高タンパク質で低カロリーなことから人気の水切りヨーグルトは、実は100均で買えるグッズで簡単に作ることができます。 そこでこの記事では、人気のダイソーのヨードリップと他の100均の水切りヨーグルト容器との比較や、水切りヨーグルトを作る方法などについてまとめました。

INDEX

  • 水切りヨーグルトとは?
  • 100均ダイソー・セリアの水切りヨーグルト容器の比較は?
  • 100均のヨーグルト水切り器の使い方・やり方は?
  • 水切りヨーグルトが使える料理は?
  • 100均の容器で気軽に、ヘルシーな水切りヨーグルト料理を楽しもう

水切りヨーグルトとは?

ダイエットにも活躍する低カロリー・高タンパク質なヨーグルト

ヘルシーなヨーグルト

水切りヨーグルトとは、その名の通り市販のヨーグルトの水気を切ったもののことです。水分が抜けた分、ギリシャヨーグルトのように濃厚で味わい深くなります。味は淡白なので、デザートから料理まで幅広く活躍します。また、水切りヨーグルトは高タンパク質で低カロリーなことから、ダイエット中のおやつとしても人気です。

水切りででるホエーも栄養満点

ホエーも栄養満点

水切りヨーグルトを作る過程で出る「ホエー」は、実は栄養満点です。ホエーにもタンパク質が含まれており、ダイエットや美容に欠かせない必須アミノ酸も豊富です。体への吸収も良いので、お子さんにもおすすめです。味は美味しいので、そのまま飲んでも楽しめます。

ちなみに、ダイエットに効果的な食べ物についてはこちらのバナナ酢の記事も参考になります。バナナ酢も肌や髪など、美容に効果があるそうですので、ぜひ御覧ください。

Small thumb shutterstock 546629683
関連記事 手軽なバナナ酢のダイエット効果は?肌・髪への効果は?

今話題のバナナ酢。バナナ酢のダイエット効果は?作り方は、肌にもいいの…

100均ダイソー・セリアの水切りヨーグルト容器の比較は?

100均の水切り器のおすすめ①ダイソー・キャンドゥのヨードリップ

水切り器のおすすめの1つ目は、こちらの「ヨードリップ」です。写真はダイソーのヨードリップですが、キャンドゥでも販売しています。大人気で、どの店舗も品切れになっていることが多いですが、随時入荷しているので、こまめにチェックしてみてください。

美味しい水切りヨーグルトを作るコツは、ホエーをきちんと水切りすることです。このヨードリップは、コーヒーのドリッパーのような形になっているので、ホエーが下にきれいに落ちてしっかり水切りすることができます。下に落ちたホエーも栄養満点で美味しいので、料理で活用できてヨーグルトを余すことなく使用できます

100均の水切り器のおすすめ②セリアのザル付きタッパー

水切り器のおすすめの2つ目は、セリアで売られている「ザル付きタッパー」です。本来は、野菜の保存容器ですが、その名の通りザル付きなので、キッチンペーパーを敷いて、ヨーグルトを流し込めば水切りヨーグルトを作ることができます。しっかり水切りしたい場合は、ホエーを数回に分けて捨てると美味しく仕上がります。

ヨードリップのように、専用の入れ物ではありませんが容量が大きいため、ヨードリップよりも一度に大量に水切りヨーグルトを作ることができて便利です。ファミリー用のヨーグルト容器ひとつ分がそのまま入る大きさですので、ご家族でたくさん召し上がる場合や、お菓子作りでたくさん使う場合にも向いています。

100均の水切り器のおすすめ③ダイソーの刻みネギ保存パック

水切り器のおすすめの3つ目は、ダイソーの「刻みネギ保存パック」です。こちらも先程ご紹介したザル付きタッパーのように、保存容器の中にすのこがついていて、キッチンペーパーを敷いてヨーグルトを流し込めば、ヨーグルトの水切りが簡単にできます。

すのこの位置が若干低めになっているので、濃厚な水切りヨーグルトがお好みなら、ホエーを数回に分けて捨てるといいでしょう。こちらの容器は蓋が立つように設計されているので、少しだけヨーグルトを取り出したいときに便利です。ヨーグルトを作らないときは、その名の通りネギや薬味の保存容器としても優秀に使えます。

100均の水切り器のおすすめ④コーヒードリッパー