INDEX

100均ダイソーのおすすめカッターマット3選

おすすめカッターマット①方眼付カッティングマット

100均ダイソーのおすすめカッターマット1つ目は、方眼付カッティングマットです。22.5cm×15cmとA5(21cm×14.8cm)よりも若干大きいサイズのカッティングマットです。

中芯付で厚みがあるので、中芯のない薄手の物に比べてカットの時の圧力に耐えることができ、安定した状態で紙を切りやすいと思います。その大きさから小回りもきくので、机上での作業をスムーズに行うことができます。また外出先での使用を視野に入れ、持ち運び用としても使い勝手がよく、重宝します。

ダイソーをはじめとする100均ショップで販売されている一連のカッターマット商品の中で、このサイズを購入されたという方を多くお見受けするので、その点からも使い勝手がよく、定番のサイズだと思います。

おすすめカッターマット②1枚で4役!工作マット

100均ダイソーのおすすめカッターマット2つ目は、1枚で4役!工作マットです。A4サイズの工作マットは、カッティングマットとしての使用以外にも粘土などの工作台として、またマウスパッドや下敷きなどの代用品として1枚4役の優れものです。多機能性を謳う100均ならでは商品だと思います。

中芯はなく、カッティングマットよりも薄く柔らかい素材で作られていますが、軽い力で紙などをカットすることにおいては許容範囲内の強度でしょう。A4サイズという大きさは、工作マットを下敷きとしながら、必要時にはカッターマットにもなり作業をするには効率がよく、丁度よいサイズだと思います。

おすすめカッターマット③カッティングマットロング

100均ダイソーのおすすめカッターマット3つ目は、カッティングマットロングです。32cm×10cmと幅が狭い縦長サイズで、長辺がA4サイズ(29.7cm×21cm)よりも長いので、A4サイズを縦に一気にカットすることができ、当然A4よりも小さいサイズをカットすることにも重宝し、とても便利です。

カッターマット(カッティングマット)にはあらかた方眼が付いているのですが、100均で取り扱われている商品も例外でありません。それによりカットする対象物のサイズ、そしてカット時の目安サイズが一目でわかるので、同サイズのものをわりと簡単に作成することが可能です。

もちろんミリ単位での精密なものカットには適しませんが、精密さを必要としない梱包用の補強材をカットする程度のことには適しています。これらの商品100均で販売され、安価で手に入れることができることもおすすめ理由です。

100均セリアのおすすめカッターマットは?

セリアのおすすめカッターマット①方眼付カッティングマット

100均セリアのおすすめカッターマット1つ目は、方眼付カッティングマットです。サイズは22.5cm×15cmで、中芯付で厚みがあるカッティングマットです。方眼付でサイズがわかりやすく、綺麗な仕上がりにすることが可能です。A4よりも小さくコンパクトで、作業スペースを占領せずに使いやすいと思います。

セリアのカッティングマットもダイソーのものと遜色なく、サイズや仕様なども定番のものを中心に多種多様に展開されています。ダイソーではB4/300円・A4/200円で販売されています。大きいサイズは店舗により取り扱いがないこともあるので、最寄店舗以外での購入予定時には事前確認をすることをおすすめします。

多くのカッティングマットの材質は、塩化ビニルを主成分として重合した高分子化合物である「塩化ビニル樹脂」、「塩ビ」または「PVC」とも呼ばれるものを使用しています。緑色のものが多く、耐摩耗性、電気絶縁性などに優れた特性を持ち、住宅建築の材料として樹脂サッシやタイルカーペットなどに使用されています。

セリアのおすすめカッターマット②方眼付カッティングマットロング

100均セリアのおすすめカッターマット2つ目は、方眼付カッティングマットロングです。32cm×10cmの縦長ロングサイズのカッティングマットです。これまで紹介した100均の商品と同じ仕様のものとなります。

A4サイズと違い、幅は10㎝と狭いため、使用中はもちろんのこと使用後の保管にも場所を取りません。サイズが大きくなればなるほど重量も増し、A4・B4といえど結構な重さとなるので、ちょっとした工作などにはこのサイズがサッと引っぱり出せて、作業が終わればすぐ片づけることができて使いやすいと思います。

方眼がついているので、わざわざサイズを測り印をつけてカットするという手間も省けますし、方眼のラインに沿ってスケールを置いてカッターを引けば自然とまっすぐに切ることが可能です。セリアやダイソーの100均商品のカッティングマットでも十分事足りるということを声を大にしてお伝えしたいです。

【番外編】カッターマット(カッティングマット)の代用品は?

100円ショップでも購入できるまな板や下敷きが代用品に!

キッチン

カッターマット(カッティングマット)の代用品のおすすめ1つ目は、まな板や下敷きです。代用品にするなら何?と問いかけると、これらを挙げられる方が多いのではないでしょうか?

きっと、まな板は料理をするご家庭になら1枚はあるものですし、お子様のいらっしゃるご家庭では勉学に使うプラスティックの下敷きが身近にあるからなのではないかと推察します。

いざカッターマットを使いたいが手近に無い時には、まな板にラップを巻くなどして使ってみたり、使い古した下敷きを廃棄する前提で、カッターマットとして代用してみてもいいかもしれません。100円ショップで取り扱っている身近で安価な商品で、それらを紹介した「まな板12選」の記事があるので、併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 288277301
関連記事 100均のまな板12選!ダイソー・セリア別!プラスチックや木など!

ダイソーやセリアなどの100均には便利な物が多くありますが、まな板が注

一時的な代用品なら新聞紙や雑誌がおすすめ!

新聞をチェックする女性

カッターマット(カッティングマット)の代用品のおすすめ2つ目は、まとめた新聞紙や雑誌、段ボールなどです。新聞や雑誌などを購読しているのであればお手元にある可能性も高い品々で、ゆくゆくは廃棄することを考えれば一石二鳥ではないでしょうか?

段ボールはスーパーやドラッグストアに持ち帰り用に無料で提供されているのを見かけるので、それを貰ってくるのもいいかもしれません。

ですが、これらは一時的な使用には耐えられると思いますが、プラスティック製のまな板や下敷きの方が強度的に問題なく使用できると思いますし、頻繁に使用するのであれば方眼が付いているカッターマットの方が断然便利で使い勝手がよいと思います。

【番外編】カッターマット以外におすすめの100均の便利な文房具は?

100均ダイソー・セリアの便利な文房具①ホッチキス

100均ダイソー・セリアの便利な文房具1つ目は、ホッチキスです。ダイソーやセリアをはじめとする100均の文房具のなかには、100円ショップの商品とは思えない優れたものが多くあります。当然カッターマット以外にも良質な文房具を手に入れることができます。なかでもとくにおすすめしたいのが「ホッチキス」です。

ダイソーの「どこからでも止められるホッチキス」は商品名どおり、どこからでもホッチキスで止めることができるので、中綴じの冊子を簡単に作ることができます。遠足や老人会のしおりなどを小冊子として手作りすることも可能です。

セリアの「便利な針のいらないホッチキス」は一時的に文書をまとめたりするときに役に立ちます。針を使わずに止めているので、まとめた文書を廃棄するときは逐一針を取り外す必要もなく、そのままシュレッダーにかけることができてお手軽に事が済みます。ともに100均商品とは思えない、とても便利な商品です。

100均ダイソー・セリアの便利な文房具②マスキングテープ

100均ダイソー・セリアの便利な文房具2つ目は、マスキングテープです。元々は塗装や撮影現場で使用されることが多く、幅広でシンプルな色合いのものが主流だったのですが、昨今は可愛い絵柄やカラフルな色合いの入ったものが販売されています。

それによりラッピングや装飾に使用されるなどの需要が増え、一般的な知名度も上がっている商品です。ダイソーやセリアなどの100円ショップでもラッピングコーナーの一角を陣取るかのように取り扱っています。15mm幅のものを多く見かけますが、3cm幅など幅広のものもあり、長さなどもそれぞれです。

マスキングテープの魅力は色とりどりの柄だと思います。好きな色や柄のものを中心に集めたり、そのときの気分で使うものを決めたりするのも楽しみの一つでしょう。是非お気に入りのものを見つけて、ラッピングや装飾に使ってほしいです。「100均ダイソーの可愛い文房具18選!」の記事があるので、併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 598274390
関連記事 100均ダイソーの可愛い文房具18選!文具収納の百均おすすめ商品も

100均にはたくさんの商品が品ぞろえられています。その中でも、文房具は

100均のカッターマットで快適な工作ライフ!

工作や梱包作業時にカッターを使ってカットする際、机を傷つけずに使用できる優れ物がカッターマットです。方眼付であればサイズに沿って切ることができ、カットだけではなくマウスパッドや下敷きとしても使えます。100均での取り扱いも多種多様なので、自分に使い勝手のよいものを選び、快適な工作を楽しみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。