INDEX

美味しい中華丼の作り方とアレンジ方法

定番の中華丼の作り方

中華丼

中華料理店のメニューに必ずある中華丼は、名前の通り中国料理の一つと思われていますが、日本発祥の料理です。そのため日本人の口に良く合い、小さなお子さんからご年配の方まで人気のある丼物メニューです。野菜をたっぷり摂ることができ、お肉や魚介類も入れるので栄養バランスがとても良いです。

中華丼に使う野菜は白菜・にんじん・椎茸・さやえんどう・たけのこ・うずらの卵が定番ですが、他の物と置き換えても構いません。冷蔵庫に残っている野菜を上手く活用して作ってください。魚介類は冷凍のシーフードミックスでもOKです。解凍して酒を振りかけておくと臭いがなくなり、食感も良くなります。

定番の中華丼の材料(2人分)
  • ご飯 丼ぶり2杯分
  • 豚肉 50g
  • 白菜 100g
  • にんじん 30g
  • たけのこ(水煮) 30g
  • しいたけ 2個
  • さやえんどう 20g
  • 酒  小さじ1
  • 塩  少々
  • ごま油 適量
  • うずらの卵 適量
  • 【調味料】
  • 醤油・酒 各大さじ1
  • 砂糖・中華だし   小さじ1
  • 塩コショウ  適量
  • 水 150ml
  • 片栗粉 大さじ1
定番の中華丼の作り方
  1. 豚肉は食べやすい大きさに切って、塩と酒で下味をつけておきます。
  2. 白菜はざく切り、にんじんは短冊切り、しいたけは薄切り、さやえんどうはヘタと筋を取っておきます。
  3. フライパンにごま油を入れて熱し1を炒めます。
  4. 豚肉に火が通ったら、野菜(火の通りに時間がかかる物から)炒めます。
  5. 合わせ調味料を作ってよくかき混ぜておきます。
  6. 具材にすべてに火が通り、しんなりとしてきたら合わせ調味料を入れます。
  7. 合わせ調味料が煮立ったらうずらの卵を入れます。ご飯にかけて完成です。

美味しいドライカレーのアレンジ方法|中華風焼きそば

美味しいドライカレーのアレンジ方法は、中華風焼きそばです。炒めた焼きそばに、残った中華あんを合わせて炒めれば完成です。簡単ですが中華丼とは違う美味しさを味わうことが出来ます。あんかけは腹持ちも良いでの、男性の方や食べ盛りのおこさんにもおすすめのメニューです!

中華丼に合うおかず|副菜や付け合わせの献立【定番編】

中華丼に合うおかず・付け合わせ【定番編】①餃子

焼き餃子

中華丼に合うおかず・付け合わせの定番編の1つ目は、餃子です。餃子は中国から伝わった料理ですが、今や日本の国民食と言えるほど馴染みのある料理です。焼き餃子・水餃子・蒸し餃子と調理方法を変えると食感が異なるので、飽きることなく食べられます。市販の餃子も多く販売されていますが、手作り餃子の味は格別です!

下記の記事では、餃子の包み方のバリエーションを紹介しています。餃子の包み方と言えば具を中央に乗せてに折り、上部にひだをつける方法が定番ですが、他にも包み方があることをご存知ですか?ユニークな包み方や、簡単な包み方など紹介されていて、面白い記事です。ぜひ併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 412892911
関連記事 餃子の包み方のバリエーション8選!皮のひだを上手に包む簡単なコツは?

大人から子供まで人気のある中華料理の餃子。今回はその餃子を家庭で作ると

中華丼に合うおかず・付け合わせ【定番編】②シュウマイ

シュウマイ

中華丼に合うおかず・付け合わせの定番編の2つ目は、シュウマイです。豚肉の旨味がギュッと詰まった美味しい料理で、中華丼のおかずにもお酒のおつまみにも良く合います。豚肉ではなく、エビやカニを詰めても美味しいですよ。蒸し器で蒸すと一層美味しく仕上がるので、熱々のうちにほおばってください。

中華丼に合うおかず・付け合わせ【定番編】③小籠包

小籠包

中華丼に合うおかず・付け合わせの定番編の3つ目は、小籠包です。薄い皮から溢れ出るスープが美味しい料理ですが、家庭で手作りする方は少ないのではないでしょうか?小籠包で最も重要なスープは、鶏がらスープをゼラチンで固めて作ります。肉だねと一緒に皮で包めば完成なので、慣れれば難しい作業ではありません。

小籠包は蒸して食べることが多いですが、焼き小籠包にしても美味しいです。どちらの調理方法でも中のスープは熱々になるので、火傷に気をつけてくださいね!刻んだショウガを添えると、お店で食べるような味わいになりますよ!

中華丼に合うおかず・付け合わせ【定番編】④春巻き

春巻き

中華丼に合うおかず・付け合わせの定番編の4つ目は、春巻きです。サクサクに揚がった皮と、中に詰まったジューシーな餡が美味しいおかずです。中の餡にもしっかりと味をつけておけば冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもぴったりです。中の具材を変えれば、変わり種の春巻きも楽しめますよ!

中華丼に合うおかず|副菜や付け合わせの献立【簡単に作れるおかず】

中華丼に合う付け合わせ・副菜【おかず編】①ザーサイ豆腐

中華丼に合う付け合わせ・副菜・簡単メニューの1つ目は、ザーサイ豆腐です。ザーサイとはカラシナの茎部分を使用した、中国の漬物です。コリっとした食感が特徴的でそのまま食べたり、中華料理の具材として使われます。ザーサイは日本の一般的なスーパーでも販売されています。

豆腐の上に細かく刻んだザーサイを乗せれば、あっという間におかずが一品完成します。お醤油ではなく、ごま油、ポン酢をかけても合います。ザーサイの味が濃いときは、さっと水洗いしてからみじん切りしてください。

中華丼に合う付け合わせ・副菜【おかず編】②ピリ辛きゅうり

ピリ辛きゅうり

中華丼に合う付け合わせ・副菜・簡単メニューの2つ目は、ピリ辛きゅうりです。短時間でしっかりと味が染み込むピリ辛きゅうりは、時間がない時にはおすすめのおかずです。小さなお子さんには、唐辛子無しで作ると良いですよ。美味しすぎて箸が止まらなくなるので、多めに作っておくのもgoodです。

中華丼に合う付け合わせ・副菜【おかず編】③梅肉和え

中華丼に合う付け合わせ・副菜・簡単メニューの3つ目は、梅肉和えです。梅のさっぱりとした風味が箸休めになります。梅には疲労回復・細胞の活性化など身体の調子を整える効果がふんだんに含まれているので、積極的に食べたい食材です。

梅肉和えに合う野菜はきゅうり・大根・長芋・えのき・おくら・もやしなどです。クセのない味わいの野菜でしたら大抵合うので、色々と試してみてください。また鶏のささみやカニ缶などをプラスすると豪華な一品になりますよ。

中華丼に合うおかず|副菜や付け合わせの献立【汁物・スープ編】

中華丼に合うおかず・付き合わせ【汁物編】①わかめスープ

わかめスープ

中華丼に合うおかず・付き合わせの汁物編の1つ目は、わかめスープです。わかめは低カロリーでありながら、食物繊維・脂質・ミネラルが豊富に含まれています。中華丼だけでは補えない栄養素を摂ることができ、価格も年間を通して安定しています。

わかめは乾燥わかめを使う方が多いですが、ぜひ生のわかめで作ってみてください!生のわかめは乾燥わかめに比べて風味が良く、弾力感もあります。使いきれなかった分は冷凍保存することが出来ます。サラダや酢の物など、必要な時にサッと解凍して使ってください。

中華丼に合うおかず・付き合わせ【汁物編】②中華風コーンスープ

中華丼に合うおかず・付き合わせの汁物編の2つ目は、中華風コーンスープです。鶏がらスープの素をベースにし、コーンクリーム缶を加えた優しい味わいのスープです。仕上げに溶き卵を入れることで一段と風味が増し、身体がホッと温まりますよ。仕上げにコショウをプラスすると、ピリリとした辛さがアクセントになります。

下記の記事では、鶏ガラスープの代用品を紹介しています。中華風のスープや料理を作る際に欠かせない鶏ガラスープですが、うっかり切らしてしまった経験はありませんか?困ったときの代用品を7つ紹介しており、とても役に立つ記事です。ぜひ併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 553985692
関連記事 鶏ガラスープの代用品7つ|ない時の代わりはコンソメや中華だし?

鶏ガラスープが家になくて困った!という経験をしたことある方も多いことと

中華丼に合うおかず・付き合わせ【汁物編】③味噌汁

味噌汁

中華丼に合うおかず・付き合わせの汁物編の3つ目は、味噌汁です。味噌汁は和食の定番の汁物ですが、中華丼に合わせても違和感なく美味しくいただけます。味噌汁に使う具材は何でも良いので、冷蔵庫に余っている食材を活用してください。具だくさんの味噌汁にすれば、お腹もいっぱいになり、栄養もバッチリ摂れますね。

中華丼に合うおかず|副菜や付け合わせの献立【野菜・サラダ編】

中華丼に合うおかず・副菜のメニュー【野菜・サラダ編】①春雨サラダ

春雨サラダ

中華丼に合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の1つ目は、春雨サラダです。低カロリーな春雨と野菜を合わせた美味しいサラダです。ピリッと辛いドレッシングが食欲をアップさせ、ダイエット中の方にもおすすめのサラダです。野菜だけでなく錦糸卵やハムなどを加えれば見た目も鮮やかになり、美しい仕上がりになります。

中華丼に合うおかず・副菜のメニュー【野菜・サラダ編】②海藻サラダ

中華丼に合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の2つ目は、海藻サラダです。スーパーの乾物コーナーのは乾燥の海藻が販売されているので、こちらを使うと簡単に海藻サラダが作れます。海藻を水で戻し、お好みの野菜類と和えれば完成です。海藻は味にクセがないので、どんなドレッシングとも相性が良いです。

中華丼に合うおかず・副菜のメニュー【サラダ編】③バンバンジーサラダ

中華丼に合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の3つ目は、バンバンジーサラダです。たっぷりの鶏肉が乗ったバンバンジーサラダは見た目が豪華であり、お客さんへのおもてなし料理としてもおすすめです。バンバンジーサラダに合わせる野菜はレタス・トマト・きゅうりが定番ですが、他の野菜をプラスしても構いません。

千切りにしたキャベツ・オニオンスライス・水菜なども合うので、冷蔵庫に余っている場合はぜひ入れてください。バンバンジーサラダの美味しさの決め手はピリ辛のゴマダレです。ゴマダレに鶏肉を茹でた際のゆで汁を少量入れると、コクがアップしますよ。捨ててしまいがちですが、旨味がたっぷりなので活用してくださいね。

中華丼に合うおかず|副菜やもう一品の献立【揚げ物編】

中華丼に合うおかず・もう一品のメニュー【揚げ物編】①揚げワンタン

中華丼に合うおかず・もう一品のメニューの揚げ物編の1つ目は、揚げワンタンです。ワンタンの皮は油で揚げるとサクッとした食感になり、とても食べやすいです。まるでスナック菓子の様にパクパクと食べれてしまう美味しさなので、食べ過ぎないように注意してください。

またワンタンは包み方が簡単です。具を中央に乗せたら半分に折りたたみ、端を水で溶いた小麦粉をのりにしてくっつけます。餃子のようにヒダを作る必要がないので、小さなお子さんでもお手伝いが出来ますよ!楽しく美味しく作ってみてください!

中華丼に合うおかず・もう一品のメニュー【揚げ物編】②油淋鶏

中華丼に合うおかず・もう一品のメニューの揚げ物編の2つ目は、油淋鶏(ユーリンチー)です。油淋鶏は中華料理で代表的な揚げ物料理です。高温でカリッと揚げた鶏肉の上に、たっぷりのネギを入れた香味ソースをかけます。ボリュームがあるので中華丼だけでは物足りない男性や、育ち盛りのお子さんに喜ばれますよ。

油淋鶏は鶏むね肉を使いますが、肉の厚みによっては火の通りに時間がかかることがあります。あらかじめ電子レンジで加熱しておくと、揚げる時間が短く済みますよ。ソースが美味しいので、野菜もたっぷりと添えてくださいね。白髪ねぎを上に乗せると、美しい見た目になります。

中華丼に合うおかず・もう一品のメニュー【揚げ物編】③白身魚の香味ソース

中華丼に合うおかず・もう一品のメニューの揚げ物編の3つ目は、白身魚の香味ソースです。淡泊な白身魚には、ピリッと辛い香味ソースが良く合います。衣をつけて揚げるとサクッとした食感になり美味しいですが、カロリーが気になる場合は少量の油で揚げ焼きでもOKです。またフライパンで蒸しても美味しく仕上がります。

中華丼に合うおかず・もう一品のメニュー【揚げ物編】④エビのすり身揚げ

中華丼に合うおかず・もう一品のメニューの揚げ物編の4つ目は、エビのすり身揚げです。エビは包丁で細かく叩くか、フードプロセッサーを使ってすり身にしてください。すりおろした長芋や山芋を一緒に混ぜるとふんわり感がアップします。下味をしっかりとつけておけば、ソースなしで美味しく食べられます。

中華丼に合うおかずを知って楽しく美味しい食卓にしよう!

中華丼に合うおかずを紹介しました。いかがでしたでしょうか?野菜もお肉も入って栄養満点の中華丼ですが、おかずや副菜をプラスするとさらに栄養バランスの良い献立になります。中華丼に合うメニューに迷った際は、ぜひ参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。