Large thumb shutterstock 759462106

一人でできる仕事の種類19選!コツコツ稼げる職業・資格は?会社員の転職も

更新:2021.04.19

仕事は好きだけど、人間関係が苦手、事情があって自宅で働きたい、そんな様々な事情から仕事選びに迷っていませんか? そんなお悩み抱えた方へ一人でできる仕事にはどんな種類があるかご紹介いたします。一人でもやれる仕事でもちゃんと稼げるものです。是非参考にしてください。

一人でできる仕事の種類【女性編】

【女性編】一人でできる仕事の種類①イラストレーター・漫画家

デザイナー

1つ目の【女性編】一人でできる仕事の種類はイラストレーター・漫画家です。売れっ子漫画家になることは難しいでしょうがWebマンガサイトなどで公表出来る場は増えていますので、面白い題材を見つけて書くことが出来れば十分仕事として収入を得ることができる種類のお仕事です。

自宅で行うことが出来ますし絵を描くことが好きならイラストレーターとして稼ぐ道も今はたくさん開かれています。       

【女性編】一人でできる仕事の種類②ネイリスト・エステサロン

ネイル

2つ目の【女性編】一人でできる仕事の種類はネイリスト・エステサロンです。趣味で始めたネイルを職業にした場合には、好きなことならとことん頑張れますしそれを仕事にできたらあくなき探求心を発揮できるのではないでしょうか。

エステサロンなら、しっかりと技術を学ぶことが出来て必要な資格など取得することもできれば、独立して働く道も拓けるでしょう。自宅で開業している方もたくさんいます。職業にしてもいいくらいネイルが好きな方にはネイルの技が取得できるこちらの記事もおススメです。               

【女性編】一人でできる仕事の種類③アドバイザー

カウンセラー

3つ目の【女性編】一人でできる仕事の種類はアドバイザーです。身の回りの片付けや家事や収納に関するアドバイスをしたり、自分が好きなこと得意なことをとことん極めて職業にしている人もいます。

自分の得意なことを生かして困っている人と一緒に解決策を考えたりするのは役に立つやりがいのある仕事になるでしょう。事務所等借りずに自宅で勧誘活動をし仕事を獲得する事もできます。

【女性編】一人でできる仕事の種類④カウンセラー

医者

4つ目の【女性編】一人でできる仕事の種類はカウンセラーです。カウンセラーとは主に悩みを抱えた人に寄り添って話を聞き一緒に解決の道を探していくことをサポートしていくお仕事です。状況に応じてアドバイスをしたり共感してあげたりと相手が望む内容に応じて対応する必要があります。

ヒアリング力豊富な人生経験が必要になります。近年では様々な種類のカウンセリング需要があり企業や学校ネット等様々な形でカウンセラーを行っている人が増えています。ネット環境が整っていれば自宅に居ながらにしてカウンセリングすることもできます。

【女性編】一人でできる仕事の種類⑤せどり

オークション

5つ目の【女性編】一人でできる仕事の種類はせどりです。古本や中古品を安く仕入れ、価値を付加して再販売する「せどり」も自宅で一人でできる仕事のひとつです。

今はメルカリやヤフーオークションなどで、簡単に商品の仕入れ・出品を行うことができますので子供が小さくて外に働きに出られない時にも自宅で気軽に始められます。実際にメルカリやオークションを始めてみたいと思った方は、こちらの記事で初心者から売れるコツをご紹介していますので参考にしてください。

一人でできる仕事の種類【男性編】

【男性編】一人でできる仕事の種類①エンジニア・プログラマ

エンジニア

1つ目【男性編】一人でできる仕事の種類はエンジニア・プログラマーです。エンジニアとは主にシステムなど設計を行い、プログラマーはプログラム言語を用いてプログラムを組む仕事です。どちらの仕事も、プログラミング言語などの専門的なあらゆる種類の知識や資格が必要になります。

エンジニアはクライアントの意図を汲みとりマネジメントする能力も必要でしょう。企業に属しながらも自宅で勤務可能な職業です。

【男性編】一人でできる仕事の種類②工場作業

工場

2つ目【男性編】一人でできる仕事の種類は工場作業です。フリーランスとはまた違い、会社や職場の環境によって差はありますが個々が自分の作業に黙々と取り組むことが出来る種類の職業です。

正確にかつスピーディーに作業するスキルが求められます。単純作業になりますので同じ動作でもコツコツと根気よく取り組める方には向いているでしょう。

【男性編】一人でできる仕事の種類③FX・株

株

3つ目【男性編】一人でできる仕事の種類はFX・株です。でFXや株の運用も収入を得ることが出来ます。自宅にいてもできますが、常に市場の動向をチェックしあらゆる種類の企業情報を集め、場合によっては昼も夜も関係なく売買することもあるため簡単ではありません。損をする危険性もあることを頭に入れておきましょう。

一人でできる仕事の種類【資格なしで稼げる編】

【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類①データ入力

データ

1つ目の【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類はデータ入力です。データ入力とは、依頼主から与えられた情報をパソコンに打ち込んでいくお仕事です。クラウドソーシングなどにより自宅でできる仕事も多く、入力だけではなくデータのチェックなど、その業務内容はどんどん広くなっています。

データ入力は専門的な知識や資格も不要の、家に居ながら一人でできる仕事のひとつです。しかし、このような種類の仕事で収入を安定して得るためには、正確でスピーディなタイピングの能力やパソコンの基本的な知識は必要です。

【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類②ブログ運営

ブログ

2つ目の【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類はブログ運営です。マメに更新をしたり文章を書くのが好きな人に向いているのがブログ運営です。注目を集めているネタを探すのが上手でが魅力的な文面を書けるのであれば、ブログを継続的に運営し広告収入を得ることができます。

自宅にいなくても外からもブログは更新できますので自由度の高い仕事ですが、広告収入を得るためには集客力が必要となりますのでサイト作成の知識やセンスが必要になります。

【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類③コピーライター

フォント

3つ目の【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類はコピーライターです。商品・会社・サービスなどのキャッチコピーを作りだすのがコピーライターの仕事です。ただ売り文句を考えるだけではなく、いかに商品の購買意欲を引き出すか魅力ある文章を構成する能力を身に着ければ

販売員や営業マンにも通じるやりがいのある仕事といえるでしょう。言葉のセンスや購買者の気持ちを読み取る力をみがき、発想力があれば自宅でリスクなく始めることが出来ます。

【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類④YouTuber

ゲーム

4つ目の【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類はYouTuberです。YouTuberは、今や小学生がなりたいランキング1位の自宅で出来る職業の代表ともいえるかもしれません。動画をYouTubeに投稿する仕事です。動画を投稿し広告によって収入を得ることが出来ます。

1回の再生で0.1円というのが簡単な収入の計算方法とも言われています。高い再生回数を生み出せる動画のアイディアを生み出していければ、一人で行うことができる職業に出来るでしょう。

【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類⑤Webライター

ライター

5つ目の【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類はWebライターです。ライターとはWeb上で公開されるあらゆる文章を作成するお仕事です。美容や料理、恋愛だけでなく自分が苦手なジャンルもありとあらゆる種類の記事が書けるよう書く力を磨くことで、多くの仕事を任せてもらえるようになるでしょう。

【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類⑥アフェリエイト

広告

6つ目の【資格なしで稼げる編】一人でできる仕事の種類はアフェリエイトです。自分のWebサイト・ブログ・メルマガなどで様々な種類の商品やサービスの紹介し、結果に合わせて広告収入が得られる仕組みになっています。

Googleなどの検索エンジンで最適に表示されるための知識や、Webサイトやブログを継続して更新をすることで運営していきます。またWebサイトを開発するための基礎として、HTML、CSS、JavaScriptなどの色々な種類のプログラミングスキルも勉強しなければなりません。

一人でできる仕事の種類【資格・スキルが不可欠編】

【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類①Webデザイナー

デザイン

1つ目の【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類はWebデザイナーです。Webデザイナーとは、Wインターネットのサイトデザインを行うお仕事です。資格は特に不要です。どんな種類のサイトでもたくさんの人に利用してもらえる良質なサイトを作るためには、優れたデザインはなくてはならないものです。

【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類②CADオペレーター

建築

2つ目の【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類はCADオペレーターです。CADソフトを使って、主に建築係の設計図等を作る仕事です。非常に専門性の高い技術ではすので、きちんと仕事を受けるためにはある程度は会社に入って実務経験を積む必要があるでしょう。

【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類③ビルメンテナンス

ビル

3つ目の【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類はベルメンテナンスです。ビルメンテナンスとはビルやホテルなどの大きな建物を点検する仕事です。不備や異常を早期発見したり、不具合が出ないように保守管理をします。

資格がなくても管理を請け負うことはできますがビルメンテナンスに役に立つ資格をとり専門的な知識をもって確実に仕事を担う事が出来ます。

【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類④整体師

マッサージ

4つ目の【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類は整体師です。指圧法や体の仕組みを学び体のケアを行うのが整体師です。「整体師」を言う資格は在りませんが「柔道整復師」や「あんまマッサージ指圧師」「鍼灸師」などの国家資格をの資格を取得して開業するのが一般的です。

【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類⑤税理士・会計士

会計

5つ目の【資格・スキルが不可欠編】一人でできる仕事の種類は税理士・会計士です。公認会計士は書類や財務状況の監査を行い証明をし、税理士は税金などの申請をサポートする仕事です。どちらも国家資格が必要となります。会社等で雇われつつ顧客を獲得できれば独立開業できる可能性のある職業です。

一人でできる仕事に役立つ資格の種類

役に立つ資格の種類

資格

一人でできる仕事はほとんどが特別な『資格』を必要としません。資格そのものよりは、あらゆる種類のスキルや知識は必要になってきますので資格取得のために勉強することも将来的に役に立つでしょう。

一人でできる仕事に役立つ資格

  1. adobe認定アソシエイト
  2. ウェブデザイン技能検定
  3. WEBライティング能力検定
  4. Javaプログラマ資格

一人でできる仕事に役に立つ国家資格

勉強

一人でできる仕事の中でも国家資格を取得して、独立開業して自分のペースで仕事をすると言う道もあります。受験資格も特にない国家試験もありますので気になる分野があれば今から勉強しても遅すぎると言う事はないでしょう。

一人でできる仕事に役立つ国家資格

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 行政書士
  • あん摩マッサージ指圧師

一人でできる仕事のメリットは?

一人でやれるのでわずらわしい人間関係が減る

職場の人間関係

仲の良い同僚や上司など、人間関係に困ることなく仕事をするは楽しいです。でも、人が集まると気を使ってしまいどうしても煩わしさが伴います。このように悩みを抱えなくて良いところが一人でできる仕事を行うことを選択した場合の最大のメリットでしょう。

一人でやれるので自分のペースで仕事に取り組める

自分のペース

自分で段取りを決めて仕事を進めていても、突然急な仕事を振られたりお客様から電話が来たりと自分の計画通りに進まないこともあります。しかし、一人でできる仕事であればそんなことはもう気にせず自分のペースで進められます。

一人でやれるので好きな時間に集中して黙々と作業できる

仕事

一人でできる仕事であれば会社に勤めていると始業時間も就業時間も決められていますので、体調や家の予定も関係なく決まった時間に出勤しなければなりません。

しかし、一人でできる仕事をしていると自分の体調や子供の予定合わせて出来るときに集中して仕事に取り組み自由に自分の都合で調整出来ます。

一人でできる仕事のデメリットは?

一人でやれるからこそ仕事上の責任はすべて自分で負う

責任

一人でできる仕事をする際には、会社でたくさんの人と働くのと比べると万一失敗した時にフォローしてくれる人はいません。なので、自分一人で何もかも責任を一人で負わなくてはなりません。漫然と仕事をこなしていくだけではなく、常に次の仕事獲得をすべく努力していかなければなりません。

一人でやれるからこそ自分で仕事を獲得し続けなければならない

営業

会社で仕事をする時のように、一人でできる仕事では黙って待っていても仕事は入ってはきません。自分で仕事や依頼を獲得しなければ収入はなくなってしまうのです。また、仕事をしている場合、ミスをしてしまったら次に仕事がもらえなくなるなどリスクを抱えることになります。

一人でやれるからこそ病気や怪我で働けなくなると収入は減る

けが

フリーランスで仕事をしていると直面することもある大きなリスクのひとつが、会社のように自分の代わりはいないということです。病気や怪我などで長期間仕事が出来なくなると、即、収入に影響します。一人でできる仕事をすると言う事は『仕事を休む=収入が減る』大きなリスクを背負う事となるのです。

確定申告を行う手間が増える場合がある

税金

納税の手続きや申告、日頃からの経費の計算などすべて自分んで行う必要があります。手間も時間もかかる作業ですので、一人でできる仕事で稼げるようになれば会計士にお願いしてもいいでしょう。

将来の不安を感じることがある

不安

一人でできる仕事は、やればやっただけ収入につながります。なので稼げる方法の一つであると言えますが、仕事は自分で獲得しなければなりません。故に、職業によっては仕事がない時期もあるでしょう。自分の調子や景気によって、多かったりすくなかったりすることもありますので、将来へ不安を感じやすいのは事実です。

一人でできる仕事で稼げる人とは?

一人でできる仕事で稼げる人は自己管理を自分でできる

管理

会社員であれば会社から与えられたスケジュールを守れば良いところですが、一人でできる仕事と言う事は、休憩・作業時間・タイムスケジュールは全て自分で管理する必要があります。誰かに管理してもらわないとダラダラしてしまうという人には向いていないと言えます。

一人でできる仕事で稼げる人は決断力がある

決断

会社にいると相談できる上司や先輩もいますが一人でできる仕事をしていると種類によっては相談相手は居ない場合もありますので、どのような仕事を引き受けるかいつまでに出来るか決めるのは自分だけです。決断力は努力次第で鍛えることもできますので普段から意識して決断できるような行動を心がけてみましょう。

一人でできる仕事で稼げる人は向上心のある人

スキルアップ

一人でできる仕事をする上で大切なのが、積極的に情報を集めたり色々な種類の関連書籍を読んだりして、日々努力を続けていく必要があります。自分の技術を磨くことでさらに仕事の幅が広がったり、収入を上げることが出来ます。

一人でできる仕事で稼げる人はストレス発散方法を知っている

ストレス

一人でできる仕事を行っていると責任や不安も多く、ストレスを抱えてしまうこともあります。そのため、適度に運動を習慣化したり飲みに行くなどコミュニケーションをとれる場所を確保するなど、何種類もストレス発散方法を用意して定期的にケアしていく必要があります。

転職する前に考えることとは?得るものや失うものも

転職前に考えるべきこと

準備

どんな種類の職業でも、転職にはデメリットもあることを忘れないようにしましょう。今の環境も良くないかもしれないですが、転職によって絶対に今よりも環境の職場に就職できる限りません。一人でできる仕事でも、転職についてきちんと理解した上で判断しましょう。

転職によって得るもの

得るもの

今の職場で抱える悩みや、煩わしい人間関係などから解放されて再スタートすることが出来ますので、これから自由に進んでいける明るい未来を気分を手に入れられるのが転職のいいところです。これから就く職業の種類によっては、自分が望む環境を手に入れられるかもしれません。

転職によって失うもの

失う

もし会社を辞めて転職しても、それですべてが解決するわけではありません。一人でできる仕事を選んだとしても「転職した直後はローン審査が不利になる」「収入が低くなる可能性のある」等の一般的に転職には当然リスクやデメリットがあります。

一人でできる仕事の種類を知って稼げる職業を選ぼう!

転職や退職が必要な場合もありますが、多くの場合資格なども必要なく副業として始められるものです。現状に不満を持っていたり、自分の理想の就業スタイルがあるのであればまずは副業としてやってみるのが最もデメリットの少ない方法となります。

始めてみて、続けられそう、安定して収入が得られそうと判断したら、今の仕事に見切りをつけるなど本格的に始めても遅くないので、リスクを最小限にやりたいことを始めてみましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。