INDEX

雑誌LDK流のクレンジングの選び方は?

雑誌LDK流のクレンジングの選び方①洗浄力を重視する

肌がきれいな女性

雑誌LDK流のクレンジングの選び方1つ目は、洗浄力を重視する事です。クレンジングと言えば、メイク汚れを落としたり、肌に付着している汚れを落とす役割を持つ基礎化粧品でもあります。特にメイク汚れを落とすことを目的に使われる事が多く、しっかりメイクをしている人は肌に負担をかけずにメイクオフしたいですよね。

雑誌LDKではしっかりメイク汚れが落とせるクレンジングを選ぶことをおすすめしているので、何よりもクレンジング力を重視するようにしましょう。洗浄力の強いクレンジングと聞くと肌に悪いイメージがありますが、汚れが取れないようでは意味がありません。雑誌LDKでは洗浄力の高いクレンジングが注目を集めています。

雑誌LDK流のクレンジングの選び方②保湿力のあるものを選ぶ

保湿クリーム

雑誌LDK流のクレンジングの選び方2つ目は、保湿力のあるものを選ぶことです。洗浄力の高いクレンジングは、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、クレンジング後に肌のつっぱり感が気になる方も多いです。肌がつっぱる乾燥肌や敏感肌を引き起こす原因にもなるので、皮脂の落としすぎには避けたいものです。

そこで雑誌LDKでは、保湿力のあるクレンジングを選ぶことをおすすめしていますよ。保湿力のあるクレンジングは、テクスチャーや配合成分を確認して選びます。保湿成分が含まれていれば、肌の潤いを守りながら汚れだけを落としてくれるので、クレンジング後も肌がつっぱることなく潤い肌をキープする事ができます。

雑誌LDK流のクレンジングの選び方③メイクの濃さや肌質で選ぶ

濃いメイク

雑誌LDK流のクレンジングの選び方3つ目は、メイクの濃さや肌質で選びます。ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクは、洗浄力の高いクレンジングを選ぶ必要があります。肌が敏感な方は肌に負担をかけないミルクやバームタイプのクレンジングがおすすめです。メイクの濃さに合わせてクレンジングを使い分けましょう。

オイルクレンジングは肌に悪いんじゃないの?

がっつりメイクには洗浄力の高いメイク落としができるオイルを使うのが一番

チークが濃いメイク

オイルクレンジングは肌に悪いと言われているのですが、がっつりメイクには、洗浄力の高いメイク落としができるオイルを使った方が美肌を目指せます。オイルクレンジングは洗浄力が高いことから、肌への負担が気になる方もいることでしょう。弱いクレンジング力で肌のことばかり気にしていると汚れが肌に残ってしまいます。

オイルクレンジングを使うよりも、肌にメイク汚れなどが残っている方がお肌に悪い状況と言えます。メイク汚れは毛穴の奥にも詰まってしまう事が多いので、しっかりクレンジングでメイクオフする必要があります。まずは自分のメイクの濃さに合わせて、オイルクレンジングを使いこなす事が大切ですよ。

良いオイルクレンジングを選べば美肌を目指せる

クレンジング

オイルクレンジングでも良い商品を選べば美肌を目指す事ができます。オイルクレンジングにも様々な種類があるので、実際に使ってみないとわからないこともあるでしょう。保湿成分が含まれているものや、洗浄力が高いことで素早く汚れを落として肌への負担を極力減らす事ができる種類もあります。

肌が弱い方で気になる方はメイクをしている時にオイルクレンジングを使い、メイクをしていないときはミルクタイプを使うなどをして、その日のメイクに合わせてクレンジングを使いわけるのも美肌に近付くポイントとなりますよ。関連記事に「クレンジングクリームのプチプラおすすめ」もあるのでぜひご覧ください!

Small thumb shutterstock 520982902
関連記事 クレンジングクリームのプチプラおすすめ12選|価格別!人気の化粧品を紹介!

プチプラクレンジングクリームの人気おすすめ12選を一挙ご紹介!保湿もし

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキングTOP5|オイルは?

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング5位|シュウウエムラ

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング5位は、シュウウエムラの「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」です。8つの植物由来のオイル成分と自然由来成分98%で、優しくメイク汚れを落としてカシミヤ肌に導くクレンジングオイルです。

皮脂と同じ成分を含んでいるので、肌荒れが少ない敏感肌にもおすすめです。先進の洗浄システムで落ちにくいアイメイクもこすらず簡単にオフできるので、目元のこすりすぎで悩んでいる方にもぴったりなアイテムです。クレンジング後は透明感を引き出してくれるので、スキンケア効果も高めてくれますよ。

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング4位|Cure

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング4位は、Cureの「エクストラオイルクレンジングキュア」です。酵素とオイルのWの効果で、こする事なく優しく汚れを取り去ってくれるオイルクレンジングです。美容プロもイチオシするクレンジングで、毛穴に詰まった古い角質やメイク汚れもスッキリ落としてくれます。

3種類の有効成分が含まれているので、クレンジング後は肌がつっぱる事なく、毎日使うだけで肌が綺麗になります。さらに、低刺激処方の6つのフリーで、敏感肌の方でも使えるオイルクレンジングです。毛穴詰まりで悩んでいる方にもぴったりの酵素オイルクレンジングです。

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング3位|ドクターシーラボ

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング3位は、ドクターシーラボの「ラボラボスーパーKeanaオイルクレンジング」です。がっつりメイクも、きれいに落としながら毛穴を引き締めてくれるのが特徴で、肌のキメも同時に整えてくれるので毛穴ケアができるクレンジングです。

肌表面の気になるざらつきも取り除いてくれるので、滑らかで触り心地の良い肌質へと導きます。天然由来のピーリング効果のある成分も含まれているので、お肌のターンオーバーも同時に促してくれます。使い続ける事で肌の透明感も増し、美肌をサポートしてくれるクレンジングです。

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング2位|ファンケル

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング2位は、ファンケルの「マイルドクレンジング オイル」です。クッション性のあるオイルが瞬時にメイク料に馴染んで、こすらず簡単にメイクオフができるのが特徴です。メイク汚れだけでなく気になる肌のざらつきまで落としてくれるので、洗い上がりはすべすべ肌になります。

ざらつきの他にも、毛穴に詰まった角栓もしっかり浮かせて落とすので、毛穴もツルツルですべすべな肌触りを叶えてくれるクレンジングです。マイルドな洗い上がりでお肌にも優しいので、肌への負担が気になる方にもおすすめのオイルクレンジングです。

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング1位|洗顔専科

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキング1位は、洗顔専科の「オールクリアオイル」です。メイク汚れはもちろん、自然と溜まってしまった黒ずみや老廃物などの肌のくすみとなる原因も一緒に取り去ってくれます。毎日使い続ければ、くすみが取れてクリアな美肌を目指すこともできます。

天然由来成分を使用しているので、肌に負担をかけることなく優しく汚れを落としてくれます。ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクにも、オイルをなじませるだけで簡単オフできます。もちろん保湿成分も含まれているので、必要な皮脂を守りながらつっぱらない洗い上がりを叶えてくれるオイルクレンジングです。

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキングTOP5|その他は?

雑誌LDKクレンジングランキング5位|ハウスオブローゼ

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKのその他のクレンジングランキング5位は、ハウスオブローゼの「エーシーコンフロントクレンジングジェル」です。さっぱりした使用感で、気になる皮脂汚れを落としてくれるジェルタイプの薬用クレンジングです。ニキビで悩んでいる方にもおすすめで、低刺激処方で敏感肌にも最適なクレンジングです。

雑誌LDKクレンジングランキング4位|キュレル

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKのその他のクレンジングランキング4位は、キュレルの「ジェルメイク落とし」です。キュレルは敏感肌向けの化粧品を取り扱っているので、敏感肌で悩んでいる方に大人気のアイテムが揃っています。マイルドに汚れを落とすジェルタイプで、肌の潤いキープに欠かせないセラミドを守りながらメイクオフができます。

ジェルタイプなので洗い上がりはさっぱりしており、ベタつきやぬるつきがないのも魅力的です。キュレルのジェルメイク落としは、肌荒れやかさつきなどの繰り返し乾燥肌で悩んでいる方にもおすすめのクレンジングです。関連記事に「クレンジングおすすめランキングTOP24」もあるので合わせてご覧ください!

Small thumb shutterstock 327361349
関連記事 クレンジングおすすめランキングTOP24!プチプラメイク落としの口コミは?

クレンジング・メイク落とし・化粧落としのおすすめを、20代・30代・4

雑誌LDKクレンジングランキング3位|DUO

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKのその他のクレンジングランキング3位は、DUOの「ザクレンジングバーム」です。自然の力と化学の力から生まれたバームクレンジングで、バームが肌の体温でとろけて、まるでオイルのような高い洗浄力でメイク汚れをきれいに落としてくれます。

毛穴の大きさよりもはるかに小さい独自の「毛穴クリアカプセル」成分が含まれており、毛穴の奥に詰まった汚れや角栓などもきれいにオフしてくれます。洗浄成分と美容成分の効果で潤いをキープしたまますべすべ肌に導くクレンジングバームです。もちろんお肌にも優しいので肌への負担も最小限なのが嬉しいクレンジングです。

雑誌LDKクレンジングランキング2位|ルルルン

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKのその他のクレンジングランキング2位は、ルルルンの「クレンジングバーム」です。固形のバームを肌に乗せた瞬間から、一体化するように滑らかに溶けて、メイク料にしっかり馴染んできれいにメイクオフができるクレンジングバームです。

お肌の健やかさを保つ美容液成分もたっぷり含まれているので、お肌の乾燥を防ぎながら汚れだけを落としてくれます。しっかりメイクも優しくオフしてくれるので、毎日がっつりメイクをするけど肌に負担をかけずにメイクオフしたいという方におすすめのクレンジングバームです。

雑誌LDKクレンジングランキング1位|オルビス

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKクレンジングランキング1位は、オルビスの「クレンジングリキッド」です。100%オイルカットなので敏感肌の方はもちろん、マツエク女子でも使えるクレンジングです。オイルが入っていないのに高い洗浄力で、しっかりメイクもきれいに落としてくれます。

しかも保湿成分を30%も配合しているので、洗い上がりのつっぱり感も防いでくれます。潤いをキープしてくれるのでクレンジング後の乾燥も防いで乾燥しにくい肌質を目指すこともできるクレンジングです。

雑誌LDKがおすすめする基礎化粧品コスメランキングTOP5

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング5位|日本酒の化粧水

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング5位は、「日本酒の化粧水」です。1本500mlと大容量が特徴で、1本の化粧水に日本酒1升分のアミノ酸などの成分がたっぷりと配合されている贅沢化粧水です。乾いたお肌を潤いで満たしてそのあとは潤い肌をキープしてくれるので、乾燥肌で悩む方におすすめの化粧水です。

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング4位|ミノン乳液

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング4位は、ミノン乳液の「モイストチャージミルク」です。独自の皮膚化学理論に基づいた乾燥と敏感肌向けの保湿タイプの乳液で、コクのある濃厚なテクスチャーでお肌全体に潤いを与えてくれます。乾燥でごわついた肌にもしっかり浸透して滑らかな肌へと導いてくれるコスメです。

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング3位|ライスフォース化粧水

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング3位は、ライスフォース化粧水の「ディープモイスチュアローション」です。肌の水分保持能を改善すると認められた「ライスパワーNo.11エキス」を配合した高保湿タイプの化粧水で角質層にじっくり潤いを届けてくれます。フリー処方にもこだわったお肌に優しいコスメです。

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング2位|無印良品美白美容液

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング2位は、無印良品の美容液の「敏感肌用薬用美白美容液」です。商品名にもある通り敏感肌向けの美白ケアができる美容液で、美白有効成分がシミやそばかすを防いで、透明感のある美肌へと導きます。保湿成分も含まれているので、同時に保湿ケアもできる美容液です。

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング1位|HAKU美容液

Amazonで商品の詳細を見る

雑誌LDKおすすめ基礎化粧品コスメランキング1位は、HAKU美容液「美白美容液」です。13年連続売り上げNo.1の美容液で、メラニン生成ルートを全方位からアプローチする事でシミやそばかすを効果的に防いで透明感溢れる美肌に導いてくれます。保湿成分もたっぷり含まれており、ごわついた肌も美肌が目指せます。

雑誌LDKがおすすめするクレンジングで美肌を目指そう!

美肌を目指す

辛口でも有名な雑誌LDKがおすすめするオイルクレンジングには、しっかり肌の汚れを落として化粧水の浸透をサポートする役割を持つ優秀なクレンジングが揃っています。クレンジングは洗浄料と保湿力に注目して使うものを見直してみると良いでしょう。雑誌LDKがおすすめするクレンジングで美肌を目指してくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。