熱するだけなので簡単です。冬の寒い日に作ってみてはいかがでしょうか?

クラムチャウダーの材料

  • 水 50ml
  • ミックスベジタブル 20g
  • 牛乳 100ml
  • バター 小さじ1
  • 顆粒コンソメ 小さじ2/3
  • 粗挽き黒こしょう 少量
  • あさりの水煮 30g
  • クラッカー 適量

クラムチャウダーの作り方

  1. 耐熱ボウルに水、顆粒コンソメ、牛乳、あさり、ミックスベジタブル、バター、粗挽き黒こしょうを入れてください。
  2. ラップでフタをして、60wの電子レンジで1分30秒加熱しましょう。
  3. 最後にクラッカーを振りかけて完成です。

おすすめ耐熱ボウルで料理を楽しもう

おすすめの耐熱ボウルについて紹介しました。定番のガラスボールからプラスチックタイプまでありましたよね。すべて電子レンジで使うこともできるので、料理の時短にもつながりますよ。ダイソーなどの100均やニトリでも販売されているので、気軽に購入してみましょう。ガラスボウルで料理の時間を楽しんでみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。