Large thumb shutterstock 583788331

ブルベ・イエベのMACライトスカペードの使い方!ハイライトの効果も

更新:2019.06.21

ブルベにもイエベにも使えるMACのライトスカペードブラシの使い方をご存知ですか?ライトスカペードは透明感と立体感を演出してくれるだけでなく、肌をキレイに見せてくれる美肌効果まで期待できる優秀なコスメです。ここでは、ブルベとイエベ秋におすすめのMACのライトスカペードの使い方をご紹介していきます!



ハイライトの効果とは?

ハイライトの効果①肌の透明感を引き出してくれる

パウダーとメイクブラシ

ハイライトの効果1つ目は、肌の透明感を引き出してくれることです。ハイライトにも様々な種類やカラーがあり、色によっても効果が異なるのですが、ハイライトの効果としてはくすんでしまいがちなお肌のトーンをアップさせて明るい肌印象に見せてくれることです。また、ハイライトにはパウダーとクリームタイプがあります。

ハイライトの形状によっても使い方が異なり、ハイライト一つあればメイクの幅もかなり広がりますよ。肌の透明感を引き出すレフ板のような効果が期待できるので、年齢肌も若々しく見せることができます。

ハイライトの効果②立体感が出るので小顔効果が期待できる

小顔な女性

ハイライトの効果2つ目は、立体感が出るので小顔効果が期待できることです。ハイライトはおでこなどの高い位置に入れることが多く、光があたることで立体感が生まれ、小顔効果まで期待できます。顔に立体感が出るということは、陰影が作られるということなので、影の部分も演出することで顔が小さく見えますよ。

また、ハイライトと合わせてシェーディングを使うとより効果的に立体感を作ることができます。シェーディングは骨格を操れるメイク法で、小顔効果も期待できます。ハイライトとシェーディングはセットで取り入れる方も多く、陰影がよりはっきりするのできれいな顔立ちに見せることもできますよ。

ハイライトの効果③光の反射で気になる肌悩みをカバーする

気になる肌悩み

ハイライトの効果3つ目は、光の反射で気になる肌悩みをカバーしてくれます。肌悩みはコンシーラーを使ってカバーすることが多いのですが、ハイライトは光の反射で肌のくすみを飛ばし、気になる毛穴も目立たなくし、さらにはシミも光の反射でカバーしてくれます。コンシーラーを合わせて使えば美肌効果もアップしますよ。

コンシーラーを省くことでナチュラル感も増すので、素肌感を意識したい方はハイライトで肌悩みのカバーを狙うと良いでしょう。ハイライトは肌のくすみや赤みも飛ばしてくれるので、コントロールカラーを使わなくても美肌を演出できるメリットもあります。関連記事に「ハイライトの入れ方」もあるのでぜひ見てください!

ブルべのMACライトスカペードの使い方


ブルべのMACライトスカペードの使い方①顔全体に入れて透明感アップ

透明感のある肌

ブルべのMACライトスカペードの使い方1つ目は、顔全体に入れて透明感アップさせる入れ方です。ブルベは青みがかっているので顔全体が白く見えるのが特徴です。MACライトスカペードはイエベにもブルベとも相性が良い様々なカラーがブレンドされているので、どんな肌タイプの人でも使える優秀なハイライトです。

全体的に肌が白いブルベさんはハイライトを全体的に入れることで透明感がアップします。どの角度から見ても光の加減でツヤ感が出るので、肌のトーンもアップします。最近疲れ気味で肌がくすんでいる方は、顔全体にハイライトを入れて明るい印象を演出すると良いでしょう。

顔全体にハイライトを入れるときは、少し大きめのブラシでハイライトを入れていくと良いでしょう。パウダーファンデーションやフェイスパウダーの後にライトスカペードは使うので、ベースを整えてから入れてくださいね。また、ハイライトの入れすぎはメイク崩れの原因にもなるので注意しましょう。

ブルべのMACライトスカペードの使い方②TゾーンとCゾーンに入れる

メイクパウダー

ブルべのMACライトスカペードの使い方2つ目は、TゾーンとCゾーンに入れる使い方です。こちらはハイライトの基本的な使い方で、TゾーンとCゾーンは一番ツヤ感が出やすい部位でもあります。また、TゾーンとCゾーンにハイライトを入れることで光があたり、立体感を演出してくれます。

Cゾーンは美肌ゾーンとも言われており、Cゾーンにツヤを宿せば肌そのものが美しく見えるものです。MACライトスカペードはパウダータイプなのでメイクブラシを使ってTゾーンとCゾーンにハイライトを入れていきましょう。ハイライトを入れるときはブラシにハイライトをとり、手の甲になじませてから肌に入れましょう。

Cゾーンには指で入れるのもおすすめで、ライトスカペードを指に取りCゾーンになじませていきます。軽くポンポンと叩くようにハイライトを入れていくと自然な印象に仕上がりますよ。ハイライトは一番最後の仕上げとして使いたいので、アイシャドウや涙袋メイクなどアイメイクを終えてからハイライトを入れましょう。

ブルべのMACライトスカペードの使い方③気になる肌悩みの部分に入れる

ハイライトを入れる様子

ブルべのMACライトスカペードの使い方3つ目は、気になる肌悩みの部分に入れます。気にな肌悩みといえば、目の下のクマや鼻周りの毛穴、しみやそばかすなど様々ですよね。ハイライトはお肌の透明感を引き出して肌をクリアに見せてくれるので、シミやそばかすのカバーは大得意です。

鼻まわりの気になる毛穴にハイライトを入れることでソフトフォーカス効果で毛穴が目立ちにくくなり、毛穴レスが目指せます。ハイライトを肌悩みの部分に入れておくことで、写真を撮ったときにかなり肌がきれいに見えるのでおすすめです。光を味方にできればコンシーラーなしでも美肌を演出できますよ。


イエベのMACライトスカペードの使い方

イエベ秋のMACライトスカペードの使い方①ブラシで目や口の周りに入れる

魅力的な口元

イエベ秋のMACライトスカペードの使い方1つ目は、目の周りや口の周りに入れます。目のわまりや口の周りにハイライトを入れることで彫り深く見えるので立体感が生まれます。また目の周りにハイライトを入れることでレフ板効果が発揮され、瞳に輝きを宿すことができます。白目部分が光に反射してキレイに見えます。

口の周りにMACライトスカペードを入れることで効果くがキュッと上がったようにも見えるので、魅力的な口元を演出することができます。鼻の下にも入れることで顔の中心部分がより立体的に見え、美人顔に見せることもできます。またリップの形も自由に整えることもできるので、美しいリップメイクの完成にもつながります。

イエベ秋のMACライトスカペードの使い方②アイシャドウベースに使う

アイメイク

イエベ秋のMACライトスカペードの使い方2つ目は、アイシャドウベースに使うことです。ハイライトは基本肌に入れるものでベース的な目的で使うことは少ないのですが、透明感を引き出す効果のあるMACライトスカペードはアイシャドウベースとしても有効です。

いつもアイシャドウの発色が良くない、まぶたのくすみが気にる方におすすめの使い方で、ハイライトをまぶた全体に乗せて目元のベースを明るくしましょう。まぶたにハイライトを入れるときはメイクブラシもしくは指で入れても良いでしょう。パウダーのノリが悪いときはアイシャドウベースを使うと良いですよ。

ライトスカペードをアイシャドウベースとして使うときは、眉下のアイホール全体に入れていくといいでしょう。目の下にもベースとして入れると、目の下に入れるアイシャドウの発色も良くなるのでおすすめです。

イエベ秋のMACライトスカペードの使い方③首やデコルテにも入れる

パーティーを楽しむ女性

イエベ秋のMACライトスカペードの使い方3つ目は、首やデコルテにも入れます。MACライトスカペードはコスパ性にも優れているので、一度にたっぷり使っても持ちが良いのも魅力的なハイライトパウダーです。ハイライトは顔にだけ入れるものと思っているかもしれませんが、実は首やデコルテにも入れることができます。

MACライトスカペードを首やデコルテに入れることでイエベさんの肌も全体的に透明感がアップします。MACライトスカペードには微細なパールが配合されているので、首やデコルテに入れても上品な印象にまとめてくれます。パーティーメイクやお呼ばれメイクにもおすすめの使い方ですよ。


首やデコルテにライトスカペードを入れるときはメイクブラシでふんわり入れていきましょう。首から下は顔より目立たない程度に入れた方が全体的にバランスが取れます。ライトスカペードは上品なラメが入っているので、ボディパウダーとしても使えるでしょう。

ライトスカペードはブルべ・イエベどっち向き?

色選び関係なくライトスカペードはブルベもイエベも使えるアイテム

ライトスカペードは色選び関係なくブルベもイエベ秋も使える優秀なアイテムです。ライトスカペードにはピンク、イエロー、ブルーなど様々な色がブレンドされており、しかも人の手で作られているので同じ配色のパウダーはありません。パウダーを見ると様々な色がブレンドされており、まるで銀河のような美しさも特徴です。

いろんな色が混ざっているので肌に入れたらどんな色になってしまうのか?気になる方もいることでしょう。見た感じは個々の色味が強く出てしまう雰囲気はあるのですが、不思議と肌に入れると白い色に統一されたように見えます。イエローもブルーも入っているので基本的にはブルベもイエベ秋もどちらも使えるアイテムです。

ライトスカペードの配色によってはイエベとブルベ向きを決められる

ハイライト

ライトスカペードの配色によってはイエベ秋とブルベ向きを決めることもできます。手作りされているライトスカペードは毎回色の配置が異なります。イエローが多く入っているものもあればブルーの色が多く入っているものもあります。当然イエローが多く入ったライトスカペードならイエベ秋向きとなります。

ブルーが多く入っていればブルベにおすすめのライトスカペードとなります。とはいえ、ライトスカペードにはいろんな色が入っているので結果としてはどちらの肌タイプが使ってもメイク浮きもすることなく、自然なツヤ感を演出してお肌の透明感を引き出してくれるアイテムですよ。

ハイライトの入れ方は?

ハイライトの入れ方は高く見せたい場所に入れる

きれいな女性

ハイライトの入れ方は、高く見せたい場所に入れることです。高く見せる位置としては、おでこ、目の周り、鼻筋、鼻の下、あご先です。ハイライトを入れる箇所はたくさんあるので全てに入れたほうが良いと感じるかもしれませんが、自分の入れたい部分や演出したい肌印象に合わせてハイライトを入れると良いでしょう。

ハイライトを入れる方法としては2種類あります。ひとつはメイクブラシ、もうひとつは指で入れる方法です。ブラシで入れるとふんわりぼかしたような印象になります。指で入れるとマットな感じが出てツヤ感も演出しやすいので、「とにかくツヤ感が欲しい」方は指入れがおすすめです。

チークの位置に入れるとツヤ感がアップする

チークの位置

ハイライトの入れ方は、チークの位置に入れるとツヤ感がアップします。小鼻の横から斜めに頬の高い位置にハイライトを入れることで動きに合わせた肌が艶めきます。使うハイライトがクリームかパウダーかによっても異なりますが、パウダーハイライトはパウダーファンデーションの後に入れます。

リキッドハイライトならリキッドやクリームファンデーションの後に入れます。ハイライトの種類に組み合わせで、パウダーハイライトとリキッドファンデーションの場合は先にハイライトを入れてからファンデーションを重ねます。基本的に油分が多いものから少ないものの順番で肌に乗せていきます。

ファンデーションと混ぜて使う方法もおすすめ

パウダーを混ぜる

ハイライトの入れ方としては、ファンデーションと混ぜて使う方法もありです。特にリキッドハイライトは同じリキッドタイプのファンデーションとのブレンド相性が良いので混ぜて使うことができます。ファンデーションと混ぜて使うことでお肌の透明感がアップして気にな毛穴もカバーできます。

ハイライトをファンデーションと混ぜて使う場合は肌が白くなる可能性があるので、士郎気しないように注意しましょう。ハイライトとファンデーションをブレンドするときはファンデーションのトーンを一つ下げておくと肌色に近づけることができますよ。

MACライトスカペードで美肌を演出しよう!

ライトスカペードで美肌を演出

MACライトスカペードは、イエベさんとブルベさんでおすすめの使い方が異なるので、自分の肌タイプに合った使い方を試してみてください。MACライトスカペードは発色も良くツヤ感もアップするのでまだ使ったことがない方はぜひ使ってみてください!関連記事の「MACのスモールアイシャドウ」もチェックしてください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。